ロリカリアな日々

These Are The Days Of Our Loricaria

リネロリカリア テフェアナ Rineloricaria teffeana

2021-06-17 | ロリカリア図鑑

 

久しぶりのロリカリア図鑑シリーズです。

リネロリカリア テフェアナをやろうと思います。

初めてテフェアナを見たのは中央線にあるショップでしたね。
そこで、メリニを初めて買いました。
販売名はレオパードマスクドロリカリアでした。
メリニを買った時に、このロリカリアはリネロリカリア メリニというんですよと教えたんですね。

しばらくして、今度はメリニに似たロリカリアがそのショップで販売されていたんですよ。

販売名が、リネロリカリア メタエ

前回メリニと教えたからでしょうか、メリニに似ているからメタエって、

コリドラスじゃん。(笑
これも購入時に、このロリカリアはリネロリカリア テフェアナというんですよと教えたんです。

 

初めてお迎えしたテフェアナ ラインが太いタイプでした。

それ以降、ロリカリアな日々でも紹介したこともあって、レオパードマスクドロリカリアも

リネロリカリア メタエの名前も姿を消しましたね。

で、今回はリネロリカリア テフェアナです。

このテフェアナ、メリニとよく間違われます。

↓こちらがメリニ。水玉模様です。

一緒に飼育してみれば一目瞭然なんですけどね。

どちらも同じようなのけぞったプロポーションをしています。

このプロポーションはリネロリカリア アイガンマナイタイプと違いますね。

アイガンマナイタイプはどちらかというと猫背系です。

 

尾ビレは濃いまだら模様って感じです。

生息地はアマゾン川最大の支流と言われているネグロ川です。

ネグロ川はその名の通り、ブラックウォーターで、水にタンニンを多く含んでおり黒い水です。

酸性度も高く、pH4近いらしいです。

ディスカスやアピストが採れることで有名な川ですよね。

でもってこのブラックウォーター、雑菌が繁殖しにくいらしいです。

だからでしょうか、

僕の個人的な意見ですが、ネグロ川産のリネロリカリアは他の川のと比べて虚弱なイメージがあります。

メリニにしても、テフェアナにしてもよく病気で殺しました。

ころっと逝くイメージがあります。

テフェアナもなかなか長期飼育できてなくて、メリニやファラックスの方がまだ長生きさせています。

テフェアナの特徴といえば網目でしょうね。

グリーンかかった体に黄土色の網目と言いますか、非常に美しいロリカリアです。

網目にも個体差があって、太いタイプのものから細いタイプのものまであります。

 

網目が太いタイプ

 

網目が細いタイプ

輸入されるのは13cm〜15cm前後のサイズが多いですが、メリニ同様大きくなり、だいたい18cmくらいになります。

18cmサイズのテフェアナは見応えがありますよ。

餌はグロウEとクロレラタブレットを与えています。

だいたいのロリカリアはこの2種を食べますね。

他にもコリドラスタブレットやプレコの餌なんかも食べると思います。

もし手に入れることができたのなら、強めの水流で水底を清潔にした方がいいと思います。

汚れていると病気でころっと逝くイメージがあります。

あと、リネロリカリア全般に言えますがよく逃げます。

素早く逃げて水槽の外に飛び出して死亡ってこともありますので、水槽にはフタをした方がいいと思います。

僕は5mmの穴開き塩ビ板で完全にフタをしています。

ネグロ川系のロリカリアの繁殖にほとんど成功したことがないのですが、他のリネロリカリア同様筒に産卵します。

産卵してからが難しいと思います。

テフェアナで稚魚を育てた経験がないのでなんとも言えませんが。

他のリネロリカリアもそうですが、初産や2回目の時は産んですぐに全滅するのに、回数を重ねるごとに死ななくなるのはなぜんなんでしょうかね。

そんなわけで、もしリネロリカリア テフェアナをお店で見かけた方は是非お迎えしてその不思議な網目模様を鑑賞してみてください。

 

 

(・ω・)/

 

craft

 

 

Loricaria Data Fileを始め、craftの本はここで買えます。

Osakana Crfat

 

 

 

 

 

 

 


ロリカリイクティス ホークスウェリ Loricariichthys hauxwelli

2021-06-05 | ロリカリイクティス属(スプーンヘッド)
 
昨日の朝、レイズ博士からメールが来たんですよ。
 
 
 
オトシンクルスの新記載だそうです。
 
 
 
Parotocinclus kwarup
 
 
 
 
 
論文が長いのでちょっとしか読んでないのですが、種名は相方の名前みたいですね。
 
 
 
もうね、パロトシンクルスの仲間って、似たような種類がたくさんいますね。
 
 
 
よく見分けがつくものだと感心しますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リネロリカリア パルヴァの産卵が止まりません。(汗
 
 
 
2ペアが同時に産卵するものだから、卵がそこかしこに。
 
 
 
まるでスネイルの卵が壁に張り付いているのを見つけた感覚です。
 
 
 
狭い水槽に稚魚やら幼魚やらがうようよしています。
 
 
 
仕方がないので、夏限定で移動しました。
 
 
 
金魚とタナゴに移動してもらって、120cm水槽を空けましたよ。
 
 
この水槽は小屋の床に直置きしているので、温度変化が激しくてロリカリアが白点病を起こすんですよ。
 
 
 
なので、温度が安定している夏だけ入れることにしました。
 
 
 
リネロリカリア パルヴァ Rineloricaria parva

 
 
 
稚魚ですが、見にくいですね。(汗
 
 
夏限定でパルヴァを移動したのには増えすぎた以外にもわけがあります。
 
 
 
 
水槽を1本あけたかったんですよ。
 
 
 
 
その水槽の住人がやってきました。
 
 
 
待っていたものが届きましたよ。

 
 
 
 
 
 
我が家では初めてのお迎えです。

 
 
 
 
 
20cm近い大きさのロリカリアです。

 
多分これの実物を見たことのある人って、ほとんどいないんじゃないでしょうかね。
 
 
 
いわゆる激レアロリカリアです。
 
 
 
ロリカリイクティス ホークスウェリです。多分。(笑
Loricariichthys hauxwelli.

なんで多分かというと、ロリカリイクティス アクタスにも激似なんですよね〜。
 
 
 
ペルー便できたそうです。
 
 
 
横から見たところ。

 
 
 
顔アップ。この角度から見るとホークスウェリですね。

 
 
 
 
でも、この角度から見るとアクタスにも見える。(汗

 
 
 
 
顔正面


 
 
下から見たところ。唇の形状は完全にロリカリイクティスのそれですね。

 
 
 
ホークスウェリが落ち着くまではしばらく専用水槽です。

 
 
 
個体が落ち着くまではしばらく隔離ですね。



 
 
ロリカリイクティス ホークスウェリですが、最初に見たのは、おぴよさんのご自宅です。
 
 
 
なんでも、アシペンサーロリカリアの名前で入荷したのだとか。
 
 
 
アシペンサーもペルーですし、あり得る話ですよね。
 
 
 
そのあと1回熱帯魚屋さんで見かけましたが、その時はパスしました。
 
 
 
今回、状態良く入荷したというのでお迎えしました。
 
 
 
いや〜、初めてお迎えする種類なんでテンションが上がります。
 
 
 
ロリカリイクティス属としては、
 


ロリカリイクティス プラティメトポン



がスプーンヘッドロリカリアのコモンネームで有名ですね。
 
 
 
口が袋状になっていて、アシペンサーロリカリアよりも長い袋です。



プラティメトポンは丸顔ですが、ホークスウェリは細長いです。
 
 
 
どのロリカリアにも言えることですが、水槽に慣れるまでが勝負ですね。
 
 
 
水槽に慣れて、餌も残さず食べてくれることを願っています。
 
 
 
導入に成功すれば、ロリカリイクティスは多分、相当丈夫だと思うんで。
 
 
 
しばらく、注意深く観察したいと思います。
 
 
 
(・ω・)/
 
 
 
craft
 
 
 
craftの本はここで買えますよ。
 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

ファロウェラ アマゾナ(Farlowella amazona )の幼魚について

2021-05-30 | ファロウェラ
もうすぐ6月ですね。
 
 
 
中庭のブルーベリーも緑が濃くなってきました。


残念ながら今年は花の付きが悪くて、実がとれそうにありません。(泣




 
 
 
 
 
 
イラストですが、蝶を久しぶりに描きました。

 

オオムラサキです。国蝶だそうですね。
 
 
 
 
 
蝶は7種類くらい描いたので、今後も増やしていくかもです。
 
 
 
 
 
イラストといえば、
 
 
 
 
 
熱帯魚イラスト集の中のナマズだけセレクトした本を企画中です。
 
 
 
 
表紙です。

それなりに種類があるので、本として出すかもです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
今回のテーマは
 
 
 
 
ファロウェラ アマゾナ(Farlowella amazona )です。
 
 
 
ロングノーズファロウェラとして販売されますね。
 
 
見ての通り、長い吻(鼻)で有名なファロウェラですが、
 
 
 
うちの水槽で何匹か子供が育っています。
 
 
 
これが1回目の産卵で取れた若魚です。7匹くらいいます。
 
吻が短いですね。
 
 
 
アマゾナは最初は吻が短くて、そのうち長くなる種類なのだろうくらいに思っていたのですけどね。
 
 
 
 
 
 
2回目の産卵で取れた子です。
 
 
雑居水槽のままで隔離しなかったのでこれ1匹です。
 
こっちは幼魚のうちから吻が長いんですよ。
 
 
 
 
ケースに入れて比較してみます。
 
 
 
 
プロポーションが全然違いますね。
 
 
上の1回目の子はまるでストゥリソマのようです。
 
 
 
海外のグループに投稿したところ、オスメスの違いでは?との意見が。
 
 
 
 
これがうちにいる唯一の親魚のペアです。

 
 
 
吻の長さも形もほぼ一緒なんですよ。
下の方がメスですね。ボディがふっくらしてますね。
 


ストゥリソマとファロウェラのハイブリッドだとこう言う子供も生まれるケースもあるそうなんですけどね、



ファロウェラは専用水槽に入れているので、雑種は生まれる可能性はないです。



親に自然交配の隔世遺伝があったとすれば別ですけどね。
 
 
 
1回目に生まれた子は7匹とも同じで、吻が短いんですよ。
 
 
 
なので、
 
 
 
このまま育ててみて、親魚になった場合でも違いがあるとすれば、
 
 
 
ファロウェラの吻の長さは、生まれた時の条件で変わるのかもしれませんね。
 
 
 
一般にはアマゾナとプラトリンクスの違いは吻の長さであると言われていますが、
 
 
 
どちらも腹の鱗が2列だし、同じペルーからやってくるファロウェラなので違いがわかんないんですよね。
 
 
 
ラファエルコバイン博士曰く、両種はシノニムであるとのことですが、
 
 
 
同じ親から生まれた時の条件によって吻の長さが変わるのであれば、そのことを裏付けることになるのかもしれませんね。
 
 
 
とりあえず、育ててみます。
 
 
 
(・ω・)/
 
 
 
craft
 
 
 
 
craftの本はここで買えます。
 
 
 

ファロウェラ ナッテレリー Farlowella natterery

2021-05-21 | ファロウェラ
イラストなんですけどね、パソコン以外にも手でも描きます。
 
 
 
黒アゲハ
 
 
 
 
 
スズメ




Nature artというグループに時々掲載していますよ。


 
 
 
 
リネロリカリア フォルモサと奥にはスプーンヘッドロリカリアです。
 
フォルモサは結構うちにいますが、大きくなりませんね。(汗
 
 
 
栄養状態が悪いのか、餌取り競争に負けているのか。
 
 
 
 
隔離しますかね。
 
 
 
スプーンヘッドは安定の丈夫さですよ。
 
 
 
 
うちで生まれたファロウェラ アマゾナがだいぶ大きくなりました。
一見するとストゥリソマみたいですけどね、ちゃんとファロウェラですよ。
 
 
 
だいぶ吻も伸びてきました。もっともっと伸びます。
 
 
 
このサイズで里子に出してもいいんですけどね、
 
 
 
もうちょっとファロウェラっぽくなるまで待つかどうか、悩んでいますよ。
 
 
 
生まれたといえば、こちらも量産体制ですね。



卵を守るリネロリカリア パルヴァ Rineloricaria parva です。
 
 
目が確認できるくらいになってきましたね。
 
 
 
 

こちらは昨日産んだばかり。

 
 
卵が綺麗な濃いグリーン色ですよ。
 
 
 
パルヴァに関しては増やすつもりもないので隔離もせずに放っているんですけどね、
 
 
 
それでも、雑居水槽の中を生き残る猛者っていうのがいまして、
 
 
 
1回の産卵で4〜5匹くらいの割合で生き残っていますね。
 
 
 
2〜3センチ超えているので安心サイズでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近、欲しいロリカリアもないので、お迎えをしなかったんですけどね、
 
 
 
 
久しぶりに俊速で注文した子がいるんですよ。
 
 
 
届きました。

 
 
 
 
お店には2匹在庫があったので2匹ともお迎えしました。
 
 
 
この子です。
 
 
 
Farlowella natterery

ファロウェラ ナッテリーと呼んでいましたが、
 
 
綴りを正確に読めばナッテレリーですね。
 
 
 
一目で他のファロウェラと違うなってわかりますよね。

 
 
 
 
この細〜い楊枝のような吻(鼻先)が本種の特徴ですよ。
 


 
 
 
お腹の鱗は、うーん、3列ですかね。

 
 
 
ファロウェラ ナッテレリーといえば大体やってくるのはナポ川産ですね。

 
 
どこでしょう。
 
 
 
こんな時に役に立つのが南米河川地図ですよ。
 
 
 
South America River Mapです。
 
 
 
まず、目次でNapo川を探しますよ。
 
 
 
ありました。17ページに記載されていますね。

ちなみにネグロ川がたくさんありますけど、この名前の川はたくさんあるんですよ。
 
 
 
17ページをめくります。
 
 
 
アマゾン川の上流ですね。

 
 
 
Napo川ありました。そばにMomon川がありますね。
 
 
イキトスの街の近くですから、ペルー便じゃないですかね。



ちなみにこのナッテレリー、僕の印象では虚弱です。



お迎えしてもすぐに死んじゃいます。
 
 
 
今もお腹がベッコリの状態ですし。



餌を食べさせるのに苦労しそうですね。
 
 
 
今の所、ファロウェラ水槽に入れていますが、
 
 
 
餌を食べたか観察できないので専用水槽にするかもです。



多分ね、餌を食べたら丈夫だと思います。
 
 
 
ちなみに、うちで里子に出す予定のファロウェラ アマゾナはめっちゃよく食べて丈夫ですよ。
 
 
 
これこそコケ取りにファロウェラです。
 
 
 
 
(・ω・)/
 


craft



craftの本はここで買えます。
 
 
 
 
 

リネロリカリア メリニ Rineloricaria melini

2021-05-08 | リネロリカリア属

 

 

熱帯魚イラストシリーズは1000種類を持ってお休みしているわけですが、



寿司ネタシリーズをやっています。

 

というわけで、ヒラメです。

左を向いているのでヒラメですね。

 

 

左ヒラメに右カレイと言います。

 

 

寿司ネタシリーズを始めたら、お寿司屋さんから絵を売ってもらえないかと依頼が。

 

 

どうしましょうかね。

 

 

遊びで描いているので、売るかどうか決めてないです。

 

 

あと、カワセミも描きました。

この絵、もうちょっとなんとかしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

リネロリカリア メリニです。

我が家には4匹います。

 

 

オスのヒゲが目立ったきたので、繁殖させられるかもしれませんね。

 

 

この個体は美しい虫食い模様ですね。

他にも水玉模様がいたりして、個体のバリエーションが楽しめます。

 

 

ただ、ネグロ川水系のロリカリアは水質が酸性に近いせいでしょうか、

 

 

他のロリカリアと違ってちょっと神経質な気がします。

 

 

個人的にはこの種だけ、もしくはファラックスやバルセロスなどのような

 

 

ネグロ川系でまとめた方がいい気がします。

 

 

一時期、腹水病になりかかったこの個体。今は元気です。

やっぱりメリニは別格に美しいですね。

 

 

海外のグループに写真を投稿しても人気があります。

 

 

(・ω・)/

 

 

craft

 

 

ロリカリアの書籍はここで買えます。

 

Osakana Craft

 


産まれています。

2021-05-02 | 繁殖
Rineloricaria parvaですけどね、
 
 
 
 
ここ数日、前面で動かなくなっていました。
 
 
 
死んだかな?


どかしてみると卵が孵化寸前でした。
 
 
卵を守っていたんですね。


 
一般的に、リネロリカリアは産卵に筒を必要としますが、
 
 
 
パルヴァに限ってはガラス面があればどこでも産むんですよね。
 
 
 
よく見ると他の場所でも産んでいます。
 
 
 
 
 
今朝、稚魚が生まれていました。

 
めんどくさいのと、親と同居していた方が意外と育つので
 
 
 
今回は隔離しません。
 
 
 
やっとオスが育児から解放されたと思ったら、また腹パンパンのメスが寄り添っています。
 
 
パルヴァばかり大量生産してどうすんの?って感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Farlowella amazonaの若魚です。
 
 
 
ここまで大きくなりました。


 
まだあの長〜い鼻は伸びてませんね。
 
 
 
でもって、こちらは稚魚です。
 
 
だいぶ大きくなりました。



とは言っても、専用の水槽に移動した子達は全滅しちゃって、
 
 
 
この子は稚魚の時に捕まえ切れずに雑居水槽に残っていた子です。
 
 
 
飼育者いなくとも子は育つです。
 
 
 
 
 
 
 
 
池の金魚とタナゴですけどね、




蛇に襲われるので小屋の水槽で飼育しています。


 
急に園芸がしたくなったので、池を潰してプランターにすることにしました。


 
 
腐葉土と小さい赤玉土をミックスして土の出来上がり。



さて何を植えますかね。(^-^)
 
 
 
 
庭の一角に苔がびっしり生えている場所があります。
 
 
 
 
 
苔を取ってきて、カエデの苗木をカバーしました。
 
苔って買うと意外と値段がするんですよね。
 
 
 



 
 
 
 
イラストの話題もしましょうかね。



 
 
 
 
 
 
日本のキジが最近の調査で、日本固有種であると発表されていましたね。
 
 
 
というわけで、キジを描いてみました。





 
 
 
 
コリドラスのポスターです。
 




思いつきで作ってみました。


サイズはA1サイズ。
 
 
 
 
暇つぶしに作ったのですが、意外と欲しい人が沢山いてびっくりしました。
 
 
 
 
 
 
ポリプも作って欲しいというので作ってみました。

 
 
 
 
でもって、スネークヘッドも
 
個人的な売買はしません。



送付とか入金とかめんどくさいし、




会社員ですから休日にしかできないんで、こんなことに休日潰したくないんです。
 
 
 
 
もし、どっかの店がこれ売って商売したいっていうのであれば置かせてもらおうかなと。
 
 
 
 
そんな感じです。


 
 
 
 
 
 
そうそう、売るといえば。








香港の方がイラスト本が欲しいというので、
 
 
 
中国はクロネコヤマトの個人送付の対象外ですよと伝えたのですけどね、
 
 
 
去年も別バージョンを買ったのでリピーターだというんですよ。
 
 
 
なので、
 
 
 
クロネコヤマトに問い合わせたら香港は送れるそうです。
 





中国は複雑な国ですね。
 
 
 
 
本の印刷が上がったら送りますかね。香港に。




最後に、うりです。

 
毛が抜け変わる時期で抜け毛が大変です。
 
 
 
 
 
(・ω・)/
 
 
 
 
craft
 
 
 
craftの本はここで買えます。
 
 
 
 
 

フィルター交換

2021-04-25 | イラスト
筍の煮付けです。
 
 

今年はよく筍を食べました。
 
 

旬ももう終わりですね。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
熱帯魚小屋です。
 
 
 
 
 
気温が上がって換気扇がフル回転していますね。

 
 
 
 
湿度を外に逃がすために換気扇を設けています。
 
 
 
 
室温と連動しています。今は30度設定ですね。
室温は26度設定でエアコンを回しているのですが、天井付近は30度を超えるようです。
 
 
 
 
毎週末は水換えの日です。
 
 
 
今日は年に1度の浄水器のフィルターを交換します。
専用の器具で外します。
 
 
 
 
閉める時も専用の器具できつめに固定します。
 
 
 

交換するカートリッジは2種類です。
 
 
 
これが1年経過したカートリッジ。
全然汚れてないですね。
 
 
 
 
とはいえ、塩素で魚が弱ってからでは遅いので、定期的に交換します。
 
 
 
 
外に干しておいた流木です。
 
 
 
黒コケがびっしり付いていたので外で干しておきました。
たわしでゴシゴシして落としてから水槽に投入しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
イラストですが、熱帯魚は描いておらず、いろいろなものを描いています。
 
 
 
 
 
アマガエルです。


 
 
 
 
前回に続いて寿司ネタシリーズ。
 
 
 
 
コハダです。
 
寿司ネタシリーズは今後も続けていこうと思います。
 
 
 
 
 
イラストといえば、
 
 
 
 
こんなのを編集しています。

コリドラスのポスターになる予定です。
 
 
 
 
完成したら印刷しようと思います。
 
 
 
 

(・ω・)/
 
 
craft
 
 
craftの本はここで買えます。
 
 
 
 

寿司ネタシリーズとコリドラスの新種記載

2021-04-17 | イラスト

ファロウェラ アマゾナ

Farlowella amazona

です。

 

 

 

産卵を繰り返しています。

 

 

稚魚です。

 

なかなか育たないんですけどね。

 

うまくいくときは、問題なく大きくなるのですが、

 

 

うまくいかないときはあっけなく全滅。

 

 

同じやり方で育てているんですけどねえ。

 

 

何が違うんでしょ。

 

 

 

ロリカリイクティス プラティメトポン 

Loricariichthys platymetopon

です。

 

 

右が新しくお迎えした子です。

 

同時にお迎えしたリネロリカリア テフェアナは残念ながら死んでしまいました。(泣

 

 

ロリカリイクティスの方は問題なく、導入用の水槽から無事移動しました。

 

 

 

 

 

 

コリドラス情報です。

 

 

海外のグループですけどね、

 

 

コリドラスの新種が記載されたというので話題になっていました。

 

 

Corydoras fullery

 

 

というそうです。

 

 

fullery?

 

 

もしかして、Ian Fullerさんの名前では?

 

 

と思い、早速Ian さんに尋ねてみたんですよ。

 

 

聞いたところ、確かにIanさんの名前からきてますよとのこと。

 

 

ですが、探しても標本写真しか見つからないので、生きた写真あります?と聞いたところ、

 

 

前に写真をあげましたよ。

 

 

との回答が。(汗

 

 

以前、Ian Fullerさんがこれ描いてみない?

 

 

写真を提供してくれた、Corydoras sp. C115がそうでした。

 

日本ではサザンクロスと呼ばれているコリドラスらしいです。

 

 

Ianさん、このたびは新種記載おめでとうございます。

 

(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストですけどね、

 

 

熱帯魚イラストも1000種描いて、区切りがいいので新しいイラストを始めました。

 

 

淡水魚を今まで書いてきたので、今度は海水魚をやろうかなと。

 

 

とりあえずは、

 

 

寿司ネタシリーズ。(笑

 

 

寿司ネタに出てくるお魚を手掛かりに、海水魚をやっていきたいと思いますよ。

 

 

 

マダイ

 

 

 

クロマグロ

 

 

 

ブリ

 

 

特にブリがなかなか似なくて焦りましたが、なんとかなりましたね。

 

 

海水魚イラストは今後も続けていこうと思います。

 

 

(・ω・)/

 

craft

 

 

↓craftの書籍はここで買えますよ。

Osakana Craft

 

 


ポストカード1000枚

2021-04-09 | イラスト

 

腹水病で治療していたリネロリカリア パルヴァですが、

 

だいぶスッキリしてきましたよ。

 

かなりうっ血していた状態でしたが、

 

よく持ちこたえたものです。

 

 

治ったといえば、

 

 

わたカビ病で皮膚が充血していた金魚の2匹

 

 

こちららは塩浴で治りました。

ちょっとダメかなと思いましたけどね、治りました。

 

 

潜っています。

リマツリクティス グリセウスさんです。

 

 

Aquarium Drawing File1000は1000種類の熱帯魚イラストの本ですが、

 

 

いくつもの派生バージョンがあります。

 

 

そのうちの一つ、

 

 

古代魚シリーズが完成しました。

 

 

Aquarium Drawing File1000と派生バージョンはこれだけあります。

 

どれもOsakana Craftで買えますよ。

 

 

 

で、

 

 

イラストといえば、

 

 

1つの絵を完成させるたびにポストカードに印刷してきたんですね。

 

 

それを本のボックスに入れていたんですけど、

 

 

 

1000枚のポストカードコレクションが完成〜。

 

というわけで、

 

 

ヤフオクに出品します。


おそらく熱帯魚1000種類のポストカードのセットは売ってませんので、

 

 

興味のある方は覗いてみてくださいね。

 

 

(・ω・)/

 

 

craft

 

craftの本はここで買えます。

Osakana Craft


春ですから、お魚お迎え

2021-04-01 | ロリカリア亜科
春ですね。
 


そこかしこで土筆を見かけるようになりました。
 
 
 
 
テレワークなんで、運動不足になり気味。
 


毎日散歩を日課にしています。
 
 
 
近所の桜も満開ですよ。

 
 
 
Aquarium Drawing Fileは1000種類のイラストを描いた本ですが、



スピンオフ本もいくつか存在します。



で、



古代魚関係をピックアップした本を作ろうかと思って編集しています。
 
 


A4横サイズのプロトタイプ。
 
 
 
 
ポリプも15種類掲載しています。

 
 
 
 
淡水エイなども。
 
 
ただ、A4サイズの横使いは、僕が使っている製本屋さんが対応していないのですよ。
 
 
 
でも、そういう時に限って欲しい人も出てくるわけで、
 
 
 
なので、数冊限定で製作します。
 
 
 
手作りです。
 
 

完成品は次回のブログで紹介したいと思います。


 
 
 
 
 
 
うちの60cm水槽です。
 
 
 
ロリカリアのメイン水槽ですね。

 
上部濾過装置で回しているんですけど、水量がイマイチなのと、水深を高めに維持しないといけないんですよ。
 
 
 
そこで、
 
 
 
1本だけ外部式に変更してみました。
 

 
やはり自然落下式と違って水流が全然違いますね。
 
 
 
ロリカリアは清流に住むお魚ですので、水流と溶存酸素を必要とするのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スプーンヘッドが入荷したと聞いて、久しぶりにロリカリアをお迎えしました。
 
 
 
コロンビアから採取ということです。
 
 
 
写真上がうちの子、下が今回お迎えした子。

 
うん、同じですね。
 
 
 
スプーンヘッドの一般種、
 
 
 
ロリカリイクティス プラティメトポンです。
 
 
 
てっきりパラグアイとかパンタナル方面から来るものと思っていましたが、
 
 
 
ペルーからもやってくるし、コロンビアからもやってくるわで、
 
 
 
めっちゃ生息地が広いですね。
 
 
 
今回お迎えしたスプーンヘッドも、すぐに水槽に馴染んでいます。
 
 
 
丈夫なロリカリアです。
 
 
 
あとテフェアナも買いました。
 
 
まとまって入荷したものの、今回は1匹だけお迎え。



状態が悪かったので立ち直るまでしばらくお店で預かってもらいました。
 
 
 
この写真はまだちょっと肌荒れがありますが、今はかなり状態が良くなっています。
 
 
 
生き延びてくれよ〜。
 
 
 
 
 
 
 
カナダのデイブさんが住所教えろというので、教えたらこれが届きました。
 

 
レインボーフィッシュの団体がTシャツ作ったそうです。
 
 
 
中のお魚は僕が描いてデイブさんに送ったイラストですね。
 
 
 
デイブさん、Tシャツありがとうございます。
(^-^)
 
 
 
でもって、
 
 
 
手描きのポリプ。A4サイズ、鉛筆画です。



ぼちぼち描いて、15種コンプ目指したいです。
 
 
 
 
(・ω・)/
 
 
craft
 
 
craftの本はここで売っています。
 




 

アフリカ産シクリッドの本

2021-03-20 | その他
春ですね。
 
 
 
3月も終わりに近づいてきました。
 
 
 
筍とフキの煮物です。
 
 
旬のものは美味しいですよね。
 
 
 
 
 
 
 
うりです。
 
 
今年で10歳になりました。
 
 
 
いつも階段で寒そうに寝ているのですが、
 
 
 
階段下の自分の餌場にエアコンがあることに今年気づいたようです。
 
 
 
ドヤ顔です。
 
 
 
 
 
スプーンヘッドこと、ロリカリイクティス プラティメトポンです。
 
この子はスプーンヘッドとしては一般種ですが、
 
 
 
珍しい産地からのロリカリイクティスの入荷が噂されていますね。
 
 
 
まだ輸入されていませんが、とりあえず予約入れておきました。
 
 
 
新種もしくは国内初入荷だといいですね。
 
 
 
 
 
リネロリカリア sp.プエルトアヤクチョです。
 


オスは大きくなるとヒゲが赤くなりますね。
 
 
 
エロモナスじゃないですよ。(笑
 
 
 
うーん、
 
 
 
いろいろなこともわかってきたので、
 
 
 
 
ロリカリアデータファイルも更新ですかねえ。
 
 
 
 
これ4年前のものですけどね、ファロウェラの分類です。
 
 
以前、ロングノーズファロウェラと呼ばれペルーから輸入される2種である
 
 
ファロウェラ アマゾナ
ファロウェラ プラトリンクス


この2種の違いがよくわかんないと相談したところ、
 
 
 
タイの標本マニアのナンさんが教えてくれて、その時に送ってくれたやつです。
 
 
 
要するに、
 
 
 
この2種はシノニムってことで、プラトリンクスはアマゾナのジュニアシノニムらしいです。
 
 
 
本当か?と思い、ちょっと信じられなかったんでコバイン博士に確認したところ、
 
 
 

 
「そだよ」
 
 


なので、
 
 
 
 
プラトリンクスで買ったファロウェラも僕はアマゾナとして紹介しています。
 
 
 
 
あと、
 
 
 
3日前かな、レイズ博士から朝メールが来ていましたね。
 
 
 
ロリカリア属をグルーピングしたとか。
 
 
 
ハルッティアグループと、ロリカリアグループと、ファロウェラグループに関する研究で、
 
 
 
リネロリカリアとロリカリアはロリカリアグループ、
 
 
 
ファロウェラやストゥリソマティクティス、ラモンティクティスなどの、
 
 
 
僕がベジタリアンズと呼んでいるグループはファロウェラグループに分類されていました。
 
 
 
面白かったのは、
 
 
 
1属1種のヘミオドンティクティス アシペンセリウス
 
 
 
つまり、ピノキオロリカリアとかアシペンサーロリカリアと呼ばれている種類が
 
 
 
ツチノコ系ではなくて、ロリカリアグループに組み込まれていることですね。
 
 
 
でも、
 
 
 
これに対して、コバイン博士はどう反応するのか気になりますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
本がオランダからやってきましたよ。
 
 
 
なんでも、ギニアのシクリッドをまとめたそうです。

 
 
作者はマイケルさん。
 
 
 
 
中はこんな感じ。

 
 
 
 
僕も20以上イラストを提供しています。これ全部イラスト。



 
去年やたらイラストを描かされると思ったらこれ作ってたんですね。
 
 
 
ペンネームは猫ひろしにしろってあれほど言ったのに本名乗せてるし。
 
 
 
僕はロリカリアな人なんで、全く興味がありませんが、
 
 
 
海の向こうではこの本、けっこう話題になっているみたいですよ。
 
 
 
 
(・ω・)/
 
 
 
craft
 
 
 
craftの本はここで買えます。
 
 

ロングノーズファロウェラ

2021-03-15 | ファロウェラ

こんにちはcraftです。

 

 

今日は土曜日に休日出勤があったので、

 

 

代休の月曜日です。

 

 

イラスト1000種類も達成してしまって、のんびりとしています。

 

 

描いたイラストやらを組み合わせて水槽のイラストを作ったり、

 

 

そのイラストでTシャツを作ってみたりと、

 

 

 

そうそう、

 

 

 

 

以前作った蝶のイラストが割と好評でした。

 

 

これです。

 

 

 

なので、

 

 

今度はトンボのイラストを作ってみました。

 

 

こういうのって、透かし入れておかないと画像を無断使用されて、

 

 

イラスト集とか作られちゃったりするんですよね。

 

 

以前僕もやられました。

 

 

無料イラスト集とか、注意したほうがいいですよ。

 

 

ちゃんとした企業が目的があってやっているのならともかく、

 

 

怪しい個人が自分で作りもしないでアフイリエイト目的で、



無断で画像集めて作って、バレたら消えるってのがいますから。

 

 

僕もプロバイダーに訴えたら、瞬間にそのサイト消えましたよ。

 

 

もう、

 

 

完全に確信犯じゃん。(^-^;)

 

 

無料と思って使っていたら他人の著作権侵害してたってことになりますから。

 

 

気をつけましょう。

 

 

WTT卓球が始まりましたね。

 

 

毎晩見ています。

 

 

無観客ではあるけれど、スポーツが戻ってきましたね。

 

 

オリンピックも大歓声の中でとはいかないでしょうけど、

 

 

無事に開催されて、選手たちの練習の成果が発揮できるといいですね。

 

 

 

 

 

今日、水替えをしていたらこんなものを発見。

 

 

バリスネリアの花茎だそうです。

 

本当に水草には興味がなくて、アヌビアスナナくらいしか名前もわかんない状態です。

 

 

ロリカリアもそうですが、僕自身はただの趣味レベルの人ですが、

 

 

こうやって周りに色々と教えてくれる人たちが交流してくれているおかげで、

 

 

楽しくやっています。

 

 

 

 

ロングノーズファロウェラこと、Farlowella amazonaですが、

 

 

大きくなりました。

 

 

でも、まだ吻はそれほど大きくなくて、これから伸びると思います。

 

 

 

と、思ったらまた生まれていました。

 

 

 

また、稚魚の子育てをしないと。

 

 

また毎日、餌を用意しないとです。

 

 

今度は無事に大きく育ちますかねえ。

 

 

(・ω・)/

 

 

craft

 

 


水草イラストとか

2021-03-06 | イラスト

 

Aquarium Drawing File 1000

 

熱帯魚・淡水魚を描いたイラスト集です。

 

A5版の製本代が高いのでA4版も作りました。

結局、同じように売れてますね。

 

通常は海外の注文が圧倒的に多いのですが、

 

本書は日本人の方も結構注文が来ています。

 

先週はドイツに旅立ちましたし、

 

本日はオーストラリアとイタリアに旅立ちます。

 

前回はハゼのイラストがイスラエルに旅立ちました。

 

一体、何カ国に送ったのでしょうか。

 

30くらい?

 

もう、普通に海外の方と送り方や送金のやり取りしているし。

 

 

 

 

 

でもって、

 

 

 

ロリカリアの紹介もちょっと。

 

 

リネロリカリアsp”プエルトアヤクチョ”です。

点々模様のロリカリアです。

 

よくリネロリカリア フォルモサと間違えられますね。

 

全然違いますけど。

 

フォルモサはこちらです。

この写真じゃわからないかも。(汗

 

 

まだうちのは小さいんでアレですけど、

 

 

体型がいわゆるファラックスグループのそれですね。

 

 

背中にしっかりと、フォルモサマークが入っています。

 

 

 

久しぶりのロリカリイクティス プラティメトポンです。

いわゆる、スポーンヘッドロリカリアですね。

 

見た目と違って丈夫なんですよね。

 

地味に長生きです。

 

アシペンサーロリカリアの口もなかなか袋状ですけど、

 

袋の口って言ったらスプーンヘッドが一番ですね。

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

熱帯魚のイラストも1000種描いて、描きたいものもあまりないんで、

 

 

ちょっと、水槽イラストを描こうと、水草を描いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

描いた水草と描き貯めた熱帯魚を簡単に配置してみました。

今後、いろいろ水草の種類や流木なんかも追加して水槽イラストをやっていきたいなと思います。

 

 

(・ω・)/

 

craft


craftの本はここで買えます。

Osakana Craft

 


シクリッドのイラスト集 Cichlid Drawig File

2021-02-28 | イラスト

Aquarium Drawing Fileということで、

 

1000種類のイラスト集を出しているわけですが、

 

スピンオフ本というものを出していまして、

 

シクリッドだけを集めた本を作りました。

 


Cichlid Drawig Fileです。

 

表紙

 

目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本、実を言うとA4サイズのAquarium Drawing File 1000とあまり値段が変わりません。(汗



なぜかというと、Aquarium Drawing File 1000が1ページに何種類も魚が掲載されているのに対して、Cichlid Drawig Fileは1ページ1種類なんですね。

 

魚が大きく描かれているってことです。


そういうわけで、よろしければ買って手に取ってみてください。

 

値段は高いですが、これらのイラスト集は書店でも熱帯魚屋さんでも売ってないので、価値はあると思います。

 

(・ω・)/

craft

 

craftの本はここで買えます。

 

Osakana Craft

 


Drawing File シリーズ

2021-02-20 | イラスト
鬼滅の刃がすごい流行っていますね。
 
 
 
映画や漫画はもとより、関連グッズも出せば飛ぶように売れるのだとか。
 
 
 
まあ、僕は1回も見たことがないんですけどね。
 
 
 
時々出ますね。
 
 
 
全く興味がない人でも名前を覚えてしまう社会現象レベルの大ヒット。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家系ラーメン屋さんのつけ麺です。


麺はシコシコの太麺。
 
 
 
たまにですが無性に食べたくなります。
どろっとした魚介系のスープに麺を絡めて食べます。
 
 
 
 
冬ですが、麺のシコシコ感を感じるため熱盛りではなく冷盛りで。
 
 
 
たまに食べたくなるといえば、
 
 
 
うどんですね。
 
 
 
こちらは丸亀製麺です。
 
 


かけの並にトッピング色々。
 
 
 
この日はタケノコの天ぷらがあって、めっちゃ美味しかったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うりです。
 
 

10歳になりました。
 
 
 
SNSで報告したところ、一晩で800人近い方からのいいねと、100人以上の方から祝福のコメントをいただきました。
 
 
 
ありがとうございます。
 
 
 
うり、人気あるんですね。(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リネロリカリア メリニです。
 


メリニは水玉模様が特徴の非常に美しいロリカリアですが、
 
 
 
水玉模様にも色々と個体差があります。
 
 
 
 
 
 
 
こんな子や
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな子や

 
 
 
 
 
 
 
こんな子など



 
 
メリニも繁殖が確立できれば変わった模様が生まれて楽しめるかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リネロリカリア パルヴァです。
 

うちで生まれた子達です。
 
 
 
写真では分かりにくいですが、鼻先が伸びていて、鼻先の両サイドが濃い色をしています。
 
 
 
リネロリカリア プラチュラも同じような特徴がありますね。
 
 
 
最近は増えすぎないように繁殖を制限していましたが、解禁しています。
 
 
 
なんせ放っておくと勝手に増えるんで。(汗
 
 
 
 
増えたら里子に出そうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
増えるといえば、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファロウェラ アマゾナの親子です。
 

稚魚がここまで大きくなりました。
 
 
 
餌も今では親と同じものを食べています。
 
 
 
孵化しても翌日には全滅していましたが、今回は大きく育ちました。
 
 
 
初期試料は変えていないのに今回は大きく育ちましたから、水の問題かもしれません。
 
 
 
親になるとおっとりしていて、素手でも容易に捕まえられるのに、
 
 
 
幼魚のうちはえらいすばしっこいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
イラスト本の話を。
 
 
 
 
 
 
 
 
Pleco Drawing Fileです。
 
 
 
プレコだけのイラストを集めた作品集です。
 
 
 
 
 
目次
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
裏表紙


 
これらの魚は全て
 
 
 
Aquarium Drawing File 1000
 
 
 
に掲載されているんですけどね、
 
 
 
 
どういうわけか、Pleco Drawing Fileの人気がすごいです。(笑
 
 
 
 
これらはAquarium Drawing File 1000から派生したいわばスピンオフ企画なんですけどね、
 
 
 
現在のところ、これだけあります。
 


 
 
 
 
Corydoras Drawing File
 
 
 
Hypoptopomatinae Drawing File

 
 
 
Loricaria Drawing File

 
 
 
Tetra Drawing File

 
 
 
Pleco Drawing File



 
 
 
これらの本の販売を開始しましたよ。
 
 
 
 
 
ここで買えます。
 
 
 
 
 
 
 
でもって、
 
 
 
ただいま作成中の本の一部です。
 


 
来週にはお見せできるでしょうかね。
 
 
 
 
(・ω・)/
 
craft
 
 
 
craftの本はここで買えます。