Osakana Craft

Drawing Art and Breeding Fishes

まだ来ない水槽とか、イラストとか

2022-08-06 | イラスト

夏ですね。

 

 

夏といえば、

 

 

そうめんですよ。

 

 

というわけで、

 

 

鯛そうめんです。

 
 
スープがちょっと薄いですが、
 
 
 
鯛はしっかり焼いてあって、美味しかったですよ。
 
 
 
 
 


夏といえば、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冷やし中華ですね。
 
 
 
盛岡冷麺をうちで作って食べました。

 
なかなか美味しかったです。
 
 
 
 
夏とは関係ないですが、
 
 
 
 
親子丼を頼む時は生卵をトッピングして、
 
 
 
 
黄身を上に乗せる僕です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
熱帯魚小屋の風景です。

 
水槽を入れた際に掃除をしまして、
 
 
 
 
これでもかなりこざっぱりしたんですよ。
 
 
 
 
右上に60cm×45cm水槽が2本来る予定なんですけど、
 
 
 
 
チャームで1週間前に購入したはずの水槽がまだ来ません。
 
 
 
 
送料が追加で変更になるとかいうメールが来て、すぐにOKしたものの、
 
 
 
 
それからメーカーから仕入れるらしく、
 
 
 
 
仕入れたら連絡するとのこと。
 
 
 
 
在庫ないのに販売しているんですね。
 
 
 
 
というわけで、お盆休みにはセッティングするはずだったのが、
 
 
 
 
叶いそうにありません。
 
 
 
本当なら、届いた水槽をセッティングするネタをブログに上げる予定でしたが、
 
 
 
 
 
こないので、今の段階での水槽を紹介しますよ。
 
 
 
 
 
これは入ってすぐ手前の幼魚専用45cm水槽の2段。

 
これは、水槽が来たら水を抜いて、物置場にしようと考えています。
 
 
 
 
次は我が家のメイン水槽を。
 
 
 
 
スプーンヘッドロリカリアやホークスウェリ、リマツリクティスなど珍種系の水槽

 
 
 
 
リネロリカリア aff ラティロストリスやsp プエルトアヤクチョなどがいる水槽です。

 
ストゥリソマティクティスspもいますね。
 
 
 
ファロウェラと一緒にすると交雑しちゃうんで、リネロリカリアと一緒にしています。
 
 
 

フォックスフェイスロリカリアなど、中小型系のリネロリカリアがいる水槽。
 
 
 
 
サンダーロリカリアと、謎のツチノコロリカリアspがいます。
 
 
 
 
リネロリカリア メリニとフォルモサ、スリナムから来たspのいる水槽。

 
 
 
ファロウェラ水槽ですね。

 
 
 
でもって、リネロリカリア パルヴァがいる90cmスリム水槽です。



チャームから水槽が届いたら移動しようと思っています。
 
 
 
これらに4台の60cm×45cm水槽が追加されます。
 
 
 
ファロウェラとか、ストゥリソマティクティス系とか、もっと系統別に分けられますね。
 
 
 
 
 
 
 
でもって、
 
 
 
 
それら水槽導入の予算を稼いでくれたのがこの子たち。
 
 
 
 
イラストです。
 
 
 
ここ2〜3か月は絵を描いていなくて、
 
 
 
もっぱらすでに描いた絵をSNSや販売サイトにアップする作業に追われています。
 
 
 
ダーターテトラのポストカード
 
 
 
 
ダリアのポストカード

 
 
 
ラスボラのポストカード

 
 
 
ドーキンシアのポストカード
 
 
ようやく3分の2のイラストを販売サイトにアップできたところです。
 
 
 
 
アピストのA1ポスター。
 
定価7500円ですけどね、これはよく出ます。
 
 
 
昨日は香港、その前はアメリカに発送しました。
 
 
 
何でしょうか、魚のイラスト需要って海外が多いみたいです。
 
 
 
住宅事情と関係しているのでしょうか。
 
 
 
大きな熱帯魚ルームに飾るみたいですね。
 
 
 
 
それと、
 
 
 
コリドラス本です。





 
 
 
多言語対応なんで、本当に助かります。
 
 
 
 
 
 

(・ω・)ノ
 
 
 
craft
 
 

 

 

 

 
 
 
 

水槽導入

2022-07-30 | 熱帯魚
 
水槽の棚は作ったんですけどね、肝心の水槽がなかったんですよ。
 
 
120cmを割ってしまったので、60cm水槽を4本導入することに決めたんですね。
 
 
今ある6本の60cm水槽と合わせて10本体制で行こうと考えたわけです。
 
 
で、
 
 
楽天とヤフーショッピングで探して安いのを見つけまして、
 
 
限定2台だったので、それぞれで2本ずつポチッとしたのですが、
 
 
どちらも同じ店だったらしく、2台限定なのは転売目的を防ぐための限定2台ではなく、
 
 
本当にショップに2台しか在庫がないからだったそうで、電話がかかってきまして、
 
 
4台購入のうち2台はキャンセルになってしまいました。
 
 
でもって、
 
 
あと2台をどうするかってことなんですけど、チャームでポチッとしまして、
 
 
こちらは送料が確定しないので後日連絡をしますということで、
 
 
メールが来るのを待っています。
 
 
というわけで、
 
 
先行して届いた2台をセッティングします。
 
 
 
 
こんな感じで中段に2台セットしました。
 
 
 
 
上の2台はまだ来ないので当面このままです。

 
 
 
4台分の上部フィルターも到着。
 
 
このうちの2台をセットします。

 
 
ジェックスのデュアル濾過フィルターです。
 
 
なぜこのフィルターでなければダメかというと、高さが薄いんですよ。
 
 
なので、上部空間に余裕がなくてもギリギリ収めることができます。

 
 
 
 
上から見るとこんな感じ。
 
 
 
上部フィルターの上のフタはいらないので捨てちゃいます。

 
 
 


 
 
 
付属のウレタンマットはというと、
 
 
 
 
この通り、切り刻んで水槽掃除用にします。
 
 
ウレタンマットはかなりコケが落ちるので重宝するですよ。
 
 
 
ウレタンマットに替わって使うろ材がこれ。
 
 
スポンジの吸音材です。

 
ウールマットは何回か洗っているととペチャンコになってくたびれるので、
 
 
 
何度も買い直さないといけないんですよ。
 
 
 
その点スポンジマットは洗えば何回でも使えますので、経済的なんです。
 
 
 
適正な大きさに切って上部フィルターにセットしたのがこれ。






スポンジフィルターの生物濾過と、上部フィルターのごみ取り能力と、
 
 
マットを外して水洗いするだけのお手軽さ。
 
 
1台、2台の水槽を管理するだけだったらどんなフィルターでもいいんですけどね、
 
 
10台の水換えを毎週やるとなると、手間がかかららないっていうのは最重要課題なんですね。
 
 
フィルターをセットしたのがこんな感じ。
 
 
 
水槽の上には必ず蓋をしています。
 
 
ロリカリアの死亡原因のダントツトップが、飛び出しによる干物事件なんですね。
 
 
この塩ビのパチングはちょうどグロウEの粒が入る大きさで、
 
 
蓋を開けなくとも餌を投入できるので便利です。
 
 
 
 
水も入れて電源オン
 
 
 
やっぱり水流がちょっと弱いですね。



 
 
しばらくこれで使って、今後ジェックスから出ている交換用の汎用ポンプに変えるかも。
 
 
今3台の水槽で交換しましたが、水流があっていい感じなんですよ。
 
 
あとはチャームから残りの2台の水槽が来るのを待つだけですね。
 
 
 
(・ω・)ノ
 
 
craft
 
 
craftの本やらイラストやらはここで買えます。
 
 

野菜農園

2022-07-23 | 熱帯魚
 
美術館でムーミンコミックス展がやっていたので見てきましたよ。
 
 
 
 
 
やはり暑い夏は涼しい美術館で過ごしたいですね。

 
 
 
 
入口付近までの掲示物は写真撮影可なので撮らせていただきました。
 
 
 
ほぼ英語ですが、楽しめました。



 
 
 
リネロリカリアsp
 


種類がなんだったか忘れちゃいそうなくらい色々なリネロリカリアがいます。
 
 
 
 
ここ最近、ポストカードをアップしては販売しています。
 
 
 
 
Herosポストカード。海外ですがよく売れています。
 
 
 
Discusポストカード
 
 
 
 
南米シクリッドポストカード

 
 



 
 
コリドラスポストカードも100種類くらいアップ。
 
 
 
 
 
 
 
今までに描いた魚のポストカードをアップし続けて大体半分アップしました。
 
 
 
まだ600種類くらいあると思うので引き続き頑張ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
熱帯魚小屋の棚を入れ替えようと思っているんですよ。
 
 
 
テーブルを撤去して、300kgの重量に耐えられる棚にしようというですね。
 
 
 
右の90cmスリム水槽が乗っかっているテーブルを入れ替えます。
 
 
 
 
 
 
 
これであと何本か水槽を増やそうというつもりですよ。
 
 
 
 
 
 
 
楽天でポチッとな。
 
 
 
 
 
 
 
 
届きましたよ。



 
 
 
 
テーブル撤去。下の120cm水槽を棚に入れようと考えています。

 
 
 
 
90cm水槽とテーブルをどかしましたよ。

 
 
 
 
120cm水槽には夏季限定でリネロリカリアパルヴァを放り込んでいたんですけどね、
 
 
 
移動しますよ。
 
 
 
去年の冬に生まれた幼魚たちも移動します。
 
 
 
卵産んでいました。

 
 
 
こちらにも。

 
 
 
とりあえず石プレートごと保護します。

 
 
 
 
では、水槽を移動したところで棚を組みますよ。
 
 
 
フレーム完成。

 
 
 
 
フレームはボルトレスになっていて、ゴムハンマーがあれば簡単に組み立てられます。
 
 
 
棚板を組み込んで完成しました。長さ150cm高さ90cm、中板1段です。

 
 
 
 
 
でもってこの上に120cm水槽をのっけようとしたところ。。。。
 
 
 
 
手が滑ってやってしまいました。(汗

 
 
 
 
怪我しなくてよかったです。

 
 
 
 


完成した棚の上段に仮置きで90cm水槽を載せます。

 
せっかくの重量棚ですが、水槽はまた今度ですね。
 
 
 
でもって、
 
 
 
140cm台は僕の部屋に持って行きました。

 
 
 
 
週に3日はテレワークなんで、テレワーク用パソコンデスクにします。

手前のマックはこのブログを書いている趣味のパソコン。向こうは仕事用パソコン。
 
 
 
 
 
で、
 
 
 
割ってしまった水槽はどうしたのかというと。
 
 
 
こうなりました。
 
 
 
 
でもって、金魚とタナゴも死んでしまったので金魚池も植木鉢にすることに。

 
 
 
 
この状態までが先週のお話です。


 
 
 
今日、ホームセンターで鉢に入れるものを買ってきましたよ。
 
 
 
 
120cm水槽は、とりあえず野菜でも植えようかと。
 
 
 
パプリカ。
 
 


 
 
 
寺島ナス

 


 
 
 
アスパラガス

 
 
 
 
ブロッコリー



 
 
 
ワイルドストロベリー



 
 
 
 
 
こんな感じで今年の夏は行きたいと思います。


確かナス科って一度収穫したら2〜3年同じもの植えちゃいけないんじゃなかったでしたっけ。
 
 
 
 
 
 
来年はまた何か考えます。
 
 
 
 
 
 
でもって、金魚鉢だったところには
 
 
 
 
ミカン
 
 
 
 
いや〜、いつか植えたかったんですよ。ミカン。



 
こんな感じで植えました。
 
 
 
 
秋あたりに収穫できるといいですね。
 
 


(・ω・)ノ
 
 
craft
 
 
 
craftの本屋イラストはここで買えますよ。
 
 

オトシンクルスの新しい属

2022-07-16 | イラスト

 

夏ですね。

 

 

 

 

 

 

 

夏と言ったら、うなぎですよ。

たとえうなぎの旬が冬だったとしても、

 

 

体と心がうなぎを求めてしまいますね。

 

 

 

 

 

 

中庭のブルーベリー、今年は豊作です。

ほぼ毎日このくらいの量を収穫しています。

 

 

 

 

 

 

Tシャツの季節ですね。

お気に入りの南米河川地図Tシャツですよ。

 

 

 

 

コロドラスの専門書がもう直ぐ発売されるそうですよ。

エバースさんとイアンさんの共著だそうです。

 

 

この度はおめでとうございます。

 

 

数年前から本の企画は知らされていたんですけどね。

 

 

この本の作成にあたって、イラストと南米河川地図の使用をお願いされてたんですけど、

 

 

いろいろあって、断っちゃったんですよね。(汗

 

 

なので、違う人がコリのイラスト描いてます。

 

 

でもって、

 

 

コリドラス関係の魚類学者が揃いも揃って協力しているというですね。

 

 

コリドラスのIDのための本であってバイブルですね。

 

 

この本に協力している魚類学者といえば、エリック・トーマスさんって方がいるのですが、

 

 

この人が魚類学者だって知ったの、一昨日です。(笑

 

 

数年来のお付き合いなんですけどね。

 

 

コリドラスが好きなアクアリストで、

 

 

僕のコリドラスイラストをよく買ってくれる人っていう印象だったのですが、

 

 

魚類学者だったんですね。(汗

 

 

コリの学名がよくわからなかった時に、イアンさんとかエバースさんにはよく聞いていましたが、

 

 

こんなに身近に学者がいたとは。

 

 

もっと早く聞けばよかったです。

 

 

 

 

 

 

コリといえば、

 

 

 

 

 

 

コリのポストカードをようやくBaseで販売しました。

CorydorasとScleromystaxですね。

 

 

100枚以上、数万円分のポストカードが1日で完売。(汗

 

 

コリって本当に人気ありますね。

 

 

あと、タティアもなぜか人気があって、追加しても追加しても完売してしまいます。

 

 

印刷用のポストカードが在庫切れました。



しばらく補充できないですね。(汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

この子のお話を。

 

 

バンブルビーオトシンです。

パロトシンクルスspだったこの子に学名がつきました。

 

 

記載者はレイズ博士ですね。

 

 

リノトシンクルス イザベラエ(Rhinotocinclus isabelae)です。

 

 

あろ、バンブルビーオトシンに似た、ピグミータイガーオトシンの方は、未だspだそうです。

 

 

レイズ博士に直接聞いて確認しましたよ。

 

 

でもって、5種類のオトシンクルスが新種として記載されて、

 

 

18種類のオトシンクルスの属がリノトシンクルスに編入されるそうです。

 

 

その内容をリストアップしましたのでご参考に。

(   )内は旧名ですよ。

 

New Species
Rhinotocinclus marginalis
Rhinotocinclus loxochelis
Rhinotocinclus discolor
Rhinotocinclus pilosus
Rhinotocinclus isabelae(Parotocinclus sp Peru)
————————————————-
New Combination
Rhinotocinclus britskii(Corumbataia britskii)
Rhinotocinclus longirostris(Parotocinclus longirostris)
Rhinotocinclus polyochrus(Parotocinclus polyochrus)
Rhinotocinclus eppleyi(Parotocinclus eppleyi)
Rhinotocinclus variola(Parotocinclus variola)
Rhinotocinclus yaka(Parotocinclus yaka)
Rhinotocinclus kwarup(Parotocinclus kwarup)
Rhinotocinclus collinsae(Parotocinclus collinsae)
Rhinotocinclus halbothi(Parotocinclus halbothi)
Rhinotocinclus hardmani(Parotocinclus hardmani)
Rhinotocinclus bockmanni(Hisonotus bockmanni)
Rhinotocinclus dani(Parotocinclus dani)
Rhinotocinclus hera(Curculionichthys hera)
Rhinotocinclus pentakelis(Parotocinclus pentakelis)
Rhinotocinclus chromodontus(Hisonotus chromodontus)
Rhinotocinclus acuen(Hisonotus acuen)
Rhinotocinclus jumaorum(Curculionichthys jumaorum)
Rhinotocinclus dinizae(Hisonotus dinizae)

 

 

論文はそこかしこで発表されているので容易に入手できると思います。(たぶん)

 

 

僕はレイズ博士からPDFを送ってもらいました。

 

 

いやー、

 

 

オトシンクルスデータファイルと、

 

オトシンクルスドローイングファイルを書き換えないと。(汗

 

 

(・ω・)ノ

 

craft

 

 

craftのイラストや本はここで買えます。

 

Osakana Craft on Base

 

 


ピラルクのイラスト

2022-07-09 | イラスト

 

時々行っている馬車道が閉店して、個室焼肉になっていました。

 

 

中はこんな感じ。

 
 
 
 
 
鉄板じゃなくて網なんですね。

 
 
 
角切カルビ

 
 
 
 
タレは濃厚タレと醤油ダレの2種類でした。

 
 
美味しいし、落ち着けるのでまた来たいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの車なのですけどね、ヘッドライトが黄ばんでいるのですよ。

 
 
 
ホームセンターで黄ばみを落とすクリーム買ってきましたよ。
 
 
 
落とす前

 
 
 
 
落とした後



3回くらい塗っては落としを繰り返しました。
 
 
 
劇的にピッカピカというわけに無いかなかったけど、まあなんとかマシにはなりましたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中庭のブルイーベリーです。
 
 
雨続きで実がなかなか色づかなかったのですが、ここにきて熟してきました。
 
 
 
今年は豊作なので、毎日これだけ採れます。

 
実がなる樹木があると、季節感もあるし楽しいですよね。
 
 
 
 

ちょっとだけ熱帯魚を。
 
 
 
 
ロリカリイクティス・プラティメトポンです。
 
 
 
スプーンヘッドロリカリアとか、ニュージンジュリンロリカリアと呼ばれますね。
ニュージンジュリンロリカリアの名前の元は、
 
 
 
ジンジュリンロリカリアであるハルッティアに似てたからでしょうね。
 
 
 
でもって、ジンジュリンロリカリアの名前は松坂實氏がつけたのですが、
 
 
 
以前訪ねた時に、本人が由来を忘れてしまったと言ってましたね。
 
 
 
何かの部族か地名とからしいです。
 
 
 
 
でもって、
 
 
 
ロリカリイクティス ホークスウェリです。




これは確か、ツチノコロリカリアか何の名前で1匹だけ販売されていた子ですね。
 
 
 
見る人が見ればロリカリイクティスの1種だって分かるんでしょうけど、
 
 
 
滅多に流通しないですからね。
 
 
 
 
 
 
 
熱帯魚小屋のイメージスケッチです。
 

夏の間に熱帯魚小屋の床に置いてある120cm大型水槽を上に持ち上げたいんですね。
 
 
 
 
右のテーブルを90cmの棚に変更します。
 
 
 
 
棚を注文したので、到着したら作業にかかろうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イラストネタです。
 
 
 
熱帯魚イラストをBaseで販売してきましたが、昆虫もアップしました。
 
 
 
A4サイズのイラストです。
 
 
 
チョウ
 
 
 
 
 
カブトムシ、クワガタ

 
 
 
トンボ

 
 
 
バッタ、コオロギなど

 
 
 
セミ

 
 
 
カミキリムシ



 
 
 
 
 
でもって、
 
 
 
先週はこれを発表しました。
 
 
 
 
ピラルクのイラストA1サイズポスターです。
 
 


 
 
 
やっぱりね、A1サイズに出力すると結構な迫力がありますよ。
 
 
 
 
 
大きい方がディテールにこだわっているのもわかりますしね。


これもBaseで販売しましたが即売してしまいました。
 
 
 
こういうのは海外の方が好んで買われるようです。
 
 
 
 
また、何かA1シリーズ作るかもです。
 
 
 
再販希望があればピラルクも用意しますけどね。
 
 
 
そうそう、ちょこっとオトシンネタを
 
 
 
Rhinotocinclusという属が新設されましたね。
 
 
バンブルビーロリカリアとかのspに学名がつくほか、
 

小型のパロとシンクルスとか、もろもろが編入されそう。
 
 
論文読んだけど、わかりにくい!(笑
 
 
とりあえず、ロバート E レイズ博士が書いてる論文で良かったです。
 
 
後で直接教えてもらおうっと。
 
 
 
 
 
(・ω・)ノ
 
 
 
craft
 
 
 
craftのイラストはここで買えます。
 
 
 
 
 

リネロリカリア パルヴァ里子

2022-07-02 | 熱帯魚

 

梅雨が明けましたね。

 

 

ようやくブルーベリーが色づいてきましたよ。

 

 

 

熟れた順に収穫してたべることにします。

 

 

 

 

Hudson Crizanto Gonçalvesさんの採ったお魚を紹介します。

 

 

Parotocinclus nandae

 

 

Parotocinclus adamanteus

 

 

ロリカリアも結構採ってますし、この漁師さんいろんなお魚を採られます。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

リネロリカリア パルヴァですけどね。

 

 

去年の冬くらいから生まれた稚魚が大きく育って、里子に出せるサイズにまで育ってきましたよ。

 

 

わらわらと50匹近くはいるでしょうか。

 

 

今日、里子に旅立ちます。

 

 

例によってペットボトルに入れいます。

 

夏で酸欠になりがちなので、2リットルに1〜2匹にしていますよ。

 

 

どうか無事に届きますように。

 

 


(・ω・)ノ

 

craft

 

 

 

 


Base

2022-06-26 | イラスト
 
中庭のブルーベリーです。
 
今年は実をたくさんつ得たのですが、長雨のせいかずっと青いままだったんですよ。
 
 
 
この2日間で天気が続いて暑くなったせいか、途端に色付き始めましたよ。

今年は実も大きいし、たくさん実がなっているので楽しみですね。
 
 
 
 
最近ようやく外食を解禁している我が家です。
 
 
 
更科そばをいただきました。

久しぶりに外でそばを食べた気がします。
 
 
 
美味しかったですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎週週末は水換えの日です。
 
 
 
浄水器から一気に水を補給しています。

 
真夏日が始まったようで、熱帯魚小屋も暖房から冷房に切り替えました。
 
 
 


ちょっと熱帯魚小屋の住人たちを紹介。
 
 
 
 
リネロリカリア メリニです。

 
メリニの成魚は模様が美しいし、迫力がありますね。
 
 
 
 
ファロウェラハイブリッドの子です。
 
 
 

めっちゃきれいです。写真でじゃ伝わりにくいですね。


 
 
 
リネロリカリア パルヴァがアヌビアスナナの上で一休み。
 
 
 
 
 
パルヴァといえば、幼魚が成長したので里子に出そうと思います。
 
 
 
40〜50匹くらいでしょうか。わらわらといます。
 
 
 
気になる方は連絡くださいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
A4イラストがたまってきましたね。
 
 
 
 


 




 
 
 
 
ファイルを買い足しました。
 
 
 
 
 
リフィルはこんな感じ。
 
 
 
 
 
今まで作ったA4イラストを収めています。
 
 
 
 
これでイラストコレクションは3冊目です。



 
 
 
 
アピストグラマのイラスト本です。
 
 
売り切れてしまったので追加しました。
 
 
 

 
 
 
 
 
でもって、ポストカードも随分たまってきているんですよ。
 
 
この箱が10箱あります。
 
 
 
 
1000枚以上はありますね。
 
 
写真の1枚に見えるのは9枚〜100枚くらい重ねています。
 
 
 
 
 
タティア

 
 
 
シノドンティス
 
 
 
大型キャットフィッシュ

 
 
 
 
 
 
ドラス

 
 
カリクティス

 
 
 
バンジョーキャットフィッシュ

 
 
 
これらのA4ポスターとかポストカードなんですけどね、
 
 
 
今までは直接欲しいっていう人にお金を振り込んでもらって、直接1枚ずつ手売りしていたんですよ。
 
 
 
値段から、輸送コストから、どんな種類があるのかなど、
 
 
 
メッセンジャーでやりとりしていたわけですけど、
 
 
 
Baseと言う通販サイトにのっけました。
 
 
 
海外対応していて、うまく送れているので今後これでいこうかなと。
 
 
 
Osakana Craft in Baseはこんな感じです。
 
 
 
 
 
A4イラストはアップが終わっていて、今ポストカードを順次アップしているところです。
 
 
 
 
 
もしよかったらのぞいてみてくださいね。
 
 
 
Baseにイラストや本を掲載したので、個別対応しなくて済むようになりました。
 
 
 
趣味でイラスト描いているので、商売はBaseにやってもらいます。
 
 
 
 
 
 

(・ω・)ノ
 
 
 
craft
 
 
 
 
 
 






 
 

ラウンドタイガーツチノコロリカリア

2022-06-17 | イラスト

 

この2週間ほど、いろいろやっていたんですよ。

 

 

シクリッドのA1ポスターを作りました。

アピストグラマは100種ポスターがすでにあるんで、それとは別ですよ。

 

 

理科美展に出品していた絵が戻ってきました。

在廊はできませんでしたが、今年の理科美展もなかなか好評だったようです。

 

 

プレコのマグカップを作りましたよ。

 

 

 

 

やっぱりこういう実用的なものは人気あるんですね。

 

すぐに売り切れました。

 

今日、アメリカに旅立ちますよ。

 

 

 

ここのところ、南米河川地図をリニューアルしていました。

ページの調整とかやっていて、表紙もちょっと変えて作りなおしました。

 

 

ロリカリアのA1ポスターを海外に発送しました。

 

A1ポスターシリーズがよく出るんですよ。

 

 

こういうものを部屋に飾りたいっている需要は少なからずあるみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

東葛厚木店さんに1匹だけツチノコロリカリアが入荷していたんですよ。

 

 

最初見た印象は、セゥドヘミオドン・プラティセファルス?でした。

 

 

でも、入荷状況を聞くとペルー便とのこと。

 

 

ペルー便で来るツチノコロリカリアといえば、

 

 

タイガーツチノコロリカリアこと、Pseudohemiodon sp.'Peru'ですよね。

 

Pseudohemiodon sp.'Peru'はつい最近学名がつきまして、

 

Pseudohemiodon almendariziになっていますよ。

 

 

でもP.almendariziとはちょっと違うんですよ。

 

 

下から見たところは、Pseudohemiodon almendariziですね。

 

 

で、

 

 

Pseudohemiodon almendariziと今回お迎えした子を比較してみました。

右が今回お迎えした子です。

 

全体的な雰囲気は明らかにタイガーツチノコロリカリアですが、

 

 

今回お迎えした子は頭が丸いんですよ。

 

 

まるでサンダーロリカリアのような丸さ。

 

 

Pseudohemiodon almendariziの記載に名前が挙がっていたレイズ博士に聞くと、

 

 

「似てるけど別種かも、よくわかんない、ごめんね。」

 

 

とのご返事が。

 

 

で、今度はラファエルコバイン博士に聞いたんですよ。

 

 

Pseudohemiodon almendariziじゃないね。spだと思う。」

 

 

だそうです。

 

 

やっぱり頭部の形状が違うとのこと。

 

 

海外のマニアは「Planiloricaria criptodon(サンダーロリカリア) では?」

 

 

とかいう人が出ますね。

 

 

サンダーとは明らかに違いますけどね。

 

 

というわけで、

 

 

今回お迎えしたロリカリアはPseudohemiodon sp.となります。

 

 

確かPeruのPseudohemiodon sp.はsp.PeruIとsp.PeruIIがいたはずなのでこの子は

 

 

Pseudohemiodon sp.'Peru III'とでも呼びますかね。

 

 

もしくは、ラウンドタイガーツチノコロリカリアとかね。

(長いなあ)

 

 

まんまですけどね。(笑

 

 

 


(・ω・)ノ

 

 

craft

 

craftの本やイラストはここで買えますよ。

 

Osakana Craft

 

 


ストゥリソマ 〜ロリカリア界の問題児〜

2022-06-03 | 熱帯魚

 

頼んでいたものが届きましたよ。

 

 

プレコのA1ポスターです。

 

急に衝動的に作りたくなって、1枚だけ作ったところ話題になりまして、

 

 

売りに出したら即売でした。

 

 

 

 

プレコって人気あるんですねえ。

 

 

 

 

 

再販要求が多かったので3本だけ印刷屋さんに注文しまして、それが届いたというわけです。

 

 

すぐに1本予約が入ったので、残りは2本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに聞いたことのないロリカリアが入荷したので買いましたよ。

 

 

購入したのは、かねだい足立店さんです。

 

 

最近面白いロリカリアを仕入れてくれるので注目のお店ですね。

 

 

2匹入荷したうち1匹をお迎えしました。

 

 

インヴォイスネームは、

 

 

ストゥリソマ・ロストラータム

Sturisoma rostratum

 

 

到着しましたよ。

 

 

この子です。

 

 

横から見たところ。

 

 

尾ビレアップ

 

 

下から見たところ。

下から見たときの鼻の部分が黒いですよね。

 

これ、ストゥリソマ・ニグリロストルムの特徴であり名前の由来なんですよ。

 

ニグリロ・・・黒い

ストルム・・・吻(鼻)

 

 

これがうちのストゥリソマ・ニグリロストルムです。クリソツ(笑

 

じゃあ、今回お迎えしたのはニグリロストゥルムなのかというと、

 

 

そうとも言えないんですよ。

 

 

ニグリロストゥルムはペルー ウカヤリ川水域で採集されるのに対し、

 

 

ストゥリソマ・ロストラータムは南米とだけしかわかんないんですよ。

(すいません、調査不足かもです。)

 

 

今回の子はシングー川水域で獲れた魚と一緒にベレン便できたことから、

 

 

お店の人はシングー川産じゃないかと推測しているそうなんですけどね。

 

 

で、これを海外のマニアに公開したらちょっとしたプチ炎上が起こりまして。(笑

 

 

ニグリロストゥルムなのかロストラータムなのかそれとも何者なのかというですね。

 

 

議論が始まったわけです。

 

 

でもって、

 

 

ほとんどのストゥリソマは自分が輸出しているという人が出てきまして、

 

 

彼が言うには

 

 

ストゥリソマ・ロストラータムがストゥリソマの中で唯一、

 

 

同定された種であるにもかかわらずニグリロストゥルムに酷似した種なんだそうです。

 

 

なので似ているのは当然だということになるんですけどね。

(ていうか違いがわからない。。。)

 

 

一方で、

 

 

ラファエル・コバイン博士に写真を送ってみてもらったんですね。

 

 

曰く、「非常に答えるのが難しい」そうです。

 

 

あらま、

 

 

てっきり

 

 

ストゥリソマ・ニグリロストゥルムじゃん

 

 

って答えると思ったら意外でした。

 

 

なぜなら、

 

 

ストゥリソマという属自体が見直されないといけないんだそうです。

 

 

そういえば、ロイヤルファロウェラもちょっと前までは

 

 

ストゥリソマ・フェスティバム

 

 

でしたが、最近になって

 

 

ストゥリソマティクティス・フェスティバス

 

 

に改名されましたよね。

 

 

そんなこんなで、ストゥリソマ自体が揺れ動いているというわけです。

 

 

もしかして、

 

 

ストゥリソマ・ロストラータムとニグリロストゥルムは将来シノニムになるの?

 

 

と聞いたところ、

 

 

幾つかの種類はそうなるよね。

 

 

とのことでした。

 

 

どれがどれとはまだ言える段階じゃないみたい。

 

 

ストゥリソマ・バルバータムも生息地以外でニグリロストゥルムと実はよく違いがわかんないんですよね。(汗

 

 

前回の改変同様、おそらく遺伝子研究で分類されることでしょうね。

 

 

もしかしたらこの辺はシノニムで統合されるかもしれませんね。

 

 

ストゥリソマ属はまさにロリカリア界の問題児って感じです。(笑

 

 

まあ、

 

 

こういうことに妄想をふくらましたり、議論をしたりして思いを馳せるのがマニアの楽しみではあるんですけどね。

 

 

(・ω・)ノ

 

 

craft

 

 

craftの本やイラストはここで買えます。

 

Osakana Craft

 

 

 

 


ラディノロリカリアのこと

2022-05-28 | 熱帯魚

しらす丼です。

 

僕は茹でたしらすも好きですが、生しらすもいいですね。

 

卵を溶いて美味しくいただきました。

 

 

リネロリカリア・パルヴァ(Rineloricaria parva)です。

このプロポーション!やっぱりかっこいいですよね。

 

 

横から見ると、まるでストゥリソマのようなデザイン。

 

 

昔はパラグアイアンロリカリアと呼ばれてましたね。

 

 

当時はこれが欲しくて欲しくて、探したけど滅多に出回らない主でした。

 

 

今は、おそらく我が家の熱帯魚小屋で最も多くストックがある種です。

 

 

今、我が家ではパルヴァの子達がすくすくと育っています。

 

 

暑くなってきたので、そろそろ里子ですかね。

 

 

 

 

 

 

最近、A1ポスターを作ってます。

 

 

ロリカリアA1ポスター

 

 

掲載しているのは写真ではなく全部イラストです。

 

 

日本に輸入されたことのない種類も、海外の方の協力で描いています。

 

 

 

コリドラスA1ポスター

いつもそうですが、コリドラスは人気ありますね。

 

 

ポスターはこちらで手に入れることができます。

 

 

ポスターに掲載したコリドラスをA5サイズの本にまとめたのがこちら。

 

 

Aquarium Drawing File Corydorasです。

 

以前はタイトルをCorydoras Drawing Fileと書いていたんですけどね、

 

 

Aquarium Drawing Fileに統一していこうと考えているんですよ。

 

 

というのも、今まで描いた熱帯魚イラストの集大成として、

 

 

Aquarium Drawing File 1000

 

 

を作ったのですが、イラストがその後も増え続けているんですよ。

 

 

Aquarium Drawing File 1000が350ページくらいあってそろそろ製本の限界なんですね。

 

 

なので、これ以上増やしても1冊の本にまとめきれないので、今後は各ジャンルの本を

 

 

Aquarium Drawing File

 

 

シリーズとして出していこうというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

ラディノロリカリアをお迎えしましたよ。

 

 

ラディノロリカリアは入荷したらなるべく買うようにしているんですよ。

 

 

なぜなら違いが知りたいから。

 

 

今、日本に入荷するラディノロリカリアといえば、

 

 

ラディノロリカリア・マクロミスタックス

 

 

が有名ですよね。

 

 

本種もラディノロリカリア・マクロミスタックスとして購入しました。

 

 

お迎えしたのがこの子です。

 

 

横から見たところ

 

 

正面から見たところ

お店によると、ぶつけて顔を怪我したそうです。

 

 

感染症でころっといかないか心配ですね。

 

 

下から見たところ。

ヒゲの並び方が重要なIDポイントですね。あと胸のウロコの形状。

 

 

ロリカリアって、下から見た写真が種の判別に重要なんですよね。

 

 

そんなことは、種を特定したがるマニアに限ってな話であって、

 

 

お魚を飼って眺めていたいだけならどうでもいいんですけどね。(笑

 

 

サンダーロリカリアとリネロリカリアの中間みたいな面白いロリカリアです。

 

で、このロリカリアが一体何者か?ってことですよ。

 

 

まさか、

 

 

ラディノロリカリア・マクロミスタックス

 

 

っていうインヴォイスネームをそのまま鵜呑みにはしていませんよ。

 

 

ラディノロリカリアといえばこの人、

 

 

ラディノロリカリアが好きすぎてTシャツまで作って販売している人ですよ。

 

 

ドイツのNさんに写真を送りましたよ。

 

 

答えは、

 

 

ラディノロリカリア sp.カクエタ

 

 

もうね、即答でした。秒殺です。

 

 

とある別のショップの写真もついでに送ったのですが

 

 

やはりラディノロリカリア sp.カクエタ

 

 

でした。これも瞬殺。

 

 

同時に輸入されたんでしょうね。

 

 

本物のマクロミスタックスを見たことがないので、

 

 

僕にはsp.カクエタとマクロミスタックスの違いがよくわからないのですが、

 

 

本人に言わせると秒殺で判断できるらしいそうです。

 

 

どこが見極めポイントなのか色々とレクチャーしてもらっています。

 

 

理屈ではわかるんですけどね、やっぱり実物を見て比べないとね。

 

 

以前は、リネロリカリアなんかでは

 

 

ファラックスとかパルヴァとかアイガンマナイやモロウィーなどが

 

 

ただ単にロリカリアとしてやコモンネームで売られていて

 

 

これらにはきちんと学名があるにもかかわらず、誰もよくわかっていない時代がありましたね。

 

 

ラディノロリカリアに関しては3種類はお迎えして種類もわかったので、

 

 

主要ラディノロリカリアをあと4種類お迎えできたらなと思っています。

 

 

でもって、本種もイラストにさせてもらいましたよ。

 

 

上が写真で、下が絵です。

 

さてさて、

 

 

今度はどんなロリカリアがやってくるのでしょうか。

 

 

楽しみですね。

 

 

 

(・ω・)ノ

 

craft

 

craftの本やイラストはここで買えますよ。

 

Osakana Craft

 

 


コリドラスA1イラスト

2022-05-21 | イラスト
 
中庭のブルーベリーですけどね、
 
 
 
去年は花もほとんど咲かず、1粒しか実をつけなかったんですよ。
 
 
 
ところが今年はこの通り。
 
 
びっしり実が付いています。
 
 
 
食べごろは6月頃でしょうか。
 
 
 
楽しみです。(^-^)
 
 
 
実といえば、ポポーですよ。
 
 
 
 
なんと、こちらも実をつけていました。
 
 
人口受粉しないと実をつけないと言われていましたが、付いてますね。
 
 
 
こちらは秋に収穫できるそうですよ。
 
 
 
カスタードクリームとバナナを足したようの実だそうですが、
 
 
 
どんな味がするのか、食べてみたいです。
 
 
 
 
冷凍食品なんですけどね、家系ラーメンですよ。
 
 
これはもう、ほぼ店の味ですね。
 
 
 
自宅で家系ラーメンが味わえるようになったんですねえ。
 
 
 
 
ちょっとだけロリカリアネタを。
 
 
 
リネロリカリアsp.'リオモモン'です。
 
体側の3つの斑紋が特徴ですが、
 
 
もっと特徴的なのは何と言っても尾ビレのフィラメントですよね。
 
 
 
あなた、もしかしてサンダーロリカリア?
 
 
 
は多少言い過ぎですが、それにしても長いフィラメントです。
 
 
 
イキトス近郊の川なんで、もっと採集されても良さそうなんですけどね。
 
 
 
 
ファロウェラとストゥリソマティクティスのハイブリッドです。
 
当初は信用する人もいませんでしたけど、海外で事例がポツポツでてきたので、
 
 
 
信じられないとか、突っ込む人もいなくなってきましたね。
 
 
 
それにしても丈夫ですね。
 
 
 
個人的には、ストゥリソマはネイティブハイブリッドじゃね?
 
 
 
ってちょっと思っているんですけどね。
 
 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
前回、ポリプテルスのA1ポスターを投稿したら大反響でした。
 
 
 
ということで、今度はコリドラスA1ポスター作ってみましたよ。
 
 
 
コリドラス100種とスクレロミスタックス5種の合わせて105種。
 
 
 
全部イラストです。
 
 
 


 
 


 
 







こんな感じです。
 
 
 
ポリプもめっちゃ問い合わせがきましたが、
 
 
 
コリドラスもすごいですね。
 
 
 
これも少数ですが販売します。
 
 
 
どっかで売ってるので見つけてみてください。
 
 
 
(・ω・)ノ
 
 
 
 
 
craft
 
 
 
craftの本はここで買えますよ。
 
 
 
 
 

ポリプテルスのイラスト

2022-05-14 | イラスト

 

Farlowella amazona 改め Farlowella amazonumです。

 

お父さんが真面目に卵を守った結果、

 

 

ついに、孵化しました。

 

 

写真は孵化3日目です。

 

いつも孵化当日もしくは翌日には全滅していたんですけど、

 

 

パルヴァの稚魚を育てたGEXのミニ水槽システムに入れたところ、無事に生きています。

 

 

金色のラインが出てくるまで大きくなったのを見るのは久しぶりです。

 

 

でも、

 

 

他のファロウェラもいたので混血してないか心配です。

 

 

F.amazonumの稚魚はすごく弱いのですが、ハイブリッドは強いんですよ。

 

 

ロングノーズファロウェラことFarlowella amazonum、無事に育って欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

ここ数日ポリプテルスばかり描いていたんですよ。

 

 

きっかけはこれですよ。

 

これを海外のポリプテルスグループに投稿したんですね。

 

 

すると、

 

同じ種を別種で描いていたり、

同じ種が何匹も出ていたり、

綴りが間違っていたり、

10年以上前の学名を使っていたり、

 

 

いろいろ指摘されてしまったんですよ。

 

ダメだし図がこれ、

 

 

それらを直して、かぶっている種類を消したら11種だけ残りました。

 

ポリプテルス アンソロジー

ポリプテルス セネガル

 

の種が不足しているので、追加して欲しいと言われたので描き足しましたよ。

 

 

ポリプテルス アンソロジー

 

 

ポリプテルス セネガル

 

でもって、ポリプテルス属 記載種13種が揃いました。

 

 

 

これで完成かと思ったのですが、

 

Erpetoichthys calabaricusを加えてポリプテルス科を完成させて欲しいというので描き足しました。

 

Erpetoichthys calabaricus

 

 

というわけで、ようやくポスターの原稿が完成しました。(写真はA4サイズ)

 

 

これをA1ポスターにすべく、原稿を印刷所に送りましたよ。

 

3日くらいで完成すると思います。

 

でもって、

 

A4サイズの絵も作ってみましたよ。

 

これはこれでいいんじゃないでしょうかね。

 

(・ω・)ノ

 

 

craft

 

 

craftの本はここで買えますよ。

 

Osakana Craft

 

 

 

 


ロングノーズファロウェラの学名

2022-05-06 | 熱帯魚

熱帯魚小屋に金魚2匹とタナゴ1匹がいるんですけどね、

 

 

120cm水槽を独占しているんですよ。

 

 

さすがに、他の魚も飼いたいので、庭のプラ池に出ていただくことにしました。

(冬になったら回収すると思いますけど。)

 

 

で、以前からやりたかったのがこれ。

 

 

ソーラーパワーでブクブクです。

日の当たる日中だけでもブクブクしてもらって、スポンジフィルターでろ過しようかと。

 

 

セットしました。網は鳥よけです。

この辺りははやぶさとかも飛んでいるらしいんですよ。

 

 

ブクブクしていますね。

ポンプ音はめっちゃ静かです。

 

 

熱帯魚小屋の室外機の方が大きいくらい。

 

 

金魚も気持ち良さげに泳いでいます。

 

 

タナゴです。移動前に写真を撮りました。

で、このタナゴの写真をアップしたところ、

 

 

フランスの魚類学者とスリナムの研究員が反応しまして、

 

 

「 なんて美しい魚なんだ。なんという種類ですか? 」

 

 

と質問されましたよ。

 

 

タナゴですって答えました。

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

ロングノーズファロウェラの話ですよ。

 


ペルー便でやってきますね。

 

価格もそれほど高くないし、希少性も高くない、

 

 

いわゆるフツーのファロウェラですよ。

 

 

たまーに、どんでもない高額な値段で売っているところもありますけどね。(汗

 

 

本題に入る前にどんなファロウェラなのかおさらいしましょう。

 

ロングノーズファロウェラ

 

 

名前の通りロングノーズなファロウェラです。

 

 

上から見たところ。

 

横から見たところ。

 

下から見たところ。

2列のウロコがありますね。

 

 

ファロウェラには2列のタイプと3列のタイプがいますが本種は2列のタイプです。

 

 

尾ビレ

上下のフィラメントが同じくらい長いですね。

 

 

Farlowella vittataなどは上が長くて下が短いんです。

 

 

ロングノーズファロウェラの特徴が分かったところで本題です。

 

 

ロングノーズファロウェラの学名についてです。

 

 

これ、学名で時々話題にあがるんですよ。

 

 

出てくるのがこれ、

 

 

Farlowella amazonum

Farlowella amazona

Farlowella platorynchus

 

2016年にラファエル・コバイン博士によるロリカリアの分類について発表した論文ではFarlowella amazona と記載されているので、ずっとその名前を使ってきたのです。

僕はドイツのNさんや、エバースさんもF.amazona推しだったですしね。

 

 

Farlowella platorynchusじゃないか?って言う人が多いのですよ。

 

 

で、調べてみました。

 

 

Farlowella amazonum Günther, 1864

Farlowella amazona Günther, 1864

Farlowella platorynchus Retzer & Page, 1997

 

 

とあります。

 

 

これら3種はシノニムであることがわかっています。

 

 

海外のロリカリアファンの間ではシノニムであること、そこは意見が一致します。

 

 

シノニムとは、同一の種類について学名が複数ある場合のことを言います。

 

 

つまり、

 

 

同じ魚なんだけど、そうとは知らずに別の学者が新種だと思って記載しちゃったっていうことですよね。

 

 

でもって、まずはFarlowella platorynchusです。

 

 

Farlowella platorynchusは1997年の記載ですから、

 

 

Farlowella amazonumもしくはFarlowella amazonaの方が1864年ということで早く記載されているわけで、こちらの2種の名前の方が有効とわかります。

 

 

この時点で、Farlowella platorynchusはシノニム決定。

 

 

では、

 

 

Farlowella amazonaとFarlowella amazonum

 

 

どちらが現在、有効な名前なのでしょうか。

 

 

これね、調べてもわかんなかったです。(汗

 

 

わかんない時は人に聞くのが手っ取り早い。

 

 

ロリカリアの分類で有名なラファエル・コバイン博士に聞いてみましたよ。

 

 

博士曰く、

 

 

「Farlowella amazonumが有効。Farlowella platorynchusとFarlowella amazonaはシノニム」

 

 

だそうです。

 

 

確かに、ファロウェラの論文を読んでいてもFarlowella amazonumの名前が登場しますね。

 

 

以前の論文にはFarlowella platorynchusも登場しますが、コバイン博士が確か遺伝子による分類やってましたから、シノニムだと結論付けたのでしょう。

 

2016年の論文ではF.amazonaでしたけど今の意見はF.amazonumに変わってるんですね。

 

 

というわけで、

 

 

ロングノーズファロウェラの学名は

 

 

Farlowella amazonum

 

 

というラファエル・コバイン博士の意見を支持したいと思います。

 

 

ここで大事なことは、「これが正解」ではなくて「これを支持する」てことです。

 

 

かつて僕がエバースさんに、



「リネロリカリアかヘミロリカリアのどっちが正しいですか?」



って質問した時に帰ってきた言葉です。

 

 

「craft、何が正解で何が不正解ということではなく、あなたが何を支持するのかということなんだよ。」

 

 

つまり、

 

 

科学的な問題に対してこれが正解と決めつけることは危ないですよって話です。

 

 

例えば、中世ヨーロッパでは天動説が信じられていましたし、天動説が正解だったわけです。

 

 

そこに地道説を唱えた人がいて、宗教裁判にかけられたりしましたね。

 

 

アクアリストの間で種類や学名で言い争いになるのは、

 

 

どっちが正しいかと白黒つけようとするからなんですよ。

 

 

「 あなたはそれを支持するんですね、僕はこれを支持します。 」

 

 

という、お互いの立場を主張し会うだけであれば、いさかいにはならないんです。

 

 

これがヨーロッパのアクアリストのやり方だと思います。

 

 

人にもよるけど。(笑

 

 

だから、海外の専門家に人に聞く時も、

 

 

「どれが正解ですか?」

 

 

と聞くと「わからない」と返事が返ってきたり、無視されたりすることがあります。

 

 

専門家も、意見は持っているけどそれが正解かどうかなんて、神でもない限りわからないんですよ。

 

 

「僕はこう考えますが、あなたの意見を聞かせてください。」

 

 

と言うと、だいたいの人は意見を言ってくれます。

 

 

これ、種類に限らず、飼育方法や濾過フィルターの議論なんかにも当てはまりますね。

 

 

ベテランアクアリストだと、その辺はよくわかっていらっしゃるとは思いますけどね。

 

 

 

 

そんなわけで、

 

 

 

 

今まではFarlowella amazonaを支持してきましたが、

 

 

コバイン博士とのやり取りの結果、僕は今後、

 

 

Farlowella amazonum

 

 

を支持しようと思います。

 

 

と言うわけで、

 

 

ロリカリアデーターファイルの原稿を修正しなくちゃ。

 

 


(・ω・)ノ

 

 

craft

 

 


アピストグラマの本とポスター

2022-05-05 | イラスト

アピストグラマのイラストが100種類になりました。

 

 

それを記念してイラスト本を作りましたよ。

 

 

届きました。

 

 

 

表紙です。

 

 

今回100種類ということで、厚みもあるので背表紙も文字入れできました。

 

 

目次

 

 

1ページ1種で合計100ページです。

 

 

 

 

 

 

裏表紙はシンプルにロゴだけ。

 

 

 

でもって、

 

 

今回、ポスターも作ってみたんですよ。

 

 

A1サイズに100種類並べてみました。

 

それにしても、アピストグラマって人気があるんですね。

 

 

SNSに投稿したところ、

 

 

あっという間にいいねの数が海外で300超え、国内で100超えでした。

 

 

うーむ、ロリカリアもこのくらい人気が出ればいいのに。

 

 

購入希望のメッセージに追われています。

 

 

ありがたいことです。

 

 

アピスト作ったので、今度はレインボーですかね。

 

 

とりあえず1匹描いてみました。

 

 

メラノタエニア・アフィニスです。

 

 

うーん、1匹描くのにめっちゃ時間がかかりますね。(汗

 

 

 

とりあえず、目標のアピストグラマ100匹達成したので、

 

 

次のイラストをどれにするのか、今後についてはじっくり検討してみたいと思います。

 

 


(・ω・)ノ

 

 

craft

 

craftの本はここで買えますよ。

 

Osakana Craft

 

 

 

 


リネロリカリア・パルヴァの若魚

2022-04-30 | 熱帯魚
ゴールデンウィークですね。
 
 
 
今年は有給と代休を使って10連休にしてしまいましたよ。
 
 
 
かしわ餅食べてのんびり過ごしています。
 
 
中庭でうりを遊ばせています。
 
 
 
 
 
飛行機の音でしょうか、ビビっています。
 
 
 
 
トイレ掃除の時は邪魔しないようにキャリーバックに入ってもらっています。

 
この日は出たくないようで、そのまま昼寝しています。
 
 
 
長いこといる東庭のポポーの木です。
 
 
 
 
初めて花を咲かせているのを見ました。

 
雄しべが先に咲いて、次に雌しべが咲くそうなので、
 
 
 
人工授粉のために雄しべの花を摘み取って冷蔵庫で保管します。
 
 
 
1本だけだと自然交配しないんですよね。
 
 
 
バナナとカスタードを合わせたような味のする果実は採れるでしょうか。。
 
 
 
樹木といえば
 
 
 
てっきり枯れてしまったと思っていたナツメとイチジクの木が芽吹きました。
 
 
 
ナツメ

 
 
イチジク

 
枯れ枝のようになって冬を越すんですね。
 
 
 
 
 
 
最近、本やらイラストやらが売れていますね。
 
 
 
これはアメリカに旅立ちました。

 
 
本やイラストを買っていただけるとお小遣いが増えるのでありがたいです。
 
 
 
多分ロリカリアと水槽代に消えるとは思いますが。




 
 
 
 
 
そんなことはさておき、
 
 
 
 
 
 
熱帯魚小屋です。
 
 
 
 
毎年5月になると浄水器のフィルターを交換します。
 
 
 
 
 
浄水器のフィルターと餌のグロウEが届きました。

 
 
 
 
左がフィルターで、右が活性炭ですね。

我が家では1年に1回交換しています。
 
 
 
これに装着します。

 
 
 
 
1年に1回なので、右回しだったか左回しだったか忘れてしまいますね。(汗



 
 
熱帯魚小屋でバタバタせわしないので、
 
 
 
 
サンダーロリカリアさんが気になるようです。
 
 
 
 
いつものエサくれダンス。

 
 
 
顔アップ。怖いですよ。

 
 
 
ファロウェラがガラス板にへばりついています。

このガラスは他の水槽に沈めて藻を生えさせたものです。
 
 
 
一晩でピッカピカになります。
 
 
 
ファロウェラを別の水槽に移動しました。
 
 
 
90cm水槽にリネロリカリア・パルヴァの若魚を移動させたかったからです。
 
 
 
45cm水槽2本で育てていたリネロリカリア・パルヴァです。

 
 
 
4cm〜6cmくらいあります。
 
記念撮影をしたら、
 
 
 
90cmスリム水槽に投入しました。

 
 
 
ここでしばらくいてもらった後、旅立ちます。

 
 
 
 
でもって、ファロウェラは
 
 
 
リネロリカリア水槽に移動。

もともとファロウェラがいた場所です。
 
 
 
窓際の水槽なんで藻がすごいです。



でもファロウェラを全部投入したので、
 
 
 
明日にはピッカピカになっていると思います。
 
 
 
 

(・ω・)ノ
 
 
 
craft
 
 
 
craftのイラストや本はここで買えます。