イタグレと散歩

イタグレ:Looney(♀)と普段のデキゴトや散歩で感じることを、綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨もやんだので

2004年10月31日 | Weblog
夜明け前に雨音で目が覚めた。 

これでは今日のお散歩は無理か… 

どうせ、うちのイタグレも寝ているだろうし、

今日は、少しゆっくり寝ていようと思ったが、

私は今日もお仕事なので寝ているわけには行かない。


イタグレの様子を覗くがやはり寝ていやがる。

もう、雨もやんだだから散歩に行くか!

一応、カッパを着せてチャリで出発!


いつもの散歩のコースには川原の脇を通る。

やはり、今朝方まで降り続いた雨で川の水が、

あふれんばかりになっている。

いつも土手を散歩している人たちは、今日は歩けそうも無いほどだ。


うちのイタグレといえば、今日のお散歩はイマイチ気が乗らないらしく

タラタラ走っているので、途中で引き返してきた。

その途中、仲良しの『ピジョンフリーゼ』のゲンさんに

久しぶりに会った。

お互いに肩を叩きあって「いやー久しぶり、元気にしてた?!」なんて

会話が聞こえるような感じで再会を喜んでいたようだ。

この「ゲンさん」見た目の容姿が白いフワフワの毛で

見た目的には、どうしても女の子に見えてしまうのだけれど、

なんつっても名前は、「ゲンさん」なので男の子である。

そのギャップにあいかわらず笑ってしまう。
コメント

いよいよ、寒さが身にしみる

2004年10月29日 | イタグレ
いつものように、枕もとのケータイから、いつものオトが流れ出してくる。

眠い目をこすりながら、犬のサークルをのぞくと うれしそうにしっぽを

はちきれんばかりに振っている…はずなのだが、うちのイタグレといえば

真ん丸くなったまま動きやしない! この丸まっている状態のことを

『イタ玉』と いうらしい。


とりあえず人間も眠いので1杯のコーヒーを飲んで、

『イタ玉』が、起きるのを待とう。 

イタグレの目が覚めたところで、朝のお散歩だ。

イタグレは足が驚くほど速い犬なんです。

とてもじゃないが、歩いての散歩はイタグレには逆にストレスに

なりそうなので 毎朝チャリンコで、暴走というか爆走している。

おかげでこっちは、朝から太ももが、パンパンになってしまう。

これだけ朝から、運動しているのだから人間も痩せればいいんだけれど、

大して変わらないところが悲しい。

よくペットは、飼い主に似ると言われるが、

イタグレは、外見が足も身体も細くて、ウエストなんかも

キュッとしまっているので、誰も飼い主さんに似てるなんてことを

間違っても言われたことがない

でも、散歩をしているとよく、

「うわっ!細っ!!」とか、「脚 折れそう」とか、

「速そう!」 「素敵」なんて声を聴けるだけでも、気分はいいから

「飼い主に似てますね」なんて言われなくてもいいか!


声をかけられた中で面白かったのは、

小学生1,2年生ぐらいの子に

「カ、カ、カ、カルガルーだ!!」と言われたときは、

思わず吹いてしまった。心の中で「カルガルーじゃなくて、カンガルーだろ!!」と、

突っ込みたかったのだが、一緒にいた上級生がボソッと、

「カンガルーだろ」と、突っ込んでくれたので 胸のつかえが取れた気がした。

あと、少し年配の女性からは「まー素敵なワンちゃん 玄関に飾っておきたいワ!!」

といわれたとき、なるほど女性はそーゆー考え方もあるのかと

ひとりで思っていたら、もしかして『剥製』にするきか!!と、

思えてきて恐い気がしてしまった。




コメント