ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

山の老夫婦

2011年08月30日 09時22分52秒 | 山とか壁を登る
 蓼科山を下山中、時刻は12時半頃だったろうか、70歳くらいの夫婦が下から登ってきた。場所は下の地図の矢印の辺り。老夫婦とは言ったもののこっちだって一回り下程度で大差無い。道を譲りながらこんにちはと挨拶すると将軍平までどのくらいあるか聞かれた。どうやらここに来たのは初めてのようだ。


矢印の辺りで老夫婦と擦れ違った (MAPPLE 山と高原の地図より)


 歩く速さが分らないと答えられないので峠を出発したのは何時頃なのか聞くと10時30分だと言う。そこであと30分くらいかなぁと答えた。峠から将軍平までのコースタイムは1時間20分だけど推測するとそこを2時間半かかるってわけだ。ちょっと遅いんじゃないのかなぁ。

 問題は将軍平から山頂までだ。この脚力で大きな岩がゴロゴロした急坂を行けるんだろうか。ふらついて転落しないようにしないといけないから緊張も強いられる登山になりそうだ。山を歩く速さの話をすると遅い人は自分は無理せずマイペースで歩くから心配ないとよく言う。でもマイペースもほどほどだ。

 ボッケ登山隊はというと老夫婦より20分早く出発したけど山頂を一巡りして下山中だった。だから老夫婦の出発時間を聞いた時はけっこう驚いた。ちなみにヨメは情けないことに翌日から太ももの辺りが筋肉痛。足は2本だからこれが本当の筋肉ツー(三平モード)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 釣舟草(ツリフネソウ) | トップ | 暑さの峠は越えたようだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山とか壁を登る」カテゴリの最新記事