憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

奇跡の地球・・・(再掲載2)

2018年06月18日 | CDの事

奇跡以前にも、桑田君のCDは、非常に音が良い。と、かいた。

録音もしっかりしている。

細かな音も楽器との序列も計算つくしているかのようである。

 

ずいぶん、前から、聴いていたこともあり、

6LTD- blueの絶妙さが判る。

 

6改(音質改善・アルミVRDS円盤載せ換え・(むろん、OH済))の時には、

奇跡の地球(ほし)をきいていると、

ミスチルの桜井さんのハイトーン気味の素直に伸びていく声に

桑田君の少し濁り?のある低音部分がまきこまれてしまう感があった。

LTDになってから、

変な言い方だが、デュエットなんだなあと

各パートがきちんと、自治国になったような・・・

 

が、blueになって、聴いたら、

桑田君の声は、密度が高く、倍音の中味が濃いといってよいか。

確かに桜井さんの声は、通る・・が、

倍音として考えたとき、構成がうすく思えてくる。

 

そして、常々、低域が充実しないと

中高域を、支えられないので

おかげで、特に高域が冴えてこない。

と、いうことを書いている。

音域の形はピラミッド構造なので、

耳に聞こえなくても

低域のすそ野が広いと、支える中・高も容積?面積?が増えて、豊かになる。

 

その低域を充実させ、かつ、クリアにしながら、濁り・響き【倍音】が成立する。

と、いうのが、LTD- blueのわけで、

これは、どのCDをきいても(ただし、録音が悪いものは無理。

悪い処も、はっきり、わかるため、聴く気にならない)

楽しめる。

 

正直、嗜好としては、理解できるけど

特定ジャンルじゃないとだめだ。

と、いうのは、きちんと音を拾い出せてないと思える。

 

きちんと拾い出せると

CDの中の情報が実に耳に愉しい。

 

(逆に、先に書いたように、録音の良し悪しがもろにわかるようになり

悪いものは、廃棄になるwww

ランクダウンの代理のシステムでは、抽出力・解析力が甘く、

廃棄になったものでも聴けるので、

あっと、いうまに100枚ほどのCDが手に入ったwww)

ーむろん、ランクダウンと言っても、高橋が手を入れてくれているので、

普通の状態の機器と比べれば、ランクアップした音が出ている。

あくまでも、高橋システムと比べたらの話であるのは、いわずもがなっだったか・・)

 

LTDになった当初、

ヨーヨー・マの弦の音とか

ピアノの弦の音。

リアルになってきて、

弦の擦れる音とか

うっすらとした呼吸音とか、(なんの音?と聞いたくらい)

オーケストラでは、楽譜をめくる音

平原綾香の音?などは、

口の中で、息継ぎとか、謳い口のパターンによって、

かすかな唾液の絡む音が聞こえる。

いや、CDに入っているというべきだな。

 

そのパターンが桑田君と桜井さんの間にある。

 

こんな音が入っていたのかという

楽しみがあり

今は特に録音良し。構成良し。

(録音編集者が良い?編曲・アレンジャーが良い?)

で、桑田君ばかり聞いてるけど

どういうんだろう、

オーケストラは、楽器の持ち味をそのままという感じに近いのだけど

桑田君は曲調によっては

パーカッションを高めに持って行ったり

曲を作っている。

楽器という素材で勝負するのと、

曲というムード【世界】を個人が作っている。

そんな違いを感じる。

ーうまく言えないので、オーケストラ批判に誤解されそうであるー

ーーー奇跡の地球ーーー

サザンオールスターズ桑田佳祐Mr.Childrenによるコラボレーションプロジェクトだが、本作の発売はAct Against AIDS(AAA)による患者救済募金活動の一環である。本作のジャケットは地球とその背景の宇宙写真が使用されており、この写真はNASAのものである。なお、ジャケットには「Act Against AIDS Special Single」と表記されている。また、ジャケットにプロデューサーであり楽曲にも参加した小林武史の名が入っている。

作品は同年6月までの限定生産として発売されていた。

サザンや桑田の他シングルと異なり限定生産であるため、現在でも再発売がなされていない。本作以外での収録は、2002年に桑田のベスト・アルバムTOP OF THE POPS』のみ。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人気ページランキング50位まで | トップ | ROKSAN CASPIAN )(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

CDの事」カテゴリの最新記事