憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

世間の風評の威力(再掲載3)

2018年08月05日 | 音質のために

今回、何人かの方から問い合わせがあり、

その中のひとつの機器に対して

高橋が

はっきりと、

「それは、診ません」と、おことわりしました。

 

先日からオークションに何台かでていて

かなりの値段で落札されているのをみていて

中味もわからず、巷の風評に踊らされているのが気の毒だとおもっていたら

問い合わせがありました。

業務用にありがちな、回路設計も手抜きで、音質を追求していません。

設計の手抜き?については、詳しいことは書きませんが

それこそ、鳴ればよい。と、いう作りです。

その当時はそれで、良い音だったのですが

今では、それを越すものがざらにあり

もはや、

「老兵、去るのみ」になっています。

それは、メンテナンスにより、たとえば、オペアンプを質の良いものに変えることができるのですが

この機器はそういうことができません。

同じころの下位機種でも、そういう変更への配慮、良い回路を作っているのです。

 

音質改善というのが、巷のショップなどが適当におこなっているせいもあるのか、

当方のいう音質改善は、ちがうということが理解されていないと思うので

少し定義を変えて話します。

 

もともと、機器の性能はメーカー出荷時でも、

60~70くらいの性能しかありません。

これが、年を経ますと

たとえばオペアンプでも元からついているものの

10倍20倍性能が上がったものが出てきています。

コンデンサも劣化しているうえ、

コンデンサも同じように良くなっているわけです。

 

劣化部分を変える・良くするだけのものは、

OHになり

さらに、ここからでないと音質改善をしないのですが

それは、

機器が元からもっている性能を引き出すことであり、

なにかをつけたして、音を良い風に出すというものではありません。

たとえば、イコライザーのようなものをつけて

音質を変えるというものではないのです。

 

あくまでも、その機器が元からもっている性能を、

十分に発揮されていない性能を引きだす。

たとえば100の力がある機器であるのに

オペアンプが30くらいの力しかだせないのなら

オペアンプを100の力を出せるものに変える。

と、いう変更をほどこすことで

音質が良くなる。の、ではなく

もともと、もっていた性能が発揮されるわけです。

 

ですから、今回、問い合わせがあった機器は

もともとの性能が50くらいしかなく、

音質改善・OHで音質をよくしても

もともとの性能が良くないため

どれだけ頑張っても70くらいの性能にしかならないわけです。

 

これは、もっと安い機器でも

これ以上の性能になるわけです。

オークションで30万40万という値段がついていて

元からの性能が低い・引き出せない回路設計であれば

いかに、巷の噂にながされているか・・・

 

こういうのは、

値段が高いだけに、「詐欺」のような機器ですから

仮に5万~10万で落としたもので

もうすこし、音を向上させてほしいといわれれば

納得できるのですが

値段から考えると

同じ、30万~40万だすなら

WADIA・LTDを目指してほしいと思います。

 

元の性能を50とか100とかいう言い方をしていますが

その機器の性能と

WADIAの性能をくらべると

その機器…10以下

WADIA・・・100以上

くらいの差があり

高橋がそれを触る気にならない。

そんなものを

良くしますといって、金をとるなぞ

詐欺の片棒担ぎでしかなく

ひいては、10の性能の音で満足してしまうもったいない事態をつくりたくないというのもあるでしょう。

 

いつか、安い機器は見ないのか?とたずねられたことがありますが

安い機器でも良い音にすることは可能です。

が、たとえば10万の機器に10万のOH/音質改善/改造をほどこして

その機器の性能としては100になっても

たとえば、WADIAとくらべると30くらいの性能・音質でしかないのなら

その音で満足してほしくないということです。

やはり、元値10万の機器に10万かけて30か、という思いになられて

あえて、メンテナンスを行う気にならず、お客様のほうから

断ってくるわけです。

それでも、やるというなら、おうけしますが、

今回の機器は

元値160万?の機器に仮に10万かけても10以下・・・

嫌な言い方ですが

安い機器より、ぼろい状態のものを

それでもやるといわれても、こちらからお断りします。

 

つまり、安いから、やらないのではなく

性能が低いものに高い値段をかけて

音質・性能の低いものを聴き続け

もっと良い音を知らずに終わる

と、いうのが、お断りの理由で

安いからやらないのでなく

高くても・・やらない。

まだしも、安い機器でも、お客様がやるといえばやりますが

今回、お客様がやるといっても、断るという性能のまずさですので、

どれほど、

巷の噂にだまされているか。

 

逆を言えば

巷の噂がいきているうちに

その機器のオーナーさまは

はやめにてばなしてしまうことですね。

 

買い手にたいしては、おやめなさいというのが、

公平な意見かな?wwwww

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アンプを考える・・その後・... | トップ | SP神話を捨ててほしい (2)(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音質のために」カテゴリの最新記事