憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

あきらめない気持ち(再掲載)

2018年08月19日 | 途中経過

あきらめない気持ちを

なにかがプッシュする。

そんな気がしてきて、たまらない。

先日、問い合わせがあり、

修理できますか?

というのが、CDM-1を乗せた機器だった。

う~~~む。

当方、良い音を提供するために

OHは、必須である。

修理できるかという技術面でいえば、できるが、

修理のみはお断りしている。

そのあたりをちゃんと、理解されていても、

メンテナンスという言葉でなく

「修理」という言葉を使うときがあるので

とりあえず、

OH前提の上で、不具合対応ですと答えればよいのだけど、

問題はCDM-1

前回、ニューオールドストックの出物があったので

対処できたが、

基本、オーナー様でCDM-1の確保に当たってもらっている。

つまり、ニューオールドストックで対処できたという言い方の裏は

オーナーさま確保のCDM-1がダメだったということになる。

 

じっさいは、こんなラッキーなことはおこらないし

ニューオールドストックでも性能がちゃんとあるかどうかもわからない。

 

で、先の問い合わせにお応えするのは

OH前提の上での修理

CDM-1をオーナー様で確保。

と、言うことになる。

 

すると、自分で確保できないので諦めます。

と、いう返事があった。

 

ふむ・・・・・。

本当になおしたいか。と、いうふるいにかけられたともいえよう。

他に発光ダイオード載せ替えピックアップで対処するところもあり

簡単に手にはいるし、品質・性能も良いと思われている様なら

そちらで直せばよかろうと思う。

 

このふるいに残れる人はというと

どうすれば、CDM-1 を入手できますか?

ドナーを集めてきます。

と、いう具合に

「あきらめない」

 

今回、CDM-1系のメンテナンス依頼が多く

ルボックスも多めだが

特筆すれば

マイクロのCDM2が2台入ってきている。

1台はすでにメンテナンス終了

MICRO CD-M2 6台目 (05/05)

もう1台。

これは、2年ほど前にいったん、受付再開で依頼されていたのだが、

CDM-1の確保が間に合わず、

今回、改めて受付にエントリーされ

ドナー機器とともに送られてきた。

 

着手にあいなっているのだが、

マイクロに乗せられていたCDM-1は

風前の灯。

この状態ではOHを請け負えない。

ドナーを調べると

調整で、新品状態になるとのこと。

(この、調整も無茶苦茶な調整で対処されていることが多く、

寿命を縮めているものも多い。

調整代(しろ)も判らず、適当に触って、壊してくれるところも多いし

音で判断して調整するなどというのは、もっと危ない)

*以前にも書いたが、きちんと測定値を報告してくれるところを探す*

*ただし、発光ダイオード載せ替え品は

新品以上の数値を出すが、性能が維持できないものが多い*

 

そして、この2年越しの恋は、

おもわぬサプライズを追加してくれていた。

音質改善そのスキルアップと

blue化、一部流用

 

後から来られるほど得だ。と、いう言い方を良くするが

一生懸命、CDM-1 をさがした、その「あきらめない」気持ちに

良いピックアップをさしむけ(あるいは、引き寄せ)

待った甲斐には、さらなる音質改善のグレードアップでお応えできる。

 

自分で探せないので諦めますは

(他を探すための)

こちらへの言い訳?かもしれないが、

 

あきらめない気持ちには、

何かがプッシュする。

やはり、そんな「妙」がある気がしてたまらない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「変」(再掲載) | トップ | ノラとラナ(再掲載) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

途中経過」カテゴリの最新記事