憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

R!-aに対する代理の返答メール(再掲載2)

2018年08月12日 | メールから保存の為

こんばんは ****さま

当方のぶしつけとも思える数々のメールでありながら、

真摯に受け止めていただきありがたく思っております。

 

DACの方に音質改善の効果が出るというのは

一体型においても

DACの方に音質改善を行う部分が多く、

一体型のトランスポート部分は比較的少ないのです。

 

もう少ししたら

マークレビンソン37Lの記事を揚げますが

これは、トランスポートです。

それでも、オーナーさまが出来る限りのことをしてくれとおっしゃっていたので

一部、  WADIALTD 仕様をとりいれ

最新版のWADIA6改―SPIRIT-に施した音質改善(blue化)を一部とりいれましたので、

かなりの音に成っています。

 

そして、この方にもDACの方は大丈夫ですか?と

尋ねると、新品購入しているとの事で一安心しています。

ところが、この方は

実はリピーターさまで

過去WADIA850の音質改善までを行っていました。

正直、37Lよりも格上の音がでる850LTDを目指さないのは

もったいないことだと言う事もあり

音質改善より数段・・もっと音がよくなる850LTD

お考えいただけないでしょうか?

と、お伝えしました。

 

一か月ほど検討されて、

850LTD を施工すると決められたのですが

留守の間、きくものがなくなるので

37Lを先にメインメンテナンスの850LTDを後にして・・・

と、いう結論になられたようです。

 

トランスポートの難しい処は

DACとの相性もあるというところです。

そして、

また、別件で

オデオンライトというDACVRDS50 の組み合わせで

聴いてらっしゃる方が居て

VRDS50単体ではいまひとつ、響きがたりないのですが・・・

オデオンライトとの組み合わせが良く

オデオンライトのほうを音質改善できるか、

どうかを、たずねて下さったのです。

(オデオンライトを音質改善まで・VRDS50 OHという構想に成りました)

 

このオデオンというメーカーはアメリカの物ですが

丁寧に作られていて、小さなボデイのくせに

かなりの音が出て来ます。

 

実際、当方も37L音質改善版より上をいく

プロシード音質改善版を所持していますが

最初のDACがオデオンライトだったのです。

オデオンライトの能力が気に入り

もう一つ上のクラスのオデオンAGを今は使っていますが

(当方での使用機器はすべて、高橋が手をいれています。

このため、普通に売られているものの音とは違います)

これが、

VRDSと非常にマッチしていて

アンプのメンテナンスを行っていた時は

VRDSとオデオンライト(AG)の組み合わせで

アンプの音チェックを行っていました。

 

このVRDSR1aのピックアップはWADIA6と同じピックアップであると言う事もあり

このピックアップの能力でかなりの音が出るはずなのです。

 

それが、片鱗はあるけれど、出し切れていない。

と、言う事も

ソニーの音造りがいまいちであると言わざるを得なかった理由です。

 

代理のブログにも書いていた通り、

850LTDのそも最初は元々のピックアップをWADIA6と同じピックアップに載せ換えてほしいという要望だったのです。

それくらいWADIA6と同じピックアップの能力は高いのです。

もうしわけない言い方ですが、このWADIA6と同じピックアップの能力に助けられて

R1Aの音の底上げが出来ていたと思えるのです。

ですので、オデオンライトの方が言っていたVRDS50(WADIA6同じピックアップ)の音が良くて・・というのが、

RAの時にも当然起きていて

それをR1Aの音だと受け止められたのではないかと思います。

 

むしろ、好ましく聞こえていた部分はWADIA6同じピックアップの能力であり

WADIA6同じピックアップという能力だけをいえば

R1AはWADIA6同じピックアップの能力を発揮できていないと言えます。

 

それがあって、音質改善をお勧めしたわけです。

ですので、DACばかりが、音をつかさどるわけではないのです。

そして、ビクターの音は前日もCDPを持ち込まれた方が居て

音質改善・OHを希望だったのですが

中をあければ、まだ新しい交換部品があり

よもやと思い

ビクターにといあわせてみたら、

サービスは終了していますが交換部品の在庫がある物、修理対応できるものは対応します。

と、いう返事だったのです。

で、あるのなら、ICLSIの問題もあり今回の依頼は白紙にしましょうと言う事にしたのです。

 

音はと言えば、確かにOHするだけでも良くなるものですが

そのままでも、さすが、ビクターと言える音を出していました。

 

このこともあり、ビクターは丁寧な音造りをしていると感じました。

ですので、ビクターの方も一度は問い合わせしてみて下さい。

ICLSIの劣化はむろんですが、

D/Aコンバーターなどの劣化が要因になっている音の減衰もありえますので

調子がおちていたら、なおさらのことです。

 

元気であるのなら、メーカーは対応してくれないとは思うのですが

当方にきても、OHなどについては、

メーカーの対応なしに成る時期をまってほしいという場合も有りえますので

まず、メーカーに問い合わせは重要だと思います。

 

実際、先の37Lの方の850はメーカーに問い合わせてみたところ

非常につっけんどんな対応でこれでは、まともな修理もできないだろうと見限って

サービス中でありながら、当方に依頼してくださったといういきさつがあり

37Lのほうも、あきれた物言いであり、修理だけで良いと思っていたものの

メーカーに送るのもやめて、当方に依頼してくださったのですが、

修理だけとおっしゃるので、最初におことわりして

OHしてやろうという気でもない機器を何とかするよりも

850を何とかしたほうがよほど良いですよ。と、いうとともに

37Lの能力についてー21LTD 追加変更(1704換装ほか)前より的確で緻密な音が出ている。

トレース能力が高く変な色付けがない率直な音である。

プロシードとほぼ同じである

(オデオンAG(24ビット)との組み合わせもあり

当方のトランスポートの比較・基準機である。)

と、言う事をお話ししたところ、OHだけでなく音質改善もできるかぎりという風に変わったわけです。

 

そろそろ、三日目のエージングに成りますが

改善後のコンデンサの硬さもとれはじめ

なめらかでここちよく、張りのある音が出ています。

しいていうのなら、37Lのピックアップがアフターパーツに成っていて

この部分で音の分離がプロシードのものよりおとるため、静けさ(音が鳴っている時の空間というか)が

今一歩、プロシードを越せないのですが、

一般のレベルから考えるとかなり良い音に成っています。

 

そして、他の部分で手ひどい劣化がみつかり

OH /音質改善をおこなって、命拾いした上にもっと音質があがり

修理だけでは、見つけられなかっただろうことを思うと

修理だけではお断りとリピーター様でもきびしくあたり、

そのきびしさにめげず

OH /音質改善をすると気持ちをかえてくださったことも

ありがたく思います。

 

1台の機器の命運がここで変わったのだと言う事を思っても

やはり、リップサービスの真似事など行わず

機器のことだけを考えて

あるいは、しんんじがたい、事実を告げてでも

より良い音に巡り合ってほしい。

その本心でこの先も手厳しい部分は曲げまいと思っています。

 

大変、ぶしつけで非情な言葉を幾度となく

投げかけてしまったのにも関わらず

良い音を追究しようとするその姿勢に感謝と敬意をひょうします。

 

長くなりましたが、ご連絡ありがとうございました。

並びにメインブログ。お知らせブログも読んでくださり

ありがとうございました。

 

     代理でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« SANSUI AU-X1111 MOS VINTAGE... | トップ | ネットワークのこと。(再掲載2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メールから保存の為」カテゴリの最新記事