憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

「自然な音が出るように」…2(再掲載2)

2018年07月27日 | 代理のつぶやき

2017-07-09 11:27:33


オーバーホール・メンテナンス 受付の記事を再記載・・

再投稿で、トップにもってきた。

と、いうのも、だいぶ前から、SONY CDP R3などの

問い合わせが多くあり、

これは、問い合わせの度に、詳細をお話ししなければならなくなり

結局、OHだけでは、音が良くない

音質改善をしても、どんだけ~~~~?と、いう状態で

それでも、触る以上は、

「何とか、聴ける音なんだろうね」と、いうところまでもっていきたいわけで・・・。

なんとか、聴ける音なんだろうね、と、いう表現は

当方にとってではなく、

オーナーさまにとっての「意味」である。

 

当方にとっては、

正直言って、音質改善までしても、

聴ける音ではない。

が、それでも、音質改善までもっていかなくては、

もっと、聴けない。

 

ひどい言い方であるが、

悩んだ末、音質改善までされるなら

メンテナンスしましょう。と、いう条件をつけさせてもらった。

 

実際を言えば、

OH~音質改善までする値段を考えると

非常にコスパの悪い機器である。

 

できるなら、お断りしたい機器なのだけど

それでも、聴きたいとおっしゃられるのなら

と、いう当方の妥協案である。

 

そして、SONY製品とは別に・・・

やはり、CDM-1搭載機器についての内容を

さげてしまったため(非公開にした)

どうしても、問い合わせがはいってきてしまう。

 

このCDM-1が手に入らないという事実の後ろに

発光ダイオード載せ換えピックアップが横行している。

と、言う事が理解されていない。

 

ここでは、何度も、書いたし

周知の方が多いとは思うけど

憧れのAudio本編では、はっきりとは触れていない。

 

CDM-1の絶対数が無い処に

僅かばかりのオリジナル・ピックアップも、

発光ダイオード載せ換えでレンズ照準がくるってしまっている。

 

この元は、おそらく、きちんとした検査機器などをもったところが

載せ換えを行っていたと思われる。

と、いうのも

B226では、照準があっていたものが

A727にのせたかえたら、まったく、読み取らなくなってしまったと言う事があった。

B226のほうは、30年前に購入したきり、

どこにも、だしていないという。

それでも、ダイオード載せ換えピックアップが付いていたと言う事は

おそらく、B226にタイアップして、照準をあわせることをした技術者がいたと考えられる。

 

ところが、A727に載せ換えると、照準があわない。

いや、B226でも、照準があってないというより、

狭い範囲で、なんとか、照準があっていただけだと思える。

A727において、わずかな、設置位置の違い、高さの違いなどがあり、

その狭い照準では、許容できなかったのだろう。

 

これを考えると、

この先、発光ダイオードをきちんと載せ換える技術者があらわれたとしても、

1対1(その機器だけの、そのピックアップ)になる可能性が有る。

 

このような状態を考えると、

無理にCDM-1搭載機器にこだわる必要があるだろうか?

と、思う。

 

結局、狭い照準でなんとか音がなっていても、

実際の音質という部分では

やはり、ひろいあげている音も狭くなっていると思える。

ただ、ダイオードの値が異常に高い。

だから、狭い照準でも、音がでているように感じる。

 

やはり、アフターパーツのアフターになるほど

性能が落ちていると思える。

このような、元々の性能を引き継ぐことが出来ず

まあ、なんとかなっているからよかろう。

と、

なったのは、CDM1発光ダイオード自体が

元の数値でなくなっていても

照準が狭くても

発光値?をたかくしておけば、なんとかなる。

と、いうところなのだろう。

 

本編、憧れのAudioには、

CDM-1、発光ダイオード載せ換えのピックアップが

ダメだった(と、いっても、今のところ、全滅)場合

OH不可能ということで、掲載を行っていないため

実際、どれくらいダメかが、ピンとこないと思うが

CDM-1は、壊滅状態と言ってよい。

現在、使用されているものが、オリジナルであれば、

それが、壊れても、とりあえず、保管されておくことをおすすめはしておく。

 

この先、高橋を含め、ほかの技術者が

修復できるようになるかもしれない。

 

だが、一抹の不安は、先に書いたように、

発光ダイオードの数値が上がったものしか

手に入らないのであれば(現状がその状態)

照準がきちんと合えば合ったで、

ピックアップの寿命が短いと考えられる。

 

発光ダイオードの数値がまともなもので

と、なってくると、

結局、破損した?オリジナルのピックアップから

状態の良いダイオードを取り出すことになり

実際の絶対数は、ますます減ってくる。

 

この先のことを考えても、

新たなるアフターパーツのしっかりした物が

作られることを期待するしかないが、

まず、無理だろう。

 

たぶん、PC-AUDIOあたりの

充実がはかられ

電流値が不足することになる変換を、何度もかけなくても、

音がでるような機構が作られるだろう。

 

この時の為にも、

WADIA\LTDの機構をそのままに

ピックアップ部分をデータ回線に換えても何とかなるものが

作れたら良いと思う。

 

が、6のピックアップ、かなり、優れもの。

CDM-1は、失礼ながら

壊滅しても、まあ、仕方がないと言える音であるが

6のピックアップは、そうは、とんやがおろせない。

データ回線での動作が仮に可能になったとしても

6のピックアップの音は、おそらく出ない。

ピックアップの個性というのもあるが、

CDM-1の多くは、ビットストリーム形式を使っている。

一方、WADIAの多くはマルチビット形式のため

ここで、すでに距離感・立体感が表現されてくるけど

これに耐えられるピックアップであると考えると

CDM-1 は、もしかすると、

ビットストリーム形式でないと

良い音がでないというか・・・

多くが、まともな、距離感・立体感がでてこないところ見ると

フラット性の高い、ビットストリーム形式に対応するしかなかったかと思う。

 

このあたりは、

CDM-1だって、距離感・立体感があるという反論もあると思うが

それは、6LTDなどを聴いていない状態での

耳の聞き分けであるため

6LTDを聴いているものからすると

あまりにも、立体感・距離感が薄いと感じる。

 

この辺りも、一時期は6だけに特化した物だったが、

今は、変更1、変更2に当たる部分で

他WADIAも立体感・距離感・実在感が濃くなっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« WADIA6:LTD化とSPIRIT化と甲... | トップ | 850前期型の伸び率(再掲載) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

代理のつぶやき」カテゴリの最新記事