憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

電源事情による不具合・追記(再掲載2)

2018年07月13日 | 憧れのAudio 記...

電源事情による不具合


リピータ機器(当方でOHした機器)についての不具合・追加改善は、常時、対応しています。
(ただし、本業・他の兼ね合いが有りますので、
メールにて問い合わせをしてください)

その、リピーター機器の不具合対応で
よくある事例が・・・
山手サービスに到着すると一切不具合が出ないということです。

この多くの原因は
50Hz地域と60Hz地域(当方・60Hz地域)の違いです。
不具合が起こるのはほぼ50ヘルツ地域の方のプレーヤーで音飛びや誤動作と成って症状が発生します。60Hzでも工場・繁華な街などが商用電源をよく使う地域では同様の不具合が発生します。

マルチテスター等測定機器が無い場合の電源状況の確認方法としてCDプレーヤーの誤動作を起こすような状況なら、白熱灯であれば暗くなったりチラ付きが出ます。蛍光灯でもチラつきが出ると思います。LED照明では判断は付かないと思います。
マルチテスターをお持ちであればでは商用電源電圧を測定しAC98V以上あれば問題の無い範囲と思われます。

この電源事情の悪さへの対応として昇圧トランスの使用をお勧めします。
昇圧タイプのアイソレーショントランスの設置をすればかなりの確率で不具合に対応できると思います。
トランスの容量(VA)は必要とするW数の2倍+αの物で100V:110Vが良いと思います。

電源事情による不具合が度重なってきたため昇圧トランスの設置をお勧めしたく記事を掲げました。

******

先日B226のオークションを見ていたところ、

リモコン受信機に他の「なにかの信号」が入り込んでしまい誤動作するため

リモコン受動部を黒い紙?で塞いでいます。

と、いう説明があった。

どうも、蛍光灯やら、インバーターからでも、

「何かの信号」がでてしまうらしく、

リモコンの周波数とあってしまうのか?

おかしなことが起きるとのことでした。

その中のインバーター機器?として、

インバーター機器自体は、きちんと信号を出すようにしているし

他の機器に影響をあたえない保護回路のようなものをつけていても、

なにかのひょうしで、クリップしたりとか・・

で、B226に同調する信号を出したままの状態になることがあり得る。

とのことでした。

そのインバーター機器のひとつとして、

クリーン電源があげられる、とのことで、

あえて、昇圧トランスの設置をお勧めしています

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« (LTDとSPIRIT)&... | トップ | うだうだ話・・7 性能を上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

憧れのAudio 記...」カテゴリの最新記事