憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

REVOX B226-S 7台目 リピーター機器 掲載しました。

2018年02月02日 | 2018年アップニュース

REVOX B226-S 7台目

 

これも、前の記事でかいているのですが、

クランパーの位置ずれをおこしたのが、

ひとつには、

パソコン宅急便の大きな箱のせいかもしれないと思うのです。

どうしても、水平にもっていくことを考えると

無理がある大きさだと思えます。

特にアパート・マンションなど細い通路があれば

いやでも、箱を斜めにもって歩かなければならない。

このあたりの、故障の要因はつぶしておいてほしいものです。

あと、送ってくださるときにヤマト便を利用されていたのですが、

当方は、日本郵便(ゆうパック)で返却しています。

このように、運輸会社が違った時に

もしも、中を開けてみないと判らない輸送事故が起きたとき

返却のさいにおきたのか、

発送の時におきたのか、こちらでは、わかりにくくなります。

このこともあり、

もしも、なにか、あったときには、扱いが日本郵便だけであれば

送る。返す。の違いなそは無視して

日本郵便に原因があるといえます。

次回、が、もしあれば・・・

日本郵便にて、送っていただくようにおねがいいたしました。

 

シグネチャーは同じB226とくらべても

かなり、良い音なのですが、

オーナーさまは、縁あってA730をお聞きになられたようです。

B226Sのほうが断然良いということをおっしゃっていました。

おそらく、A730はOHも音質改善もなにも行っていないと思われますが

たとえ、A730がOH・音質改善をおこなっていても

B226Sの「素性」を考えると

伸びしろの違いがあり

軍配はB226Sに上がると思います。

 

このようなことは以前にもあり

当方、OH・音質改善のLHH500と

LHH1000(他社、メンテナンス)と、

ネームヴァリューとほかのシステムの違いを考慮に入れず

LHH1000のほうが良い音がする、ということを

おっしゃっていたのを思い出します。

今回、奈良にいくことがあり

そのLHH1000をききにいってみる?

と、高橋に尋ねながら

「いや、よほど、LHH500のほうがよいのは、歴然だし

いくだけ、無駄というか、

ほかのシステムにカバーされているのを見るのもつらいところあるし・・・」

と、やめたのです。

店になると、それなりのアンプ。

それなりのSP。

と、店の広さ・・・

など、個人宅では、なかなか、競ることができない部分があるのですね。

できれば、LHH500(当方監修)をその店のシステムにつないでみて

その店で聴く。

つまり、同じ条件でLHH500とLHH1000をききくらべてみないと

普通には、

判定はできないのです。

 

そういう意味でブルーノートさんでは、

ブルーノートさんシステムで、

WADIA6SPIRITと

WASIA6LTD-blue

6LTDと6SPIRITでは、ほとんど,差がないのですが、

blueにしたところの差が歴然と見えてきたのです。

おまけをいえば、

blueは、非常にクリアになるため

機器本来がもつ、個性がはっきりと出てきます。

 

6SPIRIT

6LTD

では、ほぼ変わらないと思っていた音が

6SPIRITをblueにすると

情感にうったえてくる「せつなさ」がでてくるのです。

青春ど真ん中のナイーブな感性といっていいか。

新鮮でかつせつない

過ぎ去ってしまい、失われてしまったはずの「純(ピュア)」を

そのまま、封じ込めながら、活きている。

このあたり、代理が

6SPIRIT-blueがほしい理由ですがwwww

 

そんな風に、同じシステム(当方での場合がおもですが)で聞き比べているからこそ

見えてくるというところがあって、

そのあたり、なかなか、実感しにくいところはあると思うのですが

かなりの音がでるところまで、(音質改善までもっていった場合)

仕上げているのです。

おそらく、A730はそういう意味では

自宅?のシステムでB226Sとききくらべて

実感されたのでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川端同心 思うところあり・... | トップ | 書き始めたので、最後まで、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年アップニュース」カテゴリの最新記事