憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

・・・思うままに・・・4(再掲載3)

2018年08月18日 | 音を楽しむ
真空管アンプの音は他システムの性能の不備を 「ごまかしてしまう」と、書いてきたことを考え直している。   このそもそものきっかけは あるSP の音を 真空管アンプと トラアンプで聴くという違いから始まった。 当方のトラアンプで聴くと× 真空管アンプではきれい○ と、いう状態があり、 なにか、根本的に違うのではないかという気がしてきた。   次 . . . 本文を読む
コメント

愉しくて仕方がない♪ (再掲載 )

2018年08月11日 | 音を楽しむ
奇跡の地球は、H氏のblue化エージング(と、いうより、チェック)の時に きいたのですが、 その時はまだ、当方のデモ機は進化前のblue化だったわけです。 で、リピータ機器を優先して 進化ヴァージョンのblueをデモ機に施したのは、 あとから。   で、チェックですね。 マライアの声、OK どころか・・・ ピアノもドラムも良い。 これが、よく、出しゃばらずに、なおか . . . 本文を読む
コメント

まず、ヘミシンクとは  (再掲載2)

2018年08月08日 | 音を楽しむ
ヘミシンク(記事はいただき物です) ヘミシンクは、モンロー研究所によって特許取得されたオーディオ・ガイダンス技術です。医療機関や大学との共同研究によって科学的にも臨床的にも証明され、さらに50年以上にわたる実証的な教育・研究活動を通して洗練されてきました。 長年の研究の結果、特定のサウンド・パターンが、人間の意識をさまざまな状態へと導くことが明らかになってきました。たとえば、深くリラッ . . . 本文を読む
コメント

「時代」・2(再掲載3)ー本当のヘミシンクー

2018年08月05日 | 音を楽しむ
音楽を楽しむ。と、いうことをシェアする。 と、いうことを書いていく前に、 その男性の基本的なスタイルをかいておきたい。 彼の職業は老人介護施設の運営であるが、 その介護にあたるポリシーが心に響く。 具体例として、いえば、余命いくばくもない老人が彼の施設に入所すると 余命がのびる。 痩せさらばえ、生きる希望を失い、 あまつさえ、生きていくことに引け目や負い目さえ感じているように思える . . . 本文を読む
コメント

音を楽しむ・・2(再掲載3)

2018年07月30日 | 音を楽しむ
2015-08-01 へミシンクという聴き慣れない言葉にたどりついたのは、 ある事にきがついたのが、原因でした。 両耳に指をつっこんで、口を閉じた状態で低音をだす。 と、頭の内側の耳?は右側で音をとらえています。 逆に高音を発すると、左側の耳で音をとらえていました。 これは、今はもうなおっているのですが、 左右の脳が、バランスを調整できなくなっていたとかんがえています。 よく癒し . . . 本文を読む
コメント

「生っぽさ」・・3(再掲載3)

2018年07月20日 | 音を楽しむ
どうも、巧く説明できていない。 先に書いた言葉だが、 なにが、一番ちかい感覚だろうか? と、考えたときに ふと、浮かんだのがカメラだった。 *****再度抜粋****   ちょっと、どう言い表したら 的確な表現になるのかと迷いながらかいている。   現状、全体的な広がり・フラットさを緻密に表現するということと(850LTD) 1音の緻密さ立体的な緻密さにす . . . 本文を読む
コメント

「生っぽさ」・・2(再掲載3)

2018年07月20日 | 音を楽しむ
先の記事で以下のようなことをかいた。   欲を言えば、6LTD・850LTDの両方をもってほしいwwww そして、思い切ってアンプを伝達道具にかえてみると (SPの性能もとわれてしまうが) リアルさ以上の心地よさというものが見えてくる。   ちょっと、どう言い表したら 的確な表現になるのかと迷いながらかいている。   現状、全体的な広がり・フラット . . . 本文を読む
コメント

 「生っぽさ」・・1(再掲載3)

2018年07月20日 | 音を楽しむ
トランジスターアンプで、真空管のような音は出ないのか?という 記事を読んできていた。 現在、当方のアンプ系統・SPは 原音を忠実に再現することを目指している。   すると、原音であるCD データをきちんと読み取って表現していくCDPが問題になってくる。 ここで、大体のCDPが メーカー出荷時において100%の性能でないことに気が付かされていく。 そして、メーカーでもそこま . . . 本文を読む
コメント