のんびりと糸を垂らして。。。

海が恋しいルアーマンの戯言ブログ~釣り関係話題のあれこれ~只今、管釣り修行中!(ー"ー;)

ラインシステム覚え書き。

2017-06-13 23:32:00 | 釣り関連あれこれ

 つい最近までしゃくり屋だったこともあり、ジギング魂というブログ面白くて時々つまみ読みしています。

 で、目に止まったラインシステムがあり、今度管釣りに試してみたく自分用覚え書きとして記事書いています。

 管釣りとジギングでは、糸の太さ極端に違う為ラインシステム同じようにいきません。

 だから、ジギング魂の記事、丸々通用はしないと考えております。

 でも、その中で管釣りに適合するかもしれないと感じたシステムありました!

 Azu.、管釣りは歴浅くいまだラインシステム試行錯誤中なのでした。

 なので、試してみたくなりました。

 最近は、メインラインとリーダーはFGノットで、スナップとリーダーはケンタウリノット(Centauri Knot)で結んでいました。

 でも、これからは、メインラインとリーダーをSFノットで、スナップとリーダーをイモムシノット試してみたいです。

 SFノット,イモムシノット両方共、結束強度ジギングラインだと100%だそうです。

 細い管釣りラインでも組めそうな感じで、簡単そうなところ目に止りました。

 あとは、同じように結束強度出てくれると良いのですが・・・

 まあ、やってみなければ分かりません!

 近々、試してみたいです!

 しかし、実釣は先という!orz

 仕方ないです、糸と戯れます!(T_T)/

 すみません、自分用覚え書き記事でした!f(^_^;

 

追記です。

 そう上手くいきませんでした。

 イモムシノット、強いです。

 イモムシノット、強過ぎて要らないかもでした。

 SFノットは、PE4lbリーダー3lbの自分のPEタックルではPE側強いです。

 けど、リーダーが弱くなってしまいました。

 悩めています!(T_T)

 

追記2

 更に検証進めました。

 自分のPEタックルでもSFノットFGノットより強く結べます。

 結び易いから結束早いしその上強いので、十分に実用性ありそうです。

 ただ、イモムシノットと組み合わせると、イモムシノットの方がちょっとだけ強い感じです。

 なので、イモムシノット使うか迷っています。

 イモムシノットより結び簡単なケンタウリノットで自分の場合良さそうな感じしていなくもないです。

 これから自分の管釣りラインシステムは、SFノットとケンタウリノットでしょうか?!

 でも、イモムシノットも頭に入れてはおきたいノットです。

 まあ、ケースバイケースで!

 と、釣り、釣り自体楽しいことは当然なのですが、こういうあれこれやる釣り準備段階も楽しいものです!f(^_^;

 

追記3

 今までAzu.が電車改結びと言っていたノットをネットで調べました。

 ケンタウリノット(Centauri Knot)というものでした。

 これからは、電車改結びではなくケンタウリノット(Centauri Knot)と表記していきたいです。

 この記事で修正してみました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月7日、すそのフィッ... | トップ | マルシン漁具のスリーフォー... »

コメントを投稿

釣り関連あれこれ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事