うぇるなび

ココロとカラダに言葉のサプリメント

Yoga Sutoras of PatanJali Chapter1-6&7

2020-04-25 | Yoga

久しぶりにyoga sutora のお話しです。
世界中で不安、恐怖、悲しみ…などのmindが渦巻いていまが、2000年前の心の教本でもあるパタンジャリのyogaスートラで、心を落ち着ける練習をしてはいかがでしょうか?
過去ログにもいくつか解釈を上げてますので、よかったらご参考にされてみて下さい。
yoga teacher 向けの部分もありますが、ご了承下さいませ。

1-2で「yogaとは心の働きを止めること」と言う定義を忘れることなく、進めたいと思います。

1.6 PRAMANA VIPARYAYA VIKALPA NIDRA SMRITAYAH.(Sanskrit sound)

1.6 (心の作用とは)正しい認識(真実)、間違った認識(誤解)、空想、睡眠、記憶である。(日本語)

1.6 The five varieties of thought patterns to witness are: 1) knowing correctly (pramana), 2) incorrect knowing (viparyaya), 3) fantasy or imagination (vikalpa), 4) the object of void-ness that is deep sleep (nidra), and 5) r)(English)

心の中の「想い」が、人間のさまざまな感情をもたらします。
その感情の元になる要素を5つに分類したのがこの節。
これらそれぞれが、苦しい、楽しい、怒り、恐怖…などのタネとして作用すると述べてます。
間違った認識、妄想、過去の辛い経験…などが、「苦」のタネとなるのです。


1.7 PRATYAKSHANUMAGAMAH PRAMANANI(Sanskrit sound)

1.7 正しい認識(プラマーナ=真実)のよりどころは、直接知覚したもの、事実に基づいた推察、及び聖典等の知識による。(日本語)

1.7 Of these five, there are three ways of gaining correct knowledge (pramana): 1) perception, 2) inference, and 3) testimony or verbal communication from others who have knowledge. (English)

間違った認識で無駄な苦しみを得ている人は沢山います。
今の時代、無限の情報がある中で、正確で純度の高い情報を得ることは非常に難しくなっています。むしろ、昔よりはるかに情報によって惑わされることが多いと思われます。

ゆえに、哲学と科学、自分の知覚と無垢な心が大切だともいえます。

自分の目でみて、自分で考えても、自分の心の色眼鏡が邪魔していることが多いはずです。
心の癖を修正するには、「今」一瞬の心の持ち方を少しづつ矯正するしかありません。
過去にどんな良い事、悪い事があたっとしても、タイムマシンでも出来ない限り、過去には戻りません。より良い未来を作りたいならば、今ひとときに心を縛り付ける練習を続けると、未来は全く違うものになるでしょう。

yogaスートラの第1章は、この後31節まで続きます。
要約書ですので、第3章、第4章まで進んでも、何度も確認したいほど大切なセクションです。

ひとりひとり能力も考えも違うため、ネットやyoutubeでoutputすることは、私のレベルではできないので、あとは自分で勉強してください。

時間がある時、ひとりっきりの時、身体のチカラを抜ききるまでぬき、頭でなにも考えが出なくなるまで、座れるように練習してください。
呼吸は鼻呼吸。

身体に意識が向いたり、うまくいかないときは第2章にヒントがあります。

次回のUP時期は未定です。
すぐかも知れないし、ずっとないかも知れません。

コメント

【臨時投稿】Covid-19(新型コロナウイルス)の感染予防について

2020-03-03 | ヘルスケア

covid-19について、ウイルスそのものの「弱点」はないか?調べてみました。
その結果、あくまで私見ですが、下記の予防策をやってみようと思います。
(一般的な予防策は他でも沢山出ているので、そちらをご覧ください。専門的な理由の記載も面倒なので割愛しました。)

■体内のPHを維持…(コロナウイルスは酸性環境下が大好き!PH7.4より極力酸性にしないようにしたい)
 ・糖質、脂質を控えめに、アルカリ性食品を多くとる。但し酵素のとり過ぎに注意!<参考:https://food-hack.com/acidic-alkaline-foods-list/
 ・ストレスから逃げる。(アシドーシス=酸性になりにくくするため)

■深呼吸を1時間に1回程度する…(コロナウイルスは酸素が苦手?)
・体を冷やさない。ストレッチや歩くなど、血流の滞りがないよう意識する。
・入浴時に炭酸の入浴剤を使ってみる。

■適度に日に当たる。洗濯物は日に当たる場所に。…(コロナウイルスは紫外線、オゾンが苦手?)

■鼻うがい…(出来るだけ鼻呼吸をし、鼻の洗浄を行うと、経験上感染しにくいようです)

※発熱、咳が続き、感染が疑われる人は、人に移さないように、外出せず保健所などの指導とおりに。
※covid-19のPCR検査をいきなり要望する人がいると聞きますが、インフルエンザや他の感染症、風邪でも同様の症状が出るため、先にそちらのチェックをし、他の感染症等が原因ならその薬で治療してください。
※この予防法で感染しても責任は負いません。また、この予防法をあたかも自分で発明したかのように拡散しないでください。
※covid-19が人為的に作られたものの場合、この予防策は効果がない可能性がありますので、その際はご容赦下さい。

コメント

2019 Yoga Veda Buddhism

2019-01-08 | Yoga

※写真は南インドAlwarthirunagari寺院

2019年(平成31年)

日本では、新たな元号が始まる記念すべき年の初めです。
もう何年もyoga「業界」から遠ざかり、パタンジャリの残したyoga哲学をお金に変えることを止め、ここのブログも閉鎖しようと思いつつも、更新もしないにも関わらず、未だに迷い込む方々がおられるのと、稀にyoga哲学やインド哲学、アーユルヴェーダを学んだという人と出会う事がありますが、明らかに誤った学びしかしてない方々も多く、今しばらく閉鎖しないでおこうと思い、今に至っております。

・パタンジャリのyogaスートラを学ぶ上でのポイント

1)遥かなる段階
  第1章 概論及び基本理論 →第2章 実践編(初級基本編)→第3章 実践編(中級現象編)→第4章 実践編(上級最終編)…と、詳細な理論と実践法がまとめられており、その両輪が揃わないと理解できない仕組みになっています。ゆえに、ただサンスクリットを読み解いただけでも、ずっと座り続けただけでも会得出来ない構成となっており、これが「経験哲学」と言われる所以でしょう。

2)周辺知識と人生経験が必要

 古代インドの聖典「veda」(アーユルヴェーダ含)、「原始仏教」の知識に加え、現代の解剖・生理学(脳科学・心理学含む)及び物理学があるとより理解しやすい。
また、様々な人の心理を理解し、自分自身を投影せず、いろいろな観方が出来るようになると、よりゴールが近いと言われます。
ある有名なyoginのグルは「スートラの3章以降は50才代以上の、選んだ人にしか教えない」と言い、酸いも甘いも味わうことの大切さを説いていました。

3)独学も可能だが…
 サンスクリッドの法則性さえ理解出来れば、ある程度の読解は可能。
 しかし、文法上の落とし穴や、実践上での不整合な点等も出てくるので、「客観的に補正」してくれる存在が必要と思います。独善的な解釈で、大きな過ちを犯した例も多々あるので、我欲にとらわれない様に注意してください。

yoga全体で言うと、薬にもなれば毒にもなるほどのモノだと理解しています。

スートラにしても、プラディピカにしても、「木を見て森を見ず」にならないよう、そして自分自身の「心と身体」を見失わないよう注意して学んで頂きたいと思います。






コメント

Yoga Sutoras of PatanJali Chapter2-23

2018-07-04 | Yoga

2-23 svas svamisaktyoh svarupalabdhi hetuh samyogah

観るものと観られるものを同質と認知し、結合させる(には)原因がある。


2-22「目的を達成したプルシャに対して(グナは)消滅するが、他にとっては共通のものゆえに存在し続ける。

2-24「この結合の原因が無知である」


カイバルヤに至る前段階の解釈。
細かなサンスクリッド記載は、面倒なので(笑)割愛させて頂きました。

沢山の「グナ」がついた和訳が多いため、久しぶりに更新&掲載したと言うのもありますが、yogaを進めてゆくうちに、混沌としている人たちが増えているように感じたのも、久しぶりに更新した理由のひとつです。

フィジカルなハタヨガから、ヨーガスートラの説くメンタルなヨガへ移行し、段階が進んでゆくと、「自分とはだれか?」が分からなくなり、瞑想でなく「迷走」し始めることがあります。

そこで、観るもの「プルシャ」と言う不動の存在を軸にして進めてゆく大切さを、パタンジャリは説いているわけです。

初期の仏教に大きな影響を受けているパタンジャリのyogasutora。

様々な古典の知識、生きてゆく中での知恵…
無知や無明では真髄に触れらないため、悩んでは学び、また瞑想し、学ぶ…の繰り返しでブラッシュアップし続けるシステムなのですね。

なので、chapter1-1 atha yoganusasanan さぁ、話をはじめますよ
とわざわざ前置きをしたわけです。

至る所に暗号や、ヒントを散りばめてくれたパタンジャリに感謝しつつ、学んでゆきたいものです。

shudhananda

コメント

Yoga Sutoras of PatanJali Chapter2-1

2017-01-27 | Yoga

Yoga Sutoras of PatanJali Chapter2-1

tapaH svaadhyaayezvarapraNidhaanaani kriyaayogaH

【読み】タパハ スヴァーディヤーヤェーシュヴァラプラニダーナーニ クリヤーヨーガハ(※便宜的な読み)

【直訳】熱・苦行 聖典を(自ら)学ぶ イシュヴァラ 深い瞑想(従順、誓願など) 実行・行為 ヨーガ

【訳】熱意をもって、自身の学習、イーシュヴァラへの思いを実行することがヨーガである。

【解説】ヨーガを実行するにあたってのポイントが第2章の冒頭にあらわされています。この手法は1章の第1節でも同じでしたね。(『さて、ヨーガの話をはじめることにする』第1章第1節)

実行のyogaとは何か?熱意を持ち続け、ヴェーダ聖典を学び、イーシュヴァラを思い続けることだと。
イーシュヴァラとは何か?ブラフマンでもアートマンでもない、イーシュヴァラ…
あえてこの単語を使っている点は、スートラを紐解くうえでとても大切な要素になると思います。


さて、第2章はsaadhana paada。『目標に導く章、成就のための章』と訳せます。

第1章 samaadhi pada『サマディーの章』でyogaの目標、定義を延べ、それを具体化させる方法論を第2章で明確にしています。
論文のような構成ですね。

第1章でもそうでしたが、さらっと訳して次に読み進みそうな節に重大な意味が隠されている…
そんな、読み解きをすると、また別の面白さが出てくるかも知れません。


文責:shudhanandha yogi@竹蔵 (2012.9投稿分を訂正

コメント

熊本地震復興支援チャリティー 自由なお茶会「チャるカフェ」開催

2017-01-11 | NPO法人チャルカ・ジャパン

2017/1/29(日)9時から12時まで、福岡市南区高宮の成就院さんでカフェしてます。
詳しくはNPO法人チャルカ・ジャパンのfacebookページをご覧下さい。
なお、9時から静かに座る「サイレント・タイム」を30分ほど行います。

旧正月明け、新月、節分前と3つのタイミングが揃う絶妙のタイミング。
熊本地震復興を願う「人のため」の集まりではありますが、この時間は「無」となり、自分のためだけに使ってみても良いかも知れません。

呼吸から徐々に入りますので、初心者でも安心してお受け頂けます。
終わった後は、カフェでお話ししたり、相談したりして三々五々お帰り頂くようになります。

予約は必要ありませんが、本堂ではなく、小さな場所をお借りしていますので、サイレントへご参加の方は、ご連絡頂けますと幸いです。

皆さまのご参加お待ちしています。

竹蔵(←本年よりこのペンネームを主に使わせて頂きます。yoga関連の時はshudhanandaになります。)

コメント

2017 新たな始まりの予告です。

2017-01-02 | Yoga

2017年あけましておめでとうございます。
1年以上の充電を経て、本年より活動を始めようと思います。

2017/1/29(日)午前中 福岡市内で「心を豊かにするワークショップ」(仮称)と題して、熊本地震支援のチャリティーイベントを行います。
詳細は後日お伝え致しますが、呼吸、瞑想などyogaスートラの基本を踏まえながらのセルフヒーリングタイムと、カフェ形式で色んな疑問や意見を展開させるカフェタイムの二部構成で考えています。

このブログも、徐々に形を煮詰めて、より皆様に役立つ情報提供をしてゆきたいと思っています。

と、言うことで、本年「は」よろしくお願い致します。

shudhananda yogi

コメント

2015 yoga sutora's ワークショップ 開催のお知らせ

2015-11-06 | Yoga

 

ほんの「一部」のご要望により、なんと!1年ぶりにワークショップを開催しますので、お時間ある方はご参加下さいませ。
いつもご参加の方はご存知のとおり、yoga指導者向けの「深い」内容になっておりますが、指導者でない方が来られても分りやすいように対応致しますので、ご興味がある方はどうぞ。。。

・日時 2015/11/29(日)9:15-12-15 予定
・場所 SATA DREAM TOWER 2F B号室(向って右側)※無料駐車場、駐輪場あり
・受講料 2000円(今回はどなたでもご参加頂けます。)
・内容 yogaスートラの実践法(瞑想法、呼吸法の実技及びスートラの座学)※サンスクリッド語直訳による解説と、その背景になるveda聖典の解説を総括的に行ないますので、色々な所で勉強された方は、その整理が出来ると思います。)


【持ってくるもの】


1)ヨガマット(レンタルマット100円)
2)スートラの本(お持ちの方のみ)

・お願い:スートラで理解出来ない事、又は解決したい疾患の症例など参加表明の際にお知らせ下さい。これを元に内容を組み立てますので、よろしくお願い致します。


yamabe

コメント

2014 実感!yoga sutora ワークショップのお知らせ

2014-10-28 | Yoga

2014年『最初で最後』のワークショップの開催告知です。
日時 2014/11/24(祝) 9:15-12:15(予定)
内容 Yoga Sutora を言葉で理解するのではなく、心と体に実感して頂くためのワークショップです。スートラを既に勉強した事がある人で、自分のため、他人のために実践的に役立てたいと思う方のために構成します。レジュメもプロジェクターも使用しない『口伝』にて行ないます。勿論、撮影、録音は厳禁です。
場所 福岡市城南区神松寺2 SATA DREAM TOWER
受講料 2回目以降の方:2000円 初回の方:4000円(但し、スートラを勉強した事が全く無い方は受講ご遠慮下さい。難しすぎると思います。)
営利目的ではないため、最低限の料金設定にしていますが、内容は『濃い』と思います。尚、適当な人数になったら申込を〆切ますので、予めご容赦下さい。

コメント

yoga哲学のゼミを限定開講します。

2013-10-05 | Yoga

1年ぶりのyogaスートラの勉強会を開催します。
名称も『ヨガテツゼミ』に変えて、yogaスートラを分りやすいことばで、腑に落ちるようにゼミ方式で進行したいと思います。
サンスクリッド直訳で、しかもパタンジャリの言いたかったことをストレートに理解したい方には希少なチャンスとなるはずです。

yogaスートラをちゃんと学びたい人から、聞いた事あるくらいに人まで、『参加したい』と思ったら、直感的にお申込み下さい(^-^)
今年は、これが最初で最後となります。

【ヨガテツゼミ】

開催日:平成25年11月4日月曜日(祝日)
場 所:福岡市城南区神松寺2 SATADREAM TOWER 2F
受講料:2000円
テーマ:瞑想とは何か?
内 容:ヨーガスートラでいう『サマーディー』を掘り下げてみよう。
ご予約:http://ws.formzu.net/fgen/S39187800/
定 員:10名前後予定

コメント