言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

献血や薄着になりて風邪をひく

2018年12月31日 10時47分25秒 | 日記

  昨日は前々からの約束で知人に会ふために梅田に出た。雪が降るかもしれないといふ天候で、十分に警戒して行つたが、これも前から行かうと思つてゐた献血の場所でどうやら風邪をひいてしまつたらしい。

  献血前の検診で血圧を測ると「高いですね。深呼吸してもう一度」と言はれた。すると少し下がつたので血液検査をしてもらふ。「十分に濃いので、今日は400CCお願ひします」と順調。直ぐに移動してベッドに横になる。「10分ほどで終はります。」といふことでつまらない関口宏の報道番組を見てゐたら、無事終了。ところが、立つたら足元がおぼつかない。それで、看護師さんに強い調子で直ぐに横になつて!と言はれる。血圧を10分ごとに測る、医者は来る、お茶やらジュースやらは運ばれる。I時間ほど横になつてしまつた。

 知人との約束があつたので、不安ながら出た。「大丈夫です、大丈夫」とは言ひつつも何か寒気がする。寝不足もあるかなと思つたが、献血ぐらゐでこんなことになるとは、とそちらの方が悲しい。看護師さんに家に帰るのは何時ですか。決まりごとでご自宅に電話することになつてゐると言ふ。それで帰宅時間を伝へた。

  知人との面会もさうさうに切り上げて早目に帰宅。しばらく経つて約束の時間に連絡があつた。「お薬だと思つて水分をお取りください」とのこと。この対応に聞いてゐた家内も感動してゐた。献血ルームの方は色々な仕事を抱へてゐるのだなと感じた。

  どうやら風邪をひいてしまつたやうだ。昨日は早めに寝て、今朝は少し寝坊した。熱はなかつたが、久しぶりに長い時間寝た。眠りが浅い最近ではありがたいことでもあつた。外の冷たい風に当たつて年の瀬を過ごしたい気もするが、今日は諦めようか。

  一年の最後の日記がこんなことだとは切ないが、一年の罪滅ぼしとして甘受してゐる。

  皆さま、良いお年をお迎へになつてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 西部邁の自死を改めて | トップ | 堂々と反知性主義 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事