言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

東京ぶらり旅 二日目

2017年12月05日 18時33分57秒 | 日記
二日目は渋谷、恵比寿、新橋、台場と移動した。
渋谷の東急本店にジュンク堂があることを知り、出かけた。学生時代、上京しては四日間ほどこの辺りをうろついてゐた。友人に会ひ、先輩に会ひ、アルバイトをし、勤しんだ場所である。もちろん貧乏学生には東急百貨店本店はまつたく縁のない場所であつたが、あの上品な雰囲気に引かれてゐた。流通企業好きとしては渋谷の街は楽しい街であつた。
ゆつくり楽しんで二冊本を買ひ、次の恵比寿に向かつた。

ビストロ風のレストランを予約して知人に会つた。私の知り合ひで官僚はこの男だけである。色々と話を聞けて面白かつた。ステーキが美味しかつた。駅からお店まで徒歩五分であるが、坂を登る場所であつた。改めて東京は坂が多いことに気づいた。

別れて新橋のPanasonic美術館に行つた。前からここのルオーコレクションが見たかつた。しかも今回はカンディンスキーも見られるといふのだから行かない訳には行かない。こぢんまりとした会場であつたが、濃厚なルオーの油絵を堪能することができた。カンディンスキーとルオーとはその画風はまつたく異なるが、この企画展通り繋がりは深いやうだ。


そして台場へ。トヨタの試乗センターのやうなものがあつて、そこでカムリの試乗を予約してあつた。ディーラーでも乗れるのだが、買ふ気もないのに営業マンの時間を奪ふのはさすがに気がひける。それで行くことにした。室内の静かさと取り回しの良さには驚いた。五年の進歩はすごい。

そして東京へ。だいぶ寒くなつて来た。
東京の冬を満喫した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 東京ぶらり旅 | トップ | 何が大事なことなのかが分か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事