言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

『賢者の毒』を讀む。

2018年04月19日 21時53分56秒 | 日記
「賢者の毒」
留守 晴夫
圭書房

 留守晴夫先生の新著である。昨日、帰宅すると書斎の机上に置かれてゐた。丁寧な拵へは、留守先生の本らしい。表紙の絵と扉の絵とは、誰のものかは分からないが、表紙の絵は先生の似顔絵にも見える。グラスチェーンをつけた先生の姿をお孫さんが写しとつたものであらうか。「賢者の毒」といふ言葉の厳しさと、絵のタッチの柔らかさが、この本から伝はる印象そのものである。毒は蜜であり、蜜は毒である。「愚者が与へる蜜は退け、賢者が与へる毒は飲め」とはゴーリキーの『どん底』の言葉らしい。それを留守先生は師である松原正から知らされ、それを本書のタイトルにした。古今東西の名作を並べ、解説し、その「毒」を飲んでゐるのである。

 厳しい言葉を自らに課しながら、さうできてゐない他に対しても厳しいが、それは自分を斬るほどではない。絶望してゐるからなのかもしれないが、どこかに赦しがある。本文と表紙のアイロニーは、さういふ印象を表象してゐるやうに思はれた。

 跋には、先生の御専門であるアメリカの知識人ジェフリー・ハートが引かれてゐる。現代のアメリカに於ける大学カリキュラムの現状は、「文化的破局」の端的な表徴であるが、その一方でヘレニズムとヘブライズムとの緊張関係によつて「再生」する希望をハートは見出してゐると書いてゐるが、日本にはさういふ契機があるだらうかと疑問を呈してゐる。西洋から学ぶものはもはやないと言ひ切る知識人が跋扈するなかで、学ぶものはまだまだ多い。その意味で、留守先生も日本の現状に相当深刻な思ひを抱いてゐるやうではある。しかし、「再生」といふ言葉を引用ではあるが新著の跋文に使はれてゐるのは、少しだけ希望を感じた。たぶん楽観的に過ぎると言はれてしまふだらうが。

 本文は、「時事評論石川」や「文武新論」に連載してゐたものである。共に編集長は中澤茂和氏である。今伝へるべきものを活字にするとの信念で『月曜評論』以来発行を続けてをられる。さうした信念が、かうして一冊、また一冊と本になり、世に出ていく。かうした蓄積が、その国の文化の厚みだらうと思ふ。

 是非とも御一読をと思ふ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「歴史と人間」4(最終回) | トップ | やはり近代は宿命である。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事