法律事務所大地(代表弁護士金子宰慶)のブログ

法律事務所大地は千葉県弁護士会所属の弁護士事務所です。

加害者と一緒に飲酒した者に賠償責任を課す判決

2006年07月28日 | 未分類
 飲酒運転をして死亡事故を起こした加害者だけでなく、一緒に飲酒した者(同乗者ではなく)にも賠償責任を認める判決が東京地裁でました。
こちら

 法律上でいうと、加害者というのは、被害者に不法行為を与えたということで賠償責任を負います。
 これまで、同乗者については直接の加害者とともに共同して不法行為を与えたという理屈で(共同不法行為といいます)、賠償責任が認められたケースはあったようですが、一緒に飲酒をした者(同乗者ではなく)に賠償責任を認めたのは初めてのようです。

 被害者側からすれば、賠償責任を問える人間が増えた方が保護に厚くなりますし、このような判決が定着すれば飲酒運転をやめる方向で社会が動くでしょうし、飲酒運転をする人と酒を飲むという方はなくなるでしょう。

 飲酒運転は社会からなくなるべきだと思いますし、道路交通法の改正で罰則が重くなったこともあり、数は減ってきているのかもしれませんが、飲酒運転が起こす悲劇が繰り返されています。

 なお、飲酒運転を撲滅する活動をしている団体としては、
MADD JAPAN
がありますので、ご興味のある方はそちらもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士の交通事故事件勉強法 8 | トップ | 弁護士の交通事故事件勉強法 9 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2006-07-29 20:12:00
同乗者ではない、ということですよ

>同乗者の責任を認定した例はあるが、一緒に酒を飲んだ人に賠償を命じたのは異例という。

ありがとうございます (管理者)
2006-07-30 06:51:20
ご指摘、ありがとうございました。記事もご指摘にあわせて訂正いたしました。

未分類」カテゴリの最新記事