無限の可能性!日本版LLP(有限責任事業組合)の鼓動

LLPによってビジネスモデルの選択ワクが大きく広がります。そんな日本版LLPに関する情報を発信していきます!

LLPとファンドの親和性

2005-11-15 13:43:41 | LLPビジネスソリューション
本日の日経新聞に


-創業間もない企業に投資-

ファンドに新手法

有限責任組合を活用 リスク分散


という記事が載りました。

一般的な事業会社での活用は、まだまだこれからだと思いますが、まずはこのような投資スキームとして一般化して、そして事業会社、個人が活用するようになればいいなと思います。

LLPを親ファンドとし、子ファンドに機関投資家からの資金を受け入れるカタチになっていますが、恐らくこの子ファンドというのは、LLPではなく匿名組合を持ってくるのだと思います。(違う?)

投資ビジネスに直接関与するパートナーと資金提供のみ行うパートナーのどちらもが参加できるLLP&匿名組合スキームは、参加者をグループ分けすることができ、また投資リターンのとり方にバリエーションを与えることから、結構色々と活用できますよね!



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« LLP組合員の数と共同事業... | トップ | LLP個人組合員の青色申告特別... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

LLPビジネスソリューション」カテゴリの最新記事