無限の可能性!日本版LLP(有限責任事業組合)の鼓動

LLPによってビジネスモデルの選択ワクが大きく広がります。そんな日本版LLPに関する情報を発信していきます!

日本版LLP(有限責任事業組合)とFC(フランチャイズ)ビジネスの相性

2005-05-31 19:34:32 | LLPビジネスソリューション
今日は、日本版LLPがFCビジネスに十分活用できるものなのか、それともあまり使えないものなのか、考えてみたいと思います。

FCビジネスといっても、千差万別で一概に判断することはできないのですが、個人的な意見ということで、自由に書いてみようと思います!

FCビジネスには、フランチャイザー(FC本部)とフランチャイジー(加盟店)が登場しますが、ここでは、フランチャイザー(FC本部)の視点で検討してみることとします。

FC本部の収益構造:(下記アイテムの組み合せ)

1.加盟金
2.出店時コンサルテーション、店舗工事
3.売上ロイヤリティ
4.利益に対するロイヤリティ
5.商材供給時の卸売りマージン
6.月額固定ロイヤリティ など

初期売上を除くと、

3.売上ロイヤリティ
4.利益に対するロイヤリティ
5.商材供給時の卸売りマージン
6.月額固定ロイヤリティ など

が、継続的な収入源と考えられます。

LLPの特徴は、共同事業であり、損益分配が大原則です。その場合、上記収入源のどれに近いかというと、「4.利益に対するロイヤリティ」と言えるでしょう。

では、FC本部から見て「4.利益に対するロイヤリティ」とはどのような性格のものに見えるのでしょうか?

 利益ベースでロイヤリティをチャージすると

 [メリット]
   ① フランチャイジー(加盟店)は、利益が出た場合にのみロイヤリティを支払えばよいため安心感を与える。(加盟店募集にプラス)
   ② 本部側のビジネスに対する自信として評価される。(加盟店募集にプラス)

 [デメリット]
   ③ 赤字の店舗からロイヤリティを取ることが出来ない。(本部収益不安定化)
   ④ 利益計算を本部が管理しなければならないため、オンラインシステム投資等多額の初期投資が必要
    
以上のような、特徴が考えられます。

そして、仮にフランチャイザー(FC本部)とフランチャイジー(加盟店)がLLPを組成して有限責任事業組合契約を締結することにより、FCビジネスを展開すると考えた場合、どんなメリット、デメリットが考えられるのでしょうか?



 [メリット]
   ① 運命共同体としての一体感、連帯感をフランチャイジー(加盟店)に与える。(加盟店募集にプラス)

 [デメリット]
   ② LLPを解消する場合、フランチャイズ契約よりも結びつきが強いため、トラブルが大きくなる。(ような気がします)


以上から、勝手な意見ですが、単純にフランチャイズ契約に代替するカタチで、LLPを活用するのは、難しいように思います。

但し、少しカタチを変えると面白いスキームが組めそうな気もします。



加盟店とFC本部はまさに「二人三脚の運命共同体!」という企業哲学を表現したいFC本部にとっては、一考の価値があるのでは?えっ、ない・・・
コメント