TBA

(仮)

あしたはきっと

2017-03-21 | 本と雑誌

朝から疲れた日。

空いた時間に詰め込みすぎたのがよくなかったのかな。


雨がひどかったとか

いろいろ言いわけはできるけど、

ただただ、しょぼーん。

自分にがっかり。


そのあとすぐ雨やんだしなあ。


図書館に返す日までに読み終わりそうにない本を、

せっかく古本屋さんで108円で買えて喜んでたのに。


ま、悪いこともあればいいこともあるはず。

と思っておかないと。





「100分de名著」の宮沢賢治。

「雨ニモマケズ」が、

時代にうまく利用されたっていう感じの話があったけど、

そういうことも含めて、

日本人の自分を卑下して戒める感じとあってたって感じで、

そんなに悪いことでもないような。


偉人扱いされてちょっと誤解されてるっていうのも、

きれいごとのお説教めいた「おはなし」を書いた人ではないことは、

教科書でさらっと読んだくらいでも、

すぐにわかりそうなもんだけど、

ちゃんと読んでない人のほうが多いのかも。


「なめとこ山の熊」の話もおもしろかった。

「理想」と「現実」

たいていの人は、やりたいことがあっても、

それがうまくやれるとはかぎらない。

で、どれだけうまくやれたとしても、

正当に評価されるともかぎらないし、

またそれがお金になるともかぎらない。


「毒もみ」みたいによくないことでも、

やめられなかったりもする。

熊と小十郎の信頼関係も、

荒物屋の主人からすればただのお金でしかない。


百鬼夜行シリーズのなにかで、

恋愛だと思ってたらお金を渡されて…っていうのがあったのを思い出した


結局はやりたいことをやるしかないのかも。



宮沢賢治って岩波文庫のやつをもってたはず、

と思って探してたのになかなか見つからなかった。


なのにふっと見たら、ノートPCのホコリよけのカバーの重しにしてた。

毎日さわってたのに、目の前にあるものって意外と気がつかない。



今晩ははやく寝よう。

で、あしたはいい日になるといいな。
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 義務感 | トップ | 好きな黒沢明の作品… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事