Living Dinosaur!

恐竜ライクな爬虫類たちとの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホカケ飼育環境

2013-01-21 00:29:56 | ホカケの飼い方

リクエストがあったので現在のホカケトカゲ飼育環境を。といっても大して変わってないのですが・・・。

フィリピンくんは以前の登り木が外部フィルターの水流に削られ&高湿度過ぎて朽ちてしまい、模様替えしました。


120×60×90のケージ。下30cmに水を張っています。
フィルターは外部フィルターと水中フィルターを両方使用。以前の記事では外部フィルターの排水をコルク面に当てていましたが高湿度過ぎるので止めました。
光源は60cm一灯式に爬虫類用蛍光灯とネオビーム3000、おまけで45cm1灯も使ってます。
ヒーターはうちはエアコンで基本温度管理、水中ヒーター、セラミックヒーターを使用。
ステンレス網蓋は半分以上透明ビニールシートで覆っており、登り木もしっかりネジ止めしてます。
あと、いまはコケのためにカメレオンとかで使うドリップシステムを2つ使ってポタポタ給水。かなり湿度あがります。キノコ生えすぎたのでここ2日は補給停止ですが。
基本的には上のようにアクアテラがオススメですが、やはり大掛かりですし、小さすぎるときには向いてない気がします。


で、ベビーを飼うときは上みたいな感じです。
ヤシガラ土を厚めに敷いて植物もいれてます。大きめの水容器とまめな霧吹き、タイマーによる霧発生装置を使用。
爬虫類用蛍光灯とネオビーム、プレートヒーターを使用してます。




完全に仕上がった大オスくんはずっと変わらず温室の上部分です。
大きめの水容器とまめな霧吹きだけ。でも美しい!でしょ。

あと、ホカケの飼育と飼育環境についてはエクストラクリーパー1号の八木さんの記事とホカケ神スコットのケアシート
http://www.reptilechannel.com/care-sheets/sailfin-dragon-lizard.aspx
があれば特に言うことはないですね。ぜひご一読ください。

コメント (10)