Living Dinosaur!

恐竜ライクな爬虫類たちとの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

捕まえた記念

2011-05-19 00:10:02 | フィリピンホカケトカゲ

今日はどうにも体調が悪く寝ていました。
部屋にいるならとフィリピンくんのケージガラス扉を外して放っておいたらとてもおとなしくしていたのですが、
最後にガラス扉を戻そうとしたときにプチパニックを起こして逃げてしまいました。
ホカケは逃げるのが下手なのですぐに御用。

ついでに記念撮影しておきました。
去年の6月と7月に似たような記事を書いてるので成長記録にしときます。


首~上半身の一部が脱皮前で白くなっています。
首のクレストはすごく大きくなってきました。ちなみにここの手触りはプニプニしててとてもいいんですよ。
去年の写真と比べてみると角も伸びてきてますね。


体。脱皮してすぐは背びれの下も全て紫色だったのですが今日は色が出てません。


尻尾。去年とは発色が歴然に違います。


さらに顔アップ。光の加減にもよりますが目が赤くみえるときがあります。
青い目のホカケもいるので不思議ですね。

胸周りは来たときとあまり発色度合いが変わりません。
男前だけど顔や唇周りにももっと色が出て欲しいなぁ。

来たときからクレストのトゲトゲに剥けない皮があって、
去年はどんなに頑張っても剥けなかったのですが、今日は簡単に剥けました。良かった。


やっと落ち着いた後。
カメラや人影を見ると体の角度を見られにくいように変えてくるのは困ったものです。

冬はフレンドリーだったのに最近また神経質になってきた気がします。
春になるとホカケのオスは縄張りを主張し合うようです。去年も大変でした。

やっぱり自分はホカケトカゲが一番好きです。
ビッグなプロジェクトも進行中。上手くいくといいけど。



フィリピンホカケトカゲ
Hydrosaurus pustulatus

コメント (2)

緑色のちび竜

2011-05-14 23:03:46 | インドシナウォータードラゴン

ツギオミカドちゃんを友人に譲ったので45×45×60のケージが空き、
フィリピンホカケくんのケージに水を背面コルクに当てるようにしたため霧発生装置が不要に。
ホカケ小オスくんがメタハラの光を嫌がるようになったためスポットメタハラまで余ることに。

もうインドシナウォータードラゴンを飼うしかない状況な訳です(謎)
名古屋のショップをさんざん回って購入したのはこの子。


はい。尾切れです。
でも同サイズの子達と比べて抜群に発色が良かったんですもの。まだ小さいのにいい色なんです。
ずっと一緒に暮らすんだから値段(商品価値)とか欠陥とかより出会ったときにビビっとくるかが一番大事ですよね。
ちなみに茶黒の部分は剥け切れていない脱皮殻です。




メタハラの光は少し強すぎるかもしれません。
もちろん浴びにきますが比較的短い時間で下の日陰に行ってしまいます。
日の当たらない登れる場所もあった方がいいのかなぁ。
こういう試行錯誤が楽しいんですよね。


インドシナウォータドラゴン
Physignathus cocincinus

コメント (7)   トラックバック (1)

近況

2011-05-08 23:34:57 | フィリピンホカケトカゲ

お久しぶりです。

海外長期出張や通常業務でバタバタしております。
3.11当日も海外におりましたが、地球の裏側でも日本の震災ニュース一色になっていました。
嫁と子供たちは茨城県におり多少の被災はしたものの無事でした。

このような状況ですが、今うちにいる子たちとの毎日を大事に過ごしていこうと思います。

フィリピンホカケトカゲのケージは数ヶ月前から
外部フィルターのシャワー排水を水槽背面のコルクに掛け流しするようにしました。
湿度は中段で80%、上段で60%~70%以上を常時維持できるようになっています。



たぶん湿度よりも餌を毎日こまめに与えるようにしたからだと思いますが、
最近はクレストの成長がとてもいいです。だんだんアダルトの迫力が出つつあります。

夜中は特にですが背中のクレストと尻尾の帆は紫に輝きます(メタリックな色なのです)。
ですが顔は何度脱皮しても黒いまま。四肢もなかなか色が出てきません。
顔に色がでるフィリピンはスコットのところの系統だけなのかなぁ。

ちなみに背面に水を回すことにはデメリットもたくさんあります。
最大の敵は虫です。小さな羽虫とその幼虫が非常にたくさん出ました(特に冬)。
カエルやヤモリでも放そうかとも思いましたがホカケが食べてしまいそうです。
何かいい案がある方はぜひ教えてください。いまはハエトリグモ先生頼りとなっております。


関係ないですが最新号のビバガは編集方針が素晴らしかったですね。
雑誌だからできること、やらなくてはいけないことを形にしていると思います。
期間を考えるとすごく大変だったのではないでしょうか。
とりあえず家用と実家用の2冊買って応援しときました(笑)


フィリピンホカケトカゲ
Hydrosaurus pustulatus

コメント (6)