Living Dinosaur!

恐竜ライクな爬虫類たちとの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

何度も載せます。バナスパの日光浴

2010-07-30 01:05:55 | バナスパ(イエローファントム)

またまたバナナトゲオイグアナの日光浴風景です。
夏の間は1ヶ月ごとにやろうかと思っています。





やはりバナスパは圧倒的に日光浴させやすいです。
思い立ったらひょいと掴んで連れて出ればいいだけ。
他の子たちではもっと少し手間がかかるし、リスクもあって億劫になりがちですが、
この子たちは何も気にせずコミュニケーションを楽しめます。



とても良く食べることもあり、やっとイグアナらしいでっぷり感が出てきました。
もっと大きくなればいいのに、もう2回りぐらいUPが限界っぽいので
別種のトゲオイグアナをお迎えしようか悩み中。
でもバナスパ並みに扱えるのはサンエステバンぐらいだろうからなぁ・・・。
来週のJRS会場で悩みまくること請け合いです。



爪が痛い問題もレンガブロックを入れたらものすごく改善しました。
岩の上好きですね。ちなみにうちの子達は常に何かの上にいたがります。
地面に降りることはほとんどありません(ホカケの方が地面に降りるかも)。




物干し竿に布をかけて日光浴棒を作りましたが、
レンガのせいで爪が削れて落ちそうになっちゃってました。
もっと太くて爪が引っかかる素材がいいんだろうなぁ。


Ctenosaura pectinata
バナナスパイニーテールイグアナ「イエローファントム」

コメント (2)

恐竜観察会

2010-07-24 21:55:46 | その他

半分私用、半分仕事で公演中の恐竜ライブ
「ウォーキングwithダイナソー」に行ってきました。


以下、ネタバレを含みますのでお気をつけください。


入手困難気味のチケットは受付開始から3日後に確保。
その日の夜にテレビ放映があり、次の日の朝には完売・・・。

展開はナイジェル・マーヴェンさんがやってた映像版のウォーキングwithダイナソーに近い感じ。
古生物学者と一緒に恐竜時代に遡り、
年代毎の代表的な恐竜を紹介したり、その時代の地球環境について教えてくれます。
丁寧な解説でメイン客層の子供たちにもわかりやすかったと思います。


で、実物大で動くリアルな恐竜ロボの寸劇がメインですが、
さすがに「大きさ」の伝わり方は他のメディアの比ではないです。


ブラキオサウルス


「でけー」しか感想がでてきません。初めて象を見たときの感覚に近いです。


ただ、大きさは伝わるものの、動きに関しては大分割り切ってます。
制御がまだまだ不完全だったり、安全面の問題もあるのでしょう。
人が入ってるラプトル系が一番いい動きしてました・・・。

そんなこんなで消化不良感も出てきた終盤。

やはりこの人、T-REXの登場で空気は一変します。


大きさ/肉感/迫力。
爬虫類の、肉食動物のカッコ良さが全て詰まってます。
演出的に上手くじらされたこともあり、本当に感動しました。ちょっと涙出ましたし。

作り手の「こいつだけはカッコ良くなきゃダメなんだ」という思いが伝わる出来です。

同行した人たちも口を揃えて「ティラノすごすぎ」でしたね。
あれがなかったらブーイング、あれがあったから大満足という割り切った舞台でした。

ちなみに写真撮影OKなイベントでしたが、
恐竜が近くを通る度に皆一斉にカメラを構えます。
VIP席はいいポジショニングを多めにしてくれるみたい^^;

コメント

太陽光に勝るものなし

2010-07-22 00:12:00 | フィリピンホカケトカゲ

どうにもフィリピンくんが落ち着いてくれません。
ケージの高さは足りているはずなので登り木の安定度、角度、登りやすさ、
下の空間の使い方などが気に入らないのでしょう。

最初はおとなしかったのに同居飼育して負け側になってしまうと
途端にバタバタっ子になってしまいました。これはベビー君も同じ。

登り木の調整などをずっとしていますがなかなか改善しないので
新しい温室をレプショーなどで見繕おうかとも考え中です。

で、登り木調整のためにフィリピンくんをケージから出したのでついでに日光浴。
持ってしまえばいい子です。


ケージ内よりはるかにキレイです。
写真に映りにくいですが腕に青が出始めてます。

腕のUP



スポット

画像ソフトで細かいところを見ると鱗の一枚一枚がほんとにきれいです。
背中付近にも青が出始めてました。


後ろ足


さらにUP


ホカケたちは環境が変わるとパニックする可能性が高いので
あまり日光浴をさせてあげれていませんが、
健康面でも鑑賞価値でも太陽光に勝るものはないなあと実感しました。
それにしても美しく育てるために早く環境を改善せねば!


関係ないですが、
ホカケに暴れられてもモニターやイグアナより全然痛くないと感じるのですが
僕だけでしょうか。
どうも爪が自然に削られてそれほど尖っていないのと(後ろ足の長いのは鋭い)、
手足の構造上引っかく力が弱い気がします(走るのもすごく下手ですし)。
どっちにしてもリストカットしたみたいな手傷は負わされますけどね・・・。



フィリピンホカケトカゲ
Hydrosaurus pustulatus

コメント (4)

色が出ない

2010-07-16 23:15:42 | ハルマヘラホカケトカゲ

5月30日の記事の日にメインケージに引っ越した大オス君ですが、
そこそこの色は出すものの、あの日のようにメタリックな青緑になってくれません。

そういえば飼い始めて1年以上してからあのレベルの発色をしてくれた気がします。
全開でないときはオレンジと黒の縞模様が大なり小なり出てしまいます。



水槽台の高さが少し足りていないのかもしれませんし、
もう少し時間が経てば色が出てくるのかもしれません。
何にしても次の脱皮でひとつ答えが出るでしょう。

今のところ落ち着き面での最高の環境は
昔は大オスくんが、今は小オスくんが使っている、
水槽台に置いて高さを増した温室の上段部分です。

あそこはどんな子をいれてもすぐ落ち着いてくれます。
高さもそうですが、棚板と流木のバランスもちょうどよいのでしょう。


そういえば静岡のレプタイルズショーに今年は行こうかと思ってます。
最近とても気になる種類がいるのですが高額過ぎて悩み中・・・。
ショップさんに問い合わせて交渉したらイベント価格で買えるのかもしれませんが、
お祭り気分に身を任せないとちょっとふんぎりがつきませんね^^;


Hydrosaurus weberi
ハルマヘラホカケトカゲ

コメント (2)

サルバも産んだ・・・

2010-07-08 22:37:54 | サルバトールモニター(スペックル)

ここ1週間、サルバトールモニターのスペックルくんが
バナスパの産卵前のようにやたらと土を掘りまくり、餌も食べなかったため、
これは産むのかも・・・と思ってたのですが、
今日、しっかり産みました。



食べられちゃってたので無性卵だと思いますが、
サルバトールモニターは単為生殖の例もあるらしいので扱いに困ります。


画像の卵は産んでから時間が経っていたのでダメそうでしたが、
他の卵も含めてバナスパの未成熟卵と違って、ずいぶんしっかりしてました。
もし生きている卵を産む可能性があったのなら、産卵床を用意してあげればよかったです。

にしても昔見たチン○ン的なものは一体なんだったのでしょう。
調べてみるとメスもビローンと出すことがあるらしいですね。紛らわしい・・・。



サルバトールモニター スペックル(Varanus salvator)

コメント (6)