Living Dinosaur!

恐竜ライクな爬虫類たちとの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほっぺと床材

2010-01-31 00:16:53 | テグー
寝る前にテグーを見てみたらほっぺが大きく感じたので撮影。

この調子でどんどん膨らんでね!

水槽を丸洗いしたら遅くなったので床材に新聞紙を敷いてみましたが、
朝方にテグーが動く度ガサガサと音がしてとてもうるさかったです。
(今は僕だけトカゲと寝ています)

この子の床材は何が一番いいのか決めかねます。
ヤシガラとかだと糞が撹拌されて取りきれなくなりますし、
人工芝とかだと踏んでケージ中が汚れそう…。ウッドチップとかがいいのかなあ。
いずれにしても、もよおしたらすぐ掃除しないと臭くてしょうがありません。


アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー (Tupinambis merianae)
コメント

艶々テグーちゃん

2010-01-29 01:26:22 | テグー

子供に大人気のテグーちゃんです。
いつも寝ているのんきさと餌を見たときの豹変ぶりがおもしろいのでしょうか。



冬は飼育部屋からあまり連れ出さないのですが、
ケージを丸洗いするのに出したついでに遊んでいると
久しぶりにテグーを見た嫁が「ほっぺたが大きくなったね」と言ってきました。

確かにそんな気もするので裏返して総排泄孔付近を見てみました。
ほっぺたが大発達するオスなら孔の脇がポチンと盛り上がるそうです。



経験不足の僕にはよくわかりませんね…。メスっぽいけど。
この子がメスだったらいつかオスをお迎えしたいなあ。
あのホッペに癒されたい!


うちのモニターとテグーは2歳を超えたころから餌を絞っています。
総じて控えめを心がけつつ、個体の様子を見ながら、
小食⇔豊食の時期が何となく交互にくるようにしてます。

モニターもテグーも年齢からすると小さめなのでこの方法が正しいかはわかりません。
3歳ぐらいまで絞らない方がいいのかもしれませんし、ちょっと極端だったかも。
でもまあうちの子たちは今のところ健康そうだからよしとしよう。

テグーは爪が鋭くなくていいですね。多少動かれても全然皮膚が裂けません。
あの人糞みたいな巨大排泄物をしなければ最高なのになあ。



アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー (Tupinambis merianae)

コメント (1)

冬場のバナスパの餌食い

2010-01-16 01:25:32 | バナスパ(イエローファントム)

あれほど爆食していたバナスパたちですが、
12月末ぐらいから少し餌食いが落ちています。

拒食というほどではなく、いつでも何にでもパクついていたのに
食いムラがでてきた感じです。

去年の冬場の記事を読み返してみると、
置き餌だと食が細いと書かれていました。

温度を上げたり、水を飲ませたり(あまり飲みませんが)、
果物が好きなのを利用して人工飼料をオレンジジュースでふやかしたりと、
色々な対策をして改善してはいるのですが、
それでも夏場の3分の2ぐらいしか食べてくれません。
 →虫や果物は爆食しますが他の食事量が減るので基本あげません。

うちの冬場対策に根本的な問題があるのかもしれませんし、
もしかするとバナスパ自身の摂食行動に多少の季節性があるのかもしれません。

心配ではありますが痩せる兆候は全く無く、
大きくなっていってくれているので色々試しつつ冬を乗り切ろうと思います。

もう1つの心配事。
脱皮が終わりかけると別の部分が脱皮を始めるロアル君。


脱皮するごとに黄色が出るのでうれしいのですが、
栄養/光/湿度など何かが足りてないのかと心配になって
栄養剤/ランプ変更/加湿やら温浴など色々やってます。

部屋の湿度を上げてもヒーターだらけでこの子の周りは過乾燥なのかなあ。
いい湿度が掴めてないです。



ホカケもそうですがただ飼うだけでなく、仕上げるために色々尽くしたくなる。
それがバナナスパイニーテールイグアナの不思議な魅力です。


Ctenosaura pectinata
バナナスパイニーテールイグアナ「イエローファントム」

コメント

いまさらなEXPO動画紹介

2010-01-07 23:38:53 | その他

<!-- デイトナEXPO動画 -->


去年(2009年)のデイトナEXPO動画です。
この映像を撮った人はほんとに良くわかってます。

1分4秒あたりから、
アンボイナホカケトカゲ~フィリピンホカケトカゲ~ハルマヘラホカケトカゲ
のオスアダルト(ハルマヘラは2歳ぐらいでしょう)の映像が流れます!

フィリピンとハルマヘラはおとなしく(緊張していない体色のままで!)抱っこされているのが驚きです。
CBなのも影響しているでしょうが、きちんと育てれば馴れるのでしょうね。

さらに4分30秒あたりにバナナスパイニーテールイグアナのオスアダルトも出てます。
いい感じの黄色です。

他にもすごい個体満載ですし、要所で出てくる美女!や音楽も込みで
爬虫類好きの方には楽しめると思います。
こういうの見るとすごく現地に行きたくなりますね。
お金と休みがとれればという感じですが。
でもホカケブリーダーのスコットやトゲオイグアナ神のポールとお話できるだけでも行く価値あるなあ。


コメント

撮りにくさ

2010-01-02 19:51:34 | ハルマヘラホカケトカゲ

あけましておめでとうございます。
さきほど実家より戻りましたが生き物たちは元気一杯で一安心しました。
いい加減なブログですが今年もよろしくお願いします。
今年は環境整備しつつモレリアでも飼いたいなあと思っています。
→とかいいつつまたトカゲを増やしてるかもですが…。

戻ってきてすぐ写真を撮ってみたのですが、
ホカケとサルバトールは撮りにくいなあと改めて思いました。


うちのホカケトカゲはカメラのレンズが大嫌いですぐ逃げてしまうので撮りづらいです。

即逃げされたところ。帆が撮りたかったのに・・・。


少しして落ち着いたところ。
小オスは大オスと別居させたらまた落ち着いた風貌になってきました。



サルバトールはカメラ(人)に興味を持ちすぎて落ち着きがないので撮りづらいです。

顔を狙ったのに首…


この子はこういう写真しか撮れません・・・。



ハルマヘラホカケトカゲ(Hydrosaurus weberi)

サルバトールモニター スペックル(Varanus salvator)

コメント (4)