Living Dinosaur!

恐竜ライクな爬虫類たちとの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黄色その②

2009-12-25 20:55:31 | バナスパ(イエローファントム)
昨日の記事に続いてですが、今日脱皮し終わっていたのと、
手に持って大きさがわかった方がいいかなと思い撮り直してみました。

バナナトゲオイグアナ イエローファントム 雄のロアル君です。
たぶん1歳9カ月ぐらいかと思います。







ブリーダー発の画像を見ていると、
幼体のくすんだ体色は2歳ぐらいまでに劇的に変わり、
4歳ぐらいまでかけて仕上がるように思います。
彼の種親のように黄色く太い個体になって欲しいものです。


ついでにメスのドロスちゃん。





脱皮中の割にはいい感じの色でしょ?(親バカ)。
この子も1カ月前より明らかに黄色の面積が増えてます。

バナスパは触りながら簡単に撮れるのでいいですね~。
可愛すぎて爪の刺さり傷に後で気がつきます><


Ctenosaura pectinata
バナナスパイニーテールイグアナ「イエローファントム」

コメント (4)

黄色

2009-12-24 00:12:02 | バナスパ(イエローファントム)

ちょっと前にバナスパ雄のロアルくんの写真は我慢して載せないと書きましたが、
最終的にどんな発色をするにしても、色の変遷具合を伝えないと
意味がないなあと思ったので載せちゃいます(ネタがないともいう)。
この子は真っ黄色になってくれるんじゃないかと思ってます。



脱皮中でくすんだ色のとき(いつもより黒いです)


頭部の黒がどんどん黄色と白で覆われていっています。
メスのドロスちゃんは顎下が真黒ですから差が大きいです。

おそらく1歳9カ月とかなので、2歳を過ぎたころにはもう少し結果も
出てくると思います。


あと、今更ではありますが、
このブログにコメントをいただいている方々のサイトをブックマークさせていただきました。

今後ともよろしくお願いします。

Ctenosaura pectinata
バナナスパイニーテールイグアナ「イエローファントム」

コメント (2)

飲み会

2009-12-21 01:37:09 | ハルマヘラホカケトカゲ

ブログ師匠のヤンさん(http://jamsecond.exblog.jp/)や
vampireさん(http://www.thunderbird-hills.com/)に誘っていただいて、
爬虫類飼いの方々との飲み会に出させてもらいました。

初対面にも関わらず皆さん温かく迎えてくれてとても楽しかったです。
濃く熱い方ばかりで最高の時間でした。

人の飼育談を聞くと自分の飼育環境や考え方を見直すきっかけになりますね。
家帰ったらすぐ世話しました^^;

またホカケトカゲは爬虫類飼いの方々からもあまり知られていないんだなあと
改めて実感しました。


いつでも男前なハルマヘラホカケトカゲの大オス。
うちの看板息子です。

これからも細々とですが、この素晴らしいマイナー種の魅力を紹介していきたいと思います。

ハルマヘラホカケトカゲ(Hydrosaurus weberi)

コメント (10)

成長

2009-12-05 03:10:25 | バナスパ(イエローファントム)

メスのドロスちゃんの餌食いはすごいです。
朝に人の顔を見るなり駆け寄ってきます。




マジ顔がちょっと怖い・・・><



ガンガン食べるので成長も早いです。
前に黒系のクシトゲオイグアナみたいな色になってると言ってましたが、
最近はちゃんとバナナスパイニーテールイグアナしてます。
このまま黄色化が進んでくれればいいですね。

この子のガッツキっぷりに比べるとオスのロアルくんは色々トロいです。
食べる時餌への目測がちょっとおかしい感じなのが気になるなあ。

でも彼の黄色の発色はだいぶいい感じになりそうなので本当に楽しみです。
もう少し結果が出るまで画像は出すのを我慢しようと思います。


Ctenosaura pectinata
バナナスパイニーテールイグアナ「イエローファントム」

コメント (2)

同居中

2009-12-02 01:26:23 | ハルマヘラホカケトカゲ

2人目の子供が産まれたりしてバタバタしてました。
1人で上の子の世話をしてたら嫁の偉大さを実感。感謝です。

1匹づつ飼育していたハルマヘラホカケトカゲたちですが、
メスが大きくなってきたこともあり、1度同居を試してみることにしました。
まずは小オスとメスを同居させて問題なかったので全員を1つの温室に。

結果的には大問題が発生中です。
大オスが小オスを攻撃しまくるしまくる。
暴れっぷりに怯えたメスもパニックして負の連鎖です。



もうやめようと思いつつも子供の出産でバタバタして延び延びになっていると、
少しは落ち着いてきたのか写真のように小オスが中段にいるのを
許すことがでてきました。
このまま適度なパワーバランスが生まれるとよいのですが…。



メスには子供だからか本当にメスだからなのか寛大なんですけどね。

温室の装飾はいまは諦めてます。
背面にコルクを張るぐらいはしたいんだけどなぁ。


ハルマヘラホカケトカゲ(Hydrosaurus weberi)

コメント