Living Dinosaur!

恐竜ライクな爬虫類たちとの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013-12-31 01:20:22 | ミナミモリドラゴン

今年は近年で一番爬虫類に手をかけなかった年かもしれません。
来年は年明け早々からがっつり行きます。
仕事ペース的にはデイトナEXPOかスラウェシ島にいくチャンスなのですが嫁稟議的に見込み薄。。。

ただ、じっくりと育てた成果は出始めていて、飼育環境もアップデートできました。





ノドグロミナミモリドラゴン夫妻はよく馴れてよく食べよく育ちました。
オスはいい顔になってきたし、メスは卵ポコポコ産むので来年は孵化まで持っていきたい。交尾もたまにしてますし。
この種類非常に丈夫です。どこにも需要ないと思いますが一応主観オンリーの情報載せときます。
今年はアガマ当たり年で結構輸入されてましたね。

■エサ
 人口飼料○/バナナ◎/昆虫◎/野菜×
  ほとんど何でも食べます。非常に楽です。
  選好温度帯が広いのかホカケが好む温度より低くても真夏の暑い時期でもガンガン食べます。
  他のモリドラゴンの感覚からすると本当に楽。

■水への依存度
 ホカケ>ウォタドラ>ノドグロミナミ
  ノドグロミナミモリドラゴンはホカケやウォタドラほど水に入りません。
  泳ぎや潜りも他2種より下手な感じ。それでも1日1回は水浴びますが。
  軽く入れる水容器を常設しておけば特に問題ないでしょう。

■性格 
  基本的にがっつきなので輸入直後の荒い子でもピンセット給餌ですぐに馴れてくれます。
  ただし、うちの子たちはベビーから飼ってないからかうちのホカケ程度の馴れ方が限界。
  (エサを手からは余裕で食べる。持ったり触っても基本的には怒らないが嫌々な感じ。ケージに戻りたがる。外に放つとややばたつく)


コメント

レッドディロフス

2012-07-14 23:44:24 | ミナミモリドラゴン

去年買いそびれてずっと気になっていたのですがやっちゃいました。
ディロフスミナミモリドラゴンです。今回の写真は全部導入直後。ヨレヨレです。



売れてしまうことを恐れたのと、調べても丈夫で飼いやすい的な情報だったこともあり、
入荷直後の子を買ってしまいました。WCのアダルトサイズのモリドラゴンだというのに・・・。



よくよく見ると昨年入荷した子達よりもクレストが長いのでより育った子だったのでしょう。他のアガマたちより頭がとても大きくて面白いです。まさに恐竜チック。
それにしてもWCのアダルトサイズを導入ってすごい久しぶりな気がする。大オスくんは数ヶ月店で飼い込まれてましたし。
といいつつ写真みたく触ってるのが危機感のないところ。慢心してます。でもとてもおとなしくて驚きました。威嚇する子もいるみたいですが。



触ったのがまずかったのかファンなどで環境も気を使い、ドリップ式+霧吹き+水容器で給水するも、全然水を飲んでくれない。
色々試しつつも落ち着かせることに専念したのですが1週間経っても水を飲まない!最後の方は地上でぐったりしているように見えて焦りました。
でも、10日目ぐらいにコルクで落ち着いているときに口元に水がいくようにドリップし、ゆっくり遠ざかって離れたところで見ていたら水を飲みました。

あとは簡単!と思ったものの餌虫に見向きもせず、ヤモリをつかまえてきたり色々するもダメ。
水は毎朝ドリップしたときに2日に1回ぐらいグビグビ飲むようになりましたが餌を食べない。

で、先日バッタやカマキリの子供をケージにばらまいておいたところ、数日したらいなくなる。食べてるのか?ボードの裏で死んでるのか?
半信半疑でしたが、導入から3週間?の今日デュビアを口元に持っていくとパクリ!と食べました。
まだまだ立ち上げに成功したとはいえないけど、関門は越えられたかなと思います。

仕事も忙しい状況なので立ち上げはお店に頼むべきでした。いけるだろうと変な過信がいけません。

ディロフスモリドラゴン
Hypsilurus dilophus

コメント (4)

ジャイアントミナミモリドラゴン

2012-03-21 00:42:06 | ミナミモリドラゴン

飼い始めて結構経つのに単体紹介が1度もなかったですね・・・。
一応ペアということで購入しましたが、オス(仮)が輸送時に入れられていたネットで口元を擦ってしまったので単独飼育にしました。

ちなみにこの種類はジャイアントミナミモリドラゴンとか、ノドグロミナミモリドラゴンとかいわれてます。

2匹いますが全然性格が違い、メス(仮)は最初から人工飼料をひったくるように食べ、
オス(仮)は口を怪我したせいか餌食いも悪く、いつもオドオドしてました。

でも半年経った今では、オス(仮)の方が慣れてます。


この子はケージ内で餌をやっても50%の確率で「自分いまは枝なんで」と食べてくれませんが、
引っ張りだすと手からすぐに食べてくれます。そうしたケージから出しての餌やり&薬塗りが利いたのか、
出しても全然逃げません。エリマキトカゲに通じる落ち着きっぷりです。



地味な色味ですが、アガマらしい表情があって好きです。フルアダルトになれば迫力が出る。はず・・・。




尻尾がとても長いです。
メス(仮)は最初のときのまま全然慣れません。手から餌は食べますが食べ終えたらすぐに逃げますし、
捕まえても逃げようともがきまくり。うちのホカケに近い感じです。
個体差は大きいんだなぁと改めて実感しました。


人工飼料も虫も良く食べます。
ジャイアントウォータードラゴンみたいな商品名で売られていることもあるようですが、
ウォータードラゴンやホカケトカゲほど水には依存してないように思います。
それほど多く水には入りません。
でもモリドラゴン系のようにドリップしなくても水容器から水は飲むので飼育は楽な方です。
(それでも1日1回は水容器につかるので大型の水容器設置は必要だと思います)


ノドグロミナミモリドラゴン
Hypsilurus sp

コメント (2)