車買取LEO 事業部長日記

日々の出来事 と 日本の未来を考える 愛の子育て日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぐんま昆虫の森 を 初体験

2015-10-31 | 家族 で おでかけ

 

昨年 夏 家族 で

『 ぐんま昆虫の森 』 へ

遊びに行ってきました。

 

 

 

まずは 昆虫観察館 へ

向かいます。

 

 

 

 

向かう途中で すでに

様々な昆虫を見つけては

大騒ぎ (笑)

 

 

 

 

到着。

 

 

 

 

館内 を 歩き 

お目当て の 場所 へ ・・・

 

 

 

 

夏休み中 なので

様々な イベント が

行われていました。

 

 

 

 

この日 子供たちに

体感させたかったのは

『 ふれあいコーナー 』

 

 

図鑑 や DVD を 見て

息子 が 一番 興奮していた

『 ヘラクレスオオカブト 』

 

  

 

私 が 子供の頃 は

外国のカブトムシ など

 

植物防疫法 で

輸入が禁止されていたので

 

図鑑など の 写真でしか

見ることができなかった

種類 ・・・

 

 

 

 

 

『 オオクワガタ 』 や

『 ニジイロクワガタ 』 など

 

幼少の頃 に 図鑑 を 見て

憧れていた昆虫達 ・・・

 

 

 

 

童心に返り

子供たち と 一緒になって

オオハシャギ 

 

 

 

他にも ナナフシ君 や

 

 

 

ヘビ まで 

 

沖縄旅行中 に 遊んだ 

『 ハブ博物公園 』 で

 

色々なヘビを触ったり

首にかけたりしたので

 

全く 怖がらない

子供たち 

 

 

 

 

 

 

 

上質な シルク を 生み出す

カイコ。

 

 

 

 

 

オオクワガタ を 触ったのは

生まれて初めて。

 

子供のころ 

憧れのクワガタでした。

 

 

ヘラクレスオオカブト を

実際 に 体感できて

子供たちも 喜んでいました。

 

 

 

 

 

2階から 1階へ

『 昆虫ふれあい温室 』 を

探索しながら 移動。

 

 

 

 

 

 

すごい数のチョウ が 舞う

温室です。

 

 

 

 

 

注意深く 見ていると

色々なチョウ に 出会えます。

 

 

 

 

予想以上 に 

見応え が ありました。

 

 

 

 

1階 に 到着すると

期間限定 の 特別展示場 が ・・・

 

 

 

 

『 イモムシ・ケムシ展 』

 

 

 

 

またもや カイコ が ・・・

 

すると

 

 

末っ子 が 一番 興奮。 

 

「 かわいい~ 」 って

カイコ が 気に入ったようで

 

 

 

 

 

 

図鑑の如く すごい種類 の

イモムシ・ケムシ が

展示されていて

 

 

 

 

しかも どのイモムシ が

どんな チョウ や 蛾 に 成る のか

わかりやすく展示してあったので

 

結構 見入ってしまいました。

 

 

 

 

それにしても

ものすごい種類です ・・・

 

 

 

 

セミヤドリガ って

セミ に 寄生するようです 

 

 

 

 

標本だけではなく

生きているのも 展示中。

 

 

 

 

館内だけでも 

予想以上 に 愉しめました 

 

 

 

 

 

この後 は 

 

民家 や 田んぼ や 雑木林など

里山の環境 を 再現している

 

広大な敷地(45ヘクタール) で 

 

昆虫採集などして

遊びました。

 

 

 

 

昆虫 に 興味を持っていたり

昆虫 が 大好きな子供 など

 

小さな お子様連れ に

オススメ の スポット です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

体験から学ぶ感性 を 大切に

2015-10-29 | 家族 で おでかけ

 

『 ぐんま昆虫の森 』 

 

館内 で 色々な体験をした 後

外に出て 園内 を 散策 ・・・

 

 

 

 

 

少し歩くと 

昆虫観察館 別館 を 発見。

 

 

 

 

入館してみる と

中 は こんな感じ。

 

 

 

 

大きく 広い 階段 を

下って行くと ・・・

 

 

 

 

子供たち が 幼少の頃から

読んで 聞かせた 絵本 の

『 はらぺこあおむし 』 

 

末っ子 大好きなキャラ に

大喜び。

 

 

 

 

 

リアル な あおむし も 

 

やわらかい素材で

できています。

 

 

 

 

他 の お子様 と 仲良く

遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

カウンター には ホンモノ も。

 

 

 

 

見た目は毒々しいですが

触っても 大丈夫 とのこと 。

 

それを聞いた 末っ子 は

早速 ツンツン 開始 ・・・ 

 

 

 

 

またまた カイコ も 発見。

 

 

 

 

どうやら カイコ が

一番 の お気に入り のようで

 

 

 

 

この イモムシさん が

シルク の 原料になる糸 を

出すことを 説明しました。

 

 

 

 

当時 3歳に成ったばかり の

末っ子 は 

 

その後 も カイコ に 興味深々 

真剣 に 観察していました。

 

 

 

 

 

モスラ(おもちゃ)も

展示されていました 

 

 

 

 

思う存分 遊び

階段 を 駆け上がる 末っ子。

 

 

 

 

この後 は 

 

45ヘクタールもある敷地内 の

自然環境 で 実際 に

 

昆虫採集 を してみることに。

 

 

 

 

 

自然の中 を ゆっくり と

散歩しながら

 

 

 

 

昆虫採集。

 

 

 

 

 

カブトムシ・クワガタ も

たくさんいました。

 

 

 

 

 

さらに 先に進むと ・・・

 

 

 

 

広い 草原 に。

 

 

 

 

バッタ(ワカマッチャン)。

 

 

 

 

遠くのほうで 

「 バッタに噛まれたぁ 」 と

息子 の 声 ・・・

 

 

 

 

 

バッタ に 噛まれるなんて

過去 一度も無いので

 

おかしいな と

息子 と 末っ子のほう へ

 

駆け寄ると ・・・

 

 

 

 

バッタ ではなく キリギリス。

これ に 噛まれたようで 

 

なるほどね。

 

バッタ と 違って

顎 も 大きく 凶暴 なので

 

確かに コイツ は

噛むヤーツ です。

 

 

 

 

 

 

 

さらに 少し 坂道 を 登り

進む と ・・・

 

 

 

 

茅葺屋根 の 古民家 ・・・

 

 

 

その庭では 昔の玩具 で

みんな 遊んでいます。

 

 

 

 

民家の中にも 入れます。

 

 

 

 

その当時 の 文化 や

日本人の生活スタイル を

見ることができます。

 

 

 

 

2階に上がると ・・・

 

 

 

 

 

実際の養蚕 の 風景 を

見ることができました。

 

 

 

 

ひとつひとつ 繭から糸 を とり

シルクになることを教えました。

 

 

 

 

見学 を 終え 

お庭 で 遊ぶことに。

 

 

 

 

 

ポックリ や 竹馬 など

懐かしい。

 

 

 

 

愉しめたようで 何より。

 

 

 

ぐるっと 一周 して

『 自然観察館 』 へ

戻ってきました。

 

 

 

 

まだ 見ていなかった階 や

コーナー で

様々な昆虫 を 観察。

 

 

 

 

 

外国 の カブトムシ や

クワガタ を たくさん見れて

大満足 の 息子 と 私 

 

 

 

 

 

 

最後 は

わざわざ 別館へ移動して

 

子供たちのリクエスト で

かき氷 ・・・

 

 

 

 

種類 が 多く 

どれも食べたい ・・・

 

 

 

 

なので ハーフで

2種類づつ 食べて

味比べ。

 

 

とても 暑い日でしたので

美味しかったです。

 

 

 

 

 

ちなみに ワタクシは

ソフト。

 

 

 

食べ終え て

駐車場まで 歩きます。

 

 

 

 

ちなみに

園内の建造物 の デザイン は

建築家 の 安藤忠雄 さん。

 

何年か前 に 何かの雑誌 で

安藤さんのインタビュー を

読んで以来

 

ワタクシ 安藤さん の

ファン に 成りまして。

 

主体的で 男らしい

そんな 生きざま が

魅力的 で カッコイイ。

 

 

 

建造物 については

その道 の プロじゃないので

恐れ多くて 語れませんが

 

物事に対する 考え方

人生観 が カッコイイ人

 

 

 

そんな 安藤忠雄さん の

建築デザイン も 楽しめる

 

『 ぐんま昆虫の森 』

 

 

とても 愉しめました。

 

 

 

 

 

 

帰りは 伊勢崎市内 の

大型ショッピングモール に

立ち寄り お買い物。

 

 

 

 

『 スマーク 伊勢崎 』 

という 複合商業施設。

 

 

 

 

妻 と 長女 は 色々な店が並ぶ

こういうモール が 大好きなので

 

 

次女 と 息子 と 末っ子 は

私 が 面倒をみて

 

妻には ゆっくりと 買い物 を

楽しんでもらうことに

 

 

 

 

 

そんな 

昨年 夏 の 思い出でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

安藤忠雄さん の 名言集

2015-10-27 | Weblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

《 箱根神社 》 参拝

2015-10-25 | 《 神社 》 参拝

 

昨年 秋 芦ノ湖。

 

 

 

 

湖畔 に 鎮座する

『 箱根神社 』 へ 参拝。

 

 

 

 

原付に乗りたての頃 から

この辺り は 何度 も 遊び に

来てます ので

 

この 神社 の 存在 は

知っていましたが

 

参拝するのは

この日 が 初めて。

 

 

 

 

名高い武将の方々 が

信仰していた 神社

だそうで。

 

 

 

 

長い階段 を 登る と ・・・

 

 

 

 

 

 

御本殿。

 

 

 

 

 

境内 本殿の隣 に

『 九頭龍神社 新宮 』

 

 

 

 

参拝客 の 多く が 並んで

この水 を

持ち帰って いました ・・・

 

 

 

 

帰宅後 ネットで調べたら

有名な 水 らしく

 

御利益 が ある  って (笑)

持ち帰る人 が 多いようです。

 

 

 

 

参拝 を 終え 戻ります。

 

 

 

 

階段を下りていくと

そのまま 芦ノ湖 に ・・・

 

 

 

 

大きな鳥居の先 は 

湖 ・・・

 

 

 

 

芦ノ湖畔 を 散歩しました。

 

 

 

 

遊歩道 を 散策。

湖畔 を 歩くのも 初めて。

 

 

 

 

橋 を 渡ったり

 

おしゃれで 高そうな

レストラン が あったり。

 

 

天気 に 恵まれ 

気持ちイイ 秋晴れの中

 

湖畔 を ゆったり と

散歩できました。

 

 

 

 

 

この先 に

『 九頭龍神社 本宮 』 が

鎮座されているらしいので

 

そちらも 散策してみよう と

未体験 を 体験したく

車 で 移動。 

 

 

歳を重ねるごとに

見える世界 (意識) が

変わり

 

若い頃とは 違う 箱根 を

愉しむことができました。

 

 

 

 

 

そんな 

初めての 『 箱根神社 』 と 

『 九頭龍神社 新宮 』 参拝

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

《 九頭龍神社 》(箱根) 参拝

2015-10-23 | 《 神社 》 参拝

 

昨年 秋 訪れた 箱根

芦ノ湖 ・・・

 

 

 

箱根神社 参拝後

 

車 で 湖畔 を 移動して

プリンスホテルの先にある

遊歩道 へ ・・・

 

 

 

 

 

目指すは 

『 箱根九頭龍 の 森 』

という 場所 ・・・

 

 

 

 

 

 

車 は 入れませんので

 

遊歩道 を 1. 2 km 歩いて

向かいます。

 

 

 

 

 

自然 豊かな 

湖畔 の 遊歩道。

 

 

 

 

 

箱根神社 の 周辺 は

観光客 が たくさんいて

とても 賑やか でしたが

 

この遊歩道 では

数人とすれ違う程度 で

 

とても 静かな 雰囲気 ・・・

 

 

 

 

 

 

到着 『 九頭龍の森 』

 

 

 

 

ここからは 有料 (笑)

500円 支払い 中 へ。

 

 

 

 

 

 

整備された 雰囲気の良い

広大な自然 ・・・

 

 

 

 

 

ここへは 遊歩道 を 歩かず

船 でも 来れるようです。

 

 

 

 

 

 

入口 の すぐ横 に

『 白龍神社 』 が ・・・

 

 

 

 

 

参拝して 

 

ここから さらに 森の奥 に

鎮座するという

 

『 九頭龍神社 』 を 目指し

森の中 を 歩きます。

 

 

 

 

 

 

静かな 秋の湖畔 ・・・

 

歩くだけで 気持ちがイイ。

 

そして 森の中には

いろいろな 樹 ・・・

 

 

 

『 ヤマグワ 』

 

 

『 アセビ 』

 

 

『 ジメシャラ 』

 

そして ・・・

 

 

『 アブラチャン 』 

 

あ 油ちゃん ?  

それとも 脂ちゃん?  

 

おデブな ワタクシには

親しみを感じる

ネーミング でした 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで

森の中 を 散策して進む と

 

 

 

 

 

到着 『 九頭龍神社 』。

 

ちなみに ここも

船 で 来れるようで ・・・

 

 

 

 

 

神社の前には 船着き場。

 

若い女性3人組み が

ボート で 訪れていました。

 

 

 

 

 

湖側から見る と 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

参拝後

湖 まで 下りて行き ・・・ 

 

 

 

 

 

すると 湖面の先 に

鳥居 を 発見。

 

 

 

 

 

鳥居の辺り は 浅いのかな?

 

 

 

 

 

水 は キレイ。

 

 

 

 

 

もう 何年も前ですが

 

息子 と 末っ子 が

まだ 産まれる前

 

まだ 長女 と 次女 と 

4人家族 の 頃 に

 

箱根 に 旅行したことが

ありまして ・・・

 

 

 

 

 

その旅行の時 に

子供が喜ぶと思い 乗った

海賊風 の 遊覧船 ・・・

 

遊覧船から

この赤い鳥居 を

見つけて

 

どうやって行くのかな?

って 思ったこと を

覚えています。

 

 

 

 

 

この後 は 

この日 箱根に訪れた

本来の目的 である

 

『 箱根 駒ケ岳 』  を

登るため に 車 で 移動。

 

 

 

登山道 入り口 が ある

 

『 黒たまご 』 で 有名な 

観光地 『 大涌谷 』 へ

 

向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

時間制 の 箱根山 で 遊ぶ

2015-10-21 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

昨年 秋

 

箱根神社 と 九頭龍の森 を

散策して 参拝後

 

本来の目的である

『 箱根 駒ケ岳 』 で

遊ぶため

 

登山口 の ある

『 大涌谷 』 へ 移動。

 

 

 

 

しかし 大涌谷駐車場 まで

予想外 の 大渋滞 ・・・

 

まいった。

 

 

この日 は ぐっすり 寝て

朝 遅め の 起床 ・・・

 

箱根 (芦ノ湖) に

到着したのが 昼前 

でしたので ・・・

 

 

 

 

 

そこから 予定になかった

芦ノ湖畔 の 散策 や

 

さらに 『 九頭龍の森 』 も

立ち寄った為 

 

予定より

かなり 遅れてしまい ・・・

 

 

 

 

 

 

結局 大涌谷の駐車場 に

入れたのが

 

予定 を 大幅 に 遅れ

15時 過ぎ 

 

 

しかも

駐車場 は 17時半 には

完全に閉鎖 され

 

翌朝まで は 開かない

とのこと ・・・  

 

 

 

 

 

 

この日 の コース は

休日前夜 に ネットで見つけ

 

標高差 も 大したことないし

この頃 運動不足でしたが

 

それでも 楽勝だと 判断して

来たのですが ・・・

 

 

 

 

 

 

もし 駐車場 閉鎖時刻 に

間に合わなそう なら

 

途中で引き返せば いい

と 判断して ・・・

 

 

硫黄 臭い 中

15時過ぎ スタート

 

 

 

 

 

 

立ち止まってはいけない道 ↑

を 突き進みます ・・・

 

 

ちなみに これは

昨年の話 なので

 

この頃 は まだ 

火山活動 が起きる前

でしたので 規制は無く 

入山できました。

 

 

 

 

 

現在 ↑ 以外 の

健康な方でも

 

警戒区域 (立入規制) で

入山できません

 

 

 

 

 

タイムリミット 2時間チョイ。

 

万が一 下山 が 遅れれば

駐車場 は 閉鎖され

 

真っ暗闇 の 山の中 で

おっさんひとり 翌朝まで

車の中 で 過ごす羽目 に ・・・

 

 

 

 

 

 

この頃でも

コースを外れる と

噴気孔 は 危険。

 

 

 

 

 

 

先ず 目指すは ↑

尖がっている 『 冠ヶ岳 』。

 

それにしても この辺は

富士山が近いので

 

自衛隊演習  が

ドーン ドーン って

聞こえてきます。

 

 

 

 

 

季節 も 季節なので

 

まだ 15時過ぎなのに 

太陽の位置 は 低く

 

17時頃には 暗くなる

 

 

 

 

 

 

できることなら 

 

当初 予定していた

『 駒ケ岳 』 まで

行きたいので

 

急いで 登ります ・・・

 

 

 

 

 

遠くに 『 黒たまご 』 を

販売している 玉子茶屋 や

 

蒸気を間近 に 感じられる

観光遊歩道 が 見えます ・・・

 

 

 

 

この 登山道 を

玉子茶屋がある 遊歩道 と

間違えて 登ってしまった

年配の御夫婦 に 遭遇 ・・・

 

話しかけられたので

「 ここは 登山道です 」

と 伝えました。

 

 

 

 

なんか 独特の雰囲気 な

箱根の山 ・・・

 

 

 

 

 

とにかく 時間が無いので

急いで 登ります ・・・

 

 

 

 

 

なんか センサーとか あって

火山ガスの怖さ を 感じます。

 

 

 

 

 

硫黄臭い中

ガンガン 進みます。

 

 

 

登って

 

登って

 

登る ・・・

 

 

 

 

この辺 から 樹々の中 へ。

 

雰囲気 が 変わります。

 

 

 

 

とにかく 時間との勝負。

 

 

 

 

先 を 急ぎます。

 

 

 

 

赤い道 を ぬけ

少し進む と

 

 

 

 

冠ヶ岳 へ つながる分岐。

 

ここから5分

 

この時点 15時30分

 

 

 

 

 

でも よく見ると

その横にマジック で ↑

 

7~8分 (ちょっと きつい)

って 書いてあります

 

 

 

 

 

とりあえず 鳥居を潜り

突き進みます。

 

 

 

 

 

祠 が ありました。

 

 

 

 

この祠 の 先 ・・・

 

 

 

さらに少し進むと ・・・

 

 

 

 

到着 冠ヶ岳

 

樹で覆われていて

展望 悪し。

 

この時点 で 15時35分

 

 

 

 

 

次 は 『 神山 』 を 経由

『 駒ケ岳 』 を 目指します。

 

 

 

 

少し進むと ・・・

 

 

 

 

標高 1,438 メートル

『 神山 』 山頂。

 

15時45分。

 

 

 

信仰の山 だそうで

その 面影 が。

 

 

 

 

15時50分 ・・・

 

駒ケ岳を目指して

ここから一旦 ガツっと

下ります。

 

 

 

 

先 が どんな道 だか

ワカラナイ中 を 進む ・・・

 

 

 

 

 

それが オモシロイわけ

でもあり ・・・

 

 

 

 

 

限られた時間で って

緊張感 も 愉しめる ・・・

 

 

 

 

 

とにかく 下って

小走りで ・・・

 

15分くらい 小走り で

下ると 分岐点(看板) に

到着 ・・・

 

 

 

 

 

分岐の看板を見ると

 

この場所 から 駐車場 まで

来た道を戻る と

95分 も かかるようで ・・・

 

早い方(違うルート) でも

75分 ・・・

 

 

看板通りのタイムだと

もう引き返さないと

駐車場が閉まってしまい

 

17時半から何もない場所で

身動き取れず ひとり

車中泊 決定 (地獄)

 

 

 

 

 

目的地 『 駒ケ岳 』 は

もう 目の前 ・・・

 

 

この時点 で 

残り時間 約80分 ・・・

 

 

山頂までは

ここから登りだけで

25分と看板に ・・・

 

往復なので もっと 時間 は

かかります ・・・

 

 

さらに 

ピストン で ここへ 戻っても

ここから さらに 大涌谷 まで

75分 と 書いてあります ・・・

 

 

 

行程 の 全て を

半分の時間 で 行ければ

何とか 間に合う ・・・

 

 

半分 で 行けば ・・・

 

 

 

すると 

小学生の頃からの親友

現在 親方(社長) の

 

座右の銘 でもあり

口癖 でもある

 

なんとかなるだろ  」

 

が 突然 親方の顔と共に

脳裏 を 過ぎり

 

 

悩んでいる時間 も

命取りですから

 

「 なんとかなるだろ 」

と 腹 を 決めて 

 

駒ケ岳 行ったりました!

 

 

 

 

そんな 秋 の

大涌谷~冠ヶ岳~神山 

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

脚 で 行く  駒ヶ岳 (箱根)

2015-10-19 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

昨年 秋

 

『 箱根神社 』  参拝 から

『 九頭龍の森 』  散策 を

経て

 

『 大涌谷 』 の 登山口

から

 

『 冠ヶ岳 』 経由  『 神山 』

を 歩き

 

次 に 目指す は 『 駒ヶ岳 』

 

 

 

 

時刻 16時10分

 

分岐点 より 

駒ケ岳 山頂 へ 向かい

 

気合い を 入れなおし

出発。

 

頂上まで 

登り 25分 の ルート。

 

 

駐車場 閉鎖 時刻まで

残り時間 80分 ・・・

 

 

 

 

 

神山までの運動 で

だいぶ身体も温まり

本調子 に。

 

調子 に 乗って

ポン ポン 登ります。

 

 

 

 

 

胸くらいの高さ が ある

笹 の 道 ・・・

 

 

看板 で 25分のルート

 

歩行距離 は

大した事ない ので

 

一気 に 駆け登り

 

 

 

 

 

振り返る と 富士山。

 

 

 

 

デカイ岩 ごろごろ。

 

 

 

 

あと少し。

 

 

 

 

右手 芦ノ湖 側 に

ロープウェイ乗り場 が

見えてきました ・・・

 

 

 

あの乗り場辺りから

芦ノ湖 を 一望できる

らしいのですが

 

この時 は

とにかく 時間に追われ

急いでいたので

 

その絶景 を 見忘れ

下山しちゃいました

 

 

 

 

 

ダダッピロク 気持ちイイ

山頂付近  ・・・

 

 

芦ノ湖 ~ 駒ケ岳 まで

ロープウェイ で

行き来する人達 は

チラホラ いましたが

 

この時間から 大涌谷 まで

自力(脚) で 下山する人 は

ワタクシひとり ・・・ 

 

 

 

 

 

どうやら この 神社 が

山頂のようです。

 

 

 

 

標高 1,357 メートル。

箱根 『 駒ヶ岳 』 到着。

 

この時点 で 

時刻 は 16時25分

 

駐車場 閉鎖 まで

残り 65分 ・・・

 

 

 

 

急いで戻ろうとすると

何やらテレビ撮影中 ・・・

 

 

モデルみたいな女達 が

キャーキャー うるさい ・・・

 

そんな様子 を

ゆっくり見ている暇 は 無く

 

取材中 の 横 を 走り抜け

一気 に 下ります。

 

 

 

 

 

もし ここのロープウェイ で

芦ノ湖 へ 下りてしまうと

 

芦ノ湖畔 から

大涌谷(駐車場)まで は 

 

かなり距離 が ありますから

タクシーで 移動 ・・・

 

 

ロープウェイ の 出発時刻 や

タクシー の 混雑次第 では

 

結局 間に合わない可能性 も

ありますので ・・・

 

 

 

 

やはり 自分の脚 を 信じて

自力 で 間に合わせる為 に

 

気合い入れて 小走り で

ピョン ピョン 下って

進みます。

 

 

 

 

 

さあ この分岐から 

看板によれば 大涌谷まで

75分 の ルート ・・・

 

駐車場 閉鎖 まで

残り時間 55分  ・・・

 

勝負です 

 

 

 

 

 

大涌谷へ と つながる

緩やかな道 を

 

小走り で 下ります ・・・

 

 

 

 

駒ケ岳 を 右に見ながら

急ぎます。

 

 

 

走って

 

走って

 

 

薄暗い 山 の 中 を

走ります ・・・

 

 

 

 

初めて 遊ぶ 山 (ルート)

なので 先がどんな道か

わからないので

 

緊張感 あります。

 

 

 

 

急 な 登り返し など

無いこと を 祈り

先 を 急ぎます ・・・

 

 

 

 

多少のアップダウン は

ありますが

 

歩きやすい道 で

助かります。

 

 

 

 

おっさん ひとり

ハアハア と 小走り で

駐車場 を 目指します ・・・

 

 

 

 

このルート は

夕陽 が 届かない

山の裏 ・・・

 

 

 

 

北側の道 なので

暗くなるのも早い ・・・ 

 

 

 

 

時刻 は 17時00分 ・・・

 

過去 最高に 暗い山中

感覚 で 進みます ・・・

 

 

 

 

道 は 簡単でも

さすが に ここまで暗い と

怖い ・・・ 

 

なにか 突然 動物 が

出てくるんじゃないか と

ビクビクしながら 

 

緊張感 ハンパナイ中

進みます ・・・ 

 

 

 

 

山の反対側 の 夕陽 が

見えてきて ひと安心。

 

 

走ってきましたから

だいぶ時間も短縮できて

イイペース。

 

この時点 で 17時05分

残り 25分 ・・・

 

 

 

 

 

分岐 を 大涌谷方面 へ。

 

夕陽の沈む方向 へ

走ります。

 

 

 

 

 

やっと 富士山 が

見えてきました

 

もう 少しです ・・・

 

 

 

 

17時10分 ・・・

 

分岐から 少し下ると 

行きに見た 看板 発見。

 

そうならば 駐車場 は

もう 近いはず ・・・

 

 

最初 に 立ち寄った

『 冠ヶ岳 』 が

見えてきました 

 

 

もう ここまでくれば

後 は 下るだけ ・・・

 

道 も どんな道 か

距離 も どの位 か

 

行き に 登った時 に

経験済み なので

  

駐車場 閉鎖 時刻 に

間に合いそう なので

 

緊張感から 解放され

 

本当に 安心しました 

 

 

 

しかし 本当のピンチ

この 直後 に ・・・

 

 

張りつめていた 気 が

抜けたんでしょうね

 

「 間に合ったぁ  」 と

 

安堵し ひとり で 声を出し 

ほ っと 一息 ・・・

 

 

そして

 

次の一歩 を 踏み出した

その瞬間

 

 

グキ って ・・・ 

 

 

 

 

17時15分 

 

ゴール 目前 で

まさか の 負傷 ・・・

  

足首 グキッ って

派手 に 捻ってしまい

 

山遊び では

過去に無いレベル の

ヤバイ 痛み ・・・

 

 

 

 

 

 

眼下には ゴール の

駐車場 も 見えているのに

 

まさかの 負傷 ・・・

 

 

映画 『 レオン 』 で

主人公 が 最後の 最後 

 

逃げ切れた! と 思って

笑顔になった その 瞬間

 

背後から撃たれる 

という あの シーン ・・・

 

 

まさに そんな心境 ・・・ 

 

 

 

 

 

歯 を 食いしばり

片足 を 引きずりながら

 

半泣き状態 で 必死 に

一歩 一歩 下ります。

 

 

17時30分 で

駐車場 が 閉まったら

  

夕方 6時前から 朝まで 

娯楽無し の 車中泊 ・・・

 

 

 

もう 最後 は

ハアハア 言いながら

 

片足 で ケンケン状態 で

必死に下りました ・・・

 

 

 

 

 

閉鎖時刻 1分前 に

何とか ゴール ・・・

 

いやいや 

本当 に アセリマシタ ・・・

 

急いで 駐車場 を 出て

途中 停車して 休憩 ・・・

 

 

 

 

怪我 は 脚の親指 から

グキって そのまま 足首 も

捻挫したようで

 

足首の痛み は

その後 2週間ほど で

回復しましたが

 

親指の爪 は 

完全な 紫色 に なり

 

その 3ヶ月後

 

爪 は 見事 に

剥がれ 落ちました 

 

 

 

もし もっと 山奥 で

脚 を 挫いていたら

完全 に 間に合わず

 

しかも 戻ってこれず

山中 で 野宿すること に

なっていた と 思います。

 

 

観光地 の 観光登山 だと

正直 舐めていました ・・・

 

 

やはり 山遊び は

どんな 簡単な山 でも

時間 に 余裕 を 持って

行動するべき だと

 

文字通り 

『 痛感 』 しました 

 

 

 

 

そんな 昨年 秋 の 

 

箱根山 』 中央火口丘

で 遊んだ日 の

 

痛い思い出 でした 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

愛しの Charlie Chaplin

2015-10-17 | Weblog

 

 

《 チャップリン の 名言 》

 

 

アイデア というもの は

それ を 一心 に

求めてさえいれば

必ず 生まれてくる。

 

 

 

 

 

この ひどい世の中

永遠のもの なんて

ないのさ。

 

我々の トラブルさえ ね。

 

 

 

 

 

いいかい 

もし 良い と 思ったら

どうやろうかなど と

決して 心配するな。

 

つまり 直感 だよ。

 

 

 

 

 

最初から 多くのこと を

成し遂げようとして

極端な努力 を すると

たちまちのうちに

全て を 放棄することになる。

 

 

 

 

 

必要なのは 知識 でなく

思いやり である。

 

思いやり が なければ

残るのは 暴力だけ である。

 

 

 

 

心 に 愛を知らぬものだけ が

憎しみ合う のだ。

 

人生 は もっと美しく

もっと 素晴らしいはず だ。

 

 

 

 

 

行動を伴わない想像力 は

何の意味 も 持たない。

 

 

 

 

 

私たち が みんなで

小さな 礼儀作法 に

気をつけたなら

人生 は もっと

暮らしやすくなる。

 

 

 

 

 

人間というの は

段々 年 を とると

停泊地 が 欲しくなる

ものである。

 

それは 長い間 に

良く知り合った人 であり

一番 楽しい人 である。

 

 

 

 

 

想像できる 最も悲しい事 は

贅沢 に 慣れてしまうこと だ。

 

 

 

 

 

私たち は 皆

互いに 助け合いたい と

思っている。

 

人間 とは そういうもの だ。

 

相手の不幸 ではなく

お互いの幸福 によって

生きたいのだ。

 

 

 

 

 

説明しなければ

理解できないような 美 に 対して

私 は あまり 寛容 で ない。

 

もし 創作者以外 の 誰か に よって

その 美 に ついて 補足説明 が

必要ならば

 

私 は それ が 果たして

目的 を 達成したと 言えるのか

疑う。

 

 

 

 

 

人生 は 恐れなければ

とても 素晴らしいもの

なんだよ。

 

人生 に 必要なもの

それは 勇気想像力

そして 少しのお金 だ。

 

 

 

 

 

無駄 な 一日

それは

笑いのない日 である。

 

 

 

 

 

 

以上 

チャップリン の 名言 

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

キッチンニューほしの (宮原)

2015-10-15 | 家族 で おでかけ

 

宮原駅 の 西口

『 キッチン ニュー ほしの 』

 

 

 

  

大宮市場内 で 営業している

人気の名店  が 

 

宮原駅前 に 事業拡大 ・・・

 

 

 

 

事務所 の 近くに

出店するとは。

 

 

 

 

 

この日 は 休日 の 夕飯 で

家族 と。

 

 

 

 

ワタクシ 

牛頬肉の赤ワイン煮込み。

 

 

う~ん

期待しすぎました (苦笑)

 

 

 

 

妻 は チーズハンバーグ。

 

 

 

 

からあげ。

 

 

 

 

名物 ジャンボカツカレー。

 

子供達 と 取り分け

色々 愉しみました。

 

 

あくまで

個人的な 感想ですが

 

大宮市場 の  と

比べると どの料理 も

少しだけ 塩気 が 強く

感じました ・・・

 

 

 

 

 

 

宮原駅 近辺 に

食事処 が できるのは

選択肢 が 増えて

嬉しいです。

 

 

洋食 を 食べたい時 は

利用したい と 思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

昨年末 の お墓参り

2015-10-13 | 家族 で おでかけ

 

場所 は 駒込。 

 

 

 

 

年末恒例 お墓参り。

 

 

 

 

 

 

 

みんなで 一生懸命

お墓 を 磨き 掃除しました。

 

 

 

 

 

 

みんな で 井戸水 を

ボッシュ ボッシュ 出して 

洗います。

 

 

 

 

キレイ に なったら ・・・

 

 

 

 

お線香 に 火 を

つけてもらい ・・・

 

 

 

 

キレイ に 磨いた お墓 に

お線香 を。 

 

そして

順番 に 手 を 合わせ

感謝。

 

 

 

 

 

私 と 妻 と 息子 は

死んだら この お墓 に

入ります。

 

 

 

 

手 を 洗い 終了。

 

ご先祖さま あっての

我々 ですから

 

その 想い に 感謝します。

 

 

 

 

 

天気も良くて 気持ちイイ

お墓参り に 成りました。

 

 

過去 を 生きた

親 の また 親 の 親 ・・・

 

今 を 生きる我々 は

先祖の経験から成る 教訓 を

愛情 と 共 に 受け継ぎ

 

先人の想い に 助けられて

今 を 生きています。

 

 

そして それら 想い を

引き継いだ 私 が

 

実体験から感じたこと を

プラスして 

 

次の世代 に 伝えていきたい

です。

 

 

 

 

 

帰り は お寺のすぐ近く

家族 で お墓参りの時 には

必ず 立ち寄る パン屋さん。

 

 

 

 

この ラスク を 購入して

車の中 で 食べながら

帰ります。

 

 

 

 

この後 は

『 東京ドームシティ 』 へ。

 

この頃 開催されていた

妖怪ウォッチイベント

 

子供たち を 連れて

遊び に 行ってきました。

 

 

 

そんな 昨年末 の

お墓参り でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ハッシュポテト が 好っきゃねん

2015-10-11 | Weblog

 

こういう 油の塊 みたいなの

未だに 食べたくなる時 が

あります ・・・

 

 

コンビニ の 店舗によって は

油 が 紙袋 に 溜まるほど

ビッチャ  ビチャ なのも

あります ・・・

 

 

本当 に 油 切ったの ?

って くらい 油 が 滴り

 

まるで 油 飲んでる 

みたいな ・・・

 

 

さすがに イヤになる時

ありますが 

 

それでも たま~に 

食べたくなる時 が あり ・・・

 

 

 

 

齢 40 も すぐ目の前 の

見事な おっさん なのに

 

それでも まだ まだ

油モノ 食べたくて ・・・

 

 

 

そんな 中年オヤジ の

苦悩話 でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

一流同士 の 共演 で

2015-10-09 | Weblog

 

一流 同士 の 一発 勝負 ・・・

 

中盤から の 盛り上がり

愉しそう です。

 

 

本番 まさかの 1回 で OK

仕事終了 ですから

 

って コレ 

 

お二人 の ギャラ

時給 』 に 換算したら

一体 いくらやねん (笑)

 

 

実 に

理想的 な 仕事風景

です。

 

 

 

 

 

 

 

こっちの動画 ↑ は 16年前 に

放送されたそうですが

 

石橋さん と 布袋さん は

同学年 で この時 38歳 ・・・

 

 

ちなみに 

布袋さん と うちの課長

身長 が 同じくらい(約2m) で

体型 も 似ています ・・・

 

とにかく デカイ です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

人 の 『 想い 』 を 感じる瞬間

2015-10-07 | Weblog

 

飲みすぎた日 の

翌朝 ・・・

 

妻 に 「 おはよう 」 と

挨拶だけ かわして

 

ボー っと して ・・・

 

 

少し 経つと 

 

脳 も 内臓 も 徐々に

起きはじめ 

 

身体 が

汁モノ 欲しがり始め

 

麺モノ 食べたいなあ

なんて 思っていたら

 

 

妻 が それ を 察したのか

絶妙のタイミング で

ササッ っと つくってくれた

 

ソーキそば。

 

 

 

まさに ダシ が 飲みたい

 

この朝 最高のタイミング

でした ・・・ 

 

 

 

夫婦間 に 限らず

 

お互い に 相手 を 想い

行動すること で 初めて

 

幸せな関係 に 成れます。

 

 

 

仕事上でも 友人関係でも 

 

それこそ 永い時間 を

共 に 過ごすこと で

 

長所 と 短所 も

理解できている関係 で

 

愛情ある 『 想い 』 を

お互い に 感じられたら

 

その ひととき の 体験 が

 

贅沢 であり 幸福 だと

感じます。

 

 

 

お金では 買えない

想い からなる 『 ひととき 』 に 

感謝 と 喜び を。

 

 

そして 

そんな 贅沢な時間 を

共有できている

 

現在 の 人間関係 に

心から 感謝しております。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ゲシュタルト崩壊 の 記憶

2015-10-05 | Weblog

 

子供たち の おもちゃ部屋  ・・・

 

数ある おもちゃ の 中 に

なんか 見覚えのある

絵本 が ・・・

 

 

 

 

 

こ ・・・ これは ・・・ 

 

 

 

お ・・・ 思い出した ・・・

アレ だ ・・・  

 

 

 

 

『 たにしむすこ 』 ・・・ 

 

現在 小学5年 の 次女 が

まだ 幼稚園 に 通っていた

 

そんな 何年も前 の 話 ・・・

 

 

当時 幼稚園 で 使う

教育用の絵本 として

 

その内容 に 驚かされ

 

親である 私まで

ゲシュタルト崩壊 』 

に 追い込まれた

 

意味不明 な 絵本  ・・・

 

 

 

その時 の 状況 が

こちら  ← クリック

 

 

 

そんな 当時の状況  が

フラッシュバック ・・・  

 

 

 

無意識 に シバシバ と

マバタキ が 早くなり

 

気がつくと 

舌 が ぺるぺる ・・・

 

 

 

これ は マズイぞ と

危険 を 感じた 私 は

 

急いで その部屋 を 

でました ・・・

 

 

 

危険 は どこに潜んでいるか

わかりません。

 

皆さま も お気を付け下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

《 皇居 》 一般参観 に 参加

2015-10-03 | ☀ recreation ☀

 

昨年末 弊社代表 と

AUTO事業部スタッフ で

皇居 へ ・・・

 

『 一般参観 』 

 

 

 

 

 

完全予約制 で

ネットで 事前予約 しないと

入れません。

 

 

 

 

 

『 桔梗門 』 から

 

先ずは 『 窓明館 』 へ

移動。

 

 

 

 

ここでしか 購入できない

他 では 販売していない

菊紋入り商品 の 数々 を

購入できます。

 

 

参観開始時間 まで

ここで 参観 に ついて

諸注意 など 説明 を 受け

 

参観 スタート。

 

 

 

 

 

元枢密院庁舎 』

 

大正10年 に 完成。

国会議事堂 の モデル に

なっているそうです。

 

 

 

 

 

 

富士見櫓 』 の 

前 を 通り ・・・

 

 

 

 

 

宮内庁庁舎 』 

 

とても 迫力のある

立派な 建物 でした。

 

 

 

 

 

天気にも恵まれ

最高 の 参観日和 ・・・

 

 

 

 

 

テレビ で よく見る

宮殿 に 向かいます ・・・

 

 

 

 

 

『 宮 殿 』

 

宮殿 の 前 には 

大勢 の 警察官 が

何やら 予行訓練中。

 

 

 

 

 

長和殿中央バルコニー

 

天皇誕生日 の 一般参賀では

天皇皇后両陛下 と 皇族方 が

お出ましになる場所 です。

 

 

 

 

 

宮殿の その広さ(長さ) に

驚きました。

 

 

 

 

 

外国の方 も 

参加してました。

 

 

 

 

めがねのような 橋 が

正門石橋 』 

 

ニ重橋 とか めがね橋 など

と 呼ばれているそうですが

 

正式名称

『 正門石橋 』 のようです。

 

 

 

 

 

伏見櫓 

 

三代将軍家光 の 頃 に

京都の伏見城 の

櫓 を 解体して 移築した

そうで ・・・

 

 

 

 

 

 

この後 は 

自然 豊かな 皇居内 を

ゆっくり 歩きました。

 

 

 

 

 

山下通り を 歩き ・・・

 

 

 

 

 

蓮池濠 

石垣 の 高さ は

水面から約20メートル と

高く 立派 です。

 

富士見多聞 』 

見えました。

 

 

 

 

 

 

戻ってきました。

 

心地いい

贅沢な 時間 に

成りました。

 

 

 

 

案内係 の 号令にて

解散。

 

良い経験 に 成りました。

 

 

 

 

丁度 昼時でしたので

飯 を 食べに 

 

代表 の 御厚意 で

銀座へ 移動して

寿司 ランチ 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント