車買取LEO 事業部長日記

日々の出来事 と 日本の未来を考える 愛の子育て日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅満開 の 美しい季節 に

2014-04-29 | Weblog

 

まだまだ 寒かった季節の頃

 

満開 を 迎えた 自宅前 の 梅の樹 ・・・

 

子供達 と 観察します。

 

 

 

次女 と 長男 の リクエスト で

 

上尾の城 へ 遊びに 行くことに。

 

 

 

 

先ずは 焼鳥

 

各々 食いたい部位 を 

買い込みます。

 

 

 

 

あたたかな 陽 に あたり

 

公園 の ベンチ で 喰らう ・・・

 

 

 

 

乳酸飲料 と ともに。

 

 

 

 

あらゆる部位 を 喰らう。

 

 

 

 

ハラゴシラエ が 終わり

 

全力 で 遊ぶ。

 

 

 

 

集中力 を 養います。

 

 

 

 

心 の 向くまま

 

全力 で 遊びます。

 

 

 

ここ 上尾市にある 遊び場 は

 

うちの子供達 は 皆 大好き で

 

ハイハイ状態 赤ちゃんの頃 から

 

お世話になっている施設 です。

 

 

 

そんな いつかの冬 の

休日の午後 でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

選手生命を賭ける価値と判断

2014-04-27 | Weblog

 

 

人間 

 

張って生きてりゃ

 

勝負どころ って 場面 で

 

試されることも

 

あります ・・・

 

 

 

しかし

 

大人 に 成る と 

 

あえて 挑まず

 

それら 回避することも

 

大切だということ を

 

学ぶこと が  あります。

 

 

 

 

例えば コレ ↓

 

 

 

 

 

この 見るからにワルそうな

厳つい エビ ・・・

 

悪の化身 の 如き  攻撃的な

容姿 の エビ ・・・

 

 

エビなのに モヒカン (意味不明)

ですからね ・・・

 

よく見りゃ オデコ に 『 』 って

入ってるじゃないの ・・・

 

エビなのに ・・・

 

 

 

で コレ (エビなのにモヒカン) ↑

 

身 は 甘味 が 強く

ぷり っと すごく 美味しい。

 

実に 美味い。

 

 

しかし 調子こいて

 

頭 吸ったら 

 

一発 KO。

 

 

 

優勢 に 試合を進め

圧倒的 に 攻め続け 

完全勝利 目前 で

 

まさかの カウンター

一発逆転 失神 KO ・・・

 

 

前のめりで 

顔から マットに沈む ・・・

 

もう 10カウントじゃ

絶対 起き上がれない 

って 倒れ方 ・・・

 

 

 

 

昨年 ・・・

 

コレで 大切な人 が 

酷い目に 遭いました ・・・

 

 

私からの 制止(ジェスチャー) が

うまく伝わらず

 

隣 に 座る 

私にとって 大切な人 は

 

私の見ている目の前で

 

その モヒカン(エビ) の 頭 を

吸ってしまったのです ・・・

 

 

そして 吸った 瞬間 

 

あんなに旺盛だった食欲 は

見事 に 消え失せ

 

目 は 見たことないほどの

クッキリ 二重 に 成り

 

不機嫌 に ・・・

 

 

もう 試合 (食事会) は

続行不可能 かと 判断し

 

タオル (お会計) を

投げいれようか 悩みましたが

 

脚 は ふらつき 意識 も 薄れ 

視点も定まらない状態 から

根性 と 気合い で

持ちこたえ なんとか復活 ・・・ 

 

 

その姿 に 感動し

あきらめないことの大切さ を

教わりました ・・・

 

と 同時に

場面によっては 

戦わず 逃げる勇気 も 必要

ということを 教わりました ・・・

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

大切な人 に 吸わせてはいけない頭

の お話でした。

 

 

 

 

 

 

ちなみに

頭の中(ミソ?) の 味 は

『 THE ・ HEDORO 』 ・・・

 

吸い込んだ瞬間 悪臭 が

クチいっぱいに 見事に拡がり

独り 地獄絵図 ・・・

 

しかも 砂入り

ジャリジャリ ね。

 

 

この日 の このエビ が

たまたま そんな感じ

だったのかもしれませんが

 

そんな 感想でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

いつだか の みたけさん

2014-04-25 | 御岳山 の 記録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱き心 を 律するために

 

毎月 一度 は 必ず訪れる 山。

 

毎月 魅せる姿 が 変わる 山。

 

季節だけでなく 年々 変わる 山。

 

何度 訪れても 愉しい 山。

 

相性の良い 飽きない 山。

 

飽きるどころか 年々愛が深まる 山。

 

私にとっては 『 妻 』 のような 山。

 

死ぬまで 登るであろう 山。

 

 

 

 

 

この 山 に 登り続けた からこそ

今がある。

 

 

そんな

いつだかの 『 御岳山 』 でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

感性を大事に全力で生きる

2014-04-23 | Weblog

 

娘 が 

 

自分 の おこずかい で

 

買った って T シャツ ・・・

 

 

 

 

なるほどね。 

 

パパ は キライじゃないよ

こーゆー の。

 

パパは ね。

 

 

まあ なんでも経験 や。

 

 

今 を 大事 に 

 

後悔 の 無い 人生 を。

 

 

今しかない時間 を 

 

全力 で 愉しんでくれい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

THE ・ 費 用 対 カ ロ リ ー

2014-04-21 | Weblog

 

 

 

妻が買ってきた カレーパン (150円)  に

 

レトルト の カレー (100円)  を 

 

ぶっかけ 喰らう ・・・

 

 

 

 

 

めっちゃ 油 を 吸い込み 

カリカリサコサコ な カレーパン君 ・・・

 

そこに レトルトのカレー を

温めないで そのまま かける ・・・

 

 

調理時間 カレー かけるだけ (5秒)

 

その お値段 合計250円 (税込)・・・

 

費用対効果 (カロリー) ハンパない ・・・

 

 

 

 

フォーク と ナイフ と スプーン 2種類づつ

 

テーブル 左右 に 分けて置き 

 

外側 から 順 に 使い

 

喰らう ・・・

 

 

 

 

ええ

 

12時 に ガッツリ昼飯 食った後 の

3時 の おやつ で コレもんですから ・・・

 

 

 

え?

 

 

ええ

 

ええ ええ

 

 

もちろん

 

 

そりゃ 

めちゃくちゃ 怒られますよ。 

 

 

でもね

こちとら

瞬間 を 生きてるんでね。 

 

 

 

瞬間 を 愉しみたいんでね。 

 

 

 

ええ 

 

こんな 調子なもんでね

 

やせることが できません 

 

 

 

カレーパン 最高 や !

アー イェー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

季節終わり の 桃を喰らう

2014-04-19 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

去年の夏休み 

7月末の小旅行は 三重県 へ 行き

 

お盆休みは 2泊3日で 山梨県 へ

家族旅行 で 遊び に 行ってきました。

 

 

 

レクで 里山里雄 に 教わった 桃狩り ・・・

 

山梨県 は 桃の収穫量 日本一 ・・・

 

 

妻も 子供達も 桃 大好き なので

先ずは 家族初体験 『 桃狩り 』 へ !

 

 

 

しかし この時期は 桃は終わりの頃

ぶどう が メインに変わっていて

桃狩りができる農園は少なくなっていました。

 

 

 

でも やっぱり 桃を

おなかイッパイ食べたいと 

桃の食べ放題コース を チョイス!

 

 

 

皆 で ぶじゅる ぶじゅる 喰らいました ・・・

一心不乱に カブりつきました ・・・

 

黄色の桃 も 食べてみましたが

やはり ピンクの方が好きです。

 

 

おなか タプタプ タップタプ  ・・・

 

大満足で 次 の 目的地 

『  笛吹川 フルーツ公園  』 へ

向かいました。

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

山梨県笛吹川フルーツ公園

2014-04-17 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

 

桃狩り の 後は 『 フルーツ公園 』 へ。

 

 

 

ここは 標高の高い位置 に あるので

甲府盆地 を 一望できて

その景色 見ながら 散歩するだけでも

気持ちの良い場所 です。

 

 

 

この公園 は 水遊び が できるので

子供達が喜ぶ と 想い 連れてきました。

 

 

 

予想通り 大喜び の 大ハシャギ。 

 

 

 

小さなアスレチックみたいなのもあって

愉しそう。

 

 

 

天気にも恵まれ 日差しもあって

風 も 気持ち良く 水遊び日和 でした。

 

 

 

末っ子 も 妻と長女にサポートされながら

大ハシャギ で 遊びます。

 

 

 

少し登ると また 水遊びできる場所 が ・・・

 

次女と 息子は 先に 向かいます。

 

 

 

洞窟みたいになっていて 愉しそう。

 

 

 

滝行に励む 息子 ・・・

 

 

と 次女 ・・・

 

 

 

末っ子 の 面倒を見てくれる 長女 ・・・

 

とにかく 愉しいようで

子供達は皆 水から 出たがらない ・・・

 

 

 

景色 の 良い 気持ち の 良い 

遊び場 でした。

 

 

 

その後 皆で 園内 を 散歩。

 

 

 

ぶどう が たくさん 実っていました。

 

 

 

花 も 多く

 

 

 

景色が良いので 気持ちイイ。

 

 

 

フルーツ公園 というだけあって

様々なフルーツの樹 が 植えられていて

勉強になりました。

 

 

 

遊具のある 遊び場へ移動。

 

 

 

 

ドームの中 に 遊び場 が あるため

雨 が 降っても 遊べます。

 

 

 

ここでも 子供達 は 大ハシャギ。

 

 

 

裸足で 全力で 遊びます。

 

 

 

子供達は 疲れ知らず

すごいパワーです 

 

 

 

ドームの中に 地下に通じる階段が ・・・

 

 

結構 深く 下れるようで ・・・

 

 

何があるのかな? と 

 

長い 螺旋状の階段 を 下って

下ると ・・・

 

 

 

 

広いスペース に 

またもや 遊び場 が 出現 ・・・

 

 

 

タッチパネル で 色々 と 

フルーツについて学びながら 遊べます。

 

 

 

フルーツ占い 

ワタクシ 『 もも 』 でした。

 

 

 

愉しそう。

 

 

 

〇 を 踏むと ドレミファソラシド。

 

 

 

ここも 愉しめました。

 

 

 

奥に進むと さらに広い場所に ・・・ 

 

 

 

フルーツの歴史 や 山梨県のことなど

色々と 学べます。

 

 

 

お金のかかった造りです。

 

 

 

世界のぶどう。 種類の数に驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

日本の ぶどう だけでも 

知らない品種 が たくさんありました。

 

 

そんな感じ で 色々と 見て まわり

その先 の 通路 を 突き進む と

 

 

 

散歩中 に 見かけた

ドーム状 の 建物 と 繋がっていました。

 

 

 

『 オーチャードカフェ 』 で

フレッシュジュース と ソフトクリーム。

 

 

 

メニューも豊富 で 迷っちゃいます。

 

 

 

『 黒蜜 きなこ ソフト 』

信玄餅 っぽくて おいし。

 

 

 

 

出入り口にも ぶどう が たくさん

実っていました。

 

 

 

おみやげ屋さんで 

ワインの試飲ができます。

 

妻は 試飲で ご機嫌状態 に。

 

 

 

他にも この丸い建物  ↑  最上階 に 

日本で唯一 の 『 大戸屋 ダイニング 』 って

大戸屋 の オシャレな高級版 の 店舗 が あり

 

甲府盆地 や 富士山 が 見れて

夜も22時までやってるので 夜景もキレイ

だそうで ・・・

 

カップルとかで訪れると

良いかもしれません。

 

 

 

 

 

景色 も 良く 風 の 気持ちイイ 

子供を 連れて遊びに行くには 愉しい

予想以上に素晴らしい公園 でした。

 

また機会があれば 子供達を連れて

遊びにこようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ほったらかしの あっちの湯

2014-04-15 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

 

笛吹川フルーツ公園 で 全力で 遊んだ後 は

汗を流し 疲れを癒し に 温泉 へ。

 

 

 

フルーツ公園 から 

さらに 山道を突き進むと 現われるのは

 

絶景 を 見ながら 温泉 を 愉しめる

有名処 『 ほったらかし温泉 』。

 

 

 

『 あっちの湯 』 と 『 こっちの湯 』 

って 2つの温泉 が あって

 

広さや 見れる景色 が 違うそうで ・・・

 

 

 

『 あっちの湯 』 ってほうへ。

 

絶景 が 見れる 温泉 だそうですが ・・・

 

 

 

トタンの仮設 って感じのつくりで

ボロっちい雰囲気が オモシロイ。

 

 

 

 

時間を決めて 外で待ち合わせ。

 

家族に 夜景も見せてあげたくて

夕方から入浴して 

 

温泉 を 愉しんでいる中

富士山 を 目の前 に 

徐々に 日 が 暮れて ・・・

 

眼下に 拡がる 街の光 が

ポツリ ポツリ と 増え始め

 

最後は 甲府盆地の夜景 と

星空の美しさ に 感動しました。

 

 

  

 

噂通り 本当に 景色の良い温泉 でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ほうとう と 美味肉祭

2014-04-13 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

絶景の 『 ほったらかし温泉 』  を

堪能した後 は

 

せっかくなので 御当地モノ を

食べさせたい と 思い

 

山を下る 途中の道沿い に あった 

ほうとう屋さん へ。

 

 

 

『 ほうとう蔵 歩成 』 さん。

 

ほうとう 味くらべ大会 2連覇 

だそうです ・・・

 

 

 

『 黄金ほうとう 』 ってのが名物らしく

 

 

 

先ずは 妻に ビール と タコワサ。

おつかれさま。

 

勿論 ワタクシは運転なので 

飲みません。

 

 

 

馬刺し。 

 

 

この 馬刺し 子供達も うまいうまい って

 

当時 2歳になったばかりの末っ子 は 

手づかみで 馬刺し を 喰らう ・・・

 

 

 

ホルモン味噌焼き。

臭みなく とても おいし。

 

 

 

鳥 たたき。 

サッパリと おいし。

 

 

 

馬レバー刺し。 

これ めっちゃ好き。 おいし。

 

『 馬肉 』 は

全部位を生で食べて良い

唯一の 食肉。

 

馬は 牛などに比べ 体温が高く

悪い菌 が 繁殖できないそうで

安全性 が 高く

 

さらに 栄養価もとても高く 

滋養強壮 薬膳料理として 生食で 

古くから親しまれているそうで。

 

しかも 食通の方に言わせれば

生レバー刺身ってのは 牛や鶏よりも

馬の方が圧倒的に美味しいそうで。

 

 

 

子供達 の 催促 が ハンパなく

馬刺し おかわり。

 

 

 

鳥のたたき も おかわり。

 

 

 

そうこうしていると きました

ほうとう。

 

ここのお店の ほうとう は

『 山梨ワイン豚入り 』 と

『 信玄どり入り 』 の 2種類。

 

 

 

両方 食べてみましたが

美味しかったです。

 

あっというまに 無くなりました。

 

 

 

あと 『 冷やし黄金ほうとう 』 。

 

冷たいつけ麺スタイル で 夏のほうとう。

 

天ぷら付きで 初体験なタイプ。

 

これも 美味しかったです。

 

 

 

でも やっぱり ほうとうは

あつあつ を 鍋で食べるのが 

好きかな。

 

 

 

とても美味しく 家族で愉しめました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

この後は 中央高速で

韮崎市にある 宿 に 移動して

家族旅行 1日目 は 終了。 

 

 

全力で遊んだので 

皆 朝まで ぐっすり 眠れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

我ら、水が豊かな 日本の子

2014-04-11 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

 

夏休み 家族旅行 2013 

 

2日目 は 山梨の大自然 を 

子供達 に 堪能させてあげたくて ・・・

 

 

 

そこで 家族の為に ワタクシが選んだ 

今回の 遊び場 は

 

総面積 約6万坪あるという

森 や 水 と 触れ合う

自然体験 フィールド ・・・

 

『 べるが 』 っていう

白州尾白の森 名水公園。

 

 

 

甲斐駒ケ岳 の 懐深く に

源泉 を 発する 『 尾白川 』 ・・・

 

SO ・・・

今年のテーマは 『 川遊び 』 !

 

 

 

大自然すぎるため 

足元の ヘビ に 注意しながら 

 

『 尾白川 』 を 目指し 歩きます ・・・

 

 

 

 

目指すは 水のスベリ台 が ある

『 尾白川 えん提 』 。

 

 

少し 歩くと ・・・・・

 

 

 

 

目的地 到着!

 

開園時間に 合わせて 来たのですが

すでに 場所取り など 人 が たくさん。

 

 

 

大自然の中 南アルプスから流れる川 を

自然を利用した 遊び場 です。

 

親子連れ で 賑わいます。

 

 

 

石で造られている 『 水のスベリ台 』

 

子供達 に 大人気 です。

 

 

 

休憩用 の 日陰 を つくるため

少し移動して 場所取り。

 

パラソル拡げ 準備 オッケー

 

 

 

川の水は とてもキレイ。

 

この 尾白川 は 『 名水100選 』

に 選定されている そうで。

 

とてもキレイな 南アルプスの天然水。

 

 

 

ここに 子供達を連れてきたのは

水遊び は もちろんのこと

 

川 に 棲む 生物達 と

ふれあい 体感 させたくて ・・・

 

 

 

キレイな水の中 を 覗きこめば

オタマジャクシ君 や 小さな カエル

小魚など 様々な生き物たち が

生息しています。

 

 

 

子供達は各々 自分達で ポイントを探し

小さな網 もって 捕獲 に 夢中。

 

 

 

生物の種類別 に ポイント制にして

兄弟で 競い合います 

 

みんな 負けまい と

集中して 生物を探します 

 

 

 

オタマジャクシ君 が ハンパなくいて 

比較的 簡単にゲットできるので

1ポイント。

 

カエルはすばしっこいので

5ポイント。

 

頭を使わないと捕まえられない

小魚達は 10ポイント。

 

 

末っ子も 必死で 探します。

 

 

「 ふー ちゅわれたぁ~ 」 (つかれた~)

 

「 あ ・・・ 」

 

「 じゃくち (ジャクシ) いたーっ ! 」

 

オタマジャクシ君 捕獲 成功。

 

末っ子 1ポイント ゲット。

 

 

 

 

子供達 が 休憩 も とらずに 

あまりに 熱中するものですから ・・・

 

 

ワタクシ 1キロくらい 走って

アイス買いに 行き アイス を エサ に

子供達 に 休憩 を 促します。

 

 

 

この後も オタマジャクシ中心に 大漁。

 

もちろん すべて リリース。

 

 

 

 

日差しで熱くなった身体 を 冷し に

水遊び場 に みんなで 移動。

 

 

 

水 めちゃくちゃ 冷たい。 

 

ワタクシも 妻も 足だけ浸かり

全身 は 冷た過ぎて 無理。

 

 

 

そんな 冷たい水でも 子供達 は

バッシャっバッシャ と

水浴びしながら 元気 に

遊びまわります。

 

 

 

何度も 何度も スベリ台すべって

心行くまで 遊びました。

 

 

 

他にも ここは

『 ニジマス の つかみ獲り 』 が

体験できたり

 

 

 

本場!(笑) 山梨県産 の

オオクワガタ が 特売されていたり

 

おみやげも たくさん売られています。

 

 

 

川 で 遊んだり 森 を 探検したり

親子で愉しめる 素晴らしい公園です。

 

海 も 山 も 最高に愉しい ですが

『 川遊び 』 ってのも また

違った 愉しみ と 刺激 が あって

いいものです。

 

夏 は 遊び場 が たくさんあって

愉しいです。

 

妻も 子供達も 愉しかったようで。

 

家族 で 遊ぶ には

オススメ の 公園 です。

 

 

 

都心からも 高速使えば 2時間位 で

アプローチ も 良く

川も浅い場所が多く 小さい子供でも

愉しく 過ごせます。

 

何より 水がキレイで 

気持ちがイイです。

 

公園内には 温泉施設もあって

一日中 遊べます。

 

 

 

 

もし ご家族 で

山梨県 を 旅行されるなら 是非。

 

子供との 川遊び に オススメできる 

『 白州尾白の森 名水公園 べるが 』

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

フォッサマグナ の 超濃度

2014-04-09 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

尾白川での 川遊び を 終えて

公園内の温泉 『 尾白の湯 』 へ。

 

 

ここの温泉は 露天風呂の赤湯 が

溶存成分は1KG当たり3万mgを超える

フォッサマグナ から 湧出した

日本最高級超高濃度温泉? とやらで

 

なんだかわかりませんが

それはそれは 良い温泉だそうで ・・・

 

確かに 色は 赤茶色 で 

温度も ぬるめ で 入りやすく

 

息子とふたり ゆっくり浸かりました。

 

 

 

妻と 娘達より 先にあがったので

待っている間 ぎゅーにゅーを。

 

 

 

この 紙のフタ 懐かしい ・・・

 

小学校低学年の頃 の 給食 を 

思い出します。

 

 

 

超高濃度温泉 で ポッカポカ状態 の

妻や 娘達と 合流し 施設内の食事処 で 

ゆったりすることに ・・・

 

 

妻には 風呂上がりの一杯 を。

 

 

 ↑ どっちがどっちだか忘れましたが ↓

元祖 と オリジナル 二種類 の

『 塩ラーメン 』 。 

 

両方とも 源泉からつくった塩を使用した

源泉塩ラーメン だそうで。

 

 

白州名水豆腐  『 揚げだし 』。

 

 

やはり 山梨なので

甲州名物 『 鳥もつ煮 』 。

 

 

『 七賢酒粕味噌漬け 豚ロース 定食 』 。

 

 

『 SIO アイス 』。

 

 

『 信玄 ソフト 』 

 

 

ゆっくり ゆったり のんびり過ごし

 

いったん 宿 に 戻り

 

夕方からは 近くの カラオケ へ。

 

 

子供達 が カラオケ大好き で

喜ぶので 連れていきました。

 

 

 

娘達 は AKB。

 

息子 は ヒーロー戦隊 や 

仮面ライダー の 主題歌。

 

 

末っ子 も マイク 持って 

一生懸命 歌ってました。

 

 

 

 

カラオケ の 後 は 

ワタクシ も お酒 飲みたかったので

 

宿の近く 歩いていける お店で

みんなで食事。

 

写真 撮り忘れちゃいましたが

 

美味しく 地酒 も いただき

旅行 2日目 は 終了。

 

 

自然の中 川遊び は

とても良い経験 に なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

家族で 日向山 に 挑戦

2014-04-07 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

 

3日目は 家族で 『 日向山 』 へ。

 

 

 

以前 ニホンカモシカに出逢った

友人 と 登った 急登コース ではなく

 

比較的 登りやすい 一般的なコース で

頂上 目指します。

 

 

 

末っ子 登山道入口から

山道 を 歩く気 無し ・・・ 

 

ダッコ から 降ろそうとしても

嫌がって 降りない ・・・ 

 

コアラの如く 私の腕 を

ガシっ と 掴み 離れようとしない

 

途中からの ダッコ 登山 は

覚悟してきましたが

まさかの スタートから いきなり 

ダッコ 登山 ・・・ 

 

 

 

息子 は 山 に 入るなり

興奮状態 で 「 おれが隊長ねっ 」

って ハリキッテ 先頭 を 歩きます。

 

 

 

ダッコ 状態 から 降りる気の無い

末っ子 ・・・ 

 

ご機嫌とって 

何度か 降ろそうと 試みますが

地面 に 降りるの を 嫌がる ・・・ 

 

 

 

息子 は 文句ひとつ言わず

もくもく と 前進します。

 

途中 御年配の方 を 抜かし

「 偉いわね~ 頑張ってねぇ~ 」

っと 声をかけられると

 

余計に ヤル気になったのか

ペースが上がります。

 

 

 

娘達も 愉しそうに 

キャッキャ 言いながら 進みます。

 

 

 

変な色の花。 「 なんて花かね?」

てな感じで 

 

子供達と 植物や 昆虫を 探しながら

登ります。

 

 

 

途中 途中 休憩しながら 

愉しみながら 登ります 

 

行きに コンビニ で 

各々 テンション上がるもの を

買って 持っていこう と

 

子供達には お菓子や食べ物 は

各自 好きなモノ を 購入させました。

 

 

 

すると 長女 は スルメイカ 

まさかの 酒 の アテ ・・・

 

酒 の アテ が 大好き な 

当時 小学6年生 の 長女 ・・・

 

将来 酒飲み に 成ること

必至です。

 

 

 

 

休憩中 と 昆虫を見つけたときだけ は

ダッコから 降ろせ って ・・・ 

 

で 歩き始めると すぐに

ダッコしてくれ って せがむ 末っ子 

 

とーちゃん も 疲れるんだぜ ・・・

 

 

 

まだまだ 勝負はこれから

気合い入れ直し 進みます!

 

すれ違う 他の登山者から

「 頑張って~ 」 とか 「 偉いね~ 」 と

たくさん 声 を かけて いただきました。

 

あと ワタクシ と 末っ子 による

ダッコ 登山 (不本意) を 見て

「 お父さんパワフルですね(笑) 」

とも 言われました 

 

 

 

6合目 を 過ぎたあたり から

末っ子 オネム 状態へ ・・・

 

私の肩で カックンカックン ・・・

 

7合目 の 頃 には 

グッスリ ねんね 状態

 

子供 って 寝る と 脱力するせいか

めっちゃ 重たく なるんです ・・・ 

 

 

 

なるべく 振動を与えないよう配慮し

登ります。

 

完全に 私の肩で 熟睡状態です。

 

うう ・・・ 腕が ・・・・・

 

お ・・・ 重い ・・・ 

 

 

 

そろそろ 疲れた~ って

弱音が出ても いい頃ですが

 

いまだに 文句言わず ひたすらに

付いてくる 子供達。

 

ちょっと 感動。 

 

 

 

 

「 もう少しだぞ ! 」 って 声をかけると

テンション上がる 子供達。

 

 

 

ラストスパート !

小走りで向かう 子供達 !

 

 

 

全く 起きない 末っ子 ・・・

 

まさかの 登山中 爆睡 ・・・

 

ワタクシ ダッコ デ ウデ パンパン。

 

 

 

もう ゴール は 目の前 !

 

 

 

この なだらかな 笹の道 を

通りぬけると ・・・

 

 

 

 

 

 

無事 到着 !

 

 

見晴らし 最高 !

 

妻 も 子供達 も 大歓声 !

 

興奮状態 で 大喜び !

 

 

 

「 わぁ~ 砂だぁ~ !」 って

砂遊び  

 

 

 

スリルある 坂道 を 進み 

反対側 を 目指します。

 

 

 

 

ここは 高度感 も あって

右側 が けっこうな谷 に なっているので

 

流石に 子供達 も 恐がりながら

慎重に ゆっくり ゆっくり 進みます 

 

 

 

妻 も キャーキャー 興奮状態 で

コワイ コワイ 言いながら 必死 に

子供達 と 進みます 

 

 

 

とりあえず 安全な場所へ無事に移動。

 

息子 は 「 こえー なんだここは~ 」

と 緊張した様子 で 騒いでいました。

 

 

 

次に目指すは この先に

祀られている 祠 が ある

展望の良い場所 まで

 

勇気 を 出して 

皆 で 行ってみることに ! 

 

 

 

皆 で チカラを合わせ 慎重 に

一歩 一歩 進みます。

 

ちなみに 末っ子 いまだ 起きず ・・・

 

爆睡ダッコ状態で 進みます。

 

 

 

キャーキャー 言いながら

スリル を 愉しむ 娘たち。

 

先頭 の 妻 と 息子 チーム は

本気 で 恐がっています 

 

 

 

ゆっくり 慎重に 砂の坂道 を

降りていく マイ ファミリー達 

 

その 妻たち の 一生懸命な姿 を 

必死な姿 を 遠目から見ているのが 

愉しくて 愉しくて 

 

 

 

ここから 右側の岩場 を

グッ と 登れば ・・・

 

 

 

祠 が 祀られていて

 

 

 

見晴らし 最高 ッ !  アーイェー 

 

 

 

スゴーイ って 

ここでも 皆で オオハシャギ

 

もう すぐそこは 崖なので

慎重に。

 

 

 

ワタクシ この岩場 も 

まだ起きない 末っ子 ダッコ で

登り 降り ・・・

 

岩場から 降りる時は

流石に子供達だけだと危険なので

 

私が先に降りて 次に妻に降りてもらい

ダッコ爆睡中の末っ子 を 妻に渡し

 

子供達 を サポートしてあげました。 

 

 

 

さあ 戻ります。

慎重に 慎重に。

 

 

 

砂地なので 脚がとられ 滑ります。

 

キャーキャー言いながら 戻ってきます。

 

ワタクシ そんな家族の姿 を 

ニタニタしながら ビデオ撮影。

 

 

 

ここで 突然 眠りから覚める 末っ子 ・・・

 

起きた瞬間 まわりを見渡し

山道の時とは 打って変わり

 

今度は すごい勢いで 

地上に 降りたがる 娘 ・・・

 

 

 

なぜだか 超ゴキゲン の 様子 ・・・

 

登りの山道 を 頑なに 嫌がって

全く 歩かなかったクセ に

 

ここでは 元気いっぱい

テッテケ テッテケ 走りまわり

 

それ見た 妻が

「 やめて~ 危ないから やめて~ 」 

と ヒヤヒヤ 大騒ぎ  

 

 

 

 

そんな 末っ子 に カメラ を 向けると

お得意 の 「 に こ ~ 」  と

自分で 言いながら つくり笑い 

 

 

 

カメラを向けるたび 

つくり笑い(ニガワライ) で 

えーちゃん (YAZAWA) みたいな

ポーズ を とる 末っ子 ・・・

(当時2歳1ヵ月) 

 

危険なので この後 すぐに 

ダッコ しました ・・・

 

結局 ダッコ や。

 

 

 

さあ 今度 は 八ヶ岳の見える向こう側 へ

私以外 勇気を出して 戻ります。

 

 

 

斜面のキツイ 恐怖スポット で

写真撮るから 足を止めると

妻が 恐怖で はやく はやく と 騒ぎ出す 

 

 

 

長女は 高度感に 慣れてきたようで

写真を撮る 余裕 が でてきました 

 

 

 

すべり落ちないように 慎重に。

長男はまだ 緊張気味 です 

 

 

 

無事に 戻ってこれましたので

オタノシミ おやつタイム。

 

 

ワタクシ 大好きな わかめごはん。

 

そして 行きにコンビニで好きなものを

買っていいぞ と 

 

各々 自由に 選ばせた 結果

 

子供達 が チョイスした 

『 おやつ 』 は ・・・

 

 

 

カプリコ ・・・  蒲焼さん ・・・

 

 

みたらし団子 に ・・・

 

なっ 生ハム !? 

 

 

 

 

さっそく 生ハム を 奪い取る

末っ子 ・・・

 

2歳児 日向山にて 生ハム 喰らう ・・・

 

 

 

みたらし 喰らう ・・・

 

 

 

蒲焼さん も 奪い 喰らう ・・・

 

 

 

そして 末っ子 自ら  チョイスした

『 サラミ 』 を 父親に見せつけながら

喰らう ・・・

 

 

 

他にも 妻 の リュックから 

色々な お菓子 が 大量 に 出てきて 

皆 で コウカンコ。 

 

愉しい ひと時 に 成りました。

 

 

 

 

せっかくなので 少し 遊ばせることに。

 

 

 

息子 が 早速 なにか 捕まえたようで ・・・

 

 

 

とっ  とんぼ !  

 

 

 

長女 は カメラ持って 写真を撮り に

色々な 場所 へ。

 

他 3人は 砂遊び 開始。

 

 

 

八ヶ岳 を バック に 砂遊びに 夢中 ・・・

 

 

 

近所の公園でもできる 砂遊び ・・・

わざわざ 山 で 砂遊び ・・・

八ヶ岳を一望しながら 砂遊び ・・・

 

贅沢な 砂遊びやのう ・・・

 

 

 

アリさん 発見した ようす。

 

末っ子 は アリさん 大好き。

 

アリさん を 追いかけます ・・・

 

 

 

おっと その先 は 危険だぜぇ ・・・

 

そのまま 行けば 真っ逆さまに

落ちて desire ・・・ や。

 

 

 

 

 

とりあえず 無事登ってこれたことに

ホッ と しました ・・・

 

家族で来れたことが 本当に嬉しくて。

 

 

 

そんな感じで 景色を眺めていたら

息子が 駆け寄ってきました ・・・

 

「 ありがとう 」 って 

言うもんだから

 

「 また 来ような 」 って 

約束しました。

 

 

 

 

心行くまで 遊んだので

下山です。

 

 

 

下りは 次女(当時小学3年) が

物凄いスピードで 駆け下ります

 

 

 

そのあとを 負けじと 追いかける

息子 (5歳に成りたて)。

 

 

 

次女は 物凄いスピードなんですが

ちょこちょこ ビターン って

結構 派手に コケます ・・・ 

 

息子は 安定感のある走りで

慎重かつ スピーディーに

下って行きます ・・・ 

 

 

 

そんな感じで 飛ばしては コケて

飛ばしては コケていた 次女 ・・・

 

スタミナ切れて 5合目 あたりで 

息子に 追い抜かれました ・・・

 

焦らず 自分のペースを保つこと も

大切ですね。

 

 

 

何度 コケても タフな 次女 は 

その後も  ピョン ピョン と 

飛び跳ね ながら 下山 ・・・

 

息子 は ペース を 守り 

もくもく と 進みます。

 

 

 

ちなみに 末っ子 

活き が 良かった のは

頂上 の 砂場だけ ・・・

 

下山も 全て ダッコ ・・・ 

 

降ろそうとすると 怒る ・・・ 

 

おかげで 登山なのに 

脚よりも 腕や肩の疲労がハンパない

そんな 一日 に 成りました。

 

 

 

そして 全員 無事に下山。

 

 

 

正直 今回 の この 登山 ・・・

 

直前まで 旅行のプランに 入れるか 

本気 で 迷いました ・・・

 

やはり 2歳になりたての娘 や

子供達 も まだまだ 小さくて

 

妻 も ほぼ 初登山 ・・・

 

何かあった時のリスクなど 

色々と 真剣に 考え 

 

頭の中 で 何度も 何度も

リハーサル して

 

それでも

 

不安は無いと言えばウソになりますし

不安が無いなんて 無責任ですから

 

 

 

しかし 

子供達に 教えておきたいことは 

死んでからではできないので

 

できる時に 生きてる間に

ベストを尽くして

 

やるからには 責任もって 慎重に

 

何度か登って ルートも解っている山で

比較的 安全で 人も多い山なので

 

勇気を持って 家族で登山 を

決断し 挑みました。

 

 

 

運 良く 何の トラブルなく 

無事に下山できたからからこそ

結果論には なりますが

 

皆で 登れて良かった  と

 

緊張感も含め 本当に良い経験に

成りました。

 

 

 

 

これからも 『 安全第一 』 で

家族で 冒険しよう と 想います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

武田の里まつり 花火大会

2014-04-05 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

 

夏の旅行 最終日 ・・・

 

日向山 登山の後 立ち寄ったのは

道の駅 『 はくしゅう 』 。

 

 

 

おじら味噌 と にんにくみそ 購入。

 

美味いです この 味噌。

 

 

 

小腹も 減っていたので 

みんなで 少しづづ 車内 で

分け合いました。

 

 

 

カエル が ピョン ピョコ 

そこらじゅうにいる 道の駅 でした。

 

 

 

 

そのまま 『 ゆ~ぷる にらさき 』 って

温泉施設 に 移動して

 

登山 の 汗を流し 疲れ を 癒しました。

 

 

 

風呂上がり の 牛乳。

 

 

 

なんだか知らんが めちゃ可愛い ↑

ので 写真 撮っちゃった。

 

風呂からあがると 

もう 夕方 ・・・

 

そして この日 旅行 最終日 

最後 の イベント は ・・・

 

 

 

 

『 武田の里まつり 』 花火大会 ・・・

 

 

 

 

事前 に 過去の大会状況 を ネットで

ブログなどで 調らべに 調べておき

 

空いてる 穴場の駐車所 の 位置 など

把握しておいたので

 

地元の人など 他の車 が

メインの駐車場 に 並んでいる時

会場近くで すんなりと

駐車することができました 

 

 

 

会場 は もうすでに 

ひと  ヒト  人 ・・・

 

賑わっていました。

 

 

 

 

美味そうな 屋台 が ズラリ と 

すごい数です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ買いこみ 花火大会が始まる

その時 を 待ちます ・・・

 

 

 

 

辺りが暗くなると お坊さん が 現われて

武田家に仕えた武士の精霊を慰める供養会 が

始まりました ・・・

 

 

 

正面の河原には 大きな炎 が ・・・

 

 

 

御経と共に 供養が始まります ・・・

 

 

 

一気に 炎 は 大きく燃えあがり

供養 終了。

 

そして 夜の屋台 で

御当地モノ を 買いこみます。

 

韮崎名物 『 にらまん 』

 

『 韮 やきそば 』

 

 

カクテル 売ってる

屋台のバー なんかもありました。

 

八ヶ岳スモーク ・・・

本格的な ボリュームある 肉 たち ・・・

 

 

子供達は やはり かき氷。

 

 

 

御当地キャラ ?

 

そして 市長の挨拶 ・・・

 

この 市長の挨拶 で 知ったのですが

この日 の 前日 

我々 カラオケ屋 で 歌っていたころ

 

お隣 諏訪市の花火大会 が

落雷と豪雨 で 中止になり その影響で 

諏訪湖周辺がパニック状態 だったらしく

 

確かに カラオケから宿に向かう途中

諏訪方面の空が 稲光が物凄かったのを

思い出しました ・・・

 

全国ニュース で 報道されるほどの

大惨事 に なっていたと は 

知りませんでした ・・・

 

 

 

そして 市長の話も終わり 

いよいよ 花火大会 開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その数 5000 発 ・・・

スゴイ 迫力 でした ・・・

 

まず 

とにかく近い距離 で 打ち上がるの で

音の迫力 と 花火の大きさ 半端ない。

 

 

韮崎近辺 って 立地 は まわり を

山 で 囲まれ 大きな岩壁 あって

 

花火の反響音 が 他の花火大会 と

全く違い それもまた オモシロイ。

 

 

 

熱海の海上からあがる花火 も 

迫力ありますが

 

ここの 花火 も 

迫力 は 圧倒的 ・・・

 

期待していなかった分 

久しぶりに 花火 で 

めちゃくちゃ興奮してしまいました !

 

ラストは 大音量の音楽と

大迫力の 大型花火の大連発 ・・・

 

凄かったです。

 

家族全員 大満足で

2013  夏の家族旅行 は 

この花火 で 締まりました。

 

 

山梨県 最高 !

 

山梨県 に 感謝 感謝 です。

 

 

今年の夏休み 家族旅行 は 

どこ(何県)へ 遊びに行こうかな

 

 

今年も 夏 が 楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

I hope you're having a nice day

2014-04-03 | ☆ 元 気 ☆

 

こりゃあ こっちVer. の PV 

 

ロケ地 は 『 キッザニア 』 が 入ってる

 

二年前の秋に 娘二人と 遊びに行った

 

『 ららぽーと 豊洲 』 ですね (笑)

 

 

 

 

 

他のPVでも たまたま

訪れた場所が いろいろと重なったり

好きなもんで なんだか うれしいです。

 

 

元気 もらってます!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

栃木県 矢板 の 蕎麦屋さん

2014-04-01 | Weblog

 

 

 

矢板市 の 蕎麦屋さん。

 

 

 

ダッタンそば ってのが 食べれるようで。

 

 

 

 

ダッタンそば の 甘味もあります。

 

 

 

鶴ちゃん も 来店したようで。

 

 

 

 

お茶。 急須 ありがたい。

 

そして 蕎麦 は

せっかくなので めずらしい食べ方で ・・・

 

 

 

 

『 サラダガレット ダッタンそば 』 !!!

 

迫力のある大きさです。

 

 

 

もう こうなると 真中

蕎麦じゃなくても いいんじゃねーか?

ってくらい ワチャワチャしてます (笑)

 

 

 

この クレープみたいなチーズガレット 

美味しかった。

 

蕎麦も絡めて サラダと一緒 に

サッパリと美味しい一品でした!

 

 

 

ペロっと イタダキマシタ。

 

邪道っぽいけど これはこれで

とても 美味しかったです。

 

何でも経験ですね (笑)

 

 

 

 

 

 

次回 は 訪れる時は

海老天つけ汁 とか 鴨汁そば とか

他にも色々と 美味しそうなのが

ありましたので

 

ダッタンそば 本来の味 も 愉しみたいので

つゆにからめる 一般的なやつ を

頼んでみようと 思います。

 

 

そんな 矢板市にある

美味しい 蕎麦屋さん でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント