車買取LEO 事業部長日記

日々の出来事 と 日本の未来を考える 愛の子育て日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有難う御座いました

2013-12-31 | Weblog

 

たくさんのお気持ち戴きました。

 

感謝 御礼 申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

カメラで写真を撮る喜びを

2013-12-29 | Weblog

 

先日 長崎に訪れた時

愛用していた デジカメ が

壊れました。

 

 

安物のカメラなのですが

10年以上 いつも一緒に行動し

記録し続けていた相棒でした。

 

 

最近 画像がブレたり

画質の色合いなど褪せてきて

 

買い変え時かな って

思っていた矢先のことでした。

 

 

 

他に カメラは もう一台 

大型 の 一眼レフ を

持っているのですが

 

それだと サイズ的に

山 で 飛び跳ねたりするには

大きすぎて 邪魔になるので

 

 

小さいサイズで高性能のカメラ を

購入しようと思います。

 

 

 

 

 

 

世界遺産 や

 

大自然の壮大な景色 など

 

 

世界各国 旅 して

 

それら を 撮影するのが

 

夢 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

新潟の思い出タチ

2013-12-27 | ◎ 家 族 旅 行 ◎

 

 

『 キムラ君 はじめました 』

 

・・・・ ?

 

 

海鮮バーガーのお店だそうで。

 

 

 

さばかつバーガー。 

鯖オイシ。

 

 

 

新潟弁で語りかけてくる 

自動販売機。

 

 

 

日本各地の方言文化 が 大好きなので

聞いてみたくて 即購入。

 

 

 

コンビニでは 新潟県 御当地メニュー

『 イタリアン 』 発見。

 

食後の 満腹状態 でしたが

即 購入。

 

一度 食べてみたかったのです。

 

 

 

 

『 もも太郎 』

調べてみたら いちご味 らしいです。

 

 

 

御当地モノ が 大好きです。

 

 

 

日本全国 旅 が したい。

 

 

旅 を します。

 

 

 

生きている 限り

 

旅 を します.

 

 

 

 

 

 

 

コメント

非日常を愉しむ心意気

2013-12-25 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

 

今年の初夏 の 思い出。

 

 

友人(グルメなB型) と

山梨県の山 へ。

 

 

 

ツキノワグマ 上等。

 

山ですから。 

 

 

 

 

こんなの落ちてきたら 

完全 に アウト。

 

人生 は いつだって 紙一重。

 

 

 

親分クラス の ケロ雄。

 

デカイ ・・・

 

 

 

滝 に 到着。

 

 

 

ここから 過酷なアドベンチャー。

 

 

 

前日 かなりの頭痛と高熱 で

この日も 体調の悪い 友人 ・・・

 

 

 

体調不良な状態で 黙々と

鎖場 を 突き進む 友人 ・・・

 

途中 ニホンカモシカ と 遭遇 ・・

 

 

 

かなりの至近距離でしたので

一見 熊に見えて パニック ・・・

 

すると カモシカも 驚いたのか

急坂 を スゴイ勢いで走りだし

山 の 奥へ ・・・

 

 

 

体調は 頗る悪いまま

結構な急登 を イキマス ・・・

 

 

 

途中 クワガタ と 出遭う。

 

コクワかと思いきや

よく見ると スジクワガタ

 

子供達 が 喜ぶので 

連れていくことに。

 

 

 

 

ハシゴに近い 急階段 ・・・

 

 

 

ワタクシ 片手に クワガタ君。

 

山中 ずっと 

手のひらに クワガタ君 を 乗せて

ウェイトレスみたいな状態 で

頂上 目指します!

 

 

 

体調不良の友人には

申し訳ないほど 過酷な登山道。

 

 

 

休憩しながら ゆっくり登ります。

 

 

 

さらに 登りが続き ・・・

 

 

 

ワタクシ クワガタ君と 共に

ウェイトレスなポーズのまま

登ります。

 

 

 

時に 手を使って よじ登るような

急坂 を 進みます ・・・

 

 

 

目指す 頂上は 近い ・・・

 

クワガタ君 も テンション が

上がってきたようで。

 

 

 

ここから 一気に 頂上まで!

 

 

 

花崗岩 が 風化してできた

白い砂 ・・・

 

足場の悪い 砂場 を

ざっく ざっく 進みます。

 

 

 

一見 『 雪 』 と 見間違うほどに

見事な 白い砂の世界 ・・・

 

体調不良 と 予想外の急登 で 

苦しみ衰弱しきっていた友人  ・・・

 

しかし この景色に遭遇した瞬間

 

 

テンションMAX !

両手を 天にかざし アントニオ状態 で

ヒューヒュー 騒ぎ出す!

 

 

 

一緒に連れてきた クワガタ君 も

テンションMAX状態 (憶測)。

 

 

 

もうひと踏ん張りで 絶景や!

って 一気 に 登ります。

 

 

 

 

この 左側の陰になっている下から

登ってまいりました!

 

 

 

ここに 連れてきたかったんだ。

 

体調不良でツラかった道程 も  

苦労は ここで報われる。

 

 

 

 

景色に見惚れる友人 (グルメなB型) ・・・

 

 

 

 

感動したようで

「 いやー ありがとう ! 」 って

興奮気味に連呼する友人 

 

 

 

いろはす(みかん味)を 指先に垂らすと

ちゅーちゅー吸いつき 動かなくなる

クワガタ君。

 

 

 

テンション 上がり 

疲れも 吹っ飛んだようで

写真 撮りまくる 友人。

 

 

まだ ちゅーちゅー吸ってる

クワガタ君。

 

完全に 懐いています (憶測)

 

 

 

 

天気も良くて 気持ち良かった。

 

 

 

 

八ヶ岳 を 一望できる 向こう側 に

移動する事に ・・・

 

 

 

スリリングな 砂の道を行きます。

 

 

側面は 吸い込まれそうな 砂の坂 ・・・

 

滑り落ちたら 危険な場所です。

 

 

 

体調も スッカリ良く成り 

元気いっぱいな友人。

 

連れてきて良かったです!

 

 

 

八ヶ岳 が 見えます。

 

登ってみたい山のひとつです。

 

 

 

帰りは なだらかな山道で

ゆっくりと 下山しました。

 

行きの登りでは 

あまり話もできない状態でしたが

 

帰りは 色々と語らいながら

愉しい時間となりました。

 

 

 

舌 見えますか? 

ちゅーちゅー吸ってます 

 

一緒に 無事下山しました。

 

 

 

この 『 日向山 』 は 

短時間で 登ることができて

素晴らしい景色を堪能できる

好きな山のひとつ です。

 

 

今回 一緒に登った友人も

日頃のストレスも吹っ飛んだようで

何より。

 

 

また来年も 色々と 遊び に

いこーや!  

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ポケモン GETだぜッ!

2013-12-23 | Weblog

 

妻 の 知り合い が

お子さんが 中学生になり 

もう使わないからって

 

ポケモンの人形 を 

くださったようで。

 

 

 

うちの息子は 大喜びで

一つ一つ 洗いながら 

並べていました。

 

それにしても すごい数 ・・・

 

毎日 愉しそうに

遊んでおります。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

佐野らーめん 『 しまだや 』

2013-12-21 | Weblog

 

 

佐野市内 お初の店に 入ってみました。

 

 

 

佐野らーめん 独特の麺 と

サッパリと 深みのある プースー。

 

 

 

 

ワタクシ 佐野らーめん が 

たまらんのです。

 

 

 

佐野に移住した ☆ユカイ が

羨ましいです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

モーターショー 2013

2013-12-19 | ☀ recreation ☀

 

 

オート事業部 で 研修 に 

行ってまいりました。

 

 

 

今年は ビックサイト で。

 

 

 

すごい人です。

 

 

日産 から。

 

 

 

マネキンではなく モデルさんです。

 

 

 

ひとり乗り です。

 

 

 

2階は スゴイ 人だかり。

 

 

 

世界が認める日本代表 

GT-R です。

 

 

日本産 の スーパーカー。

 

量産車としては 世界最速の車 です。

 

 

 

以前 運転した時の感想 は 

パワー や スピード は もちろん

とにかく その安定感 に

驚かされました ・・・

 

速いだけの車なら

世界中たくさんあると思いますが

 

この車は 女性でも運転できる

スーパーカーなのです。

 

一番欲しい憧れの車 です。

 

 

 

 

 

 

 

次は マツダ。

  

 

マツダ は 全ての展示車の色 が

赤 で 統一されていました。

 

 

 

 

 

ボルボ の クーペ。

 

 

男らしいボディ に 斬新なデザイン。

テール が 特に カッコイイ です。

 

個人的に クーペ が 大好き です。

 

 

 

 

 

 

アウディ。

 

 

 

 

 

ポルシェ。

これも 一度はオーナー に

成ってみたい。

 

 

 

 

 

レクサス の クーペ。 これも カッコいい。

『 乗りたいリスト 』 に 入りました。

 

 

 

 

 

 

スバル 大好き。

 

 

これは デザイン も カッコイイ 。

 

 

仕事で インプレッサ の

STI仕様 を 初めて運転した時 は

本当に 感動しました。

 

 

 

 

 

三菱。

 

 

 

 

 

イスズ。

 

 

 

 

 

ホンダ NSX。

 

 

ひとめ惚れ。 

日本の車 カッコイイ

 

 

 

 

 

 

BMW。

 

 

やっぱり クーペに

目 が いってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

メルセデス。

 

 

将来 こういった 上品なクーペ を

スマート に 乗りこなせるような

シブいオッサン に 成ること を 目標 に

生きていこうと 想いました ・・・

 

50代の目標ができました!

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ジャガー クーペ。

 

 

これもシブいですね。

 

 

 

 

 

 

プジョー クーペ。  オシャレ。

 

プジョー を 見ていたら 

 

若いころ 友人のヒロアキ が 乗っていた

当時でも古い 壊れる寸前 の ボロッボロ の  

( エアコン入れると ドライアイスみたいな白い煙が出て

 車内が 演歌歌手のステージみたいに なってしまう )

2ドアのプジョー で 色々な場所に遊びに行った 

その当時 を 思い出し

 

懐かしい気持ちでイッパイになりました ・・・

 

 

 

とにかく広い ・・・ とにかく歩きます ・・・

 

 

かるい山歩きくらい 疲れます。

 

 

他にも 色々 ・・・

 

 

 

 

 

ダイハツ。

 

 

アウトドアに最高の車。

 

 

 

 

軽 の クーペ。

 

 

 

 

 

スズキ。

 

 

最近は こういうアウトドアな

実用的な車にも 目 が いきます。

 

 

これ 欲しくなっちゃった。

これで 山 に 行きたいです。

遊び心 イッパイです。

荷台に 小型バイク を

積めるようで ・・・

 

理想的です。

 

 

 

 

 

↓ ここからは スライドショーにて ↓

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ もう 意味不明。

 

 

 

 

スゴイ シート ・・・  光ってます。

 

 

 

 

商用車 も たくさんありました。

 

 

トラクター。

 

 

 

 

キャベジン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ここからは バイク ↓

 

Kawasaki。  といば ライムグリーン。

 

映画の世界みたいなバイク。

変身しそうです (笑)

 

 

 

 

 

 

HONDA。

やっぱり乗るなら ネイキッドかな。

 

 

 

 

YAMAHA。

シート の 感じ が タマラナイ。

 

 

 

 

SUZUKI。

 

量産車として世界最速 の バイク

『 隼 』 (はやぶさ)。

 

 

 

日本製 は バイク も スゴイんです !

 

 

 

 

 

 

なぜか 自転車 大人気 (笑)

 

 

 

 Z。

 

 

 

 

 

 

 

 

小僧。

 

 

 

 

 

 

ミニカー。

 

リラックマのやつ を 

娘に買って帰ろうかと 思いましたが

スゴイ行列だったので やめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろと 刺激になりました。

 

 

     

 

 

各々 すごく 有意義な時間 を

過ごすことが できました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

World's Greatest Drag Race!

2013-12-15 | Weblog

 

各国 を 代表する 猛者達 (Greatest) が 集結 ・・・

 

日本車 は 2台 エントリー。

 

 

見ていて ワクワク しました !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ミタケさん から オオタケさん へ

2013-12-15 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

 

10月初旬

毎月 恒例 の 御岳山。

 

 

 

 

この日は 曇り。

 

 

 

 

いつもの順序で 奥の院 へ。

 

 

 

 

登って

 

 

 

 

参拝。

 

 

 

 

見晴らしながらの きびもち。

 

 

 

 

前日よく眠れて体力あったので

久しぶりに 大岳山 を

目指すことに。

 

 

 

 

久々なので 愉しい。

 

 

 

 

奥の院 から 一度 下って

少し登ると 分岐点。

 

 

 

 

大岳山への近道(巻道) が ありますが

そっちには行かないで

 

 

 

 

鍋割山 経由 で 

大岳山 を 目指します。

 

 

 

 

鍋割山 の 頂 へ GO。

 

 

 

 

登って 登る と ・・・

 

 

 

 

到着。 

標高 1084 メートル。

 

 

 

 

大岳山 へ 向かいます。

 

 

 

 

途中 白い物体に遭遇 ・・・

 

遠目から見た時 

何かの骨 に 見えたのですが

 

 

 

 

もうちょっと先 で 同じ種類 の

キノコ 発見。

 

掌くらいの大きさ です。

 

 

 

 

ここが さっきの分岐にあった

近道(巻道) の 合流地点。

 

 

 

 

さらに 進むと

 

 

 

 

ロックガーデン から 登ってくるルートとの

合流地点 に 到着。

 

 

 

 

ここから本格的 な

大岳山への山道 が 始まります。

 

 

 

 

そんなに危険ではありませんが

看板は多くあります。

 

 

 

 

それなりの登山道です。

 

 

 

 

簡単とはいえ 岩場も濡れているので

慎重 に 進みます。

 

 

 

 

考え事したり 気を抜いたり 

簡単な道だなんて ナメテル と

そういう時 に 転んだり 挫いたり

怪我をします。

 

 

 

 

岩場 が 続きます。

 

 

 

 

以前は無かった テープ が

所々に 付けられていました。

 

 

 

 

雰囲気ある場所も 少しあります。

 

 

 

 

細い岩の道。

 

 

途中 山小屋があります。

 

 

 

 

この地図 の 右上の  ってところから

左下の 現在地 まで 歩いてきました。

 

 

 

 

あと少しで 山頂です。

 

 

 

 

山小屋の前には 鳥居があって ・・・

 

 

 

 

『 大岳神社 』

以前 訪れた時も 思ったのですが

ちょっとボロくて 恐い雰囲気の神社。

 

 

 

 

裏には本殿。

 

ここの 狛犬 は

小さくて カワイイのですが

調べたら  1759年製だそうで。

 

 

 

 

神社の横 から 

山頂への道に つながります

 

 

 

 

ここから山頂までは

そこそこ キツイ 登り道 です。

 

 

 

 

雰囲気ある岩場 を 超えていきます。

 

 

 

 

山頂は もうすぐです。

 

 

 

 

登って

 

 

 

 

時に 手も使い よじ登り

 

 

 

 

登りきれば

 

 

 

 

 

大岳山 の 頂 です。

 

標高 1266 メートル。

 

 

 

 

前回 訪れた時は この山頂から

富士山 が ハッキリ と 見れたのですが

この日は 見えませんでした。

 

 

 

 

山頂 で くつろぐ 山ガール。

 

ホント ここ数年で

女性登山者が 増えたと 感じます。

 

ブームなんですね。

 

 

 

 

 

戻ります。

 

小走りで ピョンピョコ 下ります。

 

 

 

 

登った岩場を 下ります。

 

 

 

 

クサリ も ちょこちょこ ありますが

危険な個所 は ありません。

 

 

 

 

どうやら 後日 

山岳耐久レース ってのが

開催されるようで ・・・

 

 

 

 

55 K ・・・ ?

 

 

 

 

どうやら 

ここが 山岳耐久レース の

55 km 地点 とのこと ・・・

 

それにしても山道を

55 km 走る って 

すごいな ・・・

 

 

 

 

どんな道でも 油断は禁物です。

 

 

 

 

帰りは 来た道とは違う

ロックガーデン方面 に 進みます。

 

 

 

 

なだらかな 下り道。

 

 

 

 

意外と こういう 緩やかな道 が

膝 に キます。

 

 

 

 

ロックガーデンとの合流 を 過ぎて

歩いていると 

 

大きな石 が ・・・

 

 

 

 

この前の月に 訪れ ここを歩いた時 は 

こんな石無かったので

 

最近 の 落石 です。

 

当たったら 即死なサイズです。

 

 

 

 

この後は

 

武蔵御嶽神社の参道にある

大好きなお店 で 食事して 

 

温泉に浸かって 帰りました。

 

 

 

 

 

 

コメント

くるみがたまらんのです

2013-12-13 | Weblog

 

御岳山の神社手前の参道にある

『 紅葉屋 』 さん。

 

 

 

大体 御岳山に遊びに来る時は

昼頃から登り始めて 夕方に

ここを通るからかもしれませんが

 

大好きな このお店は 平日は

閉まっていることが 多くて ・・・

 

この日は 営業していたので 

迷わず 即 入店。

 

 

 

ここの くるみうどん(蕎麦も) が

大好きで。

 

 

 

うどん は コシがしっかり つるっつる

つゆ との 相性 バツグン です。

 

とりあえず 先に 何本か

わさび だけ 付けて 

イタダキマス。

 

 

 

好みの分かれるところ ですが

この 泡立つ 濃厚な つゆ が

ワタクシ たまらなく 好きで。

 

この日は うどんにしましたが

蕎麦も 幸せになれます。

 

 

ここは 事業部で訪れた時 も

好評でした。

 

 

もし ここが開いていない時は

逆側の 見晴らしの良いお店が

オススメです。

 

 

 

 

和室に飾ろうかな って

頭にかぶる 傘 買って

 

その傘を 楯のように持って

気分はまるで YMS-15 

 

 

 

楯のように持ったまま

ケーブルカーは使わずに

蛇の道 (通称・つめ剥がし) で

下山しました。

 

 

 

 

『 スイートポテト小町 』 と 

『 栗&バニラ 』 と

『 白ぶどう香るおいしい水 』 (夏場愛飲)

 

で ビシっと 〆 まして 

 

 

恒例 の 『 もえぎの湯 』 にて

ゆっくりと 心身ともに リラックス。

 

 

くるみうどん も 食べれたので

ゴキゲンな一日 と 成りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

私は食べたい時に食べる

2013-12-11 | Weblog

 

大宮駅周辺には

 

深夜も営業している

マッサージ店 が 多くあり 

 

中でも お気に入り の

タイ古式マッサージ に

 

たまに 仕事の帰り

立ち寄るのですが

 

ストレッチで 

気持ちも身体も

リフレッシュして

 

帰り 車の停めてある

コインパーキングまで

 

歩く 途中 に 

らーめん屋さん ・・・

 

 

 

 

 

そりゃあ 食べますよ。

 

深夜に おっさんひとり

コッテリ らーめん + 焼豚丼  

 

 

 

 

 

 

 

食べちゃうんだもの

 

蜜雄

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

虎が我が家にやってきた

2013-12-09 | Weblog

 

 

代表より

 

 

 

いただいちゃいました 

(TAKE) ・・・

 

 

同条件な 足の裏 ・・・

 

毎日 ふみ ふみ ・・・

 

痛気持ちイイ ・・・

 

 

 

 

なぜか 妻が大喜び ・・・

 

子供達 も

この 竹 の 取り合い で

喧嘩 が 始まるほど ・・・

 

 

ヤミツキになる

健康 ふみ ふみ ・・・

 

 

めっちゃ痛い ふみ ふみ ・・・

 

 

家族みんな で ふみ ふみ  ・・・

 

 

毎日 ふみ ふみ ・・・

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

つんつん と 追い込む 娘

2013-12-07 | 公園 で 遊ぼう!

 

 

とある 夏の公園 で 

樹液が溢れる 昆虫達の

酒場 を 発見。

 

 

 

それを見つけた 昆虫大好き な

末っ子 は 木の枝で 

カナブン つんつん。

 

 

 

いっぴき いっぴき つんつん で

追い込みます。

 

クチ半びらき状態 で 

真剣 に つんつん ・・・

 

 

 

いっぴき いっぴき 執拗に 

つんつん 追い込みます。

 

 

娘の執拗な つんつん に

嫌気がさした最後のいっぴき が 

空高く飛び立ち 逃げ出すと

 

怒り出す 娘 ・・・

 

 

 

飛んで行った お空 見上げて

「 かーぶーんッ! 」 (カナブン)

と 叫ぶ 娘 ・・・

 

 

つんつん し過ぎるからや。

 

 

 

 

 

 

気をつけないと 樹液には

スズメバチ も 集まります。

 

こういう樹 は 夜来ると 

カブトムシ や クワガタ も 

集まります。

 

 

また 来年の夏 が

愉しみです。

 

 

 

 

 

 

 

今度 『 ぐんま昆虫の森 』 に 

連れて行ってやろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

季節が腹だけを変える

2013-12-05 | Weblog

 

 

スーパー の お惣菜コーナー って

 

おなかペコペコ状態 で 見に 行くと

 

あれも これも 食べたくなりませんか?

 

 

 

 

先日 やっちゃった 量 ・・・

 

 

 

馬鹿だネ  マヌケ な ピエロ ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割り箸 お付け致しましょうか? 

 

って 店員さん ・・・

 

 

 

お箸 2膳 入ってました ・・・

 

 

 

まさか ひとり で これ全部 

 

食べるとは 思わなかったのでしょう ・・・

 

 

 

 

いつも ハッピネス  

 

だけど ルースレス 

 

ガラス細工 の 胃腸 炎 ・・・

 

 

 

 

ああ 

 

食欲 が 止まらない ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

霧の中 の 凍てつく 五丈石

2013-12-03 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

今年の9月初旬 に

 

関東以北の最高峰である

『 日光白根山 』 を 

登ったので

 

それより 標高が高くて

日帰りで登れる 近場の山 を

探していたら 

 

山梨県と長野県の県境に

それを超える標高の山 が 

あると 知り

 

その高き テッペン 目指して

奥秩父(山梨県) へ。

 

 

 

 

 

前日 完全な 雨 でしたが

お世話になってる天気予報 によれば

この日は 『 曇りのち晴れ 』。

 

天気予報 を 信じて

目的地だけ 妻 に 伝え 

 

仕事終わり の 真夜中 に

準備し 家 を 飛び出して

 

登山口のある

『 大弛峠 』 目指し

レッツラ GO。

 

 

 

 

雨 の 中央高速 ひた走り

 

勝沼インター下りてから

下道 約 50 km の 移動 ・・・

 

しかも

その 道程 の 殆ど が

くねくね  くねる 峠道。

 

 

雨 降りしきる 真っ暗闇 の

峠道 ・・・

 

 

暗闇 から

突然 飛び出てくる 『 シカ 』 

を かわしながら

 

 

真っ暗闇 を

恐る 恐る ひた走り

 

 

真夜中 の 3時 過ぎ 

やっとこさ 到着。

 

 

 

 

 

暗黒 の 山奥深く 

雨音だけ の 暗闇 ひとり ・・・

 

 

夜中の雨 は ドンドン 強くなり

風 も 音立て 吹いている ・・・

 

 

恐怖から なかなか 寝付けず

 

 

車内で なんとか

約2時間だけ 仮眠。

 

 

朝日の頃に

寝ぼけ眼で 外を見れば

降ってた雨 も 小雨 に 変わり

 

車内でひとり 頃あい見計らい 

雨が止んだと 同時に 外出て

一気に 行動開始。  (0700)

 

 

 

 

アップダウン を 繰り返し

 

マイペースで 登って 登って 

 

約 1時間半 ・・・

 

 

 

最後に 道なき岩場 を 超えて

 

 

やっと 到着 頂上 です。

 

『 金峰山 』

標高 2599 メートル。

 

『 日光白根山 』 より 

少しだけ 高い位置。

 

 

完全に霧(ガス)の中

恐ろしいほど 風 も 強く 

 

登り で 汗ダクなので

動きを止めたら凍る勢い ・・・

 

例えるなら

冬の早朝 濡れたシャツ一枚 で

扇風機 (風速強) の 目の前 に

立つようなもの ・・・

 

めっちゃ さむ ・・・

 

 

景色どころの 騒ぎじゃない。

 

 

 

 

頂上近く の 名物 『 五丈岩 』。

 

これが見たくて 登りました。

 

 

これ って 

人間 が 造ったのかな ・・・ ?

 

でも 重機 も 使わず

めちゃくちゃデカイ岩 を

積み重ねるってのは

考えられない ・・・

 

自然に できたにしても

どうして こうなるのか

ワカラナイ ・・・

 

 

キレイに 積み重なった

不思議な 岩の塊 でした。

 

 

 

 

五丈岩 の 祠 に

無事に ここまで登ってこれた

感謝 を 伝えました。

 

 

頂上付近 は

物凄い 霧(ガス)の中 

 

とんでもない 風速 で 

風 が 吹き荒れ

 

9月 なのに 

気温 氷点下じゃねーのコレ? 

って 寒さ ・・・

 

 

もちろん 

素手に半袖 ですから

 

手 は カジカミ 

指先 感覚 ナッシング。

 

 

 

 

たまらず 防寒用 ではなく

雨用 に 持ってきていた

レインコート を はおって

 

五丈岩 に よじ登ろうと

岩に手をかければ

 

氷の如く 冷たい岩 ・・・

 

掴む力 も 完全に 消え失せ

握力ゼロ状態 ・・・

 

 

台風みたいな 風の強さ と 

あまりの寒さ と 

 

手の感覚の無さ に 

恐怖 を 感じ 

 

『 五丈岩 よじ登り大作戦 』

は 危険 と 判断。

 

 

あきらめることに ・・・

 

 

 

 

振り返れば 

来た道 も ワカラナイ ほど

霧(ガス)は 濃く ・・・

 

おっさん ひとり 

ヒイヒイ 言いながら 慎重に

 

下山 開始。

 

 

 

 

9月ですから って 

ナメテマシタ。

 

ちょうさむい (超寒い)。

 

 

この日 まだまだ 夏気分な

浮かれた 中年のおっさん ひとり

 

突然 まさかの

真冬に タイムスリップ状態

ですから  ・・・

 

 

山 って 恐いです。

 

 

 

 

下山 の 途中 

徐々に 霧(ガス)は ハレて

天気 も 回復。

 

 

帰りは 途中 小走り で

1時間 で 下山。

 

往復 約 2時間半 の 

『 金峰山 』 でした。

 

 

 

この山 は 

『 瑞牆山 』 の 登山口からも

登れるようなので

 

次回 は そっちから登って

『 五丈岩 』 に

チャレンジしようと 思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント