車買取LEO 事業部長日記

日々の出来事 と 日本の未来を考える 愛の子育て日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湯けむり横丁

2013-11-29 | 家族 で おでかけ

 

 

四季 を 感じに

子供達 と 近所 を 散歩して

 

冷えた身体 を 体温め に 

近くの 温泉へ。

 

 

 

この日は 『 清河寺温泉  』 ではなく

たまには 『 湯けむり横丁 』 へ。

 

ここは お金かかった 凝った内装 で

千と千尋の神隠し 』 の 宿みたい。

 

子供達 も ハシャギ ます。

 

 

 

ゆっくり ゆっくり 温まり

ここでは 食事せず

風呂上がり の 牛乳 飲んで

 

 

帰りに 子供達 の 大好きな 

スシロー (回転ずし) に よって

 

ジャンクネタ 祭 で 盛り上がり

帰宅しました。

 

 

 

『 湯けむり横丁 』 は

雰囲気 は 愉しいのですが

 

やっぱり 『 清河寺温泉』 のほうが 

個人的には すっきゃねん ・・・

 

 

やっぱ すっきゃねん 

 

 

やっぱ すっきゃねん

って お話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

バッタ vs おっさん

2013-11-27 | Weblog

 

とある日のこと

 

 

夜中のうちに 事務所 に

 

バッタ が 進入していたようで

 

 

ソレを 知らずに 朝礼を始めたら

 

 

話 を している最中 に 

 

バッタの野郎 

 

顔面めがけて 飛んできた ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構な大きさで 脚力はハンパ無く

 

飛行スピード も めちゃくちゃ速い。

 

 

その後も 事務所内 を 

 

右往左往 に 勢いよく飛び回り

 

 

バッタが飛び出す その度 に

 

我々 オッサン軍団 

 

情け無い悲鳴をあげて 大騒ぎ ・・・

 

 

 

捕まえようとしても

 

超 スピード で 

 

コピー機の裏 や デスクの間 など

 

あらゆるところに 逃走する バッタ ・・・

 

 

 

悪戦苦闘 

 

捕獲まで 実に 15分 かかりました ・・・

 

 

 

 

 

 

デザイン は

 

ショウリョウ(wakamatu) タイプ 

ではなく 中型の トノサマ タイプ。

 

 

このタイプ は 脚力がハンパなく

 

写真のように 

大脚の付け根から 抑えていないと

捕まえていられない 強さ です。

 

 

トノサマバッタ に 似ていますが

コレは 『 ツチイナゴ 』 という種。

 

 

バッタの中では

成虫のまま 冬を越す ことのできる

唯一の種。

 

寒さにも強い ツワモノ です。

 

 

 

 

毎年 毎年 

事務所には なにかしら 

侵入(ご来店)してきますが

 

完全に窓は締め切り

シャッターも閉めているので

 

どこから進入してくるのか

本当に不思議 です。

 

 

 

立地的に 集合場所かなんか

なんですかね?

 

夜中のうちに進入するのだけは

ご勘弁 を。

 

朝から 焦りますので

ご勘弁 を。

 

 

 

 

 

ご勘弁 を 

って お話でした。  

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

心地の良いお気に入りの公園

2013-11-25 | 公園 で 遊ぼう!

 

 

 

いつだったか 

自宅からすぐの 『 花の丘公園 』 へ

 

学校帰りの子供達 を 連れて

散歩に行った  その時の写真。

 

 

 

ここの公園は 花の種類が多く

季節によって 咲く花も違い

四季を通じて 愉しめます。

 

 

 

歩くだけで 風の気持良い場所。

 

 

 

色々な生き物とも 出会えます。

 

 

 

橋から覗くと 集まってきました。

 

 

 

カモ と コイ と カメ です。

 

 

 

お散歩に来ていた御婦人が

エサ(パンの耳)を 与えて始めました。

 

 

 

それを見ていたら 御婦人

「 どうぞ 」 って 

一袋 そのエサ を 分けてくださり

 

子供達も 喜んで エサを投げ込み

カモ達に与え始めました。

 

 

 

バッシャバッシャ 物凄い勢いで食べる

カモ と コイ達。

 

 

 

すると 大きなカメ と 小さなカメ が 

向き合って 泳いでいて

小さなカメ が 大きなカメ の 顔の前 で

両手 を ワチャワチャ って

高速で 震えるように動かし始めました。

 

その動きが コミカルでメチャクチャ可愛く

妻と子供達と 大笑い で 見ていました。

 

初めて見る 不思議な行動 でしたので

帰宅後 調べてみたら 

顔の前でワチャワチャするのは

どうやら 『 求愛行動 』 のようです。

 

ナンパしてたんですね。

 

↑ こんな感じで 小刻みに

  手を震わせていたのです。

 

 

↑ ちなみにコチラは2匹がかりで誘うも

  ウザがられ ナンパ失敗(笑) 

 

 

 

 

 

 

橋を渡ると 真っ赤な花 が 

咲き乱れていました。

 

 

 

春 や 秋 の 涼しい季節 は 

心地いい風 が 吹き抜ける

散歩するだけで 気分が良くなります。

 

 

 

みつばち(マーヤ)達 が

花粉ダンゴ を 脚に付け

せっせと 蜜を集めていました。

 

子供達と その様子を観察し

いつも舐めてる 『 はちみつ 』 は

ハチさん(マーヤ)達 みんなの

努力の 賜物 なんだ

ということ を 教え 聞かせました。

 

 

 

 

そんな マーヤ(池袋) の 飛び交う

 

我が家のお気に入り 

『 花の丘公園 』 でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

インドの料理 も 好っきゃねん

2013-11-23 | Weblog

 

あっちのカレー が 食べたくて

 

ちょこちょこ行く 与野のお店へ。

 

 

 

アイス チャイ。

 

 

 

選べるカレー  この日 は 

チキン と キーマ。

 

マトン が 苦手なので 

こういう店では カレーも 肉料理も

必ず チキン を いただきます。

 

 

 

チキン めっちゃウマ。

 

骨付き 骨無し 両方 ウマイ。

 

この2種類のチキン山盛り と 

ビールだけあれば 幸せになれる 

って 代物。

 

 

 

ナン は もちろん 大好き ですが

この パリパリしたやつも 好き。

 

キーマカレー にも

少しマトンは入ってますが

キーマ の ミンチレベル なら 

気にならない。

 

マトン の 肉料理 が

苦手です。

 

 

 

ばるん ばるん な 

いちご味 の デザート。

 

めっちゃ ばるん ばるん。

 

 

 

ランチメニュー も 種類が多く

カレーも 9種類 から 選べて

辛さも 調節 してくれます。

 

全ての料理 が

日本人に合わせた味付け で

比較的 食べやすいお店 です。

 

 

 

 

ああ 

インド に 訪れ 実際に文化 や 雰囲気 を

体感してみたい ・・・

 

タージ・マハル は 特に

実物 を 見てみたいのです。

 

 

 

 

 

ワタクシ もう すでにオッサンですが

もちろん キレイな観光地だけではなく

剛のように インドの全て を 観光したいので

訪れるなら 色々な意味

若いうちのほう が 良い気がするので。

 

 

 

 

 

パスポート 切らしちゃってるので

まずは そこからですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

食い過ぎる男の手加減

2013-11-21 | ☀ recreation ☀

 

今年7月に決行した 

第二回 レクリエーション

 

 

 

今回 の 企画担当者 は 

里山里雄 (身長205m,33歳 課長)。

 

 

 

今回の企画担当者 なぜか

『 桃狩り 』 が してみたい と ・・・

 

とにかく

『 桃狩り 』 が してみたい と ・・・

 

なので 

日本一 の 桃の収穫量 を 誇る

『 山梨県 』 へ。

 

 

 

 

課長チョイスの 桃園 で

自分で もぎ取り 食べ放題。

 

時間無制限 で 

食べたい放題 食べ放題。

 

 

 

各々 刃物を渡され

自分で剥いて 食べるシステム。

 

大自然の中 もぎたて カプっ

って 

 

これは 確かに 幸せだ。

 

 

 

我々 おっさん部隊 食べまくり。

 

刃物 片手 に

カタッパシから 食べまくり。

 

うまい うまい 言いながら

ぶじゅる ぶじゅる 喰らいつく ・・・

 

 

 

美味すぎて トマラナイ ・・・

 

とにかく 喰らいまくる ・・・

 

 

折角なので

ワタクシ 限界に挑戦!

 

オナカ が たぷたぷ に 成るまで

気合い入れて 食べまくり ・・・

 

それでも 7個 が 限界 ・・・

 

モモ キライニ ナチャウヨ 

ってくらい 食べました ・・・

 

 

 

ちなみに 

今回の 企画発案者 である

里山先生 ・・・

 

10個 食べました ・・・ 

 

10 ッコ タベチャタ ・・・ 

 

 

しかも

本人 いわく

この後の 昼飯の事 も 考え

余裕を持って 10個 で 

ヤメテオイタ そうで ・・・ 

 

「 頑張れば 15個くらいは

  全然イケる と 思います  」

って ・・・

 

スゲーな ・・・

 

 

 

 

 

お店には 寺尾 聰さんや 

志村さん の 写真が ・・・

 

 

 

なんだかんだ 想像以上 に

桃狩り 愉しかったです!

 

 

 

 

これが 人生初 の 桃狩り でしたが 

自分の発想には無いイベントでしたので

とても勉強になりました!

 

 

この経験 を 活かして 

今年の夏休み

プライベートの旅行 で 家族 を

桃狩り に 連れて行ってあげたら

妻も 子供達も

すごく 喜んでいました。

 

 

このように 

自分に無い価値観 を 共有し

糧 に できて

 

人生の視野 が 拡がるのも

 

レクリエーション の 醍醐味です。

 

勉強になります!

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

『 元祖!鳥もつ煮 』 を 堪能

2013-11-19 | ☀ recreation ☀

 

 

人生初 の 桃狩り を 堪能した後

甲府市内へ 移動し 

 

課長オススメの店 で 昼食。

 

 

 

蕎麦屋さん ですが

『 元祖 鳥もつ 』 って 看板。

 

 

 

どうやら ここが 

鳥もつ煮 発祥の店 だそうで。

 

以前 県内の他の蕎麦屋さん

鳥もつ煮 を 食べたことあり

その時 とても好印象でしたので 

 

食べ比べたくて 迷わず注文。

 

 

 

予想以上の濃厚なタレで 

御飯(ごはん)が 御飯(ごはん)が

ススム君 (コバヤシ)。

 

う~ん 濃厚です。

 

 

 

 

 

里雄 に 感謝 な 昼食になりました。

ありがとう!

 

オイシュウゴザイマシタ。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

武田の歴史に触れる

2013-11-17 | 《 神社 》 参拝

 

次の課長プラン は 

武田神社 参拝。

 

 

甲府駅方面から 

一直線に伸びる 雰囲気ある坂道 の

突き当たりに ドーンと現われます。

 

 

 

今回 レクで 初めて知った 神社。

 

ここも 課長チョイス。

 

 

 

想像以上に 立派な神社でした。

 

 

 

今年は 山梨県に縁があって

たくさん愉しませてもらいました。

 

二礼二拍一礼

感謝 と 先の目標を明確に。

 

 

 

おっさん軍団 ふらふら

境内 を 散歩。

 

 

 

『 姫の井戸 』 とやらへ。

 

 

 

樹にとまる 鶏。

 

 

 

名水だそうで。

 

 

 

水の音がキレイに聞こえます。

 

 

 

『 宝物殿 』 で 歴史に触れました。

 

なぜか キティちゃん ・・・

 

ここは ピューロ か ?

 

武田家 と 何の関係が ?

 

雰囲気 台無しや。

 

 

 

館内 撮影できるのは この場所だけ。

 

刀や鎧兜など 色々な展示物の中で

大きな当時の地図があって

 

埼玉県の辺り(武蔵國)の 地名 は

上尾とか 桶川とか 高崎線沿線 は

現在の地名と 同じでした。

 

 

 

ゆっくりと 時間を過ごし

色々と 勉強に 成りました。

 

しかし

この日の 企画担当者 (KEN-G

どうやら この後 は 

ノープランのようなので ・・・

 

どうするか? って 話になり

 

とりあえず 地図みたら 

『 信玄公墓所 』  が

近くに あるようなので

 

折角なので 訪れることに。

 

 

 

神社から 車で5分ほどのところ に

ありました。

 

 

 

大きな 立派な 墓 でした。

 

この後は 

ここの すぐ近くにある

 

『 山梨護国神社 』 へ。

 

 

 

『 山梨護国神社 』

 

山梨県 の 英霊を祀る神社 です。

 

 

 

心 引き締まります。

 

 

 

山梨県出身 の 約2万5千人余りの方々 を

お祀りしているそうです。

 

 

 

平和な世の中 に 感謝です。

 

 

 

境内は広く 参拝後 ゆっくりと

各々 時間を過ごしました。

 

 

 

皆で参拝できて 良かったです。

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

そして

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

甲府駅近く の 城跡 で

2013-11-15 | ☀ recreation ☀

 

武田神社 山梨護国神社 を

参拝後の 帰り道 

 

中央道に向かう途中 

 

甲府駅のすぐ近くに 

立派な石垣のある 観光スポット

みたいな場所 を 発見 ・・・

 

 

 

課長のプランは 時間にゆとりがあり

この時 まだまだ 陽も暮れる前だし 

 

折角だからと ここも 満場一致 で

立ち寄ることに。

 

 

 

駐車場 が 見つからず 

コインパーキング に 停めて

歩いて向かうと ・・・

 

 

 

広大な敷地 に 

高さ と 迫力ある 石垣。

 

どうやら 『 甲府城 』 跡のようで。

 

 

 

古い雰囲気ある建物 ・・・

 

中では 恐ろしいほどに

屈強な男たちが 柔道の乱取り中。

 

すごく気合いの入った練習で

恐くて近づけないほど ・・・

 

どうやら 県警の柔道部らしく

 

指導している人は 

リアル 江田島平八 の 如く

めちゃくちゃ強面 で

気合い入りまくりでした。

 

 

 

でっかい門。

 

レプリカですが 当時もこんな感じ

だったそうで。

 

 

 

門 を 潜って

 

 

 

門の上の中 も 見てみましたが

特に何もなし。

 

 

 

『 歴史公園 』 という場所らしいです。

 

 

 

一番 目立っている 高い塔 ・・・

 

でも 城とは関係無いみたい。

 

 

 

 

 

 

甲府の街 が 見渡せます。

 

 

 

どれも 立派で とにかく広い。

 

 

 

 

城 で 仕事する男。

 

 

 

街 の ド真ん中 に あるのです。

 

 

 

勢いよく 石垣 に 飛びつく

忍者 を 発見。

 

 

 

逆側 に 下りていくと

 

 

 

中城。 

資料館みたいになってます。

 

ゆったり皆 で 散歩して

帰りました。

 

 

 

立ち寄れて 良かった です。

 

 

 

 

 

帰りは 談合坂PA で 恒例の

ソフトクリーム (清里ジャージーソフト) 

おっさんひとり ペルペル 喰らい

 

おみやげ 買って 

 

安全運転 で 無事に戻りました。

 

 

 

 

今回 この山梨の旅

課長 が 企画担当 でしたが

 

桃狩り から 始まり 

御当地モノも 美味しくて

 

皆で 素晴らしい時間 を

過ごすことができました!

 

 

 

そんな 初夏 を 愉しむ

第二回 レクリエーション でした!

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

娘ふたり と 三人で 豊洲へ

2013-11-13 | 家族 で おでかけ

 

昨年 2012年  秋 の 季節

 

子供の通う小学校 が

運動会の振替え で 

月曜日が 代休 に なったので

 

以前より 体験したかった

『 キッザニア 』 へ 

 

小学生 の 娘ふたり を 連れて

3人で 遊びに行ってきました。

 

 

 

月曜日が定休である 私の休日 と

子供達の学校の休日が重なる

年にほとんどない貴重な この日。

 

娘達 が 小学生になってからは 

毎年 この日は 

ディズニーランドなど 

 

土日混雑する場所に 

連れて行ってあげることが

多いのですが

 

去年 は 

前月より予約を入れて

『 キッザニア 』 に 

挑戦することに。

 

 

 

『 午後の部 』 で 

予約 を 取っていたので

 

自宅を 昼過ぎに出発して

開始 2時間前 に 到着したので

 

先ずは 

『 ららぽーと豊洲 』 内で

娘たちと 買い物したり して 

愉しみました。

 

 

 

潮風 を 浴びて お散歩。

 

娘ふたり も 色々なお店見て

テンションあがります。

 

 

 

予約してある 午後の部 は 

16時スタートで 21時まで 

全力で 遊ぶので

 

先に 食事しておくことに。

 

 

 

ららぽーと 内には 

色々と 食事する店がありますが

娘たちは 鮨がイイ と。

 

 

 

いけす が いっぱい。

 

店内は オモシロイつくり で

レトロな感じに演出仮装された 

市場の雰囲気。

 

 

 

我々 テーブル席に。

 

カウンターも あって

職人さん が 握ってくれます。

 

 

 

ランチタイムでしたので

お安く 美味しい お寿司 が

食べられます。

 

 

 

ワタクシ 天ぷらと 刺身のセット。

 

リーズナブル で 刺身も美味しく 

満足いく内容でした。

 

 

 

家でお留守番 の ママや弟にも

食べさせてあげたいね って

 

そう言いながら

ペロりと たいらげる娘達。

 

 

食べ終わった後 

長女が バックから ペンを出して

箸の紙 何か書いていると思ったら ・・・

 

 

「 (^v^)  ごちそうさまでした 」 

って (笑)

 

 

 

 

娘達 も 喜び 満足

そして 満腹 に なりました。

 

将来 娘達 が 大人になったら 

ランチじゃなくて 夜の寿司屋 で

一緒に お酒 も 飲めたら イイな

って。

 

 

お互い生きていればの話ですが

 

実に 愉しみです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

キッザニア 初体験 の 記録

2013-11-11 | 家族 で おでかけ

 

 

昨年 の 秋 『 ららぽーと 豊洲 』 にある

『 キッザニア 』 へ 娘ふたり つれて 

遊びに行ってきました。

 

このテーマパークは 午前と午後 の

2部に分かれ 予約制。

 

 

ちなみに 『 キッザニア 』 とは

お仕事 体験テーマパーク。

 

子供達 が

実在の企業が提供する施設 で

色々な仕事を体験できるのです。

 

実際 施設内で 利用できる

『 キッゾ 』 という お金 が

給料として 支払われます。

 

 

 

二時間近く前に到着して

食事の前 に 

受付 を 済ませましたが ・・・

 

それでも 結構 後ろの方。

 

 

 

待ってる間 に 

色々と 必要事項 を

自分たちで 記入します。

 

 

 

 

ららぽーと 3階フロアー に

できた行列 は ゆっくりと

流れはじめ ・・・

 

 

 

入口 に 到着。

 

いよいよ ここからが 勝負です。

 

先に ネットで調べたら  

 

どうやら ディズニーランド の

『 ファストパス 』 みたいな

 

先ずは 優先的に 体験したい

仕事(プログラム)を 予約して

 

その予約の時間までの間 に 

他の空いているプログラム を

体験していく仕組み

のようで ・・・

 

 

 

人気のプログラム は 

すぐに 予約で イッパイ に

なってしまうそうで ・・・

 

一番人気の お菓子工場 では

森永 『 ハイチュウ 』  を 

機械 と 手作業 で 作る

体験 が できて 

 

さらに

名前入りのオリジナル の

パッケージ を デザインして 

 

自分で作ったハイチュウ を

箱詰め 包装作業 まで

できるそうで  ・・・

 

 

ハイチュウ は さすが

一番人気だけあって 

入場と 同時 に 長蛇の列 で 

即〆切られ ・・・

 

 

 

ハイチュウ は あきらめ 

同じく 人気の高い仕事である

『 ピザーラ 』 へ 並び 

 

なんとか 予約できました。

 

予約した 娘たちの

仕事 開始時刻 まで

二時間近く あります。

 

予約できる仕事 は

ひとつだけ で

 

その仕事が終わらないと

次の仕事 の 予約 は

できません。

 

 

 

とりあえず

他 の お仕事体験 で 

時間 を つぶすことに。

 

しかし 人気の仕事 は

すぐに 予約 で 埋まり

 

それ以外 の お仕事でも 

40分 ~ 60分 くらい  

並んで 待つ 状態 ・・・

 

 

 

施設内 を 色々と 見て回ると

2階の端にある 森永乳業の仕事 が

比較的すいていて 

 

待ち時間 20分位 で イケるので 

すぐに 並びました。

 

 

 

乳製品 の 企画・開発をして

オリジナルの商品をつくります。

 

愉しそうです。

 

 

 

調理 と 衛生面 の 勉強もして

 

自分達で作った 

チーズケーキ を 食べて

終了。

 

給料として キッゾ(お金)を もらい 

次 の 仕事探し へ。

 

 

予約した 仕事の時間 まで 

上手く 時間 を 潰さないと。

 

 

さらに 色々と 見てまわると ・・・

 

 

ビューティーサロン の 『 お客役 』 

ってのが この時 15分待ち で

体験できるようで

 

娘達も 興味があったので

すぐに 並びました。

 

 

iPad を 使って 顔の写真をとって

カウンセリング して イメージを話し合って 

化粧 を 他の子にやってもらうのです。

 

面白いのが 

お客役なので 稼いだキッゾを

ここでは 支払うのです。

 

 

 

仕事を終えて 街(施設内)にでると

ウーウーとサイレンの音が ・・・

 

どこかで 火事 です。

 

 

男の子に 人気の仕事 消防士 です。

 

ちいさな消防車 で 街中を走りぬけ 

現場に 駆け付けます。

 

実際に ホースから水を出して

消火活動まで行います。

 

見ていて なかなか

迫力 ありました。

 

 

 

街の中には デパートもあります。

 

ここでは 子供達が

自らが稼いだ キッゾ(お金) で 

実際に 買い物 が できます。

 

 

 

欲しいものを 買うために

頑張って 稼ぐのです。

 

このデパート 大人は入店できず

子供だけが 買い物できるのです。

 

 

 

予約した ピザーラ の 仕事の時間。

 

生地 を のばすところ から 

焼き上げるまで を 体験 します。

 

 

 

ソースを選び 好きなトッピング で

作ります。

 

どの仕事も 大人は入れませんので

保護者は皆  ガラス越しに 

ビデオ や 写真 を 撮るのです。

 

 

 

 

できたピザは 皆で食べました。

 

見た目は 悪くても 

なかなか 美味しい ピザ でした。

 

 

 

食べている すぐ近くに 

救急車 が やってきて 

救助活動 が 始まりました。

 

みんな 一生懸命で かわいい。

 

 

 

カーディーラー かと 思いきや

車のデザイン の 会社でした。

 

 

 

病院 も あります。

 

医師 ・薬剤師 ・救急救命士 ・看護師

の 中から 選んで 体験できます。

 

 

 

獣医さん も 体験できます。

 

 

 

東京ガス の エンジニア

 

専用車両 に 乗りこみ

出動していました。

 

 

 

モスバーガー

 

作って 食べれます。

 

 

 

はとバス は 

街中 を 走り回っています。

 

バスガイド の お仕事。

 

 

 

他にも 様々な 

スリルある 実践的な仕事 も

体験できます。

 

 

 

施設内には キッゾ専用 の

『 銀行 』 が ありまして。

 

口座 を 開設すること が

できます。

 

トラベラーズチェック の 両替 も

できるようです。

 

 

並んで 窓口 で 登録する と

キャッシュカード 発行されて ・・・

 

 

街中の ATM で 預けたり

引き出したりできるのです。 

 

次回 訪れる時まで

キッゾ(お金)を預けます。

 

 

 

娘たちは 

先ほど  お客役 で 参加した

ビューティーサロン で 

 

今度は コンサルタントとして

化粧する側 に。

 

 

 

 

J-WAVE。 

 

ラジオ の お仕事。 

 

実際 台本読んで リハーサルして

キッザニア内 の ラジオに 出演。

 

 

 

はんこ屋さん

印鑑 作って もらえます。

 

 

 

理容師。

ひげそりの練習とか するようです。

 

 

 

娘たちは ジューススタンド の

販売員 に チャレンジ。

 

新鮮な 野菜 や 果物 を 使った

フレッシュジュース を 作ります。

 

 

野菜や果物 の 栄養について

先生の指導を受けて 学び

 

皮をむいたり小さくしたりして

 

最後は 自分で作った

ジュース を 飲みます。

 

 

 

ガススタ。 

 

提供 は 出光。

 

 

 

他にも まだまだ 驚くほど 

リアルな体験のできる仕事 が

たくさんあって (一覧はコチラ

 

 

 

保護者 の ワタクシ

ワクワク してしまいました。

 

 

 

一回の入場で 体験できる仕事は 

3~4種 くらいかと。

 

キッゾ(お金)預け 貯められて

 

何度も入場したくなるように

よくできております。

 

子供達 も 

すごく愉しかったようで

「 また 来たい !」 って

 

次回 は 

あれもやってみたい

あれも体験したい って

 

帰りは 大騒ぎ でした。

 

 

 

世の中 まだまだ 色々と 

愉しませてくれる場所 が 

あるものです。

 

また今度 

平日休み が 重なったら

連れてきてあげよう と

思います。

 

 

 

ここに遊びに来るなら

やりたい仕事(プログラム) を 

シッカリ決めて

 

『 攻略法 』 を

調べて から 訪れること を

オススメ いたします。

 

 

 

 

 

 

子供の緊張した姿 や

日頃 見れない一面 が 見れて

 

親としても 愉しかったです。

 

 

次回 は 息子も 連れて

訪れようと 思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

専用 の 湯飲み と 日常

2013-11-09 | は ち み つ 蜜 雄

 

日本茶 が 好き で

湯飲みも色々持ってますが

 

飲み口 の 薄いタイプが

 

すすりながら飲むとき

一番 美味しく感じるので

 

ふちの薄いタイプ が 

好きです。

 

 

↑ コレも お気に入りのタイプ。

 

『 P o o h  』  ってね 

例の 浦安(千葉県)に住んでる

黄色い熊のおっさん

 

 

え?

 

ああ コレは 

お茶じゃないですよ

 

入っているのは

勿論 ハチミツ です。 

 

 

 

ええ

ハチミツ専用 です。

 

 

ホットハチミツ です。

 

 

原液 あたため た 

ってだけの代物。

 

 

トロトロ です。

 

 

まんま

ゴクゴク と 飲むのです。

 

 

ええ

 

全裸 で 腰に手を おき

喉を鳴らして ゴクゴク っと。 

 

 

 

風呂上がりなもんでね

全裸 で。

 

 

ええ

 

ハチミツ を 全裸 で

ゴクゴク 飲む ってのが

我が日常 です。

 

 

 

実に 幸せ です。

 

 

 

 

蜜雄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

お元気ですか?

2013-11-07 | ☆ 元 気 ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

登山口~金精~五色~前白根

2013-11-05 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

9月に 単騎で 登った 

『 日光白根山 』

 

 

ロープウェイ は 使わずに 

菅沼登山口から スタート。

 

しかも 

前夜の就寝前 に ネットで見つけた

登山者の少ない 面白そうなルート

で 登ってみることに。

 

 

 

隠しステージの如く 

登山道 は かなり判りづらい場所に。

 

こんなとこ 行くの? って感じの

グッチャグチャな道から スタート。

 

 

 

とりあえず 進みます。

 

 

 

朝日 が まぶしい。

 

 

 

登山者 が 少ないのか

道 が 判りづらい 分岐 が

何箇所か ありました。

 

 

 

ウォーミングアップには 丁度いい

そんな山道 を ゆっくりと進み ・・・

 

 

 

スタートから 30分ちょい で 

中継ポイント 『 金精峠 』 に 到着。

 

 

 

すぐ近くには 『 金精神社 』

 

この神社 なんと 御神体 が

男根 』 (しかも巨根)

だそうで  ・・・

 

ワタクシ ・・・

トンガリコーン も ビックリ な

タニシ 程度の大きさ なもんで ・・・

 

『 刀 』 でいいますと 

ドス 』 (短刀)ですから ・・・

 

なんか ね ・・・

セツナクテ ね ・・・

 

 

 

湖が見えます。

この辺りは 湖が多いです。

 

次の目的地 『 金精山 』 へ

向かいます!

 

 

 

頂上付近に 『 亀裂 』 あり ・・・

 

亀裂? って 

初めて出逢う 注意書き ・・・

 

 

 

頂上目指し 進めや進め !

 

 

 

それにしても 登山者 が いません(笑)

 

 

 

色々な植物が 生息しています。

 

 

 

霧(ガス)の動き が 速く 

少し登ると ・・・

 

 

たった 五分位で 雲がどんより。

 

 

 

丁度 身体 が 山に慣れて

温まってきた頃 に

そこそこの急登 が 始まります。

 

 

 

ここで この日 初めて 登山者 と 遭遇。

 

御年配 の ご夫婦 で

「 こんにちは 」 と 挨拶すると

 

ワタクシ の

軽装 と 登るペース を 見て

そう思われたのか

 

「 山小屋の方ですか? 」 と

話しかけられました。

 

 

 

 

ここから そこそこ アドベンチャー。

 

 

 

ロープあり の 細い道も あり

 

 

 

だんだんと 急登 に ・・・

 

 

 

愉しくなってまいりました!

 

 

 

霧 も 濃く成り 

道 も 過酷 に。

 

 

 

 

ひっ ヒル や~  !

血ィ 吸われるゥ~ !

 

 

 

ハシゴ あり !

 

両手両足 しっかり使い

登ろうとしたら ・・・

 

 

 

ちっちゃっ !  

 

ハシゴ ちっちゃ (笑)

こびと用 か?

 

コレ 逆に ジャマでした (笑)

 

 

 

その先には 結構な角度 の

スリリングなポイントが!

 

ハシゴ 浮いていて ガッタガタ。 

外れそう ・・・

 

亀裂 注意 って

ここのこと かな?

 

慎重に 気を抜かず

クリアしました。

 

 

ここから さらに 登って ・・・・・

 

 

『 金精山 』 頂上 到着!

 

 

 

標高 2244 メートル。

 

見える景色が 少し変わりました。

 

 

日光方面から 行きに通ってきた 

峠道 が 下に 見えます。

 

うっすらと 男体山 も 見えました。

 

 

 

次の山へ GO!

 

ここから

ピョン ピョコ と 飛び跳ねて

一旦 ガッツリ 下ります。

 

 

 

下って チョイと 登れば 

『 国境平 』 の 分岐点。

 

 

 

次の 『 五色山 』 目指して

登ります!

 

 

 

 

意外と ここが 見た目より

地味に キツイ ・・・

 

 

 

ケモノ の 足跡。

 

 

 

ひーひー はーはー

汗ダク で 登ります。

 

 

 

どうやら ケモノたちも

歩きやすい 登山道 を 通ったようです

 

 

 

また 霧が ・・・

 

風も強くなって あっという間に

雰囲気が変わります。

 

 

 

一度 木々の中へ。

 

 

 

どんどん 進みます。

 

 

 

ひらけたら 霧もハレて

日光 が 暖かい。

 

 

 

って 下見たら すぐそこに

雲(ガス)のカタマリ ・・・

 

 

 

向かって左 は 曇り空 と 黄緑 ・・・

向かって右 は 青空 と 深緑 ・・・

 

 

 

気分良く進むと 頂上らしき場所に ・・・

 

 

 

『 五色山 』 頂上 到着!

標高 2379 メートル!

 

 

 

ここから 目の前に見える山 が

この日 の 最終目的地

『 奥白根山 』。

 

 

 

その下に

キレイな 『 五色沼 』 発見!

 

ちょい 感動。

 

標高の 高い場所にある

沼 です。

 

 

 

登る直前 車内で書いて持ってきた

本日のルート メモ。

 

分岐点が多い 長期戦の時 は 

最低限のポイント名 を

書いておかないと

確実に 迷子になりますから。

 

経験上

少し迷っただけで 心理的に

かなりやられ 体力面にも

影響がでるのです。

 

泣きそうになりますからね

実際。

 

道のり を 想像しながら 

時間の計算 や 体力配分 を

手書きで 書くことで

脳内で リハーサル。

 

 

 

ここからの ルート は 

五色沼 の 周り を 

グルっと 廻りながら 

 

奥白根山頂 を 

目指します。

 

 

 

風に乗って 霧(ガス)がどんどん

流れてきます。

 

そんな中 ぴょんぴょん飛び跳ね

下っていきます。

 

 

 

この後 写真の左側から登るのですが

ケッコウ きつそうだなぁ~ 

なんて考えながら 進みます。

 

 

 

次に目指すは 経由地である 

お隣の 『 前白根山 』。

 

 

 

一度 下って また 登る。

 

景色が良いので テンション上がり

どんどん 進みます。

 

 

 

ここを登りきって 少し進めば

前白根山頂。

 

 

 

五色沼 にも 近づいてきました。

 

 

 

 

振り返ると 通ってきた山道 を

見渡すことができます。

 

 

 

あと少し で 前白根 山頂。

 

誰もいない 前白根 ・・・

 

贅沢。

 

 

 

もうちょっと。

 

それにしても

登山者に 出逢いません ・・・

 

平日だからかな?

 

 

 

到着。  前白根山 !

 

 

 

標高 2373 メートル。

 

前白根山 も 山頂は広く

素晴らしい眺めで

気持ち良かったです!

 

 

ここから 

さらにグルっと 廻って 

 

関東以北の最高峰 を 誇る

『 奥白根山 』 の 頂上 を 

目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

前白根~避難小屋~奥白根山

2013-11-03 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

 

前白根山頂 から 避難小屋まで 

一気に下り そこから 

奥白根山頂 を 目指します !

 

 

 

たえず 右手に見える 五色沼。

 

 

 

前白根からの下り道は

砂の上に石がゴロゴロ乗っかっている

そんな感じの道なので 

 

ズササーッ ズササーッ っと

スキーみたいに 足を滑らせながら

結構なスピードで下れます。

 

愉しかった。

 

 

 

逆に 登りでは 足を捕られ

進みづらい場所です。

 

下りでよかった。

 

 

五色沼 まで

下りて行ける道 が ありまして

折角なので 行ってみよう

と 思いましたが ・・・

 

 

 

往復 の 所要時間 も ワカラナイ し

万が一のことを 考えますと

単騎の時 予定に無い行動 は 

命取りになるので

 

安全第一の精神 で 

今回は やめておきました。

 

 

 

当初の目的である

奥白根山頂を目指し 進みます。

 

 

 

経由地 の 避難小屋 へ 向かって

一旦 下ります。

 

 

 

結構な 急登 を 下ります。

 

 

 

下って 下ると 

オレンジの屋根 が 見えてきました。

 

避難小屋です。

 

 

 

避難小屋 の 裏側の斜面から 

下りてきたのですが

 

下にいた オジサンさん3人に

「 山小屋の人だよねぇ? 」 と

話しかけられました ・・・

 

「 いいえ私は山小屋の人ではありません 」

と 英語の教科書の訳っぽく 淡々と 丁寧に

山小屋の人ではないことを伝えました。

 

 

 

いよいよ ここから クライマックス

奥白根山頂へ の 急登が始まります。

 

 

 

鹿の親子 に 遭遇。

 

 

 

チラチラと こちらを警戒しながら

親を追いかける 子供。

 

 

 

気合い入れ直し 一気に登ります!

 

 

 

この日 一本目 終了。

 

 

 

ガンガン 登ります。

 

 

 

すると 途中で 

下ってくる 御婦人チームに

道を尋ねられました。

 

しかし 

来たルートとは違うルートでしたので

「 わかりません 」 と 答えると

 

御婦人 驚いた表情 で

「 えっ!? 山小屋の方でしょ? 」

って ・・・・・

 

 

あの ・・・

ワタクシ さいたま市に住んでいる

車の買取屋さんです。

 

ワタクシ

山小屋には 住んでおりませんし

宿泊の経験もありません。

 

もう こうなると

『 山小屋の人ではありません 』

と 書かれた オリジナルTシャツ を 

特注で作るしかないな と。

 

 

 

その後も 何人か 下ってくる方々と

すれ違いながら 

ひたすらに 登ります。

 

 

 

確かに みなさん 

大きなリュックを 背負って

本格的な装備で 服装もビシッと

されています ・・・

 

ワタクシ

Tシャツ に ウエストバック のみ。

 

軽装 で  ヒゲ面 なので

山小屋の人 だと

勘違いされるのでしょうか ・・・

 

 

 

このルート 

どうやら みなさん 下りで

登っているのは ワタクシひとり ・・・

 

 

 

ここまでの 通ってきたルート が 

一望できます。

 

こう見ると 

さっきの分岐で 五色沼まで

下らなくて 正解だったなと ・・・

 

往復 結構な距離もあるし

体力時間ともに 大きなロスに

なっていたことでしょう。 

 

 

 

まだまだ 登ります ・・・・・。

 

 

 

途中 休憩。

この辺りから 疲れ が 出てきました。

 

 

 

もう一息 ・・・

 

 

 

頂上近く 雰囲気が変わり

歩きづらい ・・・

 

 

 

看板が出てきました。

もうすぐです。

 

 

 

山頂 が 見えてきました。

 

 

 

山頂近くの 『 奥白根神社 』

 

手を合わせ 頭を屈めたら ・・・

 

 

 

横っ腹あたり に へばりついてる 

ニャッキ! 』 (青虫くん) を

発見 ・・・

 

 

 

青虫 を 社殿横 の

葉っぱの多いとこに おろしてやり

参拝して 頂上へ向かいました。 

 

 

 

ここから 最後の登り です。

 

 

 

展望の良い 岩場 を 登ります。

 

 

 

あと少し。

 

 

 

手を使って 岩場 を よじ登り

 

 

 

ありました! 頂上。

 

狭いスペースに 登山者が集まり

写真を 撮っています。

 

 

 

そして 到着。

 

『 日光白根山 』 (奥白根) 頂上!

標高 2578 メートル。

 

雰囲気よい 素晴らしい山です。

 

 

 

山頂付近 は 結構な人の数で

食事を愉しんでる方が多かったです。

 

 

 

今回のコース 

下っている人は いましたが 

最初の金精山に向かう途中で

お会いした 御年配の夫婦 以外 

登っている人には 一切 

出逢わなかったので

 

皆さん ロープウェイからのコース で

登ってこられた人達だと 思います。

 

 

 

景色も 道にも 変化があって

飽きずに登れる

とても 愉しいコース でした!

 

 

 

この日は 水分重視で

食糧は持たず ウエストバックには

ペットボトルだけ入れてきたので

 

頂上では 

気の向くまま 景色を愉しみ

下山しました。

 

 

 

さすが 関東以北の最高峰。

景観の素晴らしい山頂でした。

 

 

 

 

ここから 一気に下山します!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

頂上~弥陀ヶ池~菅沼登山口

2013-11-01 | 蜜 雄 8 3 名 山 (笑)

 

 

山頂からの下り。

 

色々なルートがあるようですが

『 弥陀ヶ池 』 経由 

菅沼新道 で 戻るコース。 

 

 

 

少し 下ったところ から

見上げる 山頂。

 

 

 

安全第一 と 心引き締め直し

慎重に 愉しみながら 

下っていきます。

 

 

そこそこな 急斜面の岩場 を

下ります。

 

 

 

写真だと 高度感は 

なかなか 伝わらないのですが ・・・

 

 

 

振り返れば 

登るのは嫌になる 結構な道 です。

 

 

 

見えてきました 『 弥陀ヶ池 』。

 

 

 

ここで 2本目 終了。

 

標高による気温のせいか

この日は 自分でも 驚くほどに

水分消費量 が 少なかったです。

 

 

 

 

ガンガン 下ります!

 

 

 

こんな感じで 登るのキツそうな斜面を

下り続け ・・・

 

 

 

だんだん 近づき ・・・

 

 

 

間違えないように 慎重に

看板で 現在地を把握。

 

色々な方向に 道があり

組み合わせ方によって また

愉しみ方も変わる 良い山です。

 

 

 

やっと 到着 『 弥陀ヶ池 』。

 

 

 

白根山 を バック に。

 

こうなると 五色沼 も

下りて見に行きたくなります。

 

 

 

しかし 体力的にも この日

ここから 五色沼 は 結構キツイので

 

予定通り 菅沼新道 で

登山口(駐車場) を 目指しました。

 

 

 

菅沼登山口 まで 約80分。

 

その後 

流す感じで リズム良く 下ったら

ここから 40分で 行けました。

 

 

 

 

池からの道は こんな感じで

あまり変化なく そこそこの斜面 を 

ひたすらに進む。

 

 

一番 人気のあるコースは やはり 

ロープウェイでのコースだと思いますが

 

自分の脚 で 登るなら

菅沼登山口 から スタートして

この登山道をピストンするのが 

一般的なようです。

 

 

 

なんだ かんだ 

結構 疲れました ・・・

 

登ってみて 解りましたが

今回のように 金精山経由 で

奥白根まで行くルート は

登山者が 少ないです。

 

 

 

到着。

 

景色も 道も 変化の多いコース で

個人的には すごく 愉しめました。

 

 

 

結局 水も 2本半 で 間に合いました。

 

 

 

 

自分のペースで 

じっくり ゆっくり 景色を愉しみ

ひと山 ひと山 堪能しながら

登ったので

 

結局 朝 8時 スタート で

14時 丁度 に 戻ってきましたので

ピッタリ 6時間 かかりました。

 

 

もちろん この山 は 

人も多く 難所も少ない

安全な山ですが

 

それでも 

初挑戦 の 未体験な山 は

景色も含め 山の中で出遭う

全て が 新鮮 で 刺激的 で

 

しかも 

それを単騎で登るとなると

特に スリルや 緊張感は 増大し

 

無事に 下山できた時 の

達成感 は もちろん 

安堵感 が ハンパない(笑)

 

 

そういう意味では

とても 充実感 の 高い

6時間 と成りました !

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント