車買取LEO 事業部長日記

日々の出来事 と 日本の未来を考える 愛の子育て日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

特戦隊員募集中

2012-07-31 | Weblog

 

 

 

只今 特戦隊員 募集中です !

 

 

自分のチカラ で 人生を切り拓き

仕事を通じて 成長したい

 

人のために成りたい

 

仕事も 遊びも 充実させたい

 

夢 を 実現したい

 

そんな方 

 

コチラ ← クリック

 

 

私も 当社代表 と 出会い

人生が大きく変わりました。

 

そんな 出会い に できればと

想っております。

 

是非 一度 

熱い想い を 聞かせてください !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

亀田亀雄 の 懐

2012-07-29 | Weblog

 

 

実に かわいい ですね。 

 

【 硬き甲羅の秘密 】 は コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

里山からの贈り物

2012-07-27 | は ち み つ 蜜 雄

 

 

里山里雄 (31歳・係長) が 

北海道のおみやげ で 買ってきてくれた 

アカシアのハチミツ。

 

本物のハチミツ は 高級品。

 

『 純粋 』 を うたっているのに

人工甘味料 や 水あめ で 造られた

偽装された 加糖ハチミツ も

スーパーなどで 売られています。

 

こういう 国産の本物 は

嬉しいです。

 

 

アカシア は クセがなく

ハチミツ慣れしていない人でも

食べやすいサッパリとした美味しい

ハチミツ。

 

子供達も 大喜びです。

 

高級品 を ありがとう。

 

 

 

ハチミツは 花の種類によって 

全然 味が違います。

 

そばの花 ってのがあるんですが

色も味も ハチミツの領域を超え

別物です ・・・ (ワタクシはムリ)

 

 

 

頂いた アカシア は

本当に美味しいです。

 

里山里雄 (身長208cm) に 感謝。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

勝てる法則があり それを知り 

実行できる行動力。 

 

こうして 護られた

ハチミツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

医療と子育て奮闘

2012-07-25 | Weblog

 

 

最近 我が家では 

風邪をひいても

病院には行きません。

 

ハチミツ なめて よく寝て

完治してます (笑)

 

薬 は 信用できないので。

 

自然治癒力 を 磨き

薬に頼らない身体づくり を

子供たちと 取り組んでおります。

 

そっちの方が

理に適っている気がするのです。

 

医療 の  は 根深そうなので。

 

ちまたの話が もし真実なら 

とても 恐い話 なので。

 

大袈裟な話も多いでしょうから

正直 解りませんけど。

 

 

ただ 仮に 

ワクチン製造している大本 が

嘘 ついてたら 

せっかくの 善意 も 

悪意 に 利用されちゃうんだなぁ

って 思うのです。

 

 

 

 

こんなこと 疑うようになったのは

実際 子育て中の経験として

インフルエンザの予防接種 を 

受けた年だけ

インフルエンザにかかる のです。

 

仕組みなど 細かい話は抜きにして

結果だけを見れば

『 予防接種など打たなきゃよかった 』

なのです。

 

 

TVに煽られた妻の愛情から 

受けた予防接種でしたが

実際 

酷いインフルエンザ症状が発生するのは

必ず 予防接種を受けた年だけ。

 

その当時 一本 6000千円。

 

TV、雑誌 で 煽り 騒げば

心配になって みんな 

行列つくって 予防接種。

 

儲かってしょうがない?

 

 

たまたまかもしれませんので 

無責任な発言はできませんが

 

それら経験 が 

調べるキッカケでした。

 

意識して調べてみたら

恐い話 が たくさん出てきて。

 

 

ヨーロッパ や どこどこ州 では 

禁止されている原料だったり

こういった ああいった 発症例の数々

相当な死亡例まで出ているのに

気軽に打っちゃう危険性。

 

 

嘘であってほしいのですが

真実だったら 恐すぎですから。

 

子供ができるまで

こういったことは 

全く意識していませんでしたが

色々 調べて行くと

キレイゴトだけじゃない

強烈な悪意 も 垣間見れます。

 

日本の道徳感だけでは

太刀打ちできない どころか

善意を逆手にとられては

分が悪すぎです。

 

 

可能性まで考えちゃうと

恐い世の中。

 

『 仮に 』 も 含めた

そんな中

子育て 奮闘中です。

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

シンゴの好きなコント

2012-07-23 | Weblog

 

 

当時 中学生の頃 で 衝撃的だったのは 覚えてます。

 

これと カッパのコント が 当時 ツボでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

昆虫採集から得る成長

2012-07-21 | 公園 で 遊ぼう!

 

 

休日 子供たち と 公園へ。

 

 

息子は 昆虫採集 に 夢中。

 

 

バッタ や カマキリ と 全力で遊びます。

 

思い通りにならない 予測不能な素早い動きの昆虫を

自分なりに考え つかまえる という遊びには

男として 将来 仕事など 色々な面で

活きてくると思うので 

野生の生き物との時間を 大切にしています。

 

 

姉ふたり も 参加して 共同での捕獲 を 試みます。

過去の経験などで得た知恵を出し合い 共有し

捕獲できる種類も増えます。

 

自信をつけて 興味の領域が拡がり 

狙う昆虫のレベル が 上がります。

 

 

 

息子の興味 が 空を ビュンビュン飛ぶ トンボへ。

 

物凄い数のトンボが 大人の身長ほどの高さ を

すごいスピードで 飛び交ってます。

 

すぐにとまって 羽を休めるタイプのトンボであれば

眼の前で 指をクリクリって回し 注意を誘い

トンボが首をかしげたら 

後ろから羽をつまむパターンで

楽勝なのですが  ・・・

 

この日の この公園のトンボ達 は

とまる気配 は 全く無く

ビュンビュン飛び交っているので

虫網で 狙いを定め 

スピードと技術で捕獲するしか 

方法はなさそうです。

 

他の小学生達も 

つかまえようと 網を振りますが

やはり トンボの動きが 素早くて 

誰も つかまえることができません。

 

こうなってくると パパの出番 ・・・

 

子供達には

『 この世に絶対は無い 』  と 

教育してきたのに

「 絶対に つかまえてね 」 と 

父親に対し 気軽にプレッシャーを与える

子供達 ・・・

 

 

まあ いい

大人と子供の違い を 

魅せてやろう ・・・

 

 

網を振りかざし 挑んでみるものの

このトンボ達 は なかなか 難しい ・・・

 

あまりのスピード と 変則的な動き ・・・

 

ワタクシ ムキになって ハアハア言いながら

ジャンプしたり 虫網をブンブン振り回したり

ひとり無双状態 へ。

 

トンボ相手に 悪戦苦闘していると

いつの間にか 子供たちは 

遊具のほうへ 遊びに行ってしまい

ひとりぼっち ・・・ 

 

はたからみれば 中年のオッサンによる

ひとり昆虫採集 ・・・ 

 

中年のオッサンひとり 

虫網もって ビュンビュン振り回し

無双状態で 暴れていれば

それはもう ただの変態。 

 

そこを通りがかった ご老人(お婆ちゃん)に

「 ご苦労様です 」 と 笑顔で声をかけられ

テレながら会釈 ・・・ 

 

ハズカシーぜッ !

 

 

 

その後も トンボは素早くて 

ただ 網を振り回していても 

捕獲できない ・・・

 

 

トンボの動き を よ~く観察して

攻略方法 を ひとり考える ・・・

 

トンボの本能的な反射神経を

利用することに。

 

よく動きを観察して 

逃げるトンボの動く方向 に 

あらかじめ 狙いを定め 先回りして 

カウンターぎみに 網を振り

なんとかゲット。

 

 

「 つかまえて 」 と 頼んでおいて

その父親を放置して 遊具で遊ぶ子供達 を

「 みんなぁ トンボつかまえたよぉ~ 」 って

教育テレビのお兄さんの如くヤワラカサで

子供たちを呼ぶ父親 ・・・

 

 

 

トンボの構造 と 扱い方 を 説明。

息子は 興奮気味に トンボを観察してました。

 

子供達は リリースするときに 自分の手から

トンボが飛び立つのが 愉しいらしく

その後も ワタクシに 何度も トンボを捕獲させては

リリース。

 

 

 

この日は 日が暮れるまで 遊んでたのですが

時間が経つにつれ トンボ達の飛行高度が下がってきて

帰りの頃の 夕暮れ時 トンボ達は

地面スレスレ を 飛び交っていました。

 

時間によって 飛ぶ高さが違うんですね。

 

まあ いずれにせよ

ここのトンボ達は 

つかまえるのが難しい。

 

私が子供の頃は トンボなんて 

簡単につかまえられたのですが 

時期的なものなのか 

種類の問題か解りませんが

コツをつかむのに 時間がかかりました。

 

ボブサップ 同様

攻略方法 さえ 解ってしまえば

あとは 簡単。

 

これに限らず なんでも あきらめず 

意識して 挑んでいけば 攻略方法は

どこかにあるはずです。

 

 

 

 

 

自然相手に遊ぶのは 

大人になっても 愉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

埼玉県で2番目に安い

2012-07-19 | Weblog

 

 

お米を精米してもらっている お店 で

ビニール袋 で 小分け に

売られている 金魚ちゃん達 ・・・

 

 

 

↑ 写真 の 黄色の張り紙には 

『 大宮で 一番安い 』 って 

書いてあります 

 

さらに その下には

『 埼玉県で 2番目に安い 』

って 書いてあります (笑)

 

 

 

 

言い切り 割り切るところ が 

好きです。

 

 

どうやって 調べたのか (笑)

 

ただ こうなってくると 

1番の店 が 気になります (笑)

 

しかも

1番安い値段 を 知っているなら 

家電量販店みたいに

何とか頑張って その値段 を 越えることは

できないのか?

 

 

なぜ 一生懸命 に

1番 を 獲ろうとしないのか ・・・ 

 

 

なぜ 金魚 を 売るのか ?

 

 

なぜ 食品 と 同じ売り場 で

金魚 を 売るのか ?

 

 

売れるのか ?

 

 

 

 

 

 

ん ~

 

 

 

まあ よしとしましょう 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

結石つながり

2012-07-17 | Weblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

嗚呼、タレのチカラの偉大さよ

2012-07-15 | Weblog

 

 

なんでか かなりご無沙汰していた 

吉野家へ。

 

 

 

 

青い旗 が パタパタしてます。

 

どうやら 『 ねぎ塩豚丼 』 ってのが

イチオシ の 様子。

 

イツナンドキ だって オススメ が あるなら 

ススメルには 理由がアルハズなので

ソレ を イワレルガママ に 食べてみます。

 

 

そもそも 『 速い安い 』 を 売りにしているタイプの

チェーン店 で 味に期待しても 限度があるわけで (笑)

 

肉質や 米に コダワルなら

そういう店に 行けばいいわけで。

 

缶コーヒー と 店で出すコーヒー を 

比較するような話になっちゃいますからね。(笑)

 

まあ そんな人はいないと思いますが ・・・

 

 

いずれにせよ お値段も気軽に 

すぐ食べられる(飲める) って中で

どれだけのクオリティを出せるか ってのが

テーマですから

 

もちろん 過度の期待などせず 

逆に それらを楽しむ気構えで

オススメの通り 『 ねぎ塩豚丼 』 を。

 

 

 

 

 

コレ 気に入りました。

390円 にしては やるじゃなーい

 

 

肉 が ウマイ わけでも   米 が ウマイ わけでも

なく

なに が 気に入ったかと 申し上げますと

タレ。

 

 

なぜか 

懐かしさすら感じる このタレ ・・・

 

肉との カラミカタ ・・・

 

ネギの風味 ・・・

 

香ばしさ ・・・

 

どこかで 同じような経験をしている味 ・・・

 

ごめーん ・・・

 

 

!!!

 

 

半分くらい 食べたあたりで 

懐かしい理由 が 解りました。

 

 

『 ねぎバンバン 』 ・・・

 

 

焼き鳥 ダイキチグループ の お店のメニュー

『 ねぎバンバン 』 に 似ています。

 

 

ねぎバンバン丼 (豚ver.)

 

って 感じですね。

 

 

タレ に 依存性 が 

ありますね。

 

 

タレ が 主人公。

 

 

人間の味覚 と 脳の仕組み を

研究し尽くされ 完成された 刺激と味 ・・・

 

記憶に スリコマレテマス。

 

イルミナティ の オモウツボ

 

 

 

 

 

また 気軽に行きたくなっちゃう

そんな 吉野家の新作 でした。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

子連れ の 懐

2012-07-13 | Weblog

 

 

最近 暑くて

汗 が 噴きでます。

 

つらいです。

 

たえず 額(ひたい) が

しとしとぴっちゃん ・・・

 

しとぴっちゃん ・・・

 

 

 

 

 

 

幼少の頃  この歌 ↑ の 

♪ しとしとぴっちゃん しとっぴちゃん しとぉ~ぴっちゃん ♪  の 部分だけ

なぜか父親が歌いだす時期があって 

記憶に すりこまれてます (笑)

 

しかし 父親は 

そこ以外の歌詞が うるおぼえ のようで

しとしとぴっちゃん の 後は

♪ んふふ んふふふ んふふ~んふ~ ♪ と

適当に 歌っていました ・・・

 

 

で この動画見ていて 新たな発見がありまして ・・・

 

2番目の歌詞が 

♪ ひょうひょうしゅるる ひょうしゅるる ひょうしゅるる ♪ 

・・・・・

 

コレも正直 意味不明。

 

 

もっと ウケたのが 3番目の歌詞。

これが なかなかの驚愕で 

 

♪ ぱきぱきぴきんこ ぱきぴんこ ぱぁきぃぴ~んこ ♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ぱ ・・・・・

 

 

ぱきぴんこ ???  

  

 

 

 

ぴ ・・・・・  

 

 

ぴきんこ ???

  

 

 

 

 

 

それにしても 歌詞 が 恐い ・・・

 

歌詞の構成 が 

幼子を残して 仕事(殺し)にむかう父 ・・・

 

そして 極寒の中 6日間も 

父親の帰り を ヒタスラニ待つ 

子供 (3歳児)・・・

 

厳しさ が つたわってきます。  

 

 

私にも 3歳の息子がおりますが

とてもとても ・・・

 

 

 

 

♪ 父(ちゃん)の仕事は 刺客 ぞな ♪ 

って この時代の刺客って 

相当に 強かったんだろうなって。

 

刹那で決する 殺し合い に 参加する

その精神性 ・・・

避けて通れる道なのに あえてそちらを選ぶ

腕への自信 と 覚悟 と 狂気 ・・・

 

この頃の刺客って 人間として 

歴史上 の あらゆる時代の人間(全人種)の中でも

対人間であれば トップクラスの強さ だと 

思われます。

 

 

 

 

 

 

 

当時 このコント 大好きでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大好きなイタリアン

2012-07-11 | 家族 で おでかけ

 

 

事務所の近く の イタリアン

 

お気に入り の お店。

 

 

休日、 妻 を 誘って ランチへ。

 

うえの子供たちは 小学校や幼稚園なので

一番下の おチビ(娘) と 

三人で 愉しんできました。

 

開店ちょっと前に 到着しましたが

すでに ランチ会の奥様集団 や

母娘の親子など

お店の前には 結構な人数が ・・・

 

 

 

肉 と 魚 を 選べるのですが 

 

妻は マグロのカツレツ と パン を

ワタクシは チキン と ライス を。

 

スープとサラダ が ついてきます。

 

やはり 美味しい。

 

妻も 喜んでくれました。

 

食べてる最中なのに

「 また 来たい。 」 って (笑)

 

 

 

 

 

チーズ も 大好きな妻 なので

ピザ(4種のチーズ)も 注文。

 

これが また 美味しいのです。

 

めっちゃ薄めの生地 で 

まわりは パリッパリ。

 

ポテトチップスの如く 

パリッパリ。

 

ゴルゴンゾーラは控えめアクセントで

香りもよろし。

チーズの絶妙なバランス。

 

上等なハチミツ かけて 食べたら

最高です。

 

次回は こっそり持参して 

かけまくりたいです。

 

 

 

 

今月末に 1歳になる娘 (最近、歩けるようになりました)

は スープの具(とろとろ野菜) に 夢中。

 

両手で 頬張ってました。

 

 

 

ちょこっとだけ ピザ を 与えたら

瞬間 ぱくっ。

すごい勢いで 食べちゃいました。

 

美味しかったみたいで その後も

くれくれ って せがんできました (笑)

 

 

三人で あっという間に 完食。

 

美味しかった。

 

次回は 大好きなマルゲリータ と

妻には パスタも 食べてもらおうと

想います。

 

 

 

自分が 美味しい って感じた お店に

妻をつれて行くのが 

人生の楽しみのひとつ。

 

毎日毎日 

子育てや家事を 一生懸命 に 

頑張ってくれてますから。

 

これからも 

美味しいお店に つれて行って

喜んでもらおうと 想います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

久々なフリスク

2012-07-09 | Weblog

 

 

安いので ミンティアばかり ですが

 

ひさびさに 買ってみました フリスク。

 

 

 

色で 魅かれて買ってみましたが

ミントよりも レモンの味 が 強すぎて ・・・

 

しかも 人工的な甘いレモン味。

 

クイッククエンチ のほうが 

すっぱい感じ。

 

って感じ の お話 でした。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ドラゴンへの道

2012-07-07 | Weblog

 

 

 

正直 年齢的には ジャッキーチェン世代 なので

リーの映画は まともに観たことありませんが

当時の日本人(男性)は この人の影響 を  

かなり受けていたようですね。

 

『 北斗の拳 』 の 初期の頃のケンシロウなんか

リーっぽいですからね ・・・

 

 

それにしても

わちゃわちゃ し過ぎ だと思います。

 

わちゃわちゃ にも 程がある と思います。

 

 

これを映画館で観た 当時の若者 は

その日は ずっと 興奮ギミに 

わちゃわちゃ 言ってたんでしょうね。

 

リー に 成りきった 『 兄 』 に

全国の 『 弟 』 が 

無意味に わちゃわちゃ と 

殴られたことでしょう。

 

プロレスみたあと ごっこが始まり

技 かけられる感じでね。

 

大怪我したりして

人の痛みを 覚えていったものです。

 

 

 

 

 

 

リー を 見てたら 

あのゲーム が やりたくなりました ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これね。

 

当時は ガ が たくさん飛んでくる階 の おじいちゃん に

なかなか 勝てませんでした ・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

受け継ぐ定食屋さん

2012-07-05 | Weblog

 

 

地元に根付く 歴史ある 定食屋さん。

 

 

時代違えど 庶民の味方。

 

 

ブドウのかわ以外 一粒残さず 完食。

 

 

カリカリ焼き 以外も 美味しい。

 

 

ここは 定食の種類も多く

気さくな雰囲気も 好きで

定期的に 愉しんでます。

 

 

 

 

 

 

コメント

初めてのサイン

2012-07-03 | Weblog

 

 

去年の秋頃の話ですが

 

いつも 息子と修行に励む 

近所の大きな総合公園 にて

毎年 お祭りのようなイベントがあって

そこに プロサッカー選手が来ていたようで

 

小学生の娘 が 

初めて サインをもらってきたようで

嬉しそうに 見せてきました。

 

 

この選手と 握手したんだ~ とか

すごく嬉しそうで 何より。

 

良い思い出になったと思います。

 

 

ただね 娘よ ・・・

 

パパは 全く サッカーのこと が 

わからないのだよ ・・・

 

わからない というより

興味が無い

 

仮に 

世界的に有名選手が近くにいても

全く 興味が無いので 

パパにとっては ただの外人 ・・・

 

それがスター選手だとしても

無視して素通り だよ。

 

 

もし 彼らが

なにか危害を加えんとするならば

スター選手だろうが 年収○○億円だろうが

一切関係なく 全力で ぶん殴れるよ ・・・

 

仮に 知り合いになれて 

一緒に酒飲み行って 

あんまり生意気言うようなら

なんの躊躇も無く ぶん殴るよ ・・・

 

パパにとっては 

サッカーが巧いってだけの ただの外人

だからね ・・・

 

 

興味のない人間にとっては

そんなもん。

 

 

もちろん 野球選手や

メジャーリーガーも しかり。

 

 

ただね 

 

メジャーリーガー に 関しては 

生意気言われても ぶん殴れないよ。

 

ガタイ が ハンパない からね。

 

清原なんかとは わけが違う。

 

ヘビー級 が ゴロゴロいるからね。

 

安易に仕掛けたら 

パパ やられちゃうんだよ。

 

デカイからね あっちの人は。

 

体重差を考えると このサイズじゃ 

目の前に立てないよ ・・・

 

 

 しかも なかには

増強剤 (アナボリック ステロイド)

打ってるヤローも いるからね。

 

素手だと パパクラス じゃ 

とてもじゃないけど 勝てないよ。

 

もう 全力で逃げるしかないよね。

 

ただただ 走って逃げるしか

方法はないよね。

 

仮に 逃げ切れず

戦わざる得ない状況になったら

全力で欺き あらゆる卑怯な手を使って 

やれる限り は やってみるけど

たぶん 勝てないね ・・・

 

それぐらい 強いはずだよ

彼ら は ・・・

 

 

 

 

 

 

 

メジャーリーガー は おっかない

って 話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人は アメフト選手でしたが 

単純な 体格の違いによる怖さ を 世間に知らせるには 解り易く 

面白い試合だったと 思います。 

小心者の素人でも 体の強さだけで プロ選手を やっつけちゃう。

 

その後 攻略されちゃいましたが この頃のボブ は 本当に面白かったです (笑)

デカさだけで 素人がプロ相手に どこまで通用するのか 

興味深々 で 観てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)