車買取LEO 事業部長日記

日々の出来事 と 日本の未来を考える 愛の子育て日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メープルシュガー の 懐

2011-02-28 | は ち み つ 蜜 雄

 




自宅 の テーブル で 発見 !!!



『 メープルシュガー 』 !!!!!

※ 粉末バージョン






メープル って あれですよね ?



カーネル で ビスケット を 買うと

サンダース が くれる アレですよね ?



ビスケットも チキンも いらないから

その 甘いやつ だけ 全部くれ って

お願いしたくなる アレですよね ?



マックでいえば ナゲットのソース的な ・・・

依存度の高い アレですよね ?




それの 固形(粉)バージョン が 

自宅テーブルに置いてあったら 

そりゃあ勿論 舐めますわなぁ ・・・






僕は 子供の頃から 


お湯や牛乳で溶かしてから いただく系 の

ミロ とか 缶に粉で入ったレモンティー とか

粉レモネードとか それら類は


大き目のスプーン で 山盛りにスクって

お湯で溶かすべき その粉 は 全て

お湯で溶かさず そのまま 食べていました ・・・



母親の目を盗み 飲まずに 食べていました ・・・



シャリシャリ いいながら 食べていました ・・・



溶かしたことは ありません ・・・


シャリシャリ と 食べて 


コンニチ に 至ります ・・・




どんぐりガムも アメの部分を舐めずに 速攻噛んで

  アメとゴチャ混ぜにして食べちゃいます






そんな感覚で このメープルも 

スプーン で スクい 

パクっと 食べてみました ・・・ (深夜1時20分)





ウマイ !!!

(これの取り合いで戦争が起こっても仕方がない美味さ)






あまりの美味さに感動しながら 

パッケージの裏がわ を 見てみると ・・・








大自然の恵み

雪どけの原生林で 木にやさしく採取した 樹液だけ が 原料 です。


カルシウムたっぷり

精製してないメープルシュガーには かえでの成長 に 不可欠 な

ミネラル成分 が そのまま 残っています。

特にカルシウムは 『 カエデから採れたミルク 』 と 言われる程。

赤ちゃんから お年寄りまで 安心して お召し上がりください。






『 カエデの樹液 』 って 初めて知りました ・・・




『 樹液 』 だったんですね ・・・




すげーな メープル ・・・




世の中 まだまだ 知らないことばかり です。








知らないことだらけの中年 です。

 

 

 

 

 

中年だもの。

 

 

 

 

 

蜜雄。

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

コメント (1)

渡哲也 VS 水谷豊

2011-02-26 | Weblog

 



動画 の 2分50秒くらいからの 角刈りの強さ は 異常。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

世界遺産 第一弾

2011-02-24 | Weblog



去年 の 話 ・・・


11月頃 の 休日前夜


なぜか 突然 どうしても 


訪れてみたくなり ・・・








小学校の修学旅行以来 20年以上ぶり


急遽 中年おっさん独り で

『 日光 東照宮 』 へ ・・・









晴天なり。









天海大僧正の像 ・・・

前の道を渡れば 東照宮。









『 神橋 』 を 渡り ・・・












いよいよ 入り口。


世界遺産 『 日光の社寺 』 へ。












Japan World Heritage  第一弾 は


日光 から スタート です。








コメント

徳川家 の 懐 へ

2011-02-23 | Weblog






まず 約50年ぶりの大修理中 の

『 三仏堂 』 で  

千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音 

この 三体の圧倒的な 大きさと迫力 に

失禁寸前GIG。


とにかく 凄い迫力 でした ・・・



興奮状態のまま 東照宮へ ・・・









11月 の 平日にもかかわらず

修学旅行の生徒 や 外国人観光客 や

ご老人の団体 などで 物凄い人。 








僕は ちゃっかりと 

ご老人のツアー団体 と 一緒に行動し

添乗員の方 の 歴史や背景などの説明 を 

ご老人と一緒になって 聞きながら

一つ一つ 観光しました。








とにかく 一度来ているとはいえ

興味の無かった小学生の時 以来だったので

それら全て が 感動 ・・・









お笑い芸人 の ネプチューン が 

ロケ で 来ていて 凄い人だかり でした。


修学旅行生 は 

世界遺産より ネプチューン に 夢中でした。








『 Three  wise  monkeys 』 !!!


 見ざる  言わざる  聞かざる。 












徳川(いえやっさん) って スゴイですね ・・・




 


これらが こうして 残っている ってのも スゴイ ・・・


 


ご老人の方々と一緒に ゆっくり ゆっくり と 歩を進めます ・・・


 



実物 は 豪華絢爛 ・・・  ただただ 圧倒的 です ・・・



東照宮の本殿も 改装中で 

漆塗り職人さん が 作業をしていました。


その姿 と 漆の香り で

漆塗り職人だった 祖父のことを 

思い出しました ・・・










拝殿(国宝) では  

天井にひしめき合う 100匹 の 龍の絵

『 百間百種の龍 』 に 感動。


この龍は 狩野探幽によって描かれたもので

一匹一匹 全ての龍 の 図柄 が 

違えて 描かれているそうです。


家康公へ 2礼2拍手1礼。





添乗員さんの歴史などの説明 が 聞きたくて

ご老人のツアー に ずっと 付いて廻っていたせいか


そのツアー の ご婦人方 は 

僕を 同じツアーの人間 と 勘違いしたのか

「 ねぇ~ すごいわねぇ~ 」 っと

話しかけてきました ・・・


観光 の 最後のほうは 

何人かの方 と 仲良くなりました。









お酒がいっぱい。




このあとは

修学旅行の思い出で 唯一 印象に残っている

本地堂 の 『 鳴龍 』 も 体感してきました。


天井の 大きな竜の頭の下で

拍手をすると 音が響き 

竜が鳴いているかのように聞こえ

当時 それが 子供心 に 

不思議で 不思議で。













想像以上に 楽しめました。

やはり 大人になってから来ると

感動 が 違いますね。



とにかく感じたのは

いえやっさん(徳川) は スゴイっ !!!


ってことです。





























コメント

《 日光 二荒山神社 》 参拝

2011-02-22 | 《 神社 》 参拝






東照宮 に 参拝した後 は 

すぐ 隣にある 

『 二荒山神社 』 へ。








日光 は 元々 二荒山神社 が

メインの土地 で

後から 東照宮(家康)が 

来たそうです。







ここ 二荒山神社 は 

あらゆる縁 を 結ぶ

『 縁結びの神様 』 として 

有名らしい ので


ここまでの 数々の素晴らしい 

ご縁 に 心からの感謝 を 伝え


同時 に これからの ご縁 も

大切に 生きていくこと を 

誓い 表明してきました。








この 輪っか ↑ を 若い男女 が 

右から回って くぐったり 

左から回って くぐったり

キャッキャ と 楽しそうに

ハシャいでました ・・・




どうやら 

決められた手順の通り に

何度 か くぐる と ご利益 が

あるとか ないとか ・・・

 




中年のオッサンひとり で 

クルクル回るわけにもいかず 

見てみぬフリ を して 

通り過ぎました ・・・







人との 『 ご縁 』 に 感謝して

その ありがたさ を 再認識できた 

そんな 参拝 でした。



まだ見ぬ出会い を 楽しみ に

生きていきます !!!










 

 

 


 

コメント

日光山輪王寺 大猷院

2011-02-21 | Weblog
 


徳川三代将軍 

家光公 (いえみっつぁん) の 廟所

『 大猷院 』 へ。







家光公360年御遠忌 と 

世界遺産登録10周年 を 記念して

家光公 の 『 御尊像 』 が

御開帳とのこと。




平成23年3月31日(木)まで 

特別公開中です。










日光山 の ほとんどの堂社 を 

造替したといわれる 家光公 が

眠る場所です。






境内には 世界遺産に登録された

22件 の 国宝・重要文化財 が

杉木立の中 たたずんでいます。







本殿の御宮殿 (国宝) 内 に 

ひっそりと 奉安されていた

徳川家光公 『 御尊像 』 ・・・


もちろん 写真撮影は禁止 ですので

写すことはできませんでしたが


特別公開中とは 知らずに来たので

このタイミングで 日光に訪れ 

御尊像 を 見れたことは

素晴らしい経験 に なりました ・・・ 






 

自分のご先祖様にも 日光の香りを と 思い

実家の仏壇であげる用として 

伽羅が原料 の 『 名香 家光公 』 という

小さい箱で 2000円 の ちょっと お高い 

線香を購入しました。




今年の3月まで 特別公開中 なので

日光へ行かれたら 是非。












 
コメント

東照宮 の 酒

2011-02-20 | Weblog





帰宅後 は 東照宮 で 購入した

御神酒 を いただきました。






3種類ある中で 

一番 高価なものを 選びました。



伊勢神宮のとは また違った雰囲気で

気に入って 自宅に 飾ってあります。















コメント

逆説の十戒

2011-02-18 | Weblog





1968年 に 

当時 大学生だった ケント・M・キース ってひとが

書いたそうです。



それが マザーテレサに伝わり 

『 孤児の家 』 の 壁 に 

書かれたそうです。












コメント (1)

豆まきの恐怖

2011-02-16 | Weblog






節分。



今年も 子供達は 

僕の帰りを 寝ないで 待っていました ・・・



勿論 鬼役 は ワタクシ。



例年と同じく 血だらけ です。



『 THE・重傷 』 です。












コメント

バレンタイン

2011-02-14 | Weblog







子供達にとって バレンタインデー は



楽しいイベント の ひとつ。



作るのも 渡すのも 楽しいようです。



妻も一緒になって 楽しんでおります。



今年は チョコ と 生キャラメル と クッキー を。



ご馳走様でした。












コメント (1)

リスクは付きもの

2011-02-12 | Weblog



自分のクツ を 購入後

外に出ようとしたら 店の入り口 に 

子供用のクツ が セールで 安くなっていました。







子供たちの 足のサイズ が 解らないので

とりあえず 妻にメールして 教えてもらうことに ・・・







メールを待ちながら 

どれが喜ぶかな っと ニタニタしながら

それらクツのデザイン を 見ていると



他のお客さん(若い女性) に 嫌な目で見られ

変態扱い を 受けました ・・・




確かに

胡散臭いヒゲの中年男性 が ひとり

幼女用のクツ を 真剣に選んでいるわけですから 

そりゃ 変態紙一重 です ・・・



通報からの職質も ありえるわけ ですよ。





そんなこんなで 

サイズが合うのを 3人分 買って帰りました。




とても 喜んでいました。




その 子供たちの笑顔 により

他のお客さんから受けた 『 変態扱い 』 という 

大いなる誤解 も 報われました ・・・ 













コメント

グレムリン

2011-02-10 | Weblog





あ~ なーつかしいデスね !!!






しかも 大人になった今 見ると


子供の頃に見た印象より かなり グロい ですね ・・・












コメント (2)

越生 の 修行

2011-02-08 | Weblog




この日 は 埼玉県 越生市 にて 修行。








先ずは 


この地 に 訪れた時 は 必ず 挨拶に伺う 

『 巨樹 』 の もとへ ・・・









どの角度から撮っても オサエキレナイ 大きさ ・・・

圧倒的な 大きさです。








過去に行われた 緑の国勢調査 で 

全国の巨木ランキング16位に 埼玉県では第1位に

認定されたことのある大楠。



樹齢 は 1000年以上といわれ 

幹周り15m 高さ30mを誇るそうです。





挨拶を済ませ この後は


近辺の探検 に 出かけます !!!











コメント (1)

季節外れ の 楽しみ方

2011-02-06 | Weblog





『 上谷の大クス 』 から スタートして

その近辺 の 山道 を 探検。











初めての道 は 歩いているだけで

とても楽しい。



全てが 初めて見る景色 であり

初めて出会う空気感 ・・・









橋 発見。





橋 を 渡ると そこ は どうやら 

『 あじさい山 』 という 観光地のよう。 










しかし この時期 は 

あじさいの季節では なかったので 勿論 人っ子ひとりおらず

整備もされず放置されていて 歩く場所が解らないほど

植物達が 生い茂っていました ・・・



ひざ上辺りまで 生い茂った自然の中 を 

ハーフパンツ で 歩くのは 結構 勇気が必要 です。



地面 の 土の中 に 巣を作る オオスズメバチ や 

毒ヘビ を 踏みつけ 噛まれるリスク が

あるからです。



マムシ とか 最悪です ・・・









気合を入れ 前へ前へ。


全然たいしたことのない距離(高さ)ですが

突然 段差になったりしている箇所があり

それが 植物で見えないため 途中 何度かコケながら 

やっとこさ登った その頂上から見る景色 は

それなりに 感動できました。






今度は 家族をつれて あじさい の 季節 に

道の整備された 安全な季節 に 来ようと思います。












コメント (1)

龍の棲みかへ

2011-02-04 | Weblog




あじさい山 を 堪能したあと


まだ 歩いていない 未開拓 の 方向へ ・・・







前へ 前へ。





すると 立派な お寺 に 遭遇。





門 を くぐり 前へ 前へ。





石畳 を 前へ 前へ。











どうやら 『 龍穏寺 』 って名前の お寺 のようです。


この辺りに 龍が棲んでいた そうです。












隣接して 熊野神社 が ありました。






この後 車を停めてある 『 上谷の大クス 』 まで

歩いて戻り 無事 を 感謝し 帰宅。





愉しい休日 でした。












コメント