車買取LEO 事業部長日記

日々の出来事 と 日本の未来を考える 愛の子育て日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鋸山 (日本寺) を 歩く

2016-08-05 | ☀ recreation ☀

 

千葉県 『 日本寺 』 (鋸山)

 

 

 

 

 

 

『 弘法井 』

千年 未だ絶えず

 

とのこと。

 

 

 

 

 

 

元禄七年の再建

『 仁王門 』

 

 

 

 

表参道 から

山頂エリア を 目指し

登って行きます。

 

 

 

 

 

 

ロープウェイ や 車でも

登れるそうですが

歩いて 楽しみます。

 

 

 

 

 

 

階段で登る 山。

 

 

 

 

 

 

冬の運動不足な身体には

ちょうどいい運動。

 

 

 

 

 

『 弘法大師護摩窟 』

 

 

 

 

 

 

『 百尺観音 』 に 到着。

でかい。

 

 

 

 

 

山頂エリア の 見どころ

『 地獄のぞき 』

 

 

 

 

東京湾 を 見渡せる

展望。

 

 

 

 

 

 

気持ちイイ。

 

 

 

展望を眺めながら

休憩。

 

 

 

 

登り と 違うルート で

下ります。

 

 

 

 

 

最後 は  ・・・

 

 

 

 

ドでかい 大仏様 ・・・

 

 

 

『 薬師瑠璃光如来 』

 

 

 

 

この日 は

運動不足解消 を 目的 に

伊予が岳 』 登頂して

 

その後 に 

この 『 日本寺 』 (鋸山) を

歩きましたので

 

良い感じの疲労感 を

味わえて

 

とても充実した1日 に

成りました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

そば屋 『 長森 』 で 昼食 

2016-07-29 | ☀ recreation ☀

 

事業部 で 遊びに行った

新潟県 の 『 八海山 』

 

 

 

 

名峰・八海山 を 下山後

昼食 で 立ち寄ったのは ・・・

 

 

 

 

『 長森 』 

って 蕎麦屋さん。

 

 

 

 

 

大きな店 の

小さな 入口。

 

 

 

 

 

雰囲気の良い 店内。

 

 

 

 

テーブル席 も ありましたが

我々 は 座敷へ。

 

 

 

 

日本酒 『 八海山 』

種類 が 豊富。

 

 

 

 

私 は 運転がありますので

事業部のスタッフ に

選んでもらい ・・・

 

 

 

 

特別純米原酒 生詰酒

 

 

 

魚沼地域限定 の 純米酒。

 

 

 

 

山で遊んだ後 の 一杯。

うらやまし~ 

 

 

 

 

 

 

とても美味しい 蕎麦

でした。

 

 

 

 

種類の違う つゆ を

蕎麦湯で割って 〆。

 

 

 

 

 

美味しい

南魚沼 の 蕎麦屋さん

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

『 江ノ島 』  の 懐

2016-07-13 | ☀ recreation ☀

 

レク で 鎌倉 に 訪れた日

 

午後 は 『 江ノ島 』 へ

移動。

 

 

 

 

海岸沿いを走らせ ・・・

 

 

 

 

江ノ島 到着。

 

 

 

 

 

若いころから

何度も訪れている 江ノ島

ですが ・・・

 

 

 

いつも は

この商店街 を 歩き

食事 と 買い物 して

帰っていたので ・・・

 

 

 

ここから 先 は

初めて ・・・

 

階段 を 上り

島内 の 奥 を

歩いてみました。

 

 

 

 

 

 

階段 が 多く

 

エスカレーター が

有料 でした。

 

 

 

 

 

 

 

島内 は 予想以上 に

懐 深く

 

歩いていて 楽しい。

 

 

 

 

 

 

さらに 先へ

歩いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

少し 歩く と

雰囲気 が 変わるので

面白い。

 

 

 

 

 

お店 も 多くあり 楽しい。

 

 

 

 

個性 豊かな

ソフトクリーム を

発見 ・・・

 

 

 

 

私 は 

どぶろく ソフト。

 

 

 

 

 

 

島 の 西側。

 

階段 で 一気 に 下り

海 へ 近づくと ・・・

 

 

 

 

島 の 裏側へ 行ける道 ・・・

 

 

 

 

 

 

岩場 に

降りることができます。

 

 

 

 

 

 

 

岩場では 波飛沫 が 舞い

潮風 が 気持ちイイ。

 

しかし 岩 は 滑るので

注意 が 必要 です。

 

 

 

 

 

 

 

安易 に 海に近づく と

突然 の 高波 で

服 が 濡れますので

ご注意 を。

 

 

 

 

 

 

階段 を 上って

戻ります。

 

 

 

 

島内のトイレ の

手洗い場。

 

龍の口 から 水 が

出てきます。

 

 

 

 

景色の良いお店 で

休憩がてら 食事。

 

 

 

 

『 生しらす 』 など 

江ノ島 の 名物 を

いただきました。

 

 

のんびり休憩 して

 

島の入り口(駐車場)へ

向かい 歩きます。

 

 

 

 

 

 

人懐っこい猫 に 遭遇。

 

 

 

 

ちなみに 島の西側 の

岩場の近く から

 

遊覧船 に 乗れるので

 

橋 を 歩いて 島 に 渡り

島内 を 観光して

帰り は 船 で 戻る ・・・

 

って パターン だと

来た道(階段)を

歩かないで 済みます。

 

 

 

 

 

島内 は

神社 も 多くあり

食事処 など

 

景色 や 雰囲気 も 良く

 

ゆったり と

散歩 も 楽しめる

素晴らしい島 だと

 

個人的には

そう 感じました。

 

 

 

 

 

 

レク (企画担当・主任) で

訪れた

春 の 江ノ島 でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

子持山 の 『 獅子岩 』

2016-06-23 | ☀ recreation ☀

 

昨年 5月のレク は

群馬県 の 『 子持山 』 を

トレッキング。

 

その道中 で 現れる

 『 獅子岩 』。

 

 

 

 

の 下 では

 

 

アオレンジャー が

お客様から の お問合せ に

熱心に お応えしております。

 

   

電話対応 を 終えて

『 獅子岩 』  に 挑戦。

 

 

 

 

 

鎖の梯子 を 登りきると

 

もう一段 登り が ・・・

 

 

 

 

岩 の テッペン。

 

 

 

 

 

 

ちなみに 私 は

ミドレンジャー。

 

高所 が 苦手な 私 は

ここで 少しだけ

漏らしました。

 

 

 

 

 

 

 

『 万里の長城 』 の  一部分

みたいな 岩 が 見えました。

 

 

 

 

 

岩 を 降りる時 にも

漏らしました。

 

 

山では

漏らさざる得ない事態 に

陥ること も

多々 ありますね。

 

 

 

 

そんな 『 獅子岩 』

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

アメ横 は ゴウカイジャー

2016-05-03 | ☀ recreation ☀

 

人通りの多い ガード沿い。

 

豪快な アテ の 数々 で

宴 が はじまる。

 

 

 

 

コスパ 良し な 刺身。

分厚く 食べ応え あり。

 

 

 

 

大きな 天ぷら の 数々。

これも 食べ応え あり。

 

 

 

 

ハムカツ も ポテト も

とにかく ボリューム満点。

 

 

 

 

ここ の どぶろく 

好きっす。

 

 

 

 

どぶろく祭 で

ご機嫌モード に 突入。

 

 

そんな

安くて 豪快な アメ横 が

好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

鎌倉アルプス 『 天園コース 』

2016-02-25 | ☀ recreation ☀

 

昨年 4月 の レク

企画・担当者 田口主任

 

場所 は 神奈川県

鎌倉アルプス 散策。 

 

 

 

 

『 建長寺 』 から

ハイキング スタート。

 

 

 

 

 

 

 

お寺 の 敷地内 を

通り ・・・

 

 

 

 

数々 の お寺 を 通過して

『 天園ハイキングコース 』 を

歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

鳥居を潜り

ここから 一気 に

登り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 の 真ん中 辺り

リス わかります ?

 

1951年 に 伊豆大島 から

江の島 に 連れてきた リス が

脱走し 鎌倉市内 に 入り込み

繁殖したそうで ・・・

 

現在 は 増えすぎて

駆除されているそうです。

 

 

 

 

 

『 半蔵坊 』 

天狗 だらけ の 境内 へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

『 富士見台 』 に

到着。 

 

スタート から

ここまでの 長い階段 が

鎌倉アルプス 散策 の 中

一番 ツライ 難所でした(笑)

 

 

 

 

ここから

さらに 登って ・・・

 

 

 

 

 

 

『 勝上献展望台 』 

到着。

 

 

 

スタート地点 の

『 建長寺 』 が

見えました。

 

 

 

 

天園 (約2,1km)方面へ

進みます。

 

この辺から 

山の中 を 歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少 の アップダウン は

ありますが

 

老若男女 誰でも 歩ける

ハイキングコース です。

 

 

 

 

鎌倉 の 中心街 と

その先 に 海 が 見えます。

 

 

 

 

 

岩壁には 穴 が ちらほら。

穴の中には 石仏 が ・・・

 

歴史 を 感じます。

 

 

 

 

そんな道 を 進む と ・・・

 

 

 

 

この コース で 唯一 の

ローブ場が ・・・

 

 

 

 

って 

階段 を 降りるが 如く

何でもない 段差 (笑)

 

ロープ は あくまで

子供や年配者の補助 

ですね。

 

 

 

 

 

 

 

そこそこ の アップダウン を

進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望の良い 広場 ・・・

 

ここが  鎌倉市最高地点

『 大平山 』  の 山頂。

 

 

 

 

 

実は 我々 全員 が

水 を 買い忘れ そのまま

スタートしてしまい

 

水分補給を一切しないで

歩き続けていた為

 

この時点 で 

ノド は カラカラ ・・・

 

 

 

 

そんな中 やっと見つけた

水場でしたが

「 この水は飲めません 」 

とのこと 

 

 

我慢して 

突き進む と ・・・

 

 

 

『 天園峠 の 茶屋 』 に

到着。

 

助かりました ・・・

 

 

 

 

ワタクシ運転担当なので

C.C.レモン を 補給。

 

スタッフには

おでん を つまみ に

キンキンに冷えた ビール。

 

 

ここまで 一切 

水分補給 できないまま

汗をかいた状態でしたので

 

おでん も

身体 に 染みわたり

美味しさ 倍増。

 

 

 

 

内陸の山 では

感じることのできない

心地よい潮風を感じられ

 

本当に 心地良い山 です。

 

 

 

 

絶景 を 目の前 に

海から吹き抜ける 潮風 を

浴びながら の ビール  は

最高だったようで

 

すごく 喜んでくれて

何より。

 

 

 

 

 

ノド カラカラ でしたので

ここでの 休憩 で 皆

生き返りました。

 

この後 街に戻ったら

昼飯の予定 でしたので

ここでは おでん だけに

しておきました。

 

 

 

 

気分よく 山歩き 再開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20m 富士山 ?

 

この先 に

富士山 が 見える ポイント が

あるって 意味ですね 

 

 

 

 

 

少し下ると 住宅街に出て

鎌倉アルプス 『 天園コース 』 

無事 に 終了。

 

 

 

 

『 鎌倉宮 』 を 参拝。

 

あとは 一般道 を 歩いて

『 鶴岡八幡宮 』 方面へ。

 

 

 

 

鶴岡八幡宮 の 前 を

歩いていたら

『 腸詰屋 』 ・・・

 

 

 

瞬間 シズル に やられて

即 購入。

 

 

 

皆で 違う味 を

楽しみました。

 

ここから  車 を 停めた

『 北鎌倉駅 』 付近 の

コインパーキングまで

鎌倉街道 を 歩きました。

 

 

 

 

月初 に 静岡県 の 愛鷹山 で

腰を痛めていたので

この日 は リハビリ を 兼ねて

参加しました。

 

なので

本格的な 山遊び だと

正直 不安 が あったので

 

簡単なハイキングコース で

丁度良い 運動 に なり

予想以上 に

愉しむことができました。

 

 

 

日頃 運動不足な人でも

ちょっと 頑張れば 歩ける

ハイキングコース なので

 

興味のある方 は 是非

遊びにいってみてください。

 

 

 

そんな

昨年4月 の レク

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

《 皇居 》 一般参観 に 参加

2015-10-03 | ☀ recreation ☀

 

昨年末 弊社代表 と

AUTO事業部スタッフ で

皇居 へ ・・・

 

『 一般参観 』 

 

 

 

 

 

完全予約制 で

ネットで 事前予約 しないと

入れません。

 

 

 

 

 

『 桔梗門 』 から

 

先ずは 『 窓明館 』 へ

移動。

 

 

 

 

ここでしか 購入できない

他 では 販売していない

菊紋入り商品 の 数々 を

購入できます。

 

 

参観開始時間 まで

ここで 参観 に ついて

諸注意 など 説明 を 受け

 

参観 スタート。

 

 

 

 

 

元枢密院庁舎 』

 

大正10年 に 完成。

国会議事堂 の モデル に

なっているそうです。

 

 

 

 

 

 

富士見櫓 』 の 

前 を 通り ・・・

 

 

 

 

 

宮内庁庁舎 』 

 

とても 迫力のある

立派な 建物 でした。

 

 

 

 

 

天気にも恵まれ

最高 の 参観日和 ・・・

 

 

 

 

 

テレビ で よく見る

宮殿 に 向かいます ・・・

 

 

 

 

 

『 宮 殿 』

 

宮殿 の 前 には 

大勢 の 警察官 が

何やら 予行訓練中。

 

 

 

 

 

長和殿中央バルコニー

 

天皇誕生日 の 一般参賀では

天皇皇后両陛下 と 皇族方 が

お出ましになる場所 です。

 

 

 

 

 

宮殿の その広さ(長さ) に

驚きました。

 

 

 

 

 

外国の方 も 

参加してました。

 

 

 

 

めがねのような 橋 が

正門石橋 』 

 

ニ重橋 とか めがね橋 など

と 呼ばれているそうですが

 

正式名称

『 正門石橋 』 のようです。

 

 

 

 

 

伏見櫓 

 

三代将軍家光 の 頃 に

京都の伏見城 の

櫓 を 解体して 移築した

そうで ・・・

 

 

 

 

 

 

この後 は 

自然 豊かな 皇居内 を

ゆっくり 歩きました。

 

 

 

 

 

山下通り を 歩き ・・・

 

 

 

 

 

蓮池濠 

石垣 の 高さ は

水面から約20メートル と

高く 立派 です。

 

富士見多聞 』 

見えました。

 

 

 

 

 

 

戻ってきました。

 

心地いい

贅沢な 時間 に

成りました。

 

 

 

 

案内係 の 号令にて

解散。

 

良い経験 に 成りました。

 

 

 

 

丁度 昼時でしたので

飯 を 食べに 

 

代表 の 御厚意 で

銀座へ 移動して

寿司 ランチ 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

元祖! 『 づけ穴ちらし 』

2015-10-01 | ☀ recreation ☀

 

AUTO事業部 スタッフ の

おすすめ で

 

『 寿司処 まる伊 』 にて 

ランチ。

 

 

 

『 仕事をする男 』 シリーズ

~ 銀座 編 ~

 

いつなんどき でも

お客様 の お問い合わせ に

応対しております。

 

 

 

 

 

電車でしたので 昼 から

いただいちゃいました 

 

 

 

 

 

特選 にぎりセット  を

皆 で つまみながら ・・・

 

 

 

づけ穴ちらし 』 (¥1300) 

 

銀座という 場所代 を

考えますと

コストパフォーマンス は

最高の一品。

 

 

ランチとはいえ

上品 な 職人さんの技術 を

堪能できるので

 

おすすめ です。

 

 

 

今度 機会 が あれば

妻をつれて 行きたいと

思います。

 

 

 

そんな

寿司ランチ でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

登山部 に つながる一歩

2015-09-03 | ☀ recreation ☀

 

2年くらい前になりますが

レク で 『 日向山 』 へ

遊びに行った 懐かしい記憶。

 

 

 

朝 の 談合坂SA。

 

ギャルソン を 筆頭 に

朝から 高カロリーな店 が

立ち並ぶ ・・・

 

 

 

 

『 すた丼 』 あります  (笑)

 

朝から 並んでおります (笑)

 

 

 

 

食べすぎは 癌 に なる

噂 の ホットドック くん。

 

 

談合坂SA で 休憩 して

目指すは 山梨県 北杜市。

 

 

 

 

 

ちなみに 『 日向山 』 は

老若男女 誰でも歩ける

簡単な山 です。

 

 

 

 

運動不足 な スタッフ に

山 の 魅力 を

体感してほしくて。

 

 

 

 

 

最近では 場数も踏み 

livin.㈱ の 登山部として

活動中の二人ですが

 

レク で 行く 山遊び としては

この日 が 初めてでしたので

二人とも 苦しそうでした (笑)

 

 

 

 

 

頂上までは 変化のない

ふつうの山道ですが ・・・

 

 

 

 

上では 気持ちイイ景色 が

待っています。

 

 

 

 

甲斐駒ケ岳 や 八ヶ岳 など

見渡せて 解放感のある場所。

 

 

 

 

テンション上がり

散策する スタッフ2名。

 

 

 

 

正面 遠くに見える

デッカイ山 が

甲斐駒ケ岳 かな ?

 

 

 

 

独特 な 雰囲気 です。

 

 

 

 

 

岩 を 登る と 祠。

 

 

 

 

里山里雄 が 持ってきた

ドーナツ。

 

 

 

なかなか うまい (笑)

 

 

 

 

富士山 見えました。

 

 

 

 

コバルトの空 』 の 下

気持ちイイ。

 

 

 

 

左側 斜面 は

落ちたらアウトな 斜面。

 

20メートル位先から

急に 谷が深くなり

 

その先 が 一体

どうなっているのか ?

 

見えないのです。

 

 

 

 

慎重に。

 

 

そして 

無事に過ぎた辺り で

 

 

仕事の電話が鳴る 課長。

 

 

 

 

電波 が 微妙なようで

中腰姿勢のまま 応対 ・・・

 

なんとも 言えない

コミカル な スタイル ・・・

 

 

 

 

その後 座り込み

メモ を とる  ・・・

 

 

そして 少し経つと ・・・

 

おっ!

どうやら また 電波 が 

弱まったのか ?

 

また 中腰姿勢 に 

構えだす ・・・ ↓

 

 

電波の通じる場所 を

懸命に探し 

中腰のまま 四方八方 に

小刻みに 動く 課長 ・・・

 

その 姿勢のまま 

少しずつ ジリジリ と

前に進んでいく ・・・

 

なかなか お伝えしずらい

表現に苦しむ 奇妙な

動き

 

 

 

 

 

電話 に 夢中 で

電波 を 探し 

 

そのまま 谷底へ と

落ちて行きそう に

 

 

 

ギリギリのラインから

さらに 電波を探し

 

バスケの選手みたいに

中腰のまま 上下左右 に

俊敏 に 動く 課長 ・・・

 

 

 

 

 

どうやら やっと

電波 が 安定したようで

 

その姿勢のまま 

営業 トーク ・・・

 

 

 

どんな過酷な環境でも

お電話 お問い合わせ

お待ちしております。

 

 

 

 

写真 真ん中 

八ヶ岳 を 眺める 主任。

 

 

今年 八ヶ岳 (赤岳) も

『 livin㈱ 登山部 』 で

遊び に 行かせて頂き

イイ山 でした。

 

 

 

 

さあ ここから

来た道 と 逆側の道 で

下りていきます。

 

砂の坂道 おもしろい。

 

 

 

 

以前 

末っ子を抱っこしながら

家族で登った時

 

安全な山道 で

ゆっくりと 戻りましたが

 

この日は せっかくなので

もう少し アドベンチャー な

下り道 を チョイス。

 

 

 

 

ちなみ に この日

主任 の クツ は ぺらぺら

体育館 履き (笑)

 

 

 

 

ここからの下り道 は

急斜面 が 多いので

慎重 に ゆっくり

 

と 声 を かけます。

 

 

ちなみに この道 は

以前 クワガタ を 片手 に

友人 と 登ったルート

です。

 

 

 

 

途中 土砂で 道 が

塞がれている場所 も。

 

経験済の道 なので

冷静 に 下れましたが

 

初めての道 だったら 

不安になるレベル ・・・

 

 

 

 

 

樹 に つかまりながら

足場 を 選び

 

慎重に進まないと危険 な

急斜面 を 下ります。

 

声 かけながら

ゆっくり 下ります。

 

 

 

 

しかし

この 急斜面ルート は

メリット も あります。

 

確かに

歩きにくい急斜 ですが

その分 下りの距離

かなり 少なく 済みます

 

あとは 多少のスリル も

体感できます。

 

 

 

 

 

仮 に 登ってきたコース を

ダラダラ 下って 帰る と

 

この当時 

まだ 山 に 慣れていない

スタッフ が

精神的 に ヤラれ

 

肉体的にも

膝(ひざ) や 腰(こし) を

痛めそうな 気配 (状況)

でした ・・・

 

 

 

なので 

 

下りの距離 が 短いし

 

急斜 の 緊張感 から

注意力も高まり

 

逆 に 怪我しずらいのでは?

 

と 判断して 

急斜面の道 を 選びました。

 

 

 

 

 

ハシゴ の 如き

急な 階段 を 慎重に。

 

以前 友人と登った時 は

この少し下 の 岩の斜面 で

カモシカ と 遭遇しました。

 

 

ここから もう少し 

下りていくと ・・・

 

 

滝 が あります。

 

ここで 急斜面は終わり.。

 

後 は 林道 を 歩いて

帰ります。

 

 

 

 

水 は とてもキレイ ・・・

 

 

 

 

南アルプス の 山々 から

流れてきた水 です ・・・

 

 

 

 

ここからは 平坦な道 を

ひたすら 駐車場まで 

歩きました。

 

 

 

 

 

道の駅 『 はくしゅう 』

 

 

 

下山後 立ち寄りました。

 

 

 

 

新米 購入。

 

他にも その土地で育った

野菜など 買って 帰りました。

 

 

この後 は 

近くに 名店 が あるようなので

『 うなぎ 』 を 食べに行き

大満足。

 

 

 

その 鰻屋さん から

さらに八ヶ岳方面へ 向かい

 

コダワリ の 高級タマゴ や

その タマゴでつくった

スイーツも 販売 している

 

『 中村農場 』 という

有名店 で おみやげ など

買い物して 無事  帰宅。

 

 

 

 

そんな 2年以上前 の

思い出でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

井筒屋さん の 『 うな箱® 』

2015-09-01 | ☀ recreation ☀

 

2年前 レク で 訪れた

山梨県 ・・・

 

 

 

『 日向山 』 で 遊んだ後

遅め の 昼飯。

 

せっかくなら いいもの を

食べよう と 

『 うなぎ 』 に 決定。

 

 

 

 

小淵沢駅 近くの 鰻屋

『 井筒屋 』 さん。

 

 

 

 

  

 

行列ができるほど の

有名な お店 らしく 

 

店内 は 広く 古風 で

落ち着いた雰囲気 です。

 

 

 

 

籠に入った おしぼり と

お茶。

 

 

 

山で遊んだ後 の ビール は

最高に美味いので 

スタッフには 生ビール。

 

ワタクシ 運転がありますので

ノンアルコール。

 

で 乾杯。

 

 

 

 

メイン の 『 鰻重 』 が

焼きあがるまで の アテ

として

 

~ 今月のおすすめ一品 ~

夏限定 うなぎ の 肝 メニュー

『 肝の唐揚げ 』 

 

を いってみることに ・・・

 

 

 

 

『 肝の唐揚げ 』 

 

この時 生まれて初めて

食べましたが

 

ビール の アテには 最高

ですね。

 

 

 

 

 

 

ゆったり と 過ごせて

リラックスして 焼きあがり を

待ちました。

 

 

 

 

『 蒲焼 』 と 『 白焼 』

両方 を とも に 味わえる

という ・・・

 

 

 

『 うな箱® 二のう 』

 

全員 これ を 頂きました。

 

米 は 味の良さ では 昔から

江戸にまで 名を轟かせていた

という  『 武川米 』。

 

地のモノ いいモノ

いただきました。

 

 

 

 

もう うなぎ登場するなり

その 美味さ から

会話 は 自然と無くなり

 

ただただ その美味さ

唸るだけ (笑)

 

 

山遊びの後 に 食べる と 

さらに 美味しく 感じます。

 

 

 

 

 

ホームページ を 見ると

 

平成26年 の 2月より

北欧のアンティーク家具を揃え

テーブル・椅子席 へ

 

店内 を リニューアル した

そうです。

 

 

 

 

 

店内 リニューアル前 の

この頃 (2年前)とは 違う

新しい店内 の 雰囲気 で

あの 美味しい鰻 を

食べたいです。

 

また 機会があれば

訪れたい と 思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

黒部ダム を 体験する

2015-04-07 | ☀ recreation ☀

 

昨年 7月 

レク で 黒部ダム へ。

 

ちなみに 

この日 が 人生初 の

富山県。

 

 

 

道中 長いので 

休憩しながら 向かいます。

 

 

 

ニコチン補充する 田口主任。

 

 

 

サービスエリア で 身体を鍛える

里山里雄 (34歳)

 

 

 

その後 ひた走り ・・・

 

 

やっとこさ 『 扇 沢 』 

トロリーバス 乗り場 に 到着。

 

 

 

チケット 購入。

 

ここで すでに 山深く 

テンション 上がります  

 

 

 

ここ が 乗り場。 

山奥 に ハイテク な 施設。

 

 

 

出発時刻になると こんな感じで

外国人観光客 も チラホラ。

 

 

 

 

日本 で 唯一 ここだけの

電気で走る 『 トロリーバス 』 に

乗り込みます  

 

 

 

平日ということもあって 

空いていて 座ることができ

快適な バス。

 

 

 

 

16分間 トンネル を 突き進みます。

 

 

 

途中 下りのバス と すれ違い ・・・

 

 

 

さらに 進むと ・・・

 

 

 

ダム に 到着。

 

 

 

先ずは 展望台 を 目指します。

 

 

 

登り階段 220段 ・・・

運動不足の方 は これもツラそう。

 

 

 

階段 を 登りきると ・・・

 

 

 

 

絶景 ・・・

 

 

 

さすが 北アルプス 

スゲーぜ ・・・

 

 

 

 

山深く とにかく 気持ちがイイ

最高 の 雰囲気 ・・・

 

 

 

 

皆 で 記念撮影 を 済ませ

 

 

 

 

各々 景色 を 心行くまで

堪能して ・・・

 

 

 

いよいよ 

ダムへ 向かいます。

 

 

 

 

とにかく 景色が壮大 で

ゆっくり ゆっくり 愉しみながら

ダムへ と 下りていきます。

 

 

 

 

見えてきました ・・・

 

 

 

 

見上げれば 先ほどの展望台。

 

 

 

 

ここまで 道程 遠かったですが

全てが報われる 壮大な雰囲気 

 

 

 

 

 

建設 に 使用されたという

コンクリートバケット。

 

 

 

 

天気にも 恵まれ 

吹き抜ける風 が 涼しくて

気持ちイイ。

 

 

 

放水期間 に 来れて 良かった。

 

 

 

 

それにしても スゴイ ・・・

 

ここ を 造ってくださった先人 に

感謝です。

 

 

 

 

所々 展望スペース が

設けられています。

 

 

 

 

もちろん ダムもスゴイですが

北アルプスの山々 が 大迫力 で

テンション上がります。

 

 

 

 

 

下り 歩いてきた 階段 と 通路 が

小さく 見えます。

 

 

 

ダムの上 に 到着。

 

そして 下 を 覗くと ・・・

 

 

 

 

 

水飛沫により 大きな虹 ・・・  

 

 

 

 

 

壮大な景色 を 見ながら

ゆっくり 進みます。

 

 

 

 

黒部ダム 中心部。

 

 

 

何度 も 下 を 覗いてしまいます。

 

写真じゃ 伝わりません が

すごく デカイ 虹 ・・・

 

 

 

 

 

 

とにかく スゴイ景色 と

大迫力 な 放水量 ・・・

 

 

 

 

ダムの上 を 渡りきると 

ここから さらに高い場所へ登る

ケーブルカー乗り場 に つながる

トンネル。

 

さらに 奥へと 進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

黒部 『 5つの掟 』(笑) とは

2015-04-05 | ☀ recreation ☀

 

黒部ダム の その 迫力 と

絶景 に 圧倒された後 は

湖の周り を

ゆっくり と お散歩 ・・・

 

 

ダムより さらに 上 に 行ける

ケーブルカー乗り場 の 横 に ある

小さなトンネル を 進み ・・・

 

 

 

気持ちのイイ 遊歩道 を 

のんびり 進むと ・・・

 

 

 

『 カンパ谷 の 吊り橋 』

 

 

 

 

吊り橋 から の 景色 ・・・

 

 

 

 

 

 

吊り橋から先 に

湖辺散策できるコース が

ありますが ・・・

 

 

 

時間的 に お腹もすいてきたので

吊り橋だけ 愉しんで

『 黒部ダムレストハウス 』 へ

向かいます。

 

 

 

 

吊り橋 の 近くには

 遊覧船 『 ガルベ 』  の

乗り場 が あります 

 

 

 

 

ダム に 戻って 

 

展望の良い レストハウスへ

入店。

 

 

 

 

黒部名物 『 ダムカレー 』 を

イタダキマシタ。

 

ライス(地元大町産ひとめぼれ) が ダム 

カレー (ほうれん草ペースト) が 湖面

ポテトサラダ が ダム の 放水

キャベツの千切り が 放水 の 水飛沫

らっきょう が コンクリート   

パセリ が 対岸 の 樹々 

ひれかつ が 遊覧船ガルベ流木

 

を 演出しているそうです (笑)

 

 

 

 

ダムが一望できる 景色の良い

レストハウス で いただく

『 山菜 焼きおにぎり 』 も

美味しかったです。

 

 

ちなみに 

『 黒部ダムカレー 』 は

御当地グルメ として 発展し 

 

ダム近辺 の 他の飲食店 でも

食べれるそうで。

 

 

『 5つの掟 』 (笑) を 守れば

黒部ダムカレー を 名乗って

良いそうで 

 

各店 具材も 味も

オリジナルカレー で

勝負しているそうです 

 

 

 

 

この後 は 

皆 で ケーブルカー に 乗り込み

『 黒部平 』 へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

黒部平 ~ 大観峰 の 絶景

2015-04-03 | ☀ recreation ☀

 

『 5つの掟 』 で おなじみ (笑)

『 黒部ダムカレー 』 を 食べ終え 

 

次は ケーブルカー で 移動。

 

さらに 上 を 目指します 

 

 

 

 

 

 

 

標高差 400メートル を

5分 で 登り ・・・

 

 

 

標高 1828 メートル

『 黒部平 』 到着。

 

 

 

北アルプス の 壮大な山々 ・・・

 

 

 

 

さらに ここから

今度 は 『 立山 ロープウェイ 』

に 乗り込み さらに 上 へ。

 

 

 

 

標高差 500メートル を

7分 で。

 

 

 

このロープウェイ は 支柱のない

ワンスパーン方式 として は

日本一の長さ だそうで ・・・

 

 

 

まさに 動く展望台 ・・・

 

 

 

雪 も 残っていました。

 

ロープウェイ を 降りてから

目的 の 展望台 まで は

階段 ・・・

 

 

 

 

こんな感じで あと何段か

わかります。

 

 

 

あと 残り10段 の ところで

「 もうすぐだよ 」 と 

書かれてます (笑)

 

そして 10段 登ると ・・・

 

 

 

 

 

どーゆーこっちゃねん (笑)

 

 

 

 

 

 

標高 2316 メートル

『 大観峰 』  

 

断崖絶壁 に せり出すように

建っている 展望台 は 

最高の眺め。

 

静かな空間 に 心地イイ風 が

吹き抜けます。

 

 

 

 

黒部ダム が 小さく見えます。

 

 

 

あまりに 気持ちがイイもんで

皆 で ゆっくり のんびり 

気の向くまま 過ごしました。

 

 

 

仕事する 主任。

 

お客様から の お問い合わせ は

山奥でも 受け付けております。

 

 

 

 

かわいい ハチ 。

 

ここは 本当に 気持ち良く

ゆっくり と 流れる 時間 を

堪能できました。

 

 

 

 

充分 愉しんだ後

そろそろ 移動しようかな って

タイミング で

 

中国人 御一行さま が 現われ

ドデカイ声 で ギャーギャー と 

 

鳥達 の さえずり が 聞こえる

静かで 気持ちイイ雰囲気 が

一気に 急変し ゴミゴミしてきたので

戻ることに。

 

 

 

 

さらに ここから 

主峰 雄山 の 直下を貫き

日本最高所(標高 2,450m) を 走る

トロリーバス で 

『 室堂 』 という場所 に 

行けるのですが  ・・・

 

 

 

 

室堂から は ハイキングコース や

登山コース に なるようなので

 

課長と 主任は 何度か一緒

山に登っているので 

体力的 にも 精神的 にも

全く 問題ありませんが

 

当時 運動不足(運動嫌い) な

スタッフ2名 に 配慮して 

時間的にも 難しい と 判断し

この日 は 断念しました。 

 

 

 

 

ロープウェイ で 黒部平へ

戻ります。

 

 

 

黒部平でも 各自 自由行動 で

のんびり 過ごしました。

 

黒部平庭園 で 景色 を 愉しみ

お土産屋さん で お買い物。

 

 

 

 

『 黒部ケーブルカー 』 で 

ダム へ 戻ります。

 

 

 

 

 

 

太陽の位置 が 変わるので

あたりまえですが

時間帯 で 虹の位置 が 変わり

 

何度 見ても その壮大な景色 に

見惚れてしまいました.

 

 

 

 

人生初 の 黒部ダム ・・・

 

トロリーバス や ケーブルカー

ロープウェイなど 移動料金 は

意外 と かかりますが

 

その価値 は 充分にある

素晴らしい観光地 だと

思います 

 

気持ちのイイ 充実した時間 を

過ごすことができました 

 

 

 

 

帰りの道中 休憩 で 立ち寄った

『 諏訪湖 サービスエリア 』。

 

 

 

諏訪湖 を 一望できるので

オススメ です 

 

このサービスエリア内 には

絶景 を 眺めながら入浴できる

温泉 も あるようで 

 

 

 

 

帰宅後は ほたるいか煮干し と

無添加(珍しい) の 『 鮭トバ 』 で

一杯 やりました 

 

 

 

 

ちなみに

黒部ダム は 紅葉 も 素晴らしく

絶景らしいので

 

この日 仕事の都合 で

急遽 ご参加いただけなかった

西村代表 を 再度 お誘いして

 

次回 は 紅葉の時期 に

 

『 室堂 』 から 立山 山頂 の

雄山神社峰本社 に 参拝する

『 立山登拝道コース 』 で

 

標高 3000 メートル から 

北アルプス の スペシャルな紅葉 を

愉しめたら と 考えております。

 

 

 

代表 は とても健脚 なので

簡単なコース で 恐縮ですが

 

紅葉の秋 に 是非 

御一緒させて頂けると 幸いです。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ナメック星 で 喰らう 御当地

2015-02-03 | ☀ recreation ☀

 

去年 の レク で

河口湖 周辺 へ 遊びに行った日

 

昼食 で 『 ほうとう 』 を 。

 

 

有名店だそうで。

 

何だか ナメック星の家 みたいな

かわいいデザイン の お店です。

 

 

 

開店と同時位 に 到着したので

まだ 店内 は 空いてます。

 

 

 

この後 観光バス が 続々 現れ

ツアー客 や 学生 で 賑わいます。

 

 

 

奥 の 窓際へ。

 

 

 

先ずは 乾杯。

 

ですが ワタクシ運転の為 

お酒は飲めません (笑)

 

 

 

名物 馬刺し も 注文。

 

 

 

 

この 馬刺し は 美味かった。

 

やわらかく 脂のノリ も 適度 に

芋焼酎 が 飲みたくなりました。

 

 

 

きました 『 ほうとう 』。

野菜タップリ スゴイ 大きさ で 

ボリューム 半端ない。

 

取り合って食べる量 ですが

コレ を ひとり 1杯 (笑)

 

 

 

 

食べきれるか 心配でしたが

野菜メインなので アッサリしていて

 

途中から 美味い七味 で 味 を 変え

どんどん 箸 が 進みます。

 

 

 

 

 

美味しくて 全員 完食。

 

ガッツリ オナカ イッパイ

に なりました。

 

 

 

 

ちなみに この日も

全天候全地形対応  近未来シューズ

リーボック の イボイボモデル (笑)

 

日本人の感性には 馴染まない

履いているだけで 変態扱い 必至 な

気持ちの悪い 外国製 ・・・

 

 

 

 

そんな ナメック星みたいな 

山梨県 の ほうとう屋さん でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

富士山博物館 ~ 鳴沢氷穴

2015-02-01 | ☀ recreation ☀

 

 

ほうとう を 堪能した後は

『 富士山博物館 』 へ 移動。

 

 

 

トイレ休憩で寄ったのですが

とりあえず 中 へ 入ってみました。

 

 

 

 

入口に 木の化石 が

ゴロゴロ 置いてあり ・・・

 

 

 

お値段 320 万円 (税込) 

 

うん百万円の商品 が そこらじゅうに

無造作に置かれています ・・・

 

ここで 男気ジャンケン

リスクが高すぎですね ・・・ 

 

 

 

 

とにかく 石関係 が

たくさん売られています ・・・

 

 

 

さらに 進むと ・・・

 

 

 

結構 費用のかかったであろう

演出 ・・・

 

 

 

富士山について 学びます。

 

 

 

ちなみに 同世代の男性店員 に

テンション高く 話しかけられ

 

どうやら 私の履いているシューズに

興味をお持ちのようで (笑)

 

「 前から すごく 気になっていて

  実物 見たのは 初めてです 」

 

って 興奮気味に 店員さん。

 

履き心地など 聞かれ

イボイボシューズの話 で

盛り上がりました (笑)

 

 

 

 

総額 億を超えるであろう

商品(化石)の数々 ・・・

 

そんな 富士山博物館 を 後にして

ここから 近い 目的地である 

『 鳴沢氷穴 』 へ 移動。

 

 

 

『 鳴沢氷穴 』 到着。

 

 

 

氷穴内は 滑ったり ぶつけたり

注意が必要なようで ・・・

 

 

 

ヘルメット 無料レンタル。

 

 

 

いざ 内部へ ・・・

 

 

 

入口付近 階段の途中から 

気温 が 一気に下がり

肌寒くなります ・・・

 

 

 

ここで切りだされた天然氷 は 

江戸の殿様 へ 献上されていたそうで。

 

 

 

 

各自 上着を装着して 

どんどん 冷たい世界へ

下っていきます ・・・

 

 

 

 

中は さらに ひんやり と

寒い世界 ・・・

 

 

 

 

途中 腰をかがめないと通れない

洞窟の中 を 進みます。

 

 

 

 

足元も滑るので 注意しながら

ゆっくり 進みます。

 

 

 

 

天然氷 が たくさん。

 

 

 

 

二度と戻れない危険な 『 地獄穴 』

 

江ノ島まで 続いているという伝説 ・・・

 

 

 

 

とにかく 寒い ・・・

外との 気温差 が スゴイ。

 

 

 

慎重に 戻ります。

 

 

 

 

地上に出る階段 で 気温が急変して

極端 に 蒸し熱く 感じます ・・・

 

その気温差 に 驚かされました。

 

 

ここは 初めて訪れましたが

天然クーラーの素晴らしさ を

体感できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント