映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

スペースボール

2017-08-19 22:34:12 | ★★★★★☆☆☆☆☆
監督 メル・ブルックス
キャスト メル・ブルックス、ジョン・キャンディ、ダフネ・ズニーガ、ビル・プルマン、リック・モラニス、ジョージ・ワイナー、スティーヴン・トボロウスキー、マイケル・ウィンスロー、ジョン・ハート、ティム・ラス、ルディ・デ・ルカ、デイ・ヤング、ブレンダ・ストロング
1987年 アメリカ
ジャンル:SF、アクション、コメディ

【あらすじ】
遥か銀河系の彼方。悪しきスペールボール星のスクルーブ大統領は、減少する星の大気を補充するため、他の星から奪取しようと画策。平和なドルイデア星を標的に定め、ベスパ姫を誘拐し、その父ローランド王を脅迫すべく悪の総督ダーク・ヘルメットを差し向ける。一方、ドルイデア星ではベスパ姫の結婚式が始まろうとしていた。だが、結婚相手が気に入らない姫は宇宙へ逃走。困った王は流れ者の宇宙船長ローンに姫の捜索を依頼する。

【感想】
「スター・ウォーズ」のパロディ映画なんだが、そのSFXを制作したILMが手掛けているので割と身内が作ったパロディ映画と言えます。個人的にはパロディ映画は全く無関係の所が製作した方が面白いのではないかと思っています。

ノリが全体的にかなりふざけているため合わない人には無理な映画なんでしょうけど、日本人にとってアメリカのコメディは全く笑いえないものが存在する中で本作は比較的受け入れられる内容でした。前半は退屈だったのですが、後半は楽しめました。個人的に宇宙船が昔の日本のロボットアニメのように変形したシーンは印象に残りました。登場するキャラクターについても前半は敵味方含め気持ち悪かったのですが、最後の方は愛着が持てました。しり上がりによくなってくるタイプの作品だと思います。それでも前半は退屈なので少し眠くなるかもしれません。そこを乗り越えられればという前提で評価したい。

パロディの内容が分かり易すぎるのが初心者向けという感じで個人的には合わなかったです。こういうのはもっとマニアックに作ってほしい。細かすぎて伝わらない程度の作りがちょうどいい。他にも誰が見てもわかるような「猿の惑星」や「エイリアン」のパロディがありましたが、個人的にはスター・ウォーズ1本に絞った方が良かったと思う。蛇足感がありました。

「スター・ウォーズ」知らない人が見たら全く面白くないのでそれだけは注意が必要かと。


お薦め度:★★★★★☆☆☆☆☆

スペースボール [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« SBSHD、千葉・野田市に... | トップ | 中小運送、ヤマトの間隙突く... »
最近の画像もっと見る

★★★★★☆☆☆☆☆」カテゴリの最新記事