映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

ハマキョウ、「大手3社以外」の宅配網構築打ち出す

2018-05-11 12:00:45 | weblog3

同社は元々、運送が儲かっていた時代にこれからは運送じゃ儲からなくなるという読みで他社に先駆けて3PLに進出した会社だったのだが、そんな会社が宅配網構築というある種、逆戻りするような方向を検討するあたり独自の投資感のようなものを感じる。個人的にはこれから儲かるのは運送じゃないか思っているので正解と思う。

 

この会社、創業者の影響力なのか会合のようなものをやると全国から多数の同業が駆け付けるなんてきいたことあるから協力してくれる同業他社は多いのではないですかね。そこが強みなのだと思う。


PS

経営計画弱いけど、あくまで計画ということで2年連続業績予想を下回ったこともあって上振れした数字を出してくれることに期待する。

 

 

以下、LOGISTICS TODAYより

 

ハマキョウレックスは9日、2021年3月期を最終年度とする新たな3か年計画を発表し、3PL部門への注力度合いを高めながら、「ラストワンマイルのプラットフォーム構築」に取り組む方針を打ち出した。

トラック運送部門で現状を維持しつつ、物流センターの開設を軸に3年間で240億円の設備投資を行い、3PL部門の売上を523億円(18年3月期)から622億円(21年3月期)へ100億円程度、利益を60億円(18年3月期)から71億円(21年3月期)へ10億円程度拡大を目指す。

荷主の定着率が高いという同社の3PLの強みを生かし、資金を投入する物流センターは自社保有を優先的に検討する考えで、ピッキング業務の省人化につながるようなロボットの導入にも取り組む。

ラストワンマイルのプラットフォーム構築は、需要が高まるEC物流への対応力を高めるのが狙いで、既存の宅配大手に依存しない宅配ネットワークの構築を目指す。「具体的な計画は検討中」(ハマキョウレックス)だが、ゼロベースから宅配ネットワークを構築するのではなく、地域の配送に強い地場運送会社のM&Aや他社との連携を軸として、3年以内の具体化を目指す

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 便乗値上げ | トップ | アベンジャーズ/インフィニ... »
最近の画像もっと見る

weblog3」カテゴリの最新記事