映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

スクリーム

2008-03-14 13:33:22 | ★★★★★★☆☆☆☆
監督 ウェス・クレイヴン
キャスト デヴィッド・アークエット、ネーブ・キャンベル、コートニー・コックス、スキート・ウールリッチ、マシュー・リラード、ジェイミー・ケネディ、ドリュー・バリモア
1996年 アメリカ
ジャンル:ホラー、サスペンス

【あらすじ】
カリフォルニアの田舎町ウッズボローに暮らす女子高生シドニーの周囲に、ハロウィンマスクをかぶったシリアルキラーが出没。1年前、何者かに母親を惨殺された過去を持つ彼女は、恋人のビリーが犯人ではと疑い始めるが。

【感想】
スクリームシリーズは以降続編が作られたこともあり、根強いファンが多い映画です。肌に合えばハマルと思いますが、そうでない人には退屈な映画でしょう。ちなみに私は中立です。普通に楽しめました。

第一作目となる本作では冒頭にて一瞬で殺されるためだけに出演しているドリュー・バリモアの絶叫が光ります。あのシーンのインパクトが強いので、その後、しばらくはトーンダウンしてしまい、気が緩んでしまったのが残念でした。
その後、主人公の周りの人間が次々と命を狙われ殺されていくのですが、最終的には味方の協力もあり、犯人が明らかになります。確かに犯人の正体は読めなかったです。あやしいのは複数いましたが、各人アリバイがあったからです。とはいえそれほど「やられた」という感じでもありませんでしたが・・・。ただ誰が犯人なのか色々想像するのは楽しかったです。

またこのシリーズには仮面をかぶった犯人が包丁(ナイフ)を振り回して残忍な殺しをシーンが毎回必ずあるのですが、殺しに成功するまでの間に被害者から必死の抵抗を受けて、毎回ボコボコに殴られたり、壁に押し付けられたり、しまいには銃で撃たれたりと結構、ひどい目にあっています。これがかなりまぬけで笑えます。ファンにはお約束となっているようです。あまり怖くない方がこの作品らしくていいと思います。

お薦め度:★★★★★★☆☆☆☆


スクリーム

パイオニアLDC

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

★★★★★★☆☆☆☆」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事