LiveInPeace☆9+25

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

(ベネズエラ連帯)NoMoreTrump 国連事務総長に対する国際署名にご協力ください

2019-08-26 | ラテンアメリカ

 リブ・イン・ピース☆9+25です。

 トランプ政権は8月5日に米国内にあるベネズエラの全ての資産を凍結する大統領令を出しました。ベネズエラのマドゥーロ政権に対する経済封鎖を一層強めるものです。米国の経済制裁によって、すでにベネズエラは最大の収入源である原油の輸出を禁止され、さらに食料や医療品など国民生活に必要な物資まで購入を禁止される状況にあります。この米国の制裁によって、子ども、老人、病人など弱者がこの2年間ですでに4万人も死んだという報告も出ています。この制裁を更に強める動きに対して、世界中から国際法にも反する違法な行為を中止するよう国連事務総長に求める国際署名NoMoreTrumpキャンペーンが提起されています。この署名は日本の「change.org」署名サイトに在日ベネズエラ大使館によって提起されています。ぜひ、一番下のオンライン署名にご協力をお願いします。

 日本の新聞、メディアはベネズエラのマドゥーロ政権のことを独裁政権、抑圧者であるかのように書いています。しかし、金持ちだけが支配し、石油の利益を独占し、多くの国民が飢えと貧困に苦しんでいたのを、大統領になって逆転させ貧困な人々や勤労者に石油の富を分配し生活できるようにしたのがチャベス前大統領です。そして、それを引き継いだのがマドゥーロ大統領です。ベネズエラではパイパーインフレと物不足で国民が苦しんでいると報道されますが、それを引き起こしているのはマドゥーロ政権ではなく、ドルによる国際取引をできなくして石油輸出も物資購入もできないようにしているトランプ政権です。米政権はイランのようにベネズエラを絞め殺そうとしているのです。それだけでなく、この1月からグアイドという傀儡を仕立て、国内で何度もクーデターの試みをさせているのです。グアイドはあろうことか国民を苦しめる米の制裁強化を支持!しています。誰が見ても何度も繰り返された米国による途上国介入と侵略の試みだと思うのですが、その米国を正義と描き、被害者を抑圧者とかき立てるほど日本のメディアは腐ってしまったようです。

 是非、この署名に協力してください。ベネズエラで起こっていることについては私たちのウェブサイト、ブログに紹介していますので、是非ご覧下さい。

□リブ・イン・ピース☆9+25のウェブサイト http://www.liveinpeace925.com/

□同上ブログ https://blog.goo.ne.jp/liveinpeace_925/c/cdc604ac54e975b388bd687a95e86952

□グテーレス国連事務総長(UN Secretary-General Antonio Guterres): ベネズエラ国民を貧困に陥れるアメリカ政府の独自制裁にストップを。オンライン署名に協力よろしく。

http://chng.it/Jjy2kGLm8H

よろしくお願いします!

コメント   この記事についてブログを書く
« (沖縄連帯)連戦連勝で沸き立... | トップ |   
最近の画像もっと見る

ラテンアメリカ」カテゴリの最新記事