つるや連合(盧武鉉前大統領の遺業を記憶する勝手連)

通常時:李明博の国策捜査を批判する座間市民会議

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

misidazai氏のブログ

2006-05-31 20:45:14 | 左系観察・リンダちゃん
何度かレビューを紹介させていただいたAmazonのアイドル、misidazai氏のブログを発見いたしました。

自慰史観という時代の弛緩
http://blog.livedoor.jp/misidazai/

自慰史観という時代の弛緩
ネット右翼。熱湯欲、あるいは熱湯世という、時代の化物が、いまこのときも、増殖中!今では、右傾「東スポ」と化した産経新聞。文春の狂気の差別雑誌。「正論」「諸君!」が、マンガ雑誌のレベルに低劣化し、カリカチュアとして、民心を俗に穢している。「憂国」「愛国」「公共心」みな空疎な観念語に転落し、半島、大陸への差別へと摺りかえられている。建設的なものはなく、絶望と極めて近似値な不毛感が沸々と沸いている。 ここは何処だ。「新しい歴史教科書を作る会」の元名誉会長:西尾幹二氏に、よると、日本はアジアではないらしい。妙な地勢学を持ち出し、歴史のみならず、地理まで歪めるらしい。 平和や民主主義は変わらないと思っていたのに、なんだか不可思議な終末観漂う時代になってきた。 「人権」や「自由」を否定する八木秀次氏や中川八洋氏などはいるが、反「人権」の跡にあるのは、やっつけ刀そのものの武士道。全く潔くない、自省できない武士道である。 口を開けば、”教育”、または教育勅語という彼ら。教育が必要なのは、この先生方の方ではないのか?

☆今後も刺激的なレビューを期待しております。

☆ところで、misidazaiでぐぐるとmisidazai氏自身のブログの次にこのブログがヒットします。何か申し訳ない気分です。さらに、

yye > 16 (-@∀@)ヲチ
http://r.hatena.ne.jp/yye/16%20%EF%BC%88-@%E2%88%80@%EF%BC%89%EF%BD%A6%EF%BE%81/

において、この「アルマヴィルへの道」の歴代記事が集められているのを発見いたしました。ありがたいのか何なのか複雑な気分でございます。


コメント   この記事についてブログを書く
« オルタナが2ちゃんに突撃? 4 | トップ | 【韓国】賭場で強盗働いた公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

左系観察・リンダちゃん」カテゴリの最新記事