Little Bird News

鳥の医学情報、日々の雑感など、気が向くままに・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミネラルウォーター

2011-03-26 12:17:35 | 鳥の医学情報(その他)
コメント欄で質問があったのですが、
コメント欄だとあまり多くの人の目に触れないようなのでこちらにあげときますね。

>ネットでお水について検索をかけると、「インコにミネラルウォーターを与えると、結石の様な物が出来るので良くない」と言うレスをよく見かけます。

結石が何結石(泌尿器系?消化器系?)を指し示しているのかわからないのですが
一般的に“結石”と言われる泌尿器系だとすれば、
鳥はほ乳類に比べて結石症例がはるかに少ないです。
おそらく何千(何万?)分の1という数字になるかと思います。

鳥は、ボレー粉のようなカルシウムの塊をガリガリ食べる珍しい生物ですから、
硬水ごときのカルシウム量でどうにかなるとは考えにくいです。

もちろんそれなりの量のCaを摂取すれば、鳥でも害がでます。
飼料中2.5%が有害な濃度とされ*、
小型飼鳥の食事量が体重の10-20%ですから、
概算ですが、一日辺り2.5~5g/kgのCaは危険ってことになります。
食欲が落ちたり、組織にCaが沈着してしまったりします*。
*AVIAN MEDICINE: PRINCIPLES AND APPLICATION , 1994 , Wingers Publishing, Inc.


で、非常な硬水である、エビ○ンのCa濃度は30mg/100ml
一日に体重の10%飲むと考えると・・
1kgの鳥で100ml、ということは、
エビ○ンからの一日でのCa摂取量は30mg/kg、gに換算すると0.03g/kgってことになります。

超硬水のコント○ックスであっても、
146.8mg/100ml
なので、0.1468g/kgってところですから、
危険量の2.5~5g/kgに比べれば微々たる量です。

もちろん、ビタミンD3とかリンとか様々な他の因子も影響しますので一概に言えませんが、
やはりどう考えても理論的には問題なかろうかと思います。

疫学的にも、
硬度が高い地域に結石が多いって話は聞いたことがありませんので実際的にも大丈夫なのだと思いますよ。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 水道水の放射性物質について | トップ | 放射線ホルミシス »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安心しました (セキセイインコ)
2011-03-26 13:07:24
大変分かりやすく説明して頂き、有難うございましたm(__)m


考え過ぎも良くないと思いつつ、やはり不安に思っていたので安心しました。

このまま放射能が落ち着いてくれる事を願います。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鳥の医学情報(その他)」カテゴリの最新記事