goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

ここ数日のモトプランニング

2019年05月27日 | オートバイ

作業が立て込んでしまい、精神的にもバタバタ状態・・・

とにかく順番に効率良くこなしていかないとダメなことは理解しているんだが。







見た目は全く変化がないYSR80白1のフューエルタンク。

錆転換剤で2回ほど処理を行ってから、昨日コーティング剤を流し込んだ。





缶の底に残ってるコーティング剤は、今朝の時点で指につかない程度まで表面が乾燥していた。

説明書だと3日程度の乾燥時間が必要とのことなので、もうしばらくの辛抱だなぁ







お客さんからの依頼でチャピィにチャンバーを取り付けた。

手持ちのチャンバーを、チャピィの純正エキゾーストパイプと接合できるように加工。

角度を微妙に調整しながら加工位置を決めたので、センタースタンドもブレーキペダルもそのまま。





問題はサイレンサーで、素敵にもんげーうるさい!

さすがにこの状態での試乗はできなレベル。





んで、オーナーさんが持っていた250㏄用のサイレンサーを加工して取り付けた。

もしかしたらチャピィの純正より静かになったかもしれない?

それでも中回転域からのレスポンスは確実に向上している。

キャブレターのセッティングを詰めると、もっと良くなりそうな気がする。







週末の3日間、手持ちの車両を入れ替えながらの通勤だった。

土曜日はGR君!

30キロ制限の裏道さえ耐えれば快適なんだけどね。







近所の方のKTMに試乗させていただいた。

DUKE125だったかな?

低回転から意外なトルクを感じる不思議なエンジンで、途中で中だるみするけど高回転域はもんげー元気!

1台あっても良いかもしれないけど、なくても困らないなぁ







お預かりしているHX90のオイルポンプ。

症状的にはチェックバルブの動作不良みたい?





まずは最少ストロークの測定をしたが、0.2ミリを少し下回る程度。

ギリギリ合格レベル?(規定では0.15が下限)





各部品は傷みも少なく良い状態だと思う。

チャックバルブの受け側に汚れが付着していたので、漏れていたのかもしれない。





「栓」はじっとしてたけど、念のために補強する。





他にもコソコソと作業をしているけど、報告は改めて。







YG0006
コメント   この記事についてブログを書く
« good grief.(YSR80白1) | トップ | 蛇も泳ぎたくなる練馬の暑さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事