goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

ミニトレのフロントフォーク

2009年03月17日 | オートバイ
半月ほど前にお客さんから、ミニトレのフロントフォークのオーバーホール依頼があった。

某オークションに出品されているフォークを落札予定で、落札後に持ち込むとの話だった。


んでもって、持ち込まれたフォークは「意外と綺麗だね」って感じなんだけど・・・


お約束の場所にメッキ剥離が隠れていた!

ちょっち見にくいけど、オイルシール付近に丸く錆が発生している。

ここってシールと一番多く接触している部分でかなりの確立で錆びていて、ダストシールを
外さないと、発見できない。


とりあえず、左右とも分解したけど、インナーは再使用不可能!

もっともインナー上部の錆も凄まじくって、スライドメタルを抜くためにかなり苦労した。


唯一の救いと言うか、不思議なくらい綺麗なリング部分!

錆だけでなく、傷すら見つけることが出来ないくらいメッキも綺麗!
(写真は既に、新品のオイルシールを打ち込んでいる状態)

インナーチューブが素敵に高価なので、交換するかは再検討することになった。

つまり・・・作業保留依頼が発動された!

えええ!

工賃がもらえないよぉ

実は、電話で相談されたとき、しっかりと説明したんだよね・・・

「見える部分は綺麗でも、ダストシールの下は錆びていることがほとんどですよ」って!

「最初っから新品のインナーを使ったほうが、良いと思いますよ」って!

あえて落札金額は聞かなかった。

結構高かったと言っていたが、通常いくらからが高いのかは考えたことないしねぇ

もちろん、入札の相談をされたときもオークションの画面は見なかった。

だって責任もてないもん!

超能力者ぢゃぁないんだしね!

最後に一言!

出品者も、フロントフォークを車体から取外す技術を持っているんだから、ダストシール
くらいは外してみて欲しいね。

見える部分に錆はありません・・・なんて書くときでも、覗ける部分とか・・・

そう言えば、昔持ち込まれたミニトレで、ダストシールの内側にティッシュが入っていた
ことがあったっけなぁ

ティッシュは自然に入らないと思うよなぁ

なんか、素敵だなぁ

まぁ、いいか
コメント   この記事についてブログを書く
« シャープペンシル | トップ | 見ると買っちゃうんだよね・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事