goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

クリアになった気がする?

2013年10月19日 | オートバイ
現在整備を進めているミニトレ君

インナーチューブの錆がひどく、このまま組み上げてもオイル漏れすることは確実という感じだった。

オーナーさんに説明したら、再メッキしてくださいとの事だったけど、金額的にも高額になる。



そんな時、あるお客さんからフロントフォークに関する相談事があり・・・

社外品のインナーチューブを使用して組み上げたら、フォークが伸びきる辺りで「ガコっ!」と音が
するとの事だった。

ご自分で組み替えたようだが、寸法的にも違いはなかったらしい。

なんとなく症状的にプリロードがかかりすぎているように思えたので、その旨を説明したんだけど気に
なって仕方がない。


某オークションに、社外品のインナーチューブが出品されてることも仲間聞いて知っていたので、取り
扱い店に連絡して直接購入してみた。


んでもって、昨日届いた長い箱がそれ!





純正品と並べてみても、この写真からでは違いがわからないと思う。

とにかく良く出来ている。

これで1本分の再メッキ費用で買えるとすると、選択肢としては十分良いものではないだろうか。



さて、相談にもあった気になる部分の検証を・・・





想像通り!

どうやらインナーチューブのトップ部分の厚さが純正品より厚いようだ。

純正スペーサーとスプリングを挿入してみると、社外品の方は7ミリほど長く飛び出る。

と言うことは、プリロードが7ミリほど余計にかかっているわけだね。





試しに丸棒を突っ込んで内寸を図ると、やはり7ミリの差があった。





と言うことで、スペーサーを7ミリほどカットして組み上げることにした。





オイルシールも打ち直して部品は揃ったので・・・





組み上げ自体は順調に進んだ。





確かに、そのまま使用するのはちょっち問題があるが、この程度の加工で使えれば合格だと思う。





って言うか、お客さんの車両で検証したら、人柱ぢゃないって?

いやいや

問題があったら、新品で組み上げようと思っていたので、問題はないでしょう!

少なくとも、費用も半額ですんでいるので、他の部分に手を入れることもありだしね!



コメント   この記事についてブログを書く
« 人柱用部品? | トップ | 3M8系 社外0.25mmオーバーサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事