goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

今日のYSR80白1(9月27日)

2018年09月27日 | オートバイ

コニカルワッシャ等の部品が入荷するまで・・・






電装周りの組み込みを行う。

軽く苦労したけど、スムーズに作業は終了。 <微妙な表現だ!






次にオイルポンプの作業を始めた。

外観は非常に綺麗なんだけど、見た目にごまかされちゃダメ!

まずは、お約束のオイルポンプの最小ストロークを確認したら、マイナスか?

アジャスティングプレート手前に入っているはずのワッシャが見当たらない?

えええ!

自然に外れるとは思えないんだが。

これは分解確定だなぁ






内部は綺麗で安心したが、問題はチェックバルブで、まったく機能していなかった。

今までも、多少劣化していることはあった。

でも、ある程度クリーニングを繰り返していると、正常になることが多かった。

この固体はまったくダメ!

面倒・・・いや、手間がかかるなぁ








ノズルを抜き取って内部を確認すると、ボールが素敵な状態になっていた。

まるで、曜変天目ボール? <それほど綺麗ではないけどね。






この程度で機能しなくなっちゃうのかなぁ

確かに艶消し状態だけど、ギタギタではない。






ノズルもクリーニングして、ボールは新品に交換する。






お約束の治具で検証すると、しっかいと機能するようになっていた。




さて、次は最小ストロークだなぁ






結論から言うと、トータルで1.45ミリ分のシムを追加した。

と言っても、標準で入っている1ミリのシムがなかったので、実質的には0.45ミリの追加?

どちらにしても、よく焼き付かなかったと思うよ。




この固体は不思議なところが多い気がする。

ガスケットも微妙に接着剤的なものが塗られているように思えたし、オイルシールも・・・




内部に使われているオイルシールなんだけど、状態は良いが変形している。

交換暦があるんだろうか?






これで安心して使用できる状態になったはず。




くどいようだけど・・・

これでもオイルポンプをそのまま使いますか?

外観が綺麗だからと言って、設計通りに機能しているとは限りません。

ほとんどの場合、最小ストローク値は減少しているはずです。

チェックバルブも、地味だけど重要な部品です。

是非ともオイルポンプの詳細を確認してあげてください。







YG0006
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日のモトプランニング(9月... | トップ | ボアアップキット入荷! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事