その後のよりめちゃん

2017-05-19 17:41:23 | ねこ部
以前、うちの近所に出没するよりめちゃんのことを書いた。
とってもおりこうそうでかわいい猫のよりめちゃん。

最近になって、よりめちゃんが野良猫ではなくなっていたことがわかった。

うちの窓から玄関ドアの見える住宅の1階の部屋。
猫好きのおばあさんが住んでいる。
そのドアの前でよりめちゃんが鳴く。
するとドアが開く。よりめちゃんが中に入っていく。
そんな様子を何度か見かけた。
あのよりめちゃんが、中に入って行くなんて、あのおばさんはそんなによりめちゃんに信頼されているのか。
そう思うと、ちょっと羨ましかった。


前の記事で書いたこのおばあさん。
このおばあさんに飼われていたのだという。
話によると、野良猫だったよりめちゃんが子供を産んだ時に、
住宅の人たちで、エサをあげたりしてかわいがっていたと言う。
そのうちにこのおばあさんに懐いてしまって、飼わざるをえなくなったのだそうだ。
(一応市営住宅はペット禁止である)

おばあさんは、最初によりめちゃんに避妊手術を受けさせたそうだ。
納得である。

よりめちゃんに飼い主さんができて良かった。
よりめちゃんが幸せそうで、良かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は私のままでいよう | トップ | 副会長 »

コメントを投稿

ねこ部」カテゴリの最新記事