歌姫の徒然草

ジャンルを問わず書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MLB通算前安打3089

2019年05月09日 00時29分10秒 | 音楽

 イチローのMLBMajor League Baseball)の通算安打数は3089本で終わった。

 私は野球中継など観たことがないのに、あの日だけはテレビの前で「あと1本、あと1本打てば、3090本になるのに……」と願いながらチローの最後の打席を見守っていた。

 別に数字にこだわっていた訳ではないと思う。3089本で終わっても、3090本で終わっても、安打数は1本なのだから大きな違いはい。なのにあと1本、ヒットで出ることを願って止まなかった。

 イチローの公式戦安打数を手製のボード「イチ・メーター」で数えてきたエイミー・フランツさんも、私と同じ思いで見守っていたようなてならない。「29打席ヒットがありません」、「誰もがこの1本を願っている」と、実況中継していたアナウンサーも、同じ心境だったのでは?

 最後の打席が内野ゴロで終わったとき、球場のスタンドから聞こえていた歓声が溜め息に変わった。

 でも、3089というこの数字、3090とキッチリ終わらず、完結していないようなのだけれど、イチローの生き方に照らし合てみれば、象徴的だと思った。確かに、達成されなかった数字ではある。でも、決してそこで終わった数字ではない。見方を変えれば、向かって一歩を踏み出して行く可能性を秘めた数字に見える。イチローの背番号「51」と同じように。