らいおんさんからの贈り物

らいおんさんが
感じ・考え・行動してきたことがみなさんのお役に立つことを願って

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

贈り物一覧 1021~1031

2010-10-31 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

【らいおんさんからの贈り物 「バージョンアップ編」】を
みなさんにお届けしております。

初めてご覧になる人や
しばらくご無沙汰の人や
過去の贈り物をもう一度という人

そういった人の為に、
毎月10日、20日、月末に贈り物一覧をお届けいたします。

贈り物一覧から、お好きな贈り物が決まったら
左のカレンダーの日付の贈り物の日をクリックしてください。


それでは、バージョンアップして
明日もHappyになりますように。



2010-10-21
期待の裏に不安あり

2010-10-22
期待感を持たせよう くすぐろう

2010-10-23
未来型は、期待感をくすぐる

2010-10-24
過去形は、共感をくすぐる

2010-10-25
学びたいことは何

2010-10-26
勉強 = 時間を成長に変換

2010-10-27
勉強したことを学んだことを使えていますか? 行動できていますか?

2010-10-28
勉強したことを学んだことを使っていなければ宝の持ち腐れ

2010-10-29
判断・決定・決断した後に、現実を理想に近づけられているか

2010-10-30
援助するとは、環境を創り、成長をサポートすること

2010-10-31
仮定の話より、過程、課程、家庭の話をしよう
コメント

仮定の話より、過程、課程、家庭の話をしよう

2010-10-31 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

今日は、ハロウィンですね。

最近、ハロウィンのイベントもあちこちで開催されたりしているので、
ハロウィンの仮装をした人たちを街中で見ることも増えてきた。

らいおんさんも以前、ハロウィンに仮装して
イベントに参加したりしたこともありました。

仮装すると何だか、心も体もいつもと違う気分になって、
周りの見え方が違ってくるから面白い。

今日は、予定があるのでイベントには参加できそうにありませんが、
来年は、息子と一緒に仮装して
ハロウィンのイベントに参加したいなぁ。




さて、本日の贈り物について

ハロウィンの仮装をするとしたら、
あなたは、どんな仮装をしますか?


ハロウィンとは限らず、
仮装して、どんな者になってみたいですか?


仮装って、
子供の頃によくテレビやアニメのヒーローや主人公なんかを真似して
「○○ごっこ」として遊んだりしたのと同じだなぁと思う。

自分の頭の中で、ヒーローや主人公のいろんなシーンを思い出したりして、
自分がそのヒーローや主人公になりきって気持ちも行動も真似して遊ぶ。


こうやって、子供の頃に、
テレビやアニメのヒーローや主人公なんかを真似して
「○○ごっこ」として遊んだりしたことによって、
誰かの気持ちや考えや行動を理解する。
誰か真似をして技術や行動を習得する。
というスキルを身につけたりすることができるのかもしれない。

だから、
もし、自分が○○さんだったらとか
もし、自分が成功したらとか
もし、自分が大金持ちだったらとか
現実ではない、確実でない、未定で、不確かなことを
想像を働かせ、
仮に現実として、確実なものとして、定め、確かなことのように
考え、イメージできるようになったりする。


でも、
もし、~~だったらと言う仮定の話ばかりをしていたら、
どうだろうか?


口では言うけど、、、。
夢ばかり見ている。
そんな風に思われたりするかもしれないし、
現実ではない、確実でない、未定で、不確かなことばかりだから、
夢の中で生きている、現実がどこなのか、
未来の中で生きている、今を生きていない
そんな気にさえなってくると思う。


だから、
仮定の話より、過程、課程、家庭の話をしよう


今の自分がこうして、
此処に至るまでの変化や道筋やプロセスと言った過程を話したり、
これから先の未来や夢を話すとしても、
その未来や夢を現実にするまでの
変化や道筋やプロセスと言った過程を話したりしよう。


今の自分が今までに
どんな時間を割り当てて学習、作業を行ってきたのか
どんな順序で行ってきたのかと言った課程の話をしたり、
これから先の未来や夢を話すとしても、
その未来や夢を現実にするまでの
どんな時間を割り当て学習、作業を行っていくのか
どんな順序で行っていくのかと言った課程の話をしたりしよう。


今の自分の
生活を共にしてきた人達、生活をしてきた場所と言った家族の話をしたり、
これから先の未来や夢を話すとしても、
その未来や夢を現実にするまでに
どんな人達と生活を共にしていくのか、
どんな風に、どんな場所で生活をしていくのかと言った家族の話をしたりしよ。


仮定の話ばかりより、
過程、課程、家庭の話をすることで
「過去と今」「今と未来」がつながっていく。つなげられる。


だからこそ、
仮定の話より、過程、課程、家庭の話をしよう


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
「難しい」と言って先送りにしていることに目をむける
をお届けする予定です。
コメント

援助するとは、環境を創り、成長をサポートすること

2010-10-30 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子は、恐竜が大好きでした。
だから、息子に買ってあげた本、おもちゃ、パズル、工作などは、
恐竜に関するものだらけ、
そして、出かける先、旅行も恐竜に関連したところを中心に考えた。

まあ、恐竜に関するもの以外を「買って」「欲しい」と言っても、
それは、断ったりしてきたせもありますが。

だから、かなり恐竜に関しては、
名前や大きさ、生態などについても詳しくなっています。

今、息子の中の恐竜ブームは、去ってしまった。

家の中にたくさんある恐竜くんたちは、良き思い出となっています!?




さて、本日の贈り物について

あなたは、今まで誰のどんな援助を受けてきたでしょうか?

 誰からどんな風に助けてもらってことがあるでしょうか?

あなたが、今こうして、
 生活していられるのは、誰のどんな援助があるからですか?

 どんな環境で暮らし、育ってきたからこそ、今の自分があると思いますか?

 成長してきたのは、誰のどんな援助があったからですか?

 悩んだり、苦しんだりしたときに、誰が、どんな風に助けてくれましたか?

 困っているときに、誰が、どんな風に助けてくれましたか?

あなたは、今まで、
 見ず知らずの人に助けてもらったことってありますか?

 どんなときに、どんな風に助けてもらったのですか?


あなたは、今までの誰にどんな援助をしたきたことがありますか?

 誰をどんな風に助けてくることができたでしょうか?

あなたは、今までに、
 誰のどんな生活を援助してきましたか?

 誰のどんな環境での暮らし、育ちに関わり、助けてきましたか?

 誰のどんな成長を、援助してきましたか?

 悩んだり、苦しんだりした人をどんな風に助けてきましたか?

 困っている人をどんな風に助けてきましたか?

あなたは、今まで、
 見ず知らずの人を助けたりしたことがありますか?

 どんなときに、どんな風に助けたりしたのですか?



人は、一人では生きていない。
誰かとかかわりを持って生きている。

だから、
自分が助けられたり、自分が助けたり、
と言うのはごく自然なことだと思う。

そして、不思議なことに、
多くの人を助けることで、
多くの人から助けられたりする。


じゃあ、多くの人を助けていこうと実際に行動しても、
自分は、助けているつもりでも、
「小さな親切、大きなお世話」になったり、
行き過ぎ、過度、過剰になってしまったら、
その人にとって必要ない、するべきではない助けであったら、
その行動は、助けていることにはならない。


援助や助けは、
 困っている人に力を貸すこと。
 手をさしのべて助けること。
 力を貸して、危険な状態から逃れさせる。
 苦しみ・負担を軽くすること。
 不十分なところを補い、物事がうまく運ぶようにすること。
 より好ましい状態になるようにすること。
 支えること。

その方法、手段、行動は、
モノを与える物質的援助
お金を与える金銭的・財政的援助
技能、スキルを補ったり、向上するために行う技術的援助
励まし、声をかけ、気持ち、心を支える精神的援助
手や力を貸す行動的援助  などなど
その人、そのとき、援助、助ける内容によって変わってくる。

援助は、
困っている人だけ、援助が必要な人だけに対して行ったり、
その瞬間だけ、一過性で行ったりするもの。

という認識もあるかも知れないが、
らいおんさんは、そうは思っていない。

らいおんさんは、
援助とは、
かかわりを持った人に、最適な環境を創り、
その人の成長をサポートしていくこと。
だと思っています。

だから、
最適であり、サポートになるなら モノでも、お金でもと思う。

ただし、
モノを買ったり、お金を使ったりすれば、
最適な環境を創ることができるかもしれないが、
そうやって創った環境が、
成長のサポートにならず返って成長の妨げになるなら、
その方法は取らない。

最適だけど、サポートにならないなら、その方法は取らない。
最適にならないけど、サポートになるとしても、その方法は取らない。


援助するとは、環境を創り、成長をサポートすること

安易に援助せずに、助けずに、
その援助や助けが、最適な環境を創り、
その人の成長をサポートするかどうか
そのことを一度考えてから実行するようにしている。


これから先、誰のどんな援助が自分には必要でしょうか?

 誰のどんな風な助けが自分には必要でしょうか?

これから先、自分は誰にどんな援助を行っていけるでしょうか?

 自分は、誰をどんな風に助けていくことができるでしょうか?

 誰のために、どんな環境を創っていきますか?

 誰のどんな成長をサポートしていきますか?



それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
仮定の話より、過程、課程、家庭の話をしよう
をお届けする予定です。
コメント

判断・決定・決断した後に、現実を理想に近づけられているか

2010-10-29 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子に
自分の声に耳を傾けなさい
自分の内なる声に対して、向き合い、信じ行動しなさい
と言っている。

だって、「寒い」「寒い」と言いながら、
それに対して、何も判断しないで ただただ言っているだけ、
言っているだけになるから行動もしない。

だから、結局「寒い」ということは変わらない 変えられない。

そこで、らいおんさんが
「寒いなら何かを着れば?」と言ってそれで息子が行動するとしたら、
息子は、言われたら 人から指示されたら行動する という習慣になる。

つまり、
息子は、自分では考えずに行動せずに、ロボットと同じになってしまう。

息子自身が、感じ、考え、決めて、動くには、
息子自身の気持ちとかに対して、受け止め、感じるということがスタートだから。




さて、本日の贈り物について

物事を現実的に、現実に即して判断、決定、決断する方ですか?

それとも、
物事に対する理想を基準に判断、決定、決断する方ですか?


どうして、現実的に または 理想を基準に
判断、決定、決断してしまうのでしょうか?



現実は、今、目の前の瞬間。
だから、今、この瞬間に手に入れる、
または、かなりの確率で実現するということが基準となるとだろう。

理想は、どちらかと言うと、未来。
だから、未来を想像して、
想像した未来に向かっていくということを基準にしているので、
実際には、想像した未来が実現するか、手に入るかは分からない。


例えば、食事をするとき、
場所も、味も良く知っているお店に行くか
場所は知らないけど、美味しいと紹介されたお店に行くか
と考えとしたら、

現実的に食事を実現させられるのは、
場所も、味も良く知っているお店ということになる。

理想として、美味しい食事をと思ったら、
場所は知らないけど、美味しいと紹介されたお店を選ぶかも。


現実的な判断、決定、決断は、
自分の今までの知識、技術、経験してきたこと、枠の中でなされている。

だから、現実的な判断、決定、決断は、
自分の今までの知識、技術、経験してきた枠に囚われてしまう。


理想による判断、決定、決断は、
自分の今までの知識、技術、経験した枠の中にはない。
自分の今までの知識、技術、経験から想像した世界である。


常に現実は、自分の内側に存在していて、
理想は、自分の外側、向こう側に存在している。
とも言えるだろう。


だから、現実的に判断、決定、決断ばかりしていたら、
自分の今まで知識、技術、経験の枠の中をグルグルとまわっているだけで、
その枠は広がってなど行かないし、
自分の枠の外側には出ないから
理想などには近づくことも、理想を手にし、理想を現実にすることなどできない。


あなたの目標や夢と現実はどれくらい距離がありますか?

現実・・・目標や夢 これくらい?

現実・・・・・・・・・・・目標や夢 これくらい?

現実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・目標や夢 これくらい?


今のあなたの現実と理想のギャップってどれくらいありますか?

現実・・・理想 これくらい?

現実・・・・・・・・・・・理想 これくらい?

現実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・理想 これくらい?


あなたが、現実的に、理想として、判断、決定、決断しようが、
どちらであろうとその判断、決定、決断の影響や結果は、
今、この瞬間に訪れる。

いろいろと考えたり、悩んだり、時間をかけたりして、
判断、決定、決断できないこともあったりする。


現実的であろうと、理想であろうと 大事なのは、
ギャップがどれだけあろうと 大事なのは、

判断・決定・決断した後に、現実を理想に近づけられているか だと思う。


今あなたは、
判断・決定・決断した後に、現実を理想に近づけられていますか?


判断・決定・決断した後に、現実を理想に近づけていくようにしよう。


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
援助するとは、環境を創り、成長をサポートすること
をお届けする予定です。
コメント

勉強したことを学んだことを使っていなければ宝の持ち腐れ

2010-10-28 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子が全く新しいことをしようとするときは、
丁寧に教えるようにしている。

ただし、教えるのは、基本的に1回にするようにしている。

教わったことを次のときに、使えるか、活かせるかは、
息子本人の問題だと思っているし、
何度も丁寧に教わらなければならないとしたら、
息子自身は言われたことを言われたとおりに行うだけになるだろうから。

だから、
「答えは自分の中にあるよ。」
「知っていることを本当にわかった、できるようなるかは自分次第だよ。」
と言いながら、1度教えたことを
息子自身が使い、活かしていけるように、思い出せるように手助けはします。




さて、本日の贈り物について

昨日の贈り物は、
『 勉強したことを学んだことを使えていますか? 行動できていますか? 』
をお届けしました。

学問や技芸などを学び、
物事に精を出したこと、努力したこと
経験を積んだこと

そういった学び勉強したこと、
学び勉強によって、知識、技術、経験を得たことを
自分は、忘れてしまったりしていませんか?

 どうしたら、忘れないでしょうか?

自分は、使えているのだろうか? 行動できているのだろうか?

 どうしたら、使っていけるだろうか? 行動していけるだろうか?


自分自身の貴重な時間のかなりの量を学び勉強に費やし、
知識、技術、経験を得ているし、
自分自身が得た知識、技術、経験は、
誰しもが同じ物を持っているとは限らない。

だから、
学び勉強から得た知識、技術、経験は貴重なもの、宝だと思います。

その宝を使い、行動して輝かせ、
自分も、人生も輝かせていくか

その宝を使わず、行動せず輝きを曇らせ、仕舞いこみ、ほこりをかぶせ、
宝の存在自体をも忘れてしまい、宝を腐らせてしまい、
自分も、人生をも曇らせ、腐っていくか

それは、自分自身がどうするかだと思います。


はっきりと言います。

勉強したことを学んだことを使っていなければ宝の持ち腐れ


学び勉強から得た知識、技術、経験は、宝なのだから、
その宝を使い、行動して輝かせ、自分も、人生も輝かせていきましょう。


あなたは、
学び勉強から得た知識、技術、経験という宝を
輝かせる方法を知っていますか?

宝を使っていく方法を知っていますか?

実際に、宝を使い、行動し、より宝を輝かせるようにしていますか?



らいおんさんは、今学び、勉強してきたこと
知識、技術、経験を得てきたことをどう使っていくか?

今の自分自身、これからの自分自身にどう活かしていけるか?

この学び、勉強したことは、
 自分に何をもたらすのか?
 自分にどんな意味があるのか?

そういったことを考えるように、創造するようにしている。


さらに、学び、勉強したことを
気づいたことをメモするようにしていたり、
本やノート、教科書などは、時折、見返し、読み返してみたり、
忘れないように、簡単にまとめ、目に付くところに貼っておいたりもします。

また、学び、勉強したことを
息子に教えていく。誰かに伝えていく。

と言う風に、使い、行動し、活かしていく努力をしています。

この贈り物も、
学び、勉強したことからの気づいたことのメモを素に、
お届けしていますので、
学び勉強から得た知識、技術、経験という宝を
使い、行動し、活かしていく方法、手段の一つだと思っています。


あなたの学び勉強から得た知識、技術、経験という宝を
使い、行動し、活かしていき、
宝を 自分を 人生を輝かせていきましょう。


人生で、出会いは一瞬。
その一瞬の出会いの中で、
自分の人生を大きく左右したり、自分の人生の宝となることを教わることもある。

つまり、教わるのは一瞬。

その一瞬に教わったことを使い、行動し、活かしていき、
自分を 人生を よい方向に持っていったり、輝く方へ導けるかは、
自分次第です。


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
判断・決定・決断した後に、現実を理想に近づけられているか
をお届けする予定です。
コメント

勉強したことを学んだことを使えていますか? 行動できていますか?

2010-10-27 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子と一緒にハイキングや海に出かけたときに、
楽しく、安全に遊ぶ、居られるための方法を教えている。

例えば、
ハイキングでは、リュックを置く場所は
自分よりも斜面の上の方に置くようにするとか
(斜面の下に置くと、万一転がり落ちたら拾いに行けなくなるかも)

そして、教えるのは基本的に1回。

1回で覚えて実行しなかったら、
2度目には、楽しくなくなり、安全ではなくなるかもしれないからね。

だから、息子は、教えられたことを
呪文のように唱えながら、歩いていたり、
実際に教えられたことを実行するときにも
口で言いながら行っています。




さて、本日の贈り物について

実家の建替えに向けて、実家にある荷物を片付けていたら、
小学校、中学校、高校の教科書やら、ノートやら、テストまで出てきた。

懐かしくて、パラパラとめくって見たり、読んでみたけど
授業を真面目に聴いていた、聴いていなかったに関係なく
ノートを取っていた、取っていないに関係なく
得意だった科目、不得意科目に関係なく
すっかり、内容を忘れてしまっている。

学生時代は、
学校で勉強したこと、学んだことについては、
本当に内容を忘れてしまっている。

学校で勉強したこと、学んだことで
覚えていること、身についていることと言えば、
小学校での自転車クラブの活動のことや
中学でのバスケットボール部の活動ことくらい。

学生時代に勉強したこと、学んだことで、
今でも覚えていること、身についていることのほとんどは、
学校ではなく、
水泳、そろばん、キャンプ活動など習い事や学外活動でのことばかりです。

まあ、学生時代に学校での思い出よりも、
学外活動での思い出の方が多い、というか
学校は、ケンカしたことや先生との対立、仲間はずれにされていたことなど
あまりいい思い出が出てこなく、
自分にとって、好い思い出は、
学外活動での思い出ばかりなのもありますが。


学生時代に、学校で
学び勉強したこと
学問や技芸などを学んだこと
物事に精を出したこと、努力したこと
経験を積んだこと

学校での学び勉強によって、
知識、技術、経験を得たことの大半を忘れてしまっているのなら、

せっかく、自分自身の多くの時間を
学校での学び勉強に、知識、技術、経験を得ることに使ってきたのに、
自分は、使えているのだろうか? 行動できているのだろうか?

という疑問が湧いてくる。


あなたは、
勉強したことを学んだことを使えていますか? 行動できていますか?


あなたは、
学生時代に、どんな学問や技芸などを学んできたでしょうか?

 その学んだことを使えていますか? 行動できていますか?

物事に精を出し、努力してきたことは、何でしょうか?

 その努力してきたことを使えていますか? 行動できていますか?

どんな、経験を積んできたでしょうか?

 その経験を使えていますか? 行動できていますか?



学生時代とは、限らず
今は、どんなことを学び、勉強していますか?

 その学び、勉強したことを使えていますか? 行動できていますか?

これから先、どんなことを学び、勉強していきたいですか?

 その学び、勉強したことをどう使っていきますか? 行動していきますか?


勉強したことを学んだことを使えていますか? 行動できていますか?



それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
勉強したことを学んだことを使っていなければ宝の持ち腐れ
をお届けする予定です。
コメント

勉強 = 時間を成長に変換

2010-10-26 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

しつけは、習慣。

息子のことを見ていると、接していると
本当にそう思う。

それと、
息子が、興味を持つこと、遊んでいること
それをサポートし、応援し、時には一緒に
そうすることが息子の成長を促すことになる。

それから、
息子の成長と共に、「子は親の鏡」と言うけれど、
息子を観ていて、話していて、
らいおんさん自身のことを気づかされることも多い。




さて、本日の贈り物について

昨日は、25日。
25日は、給料日でした。

会社によって、給料日は異なると思いますが、
25日が給料日という会社も多いのではないかなぁ。

仕事をして、労働をして、働いて、その対価として
給料というお金、金銭を頂く。

自分自身の時間を仕事や労働、働くことに使い、
そして、給料というお金、金銭を頂いている。

だから、
働く = 時間をお金に変換
[ 2010-04-20の贈り物 ]

誰しも、同じように時間を利用していろいろな様々なことに使い、
様々なことに変換している。


働く以外には、
家族・恋人と過ごしたりするのに時間を使っているだろう。

家族・恋人と過ごす = 時間を愛に変換
[ 2010-03-09の贈り物 ]


今は、
働くか、家族と過ごすことに時間の大半を使っている。

子供の頃は、
学校に行く、家族と過ごす、友人と遊ぶ、習い事に
時間を使っていた。


だから、子供の頃は、
学校に行って勉強すること、
習い事に行って学ぶことに
自分の時間の大半を使っていたことになる。


勉強は、時間を何に変換していたことになるのだろう?


勉強は、
学問や技芸などを学ぶこと。
物事に精を出すこと。努力すること。
経験を積むこと。

勉強によって、
知識、技術、経験を得ることができる。

知識、技術、経験を得ることは、
自分自身の成長である。

だから、
勉強 = 時間を成長に変換 していると言えるだろう。


あなたは、
学生時代に、どんな学問や技芸などを学んできたでしょうか?

 その学んだことによって、どんな成長をしてきたでしょうか?

物事に精を出し、努力してきたことは、何でしょうか?

 そのことによって、どんな成長をしてきたでしょうか?

どんな、経験を積んできたでしょうか?

 その経験によって、どんな成長をしてきたでしょうか?


今は、どんな勉強をしていますか?

 その勉強によって、どんな成長をしているでしょうか?

これから先、どんな勉強をしていきたいですか?

 その勉強によって、どんな成長をしていきたいのでしょうか?


勉強 = 時間を成長に変換


改まって勉強するも良し。
日々是勉強と思い、日々過ごしている時間から学びを得る良し。
勉強に望む姿勢、スタイルは人それぞれ、
自分に合った姿勢、スタイルを見つけて、
自分自身を成長させていくためにも自分自身の時間を勉強に使っていきましょう。


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
勉強したことを学んだことを使えていますか? 行動できていますか?
をお届けする予定です。
コメント

学びたいことは何

2010-10-25 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子が、最近興味を持っていること、良く遊んでいること
マンガ、レゴブロック、工作、ウクレレ、手品、料理、TV、服装 etc

少し前までは、恐竜モノを目にすると、
「買って」と言っていたけど、最近は言わないし、
家にある本やカードを見たりしていることもなくなった。
興味が違う方に移って、恐竜モノは卒業かなぁ という感じです。




さて、本日の贈り物について

仕事を続けていくこと と やりがいのある仕事 は、比例しない。

仕事を続けていくこと と スキルアップ も、必ずしも比例しない。

仕事を続けていくこと と キャリアアップ も、必ずしも比例しない。

仕事を続けていくこと と 給料のUP も、比例しなくなっている。


だから、
やりがいのある仕事を行うために、何をしていくのか

スキルアップをしていくために、何をしていくのか

キャリアアップしていくために、何をしていくのか

給料がUPしていくために、何をしていくのか


その答えは、
学ぶこと、学んだことを実践、実行していくこと だと思う。


やりがいのある仕事について、やりがいのある仕事を行える方法を学び、
その学んだことを実践、実行していく。
そして、やりがいのある仕事を行う。

スキルアップについて、スキルアップする方法を学び、
その学んだことを実践、実行していく。
そうして、スキルアップしていく。

キャリアアップについて、キャリアアップする方法を学び、
その学んだことを実践、実行していく。
そうすることで、キャリアアップしていく。

給料のUPについて、給料がUPする方法を学び、
その学んだことを実践、実行していく。
そうしていけば、給料はUPしていく。


具体的に何を学び、
学んだことをどう実践、実行していくかは、
自身の環境、思考、性格、仕事、職場、会社によって異なる。

けれども、
転職経験があるらいおんさんとしては、
今いる環境、仕事、職場、会社でも、
自身の環境、思考、性格、仕事、職場、会社に合った、即したことを学び、
実践、実行していくことによって、
やりがいのある仕事を実践、実行していくことはできるし、
スキルアップもして行けるし、
キャリアアップもして行けるし、
給料のUPもしていける可能性は、十分にある。


ただし、
会社から、スキルアップ、キャリアアップの為に、
講習会や研修会に行かされているのならば、
自分の意思ではないから、
結構、いい加減にあまり身に付かないこともあるだろう。


自分自身の意思で、想いで、
講習会や研修会に行っていたら、
かなり、真剣に学び、身につけようと思うのではありませんか。


何かを学ぶとしたら、
何を学ぶかということも大事だが、
それ以上に、
学びたいという想いが大事なのだと思う。


だからこそ、
学びたいことは何

 どうして、それを学びたいのですか?

 学んで実践、実行したら、どんな風になるのですか?


学びたいことを、真剣に学び、身につけようとしているでしょうか

 これから、どうしたら、
 学びたいことを、真剣に学び、身につけていけるでしょうか


学んできたことを実践、実行しているでしょうか

 これから、どうしたら、
 学んできたことを実践、実行していけるでしょうか


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
勉強 = 時間を成長に変換
をお届けする予定です。
コメント

過去形は、共感をくすぐる

2010-10-24 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

らいおんさんの趣味は、読書なので、
本がたくさん、かなり、数千冊あります。

息子が漢字も少し読めるようになってきたので、
らいおんさんが読んだ本を今、息子が読んでいる。

と言っても、マンガがほとんどですけど、
時折、心理テストの本を開いては、
息子自身一人で心理テストをしていて、
自分の答えが出た後、らいおんさんに訊いてきたりします。

息子が、どんどん読むようになって、
小学生、中学生で、ビジネス書、心理学とかも読み始めたら、
どんな風に成長していくのだろう。

う~ん、楽しみですねぇ。




さて、本日の贈り物について

本屋に行ったときに、
「普段泣かない私が、思わず泣いてしまいました」
「読み始めたら止まらなくなりました」
「友達に勧めたい一冊」
そんな風なPOPが張ってあったりする。

そうすると、思わず手に取ってしまったりする。
手に取っただけでなく、レジに持っていって買ってしまうこともしばしばある。

同じように、誰かが実際に使ったり、利用したりした体験談や
利用者、購入者の声を掲載したりしている
POPや広告、ホームページなど見かけますが
どうして、掲載しているのでしょうか?

掲載するのと、掲載しないのでは何が違うのでしょうか?


使ったり、利用した体験談、声だから、
内容的には、過去を物語っている。

昨日の贈り物のように、未来型で期待感をくすぐることを
直接の狙いではないだろう。


誰かが実際に使ったり、利用したりした体験談や
利用者、購入者の声を掲載したりするのは、

読んだ人に、
実際に使ったり、利用したりしている利用者、購入者がいる
というアピールでもあり、安心を与えること。

読んだ人が、
利用者、購入者の使ったり、利用した体験を
読むことで擬似体験してもらうこと。


過去を語ることで、こういった効果を狙っているのだろう。


利用者、購入者の使ったり、利用した体験 という過去だけでなく、
製品、商品のヒストリー、開発秘話が記載されている
POPや広告、ホームページなども見かけますが、

きっと同じように
過去を語ることで、
アピールしたり、安心を与えたり、擬似体験してもらうことを
狙っているのだろう。


もう少し、深く掘り下げていくと
過去を語ることで、
アピールになったり、安心を与えられたり、擬似体験してもらえるのは
どうしてなのだろうか?


それは、
人は、他の人の思いや感情、心に同調、感じるという
共感する力を持っているからだろう。

共感する力を持っていなければ、
本、TV、映画などで、笑ったり、泣いたりすることもないだろう。

共感する力を持っているからこそ、
本、TV、映画などで、笑ったり、泣いたりするのだろう。


だから、
利用者、購入者、製品・サービス、製作者・開発者の過去を語ることで、
その過去に共感してもらう。

その過去に共感することで、
アピールになったり、安心を与えられたり、擬似体験してもらえるのだろう。


だからこそ、
過去形は、共感をくすぐる ということだろう。


あなたの過去の体験、経験を誰に語りますか?

 過去を語ることで、誰の共感をくすぐることができるだろうか?

あなたは、誰の過去の体験、経験を知りたいですか?

 誰の過去を知ることで、自分の共感をくすぐることができるだろうか?


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
学びたいことは何
をお届けする予定です。
コメント

未来型は、期待感をくすぐる

2010-10-23 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子が寝るときに「おやすみ」と言いますが。

それだけでなく、
「good night いい夢見れるといいね。」と言います。

そうすると、息子も
「おやすみ。good night いい夢見れるといいね。」と返してくれます。

「観たい夢があったら、枕にお願いしてから寝るといいよ。」何ても言います。

そして、朝起きたときに、
「いい夢観れたよ。」と息子が言っていると
清々しさが一段と増したように感じたりします。




さて、本日の贈り物について

DM、CM、チラシ、宣伝などの広告を見聞きして
思わず、特に何も買う気がなかった人たちさえも
買う気にさせ、購買意欲がかきたてられ、
買ってしまうことがあったりする。

または、お店に行ったときに、
「おすすめ!!」
「一押し!!」
「きっと、○○になる」
「○○かも?」
「○○になれるチャンス!!」
「○○して見ませんか?」
「一緒に○○に行きませんか?」
など様々なPOPや広告を目にする。

そうやって買う気にさせられたり、購買意欲がかきたてられたりする。


何で、どうして、
買う気になったり、購買意欲がかきたてられるのだろう?



それは、
美味しそう。
良くなりそう。
成長できそう。
望みが叶えられそう。
可能性がありそう。
希望していたことが、実現しそう。
目標が達成しそう。
夢が叶いそう。
と自分の未来の姿を想像できるからではなかろうか。

その想像した未来の自分の姿に対して、
期待が持てるからだと思います。

自分の未来の姿を想像しても、
そこに期待が持てなかったら、
その商品を手に取ったり、買う気にはならないでしょう。


では、逆に
買う気になったり、購買意欲がかきたてるためには、
どうしたらいいのだろう?


先ほどの逆に、見聞きした内容から、
その人自身が期待を持てるような未来の姿を想像させること。

そうすれば、
買う気になったり、購買意欲をかきたてられるだろう。


買い物について、話をしてきましたが、
買い物だけに限ったことではないと思います。

「一生懸命に頑張ったんだから、きったい合格するよ。」
「これからも、一緒に」
などなど、未来の話をすると、未来の話をされると
自分自身、相手自身も期待してしまったりする。


だから、
未来型は、期待感をくすぐる と思う。


あなたは、今、どんなことを期待していますか?

あなたは、今、どんな未来を想像していますか?


あなたは、誰に、どんな期待をしていますか?

あなたは、誰のどんな未来を想像していますか?


今、誰にどんな未来型の話をしていきますか?

どんな未来型の話をして、誰の期待感をくすぐりたいですか?


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
過去形は、共感をくすぐる
をお届けする予定です。
コメント