らいおんさんからの贈り物

らいおんさんが
感じ・考え・行動してきたことがみなさんのお役に立つことを願って

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

贈り物一覧 0321~0331

2010-03-31 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

【らいおんさんからの贈り物 「バージョンアップ編」】を
みなさんにお届けしております。

初めてご覧になる人や
しばらくご無沙汰の人や
過去の贈り物をもう一度という人

そういった人の為に、
毎月10日、20日、月末に贈り物一覧をお届けいたします。

贈り物一覧から、お好きな贈り物が決まったら
左のカレンダーの日付の贈り物の日をクリックしてください。


それでは、バージョンアップして
明日もHappyになりますように。



2010-03-21
 相手の瞳は、澄んでいるか 濁っているか

2010-03-22
 瞳の輝きは 心の輝き

2010-03-23
 心が輝いているかは、その人の瞳の輝きをみればいい

2010-03-24
 教わることばかりになれていないか

2010-03-25
 いい答えには、必ずいい質問がある

2010-03-26
 いい質問とは、本音の質問がある

2010-03-27
 きっと、答えは見つかる。

2010-03-28
 「事実と出来事」を訊きだす質問

2010-03-29
 口にしている言葉、必ず2人以上の人が聞いている(自分と相手)

2010-03-30
 口ばかり動いているだけでは、「オオカミ少年」

2010-03-31
 現状維持というのは、腐敗・腐心を生むことを忘れないで
コメント

現状維持というのは、腐敗・腐心を生むことを忘れないで

2010-03-31 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子は、子供だからと思っていたら、
最近、いろいろな言葉を覚えたことと、
TVを見ていても内容が理解できるようになったこともあり、
けっこう、生意気なことを言うようになってきた。

そんな風に、知らない内にどんどん成長していく息子。

でも、純真無垢な子供でいて欲しいと願う 今日この頃です。




さて、本日の贈り物について

今と同じでいいと思っていることはありますか?

例えば、
 仕事とか
 給料とか
 持っているものとか
 住んでいる場所とか
 人間関係とか


美味しいものを食べたときに、
その美味しさとか、満足とか、幸せな気分が
いつまでも続いてくれたらと思ったり、

楽しい時間、幸せな時間をすごせたときに、
いつまでも続いてくれたらと思ったり、
または、
いつまでも続くだろうと思ったり、
することは、誰にでもあるだろう。

現在の状態をそのまま保ちたい、
このまま続いて欲しいと思うことはけっこうあったりしませんか。

現状を維持したい。
そう思うことは、けっこうあったりしませんか。


でも、ですよ。

時は流れ、社会も動き続けている。

その中で、
現在の状態をそのまま保ちたいと思うことは、
時を止める、動きを止めるということと同じ場合もあります。


「淀む水には芥溜まる(よどむみずにはごみたまる)」という言葉があります。
流れが停滞するところには芥が溜まって水が腐ってしまう。


だから、
現状維持に固執してしまうと、
時の流れや社会の動きとミスマッチになり、
その瞬間、瞬間の時の流れや社会の動きからすると
堕落してしまったり、品行が悪く見えたり、生活が乱れていると思われたり、
ときには以前の身分や財産を失うこともあったりする。

さらに、
時の流れや社会の動きとのミスマッチを埋めようと
心を痛め悩み、心配し、心をくだき苦労がたえない状態になってしまうこともある。

だからこそ、
現状維持というのは、腐敗・腐心を生むことを忘れないで


今、そのままの状態を維持していくことは
時が流れ、社会が動いているので非常に困難です。

しかも、社会が動いているスピードは、かなりのスピードです。
毎日、毎週、毎月のように、新商品、新サービスなどが発表されている。

だから、1年、半年前、数ヶ月前のものなんかは
時代遅れとさえ揶揄されてしまうことさえあります。


その上で、
現状と同じような状態を維持したいと思うなら、
時の流れ、社会が動いている中で、
自分自身がどのように変化していけば、
現状と同じような状態の水準を維持できるのか を見極めていく必要があります。



それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
お金で買えないものほど、努力を続けなければ手に入らない
をお届けする予定です。
コメント

口ばかり動いているだけでは、「オオカミ少年」

2010-03-30 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子が、自分で行うと言ったことを行わなかったときなどに
「オオカミ少年になってるぞ~。」と言ってみることがある。

自分で言ったのだから、行わなかったら嘘をついたのと同じ。
だから、「オオカミ少年」と同じ。
ということで、そんな風に言ってみる。

そうすると、息子は思い出して動き始めます。




さて、本日の贈り物について

イソップ童話の「羊飼いと狼」というお話を知っていますか?

「オオカミ少年のお話」と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

子供の頃に読んだ方もいらっしゃると思います。

話は、
 羊の世話をしている羊飼いの少年が、
 いたずらで大人たちを脅かしてやろうと思い、
 狼が来てもいないのに、「狼が来たぞ~」 と叫んだ。
 その叫び声に、村人たちが驚いて駆けつけてきたが、
 どこにも狼は見当たらないので帰っていった。
 少年は、何度も嘘をついて「狼が来たぞ~」と叫んでみた。
 初めのうちは叫ぶ度に村人たちが駆けつけて来たが、
 そのうちに、村人は少年が「狼が来たぞ」と叫んでもを信用しなくなり、
 どうせまた嘘だろうと思って、誰も駆けつけて来なくなってしまった。
 ある日、本当に狼がやって来た。
 少年は、「狼が来た」と必死で叫ぶが、村人は誰も駆けつけず、
 羊と少年は狼に襲われてしまった。
と云うお話です。

このお話から、どんな教訓を学びましたか?
 どんな教訓として、聞かされましたか?


きっと、
「嘘をついてはいけません」という教訓として、聞かされたのではありませんか


でも どうして、嘘をついてはいけないのか?


この童話からは、
嘘をついてばかりいたら、
 誰からも信用されなくなってしまうから
 本当に助けてほしいときに、誰も助けてくれなくなってしまうから
だから、嘘をついてはいけません。
ということだろう。

らいおんさんは、嘘ではないにしても、
何度も何度も同じことを言っているだけだったりする人
言っているだけで、行動しない人
自分で宣言したけど、行動できていない人
つまり、口ばかり動いているように思われてしまう人も
誰からも信用されなくなってしまったり、
本当に助けてほしいときに、誰も助けてくれなくなってしまったりする
と思うから、この「オオカミ少年」と同じではないかと思う。

だから、
会社の中でそのような人がいると
その人を心の中で密かに「オオカミ少年」と呼んでしまう。

また、冒頭のように息子に向かって言ったりもするし、
自分自身に向かって言ったりもする。


口ばかり動いているだけでは、「オオカミ少年」

あなたの周りには、
口ばかり動いているだけの「オオカミ少年」は居たりしますか?

もしかして、
自分自身が、口ばかり動いているだけの「オオカミ少年」になっていませんか?


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
現状維持というのは、腐敗・腐心を生むことを忘れないで
をお届けする予定です。
コメント

口にしている言葉、必ず2人以上の人が聞いている

2010-03-29 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子が、最近マンガ本を読み始めるようになった。

今読んでいるのは、「ワンピース」と料理マンガ。
漢字に読み仮名がふってあるので、息子でも読めるのです。

その影響か、最近息子が、擬態語、擬声語を使うようになったし、
読み仮名がふってなくてもいろいろな漢字を読めるようになってきた。

息子は、マンガ本を読んで、
冒険心と食欲をかきたて、夢を膨らませてもいるようです。




さて、本日の贈り物について

ボキャブラリーは、豊富ですか?

状況や心境を的確に言葉で表現できていますか?

ポジティブ思考な言葉を使うことが多いですか?

ネガティブ思考な言葉を使うことが多いですか?

積極的な言葉を使うことが多いですか?

消極的な言葉を使うことが多いですか?

省略語を使うことが多いですか?

思いや感情、考えなどを伝えたいのに、言葉に詰まってしまうことありますか?

自分や人を褒めたりする言葉を良く言いますか?

自分や人に文句を言ったり、貶したりする言葉を良く言いますか?

どんな言葉を口癖のように言っていますか?

人に伝えたり、わかってもらうときに
 どんな言葉を使うか気をつけたりしていますか?

伝えたい、わかってもらいたい相手に、
 自分の言葉は伝わっている、わかってもらえているでしょうか?

自分が口にする言葉に気を使っていますか?

考えて考えてから、言葉を口にする方ですか?

ストレートに思ったこと、浮かんだ言葉をズバッと口にする方ですか?

怒ったような物言いをする方ですか?

優しい物言いをする方ですか?

言葉遣いを変えたいと思っていますか?


自分が口にしている言葉を普段気にしたことなどない方も
大勢いらっしゃるかとは思います。

逆に、
自分が口にする言葉が気になってしょうがない、
口にしたら人にどんな風に思われるか気になってしょうがない、
という方もいらっしゃるかとは思います。


どんな言葉を使っているか?

どんな風に言葉を言っているか?

どんな思いで言葉を言っているか?

それに係わらず、
自分が口にしている言葉は、必ず2人以上の人が聞いている。と思う。


2人以上ということで疑問をもたれる方もいらっしゃると思いますが

大勢の人に向かって言っている言葉は、確かに2人以上の人が聞いている。

自分と相手の1対1であったら?

その相手1人しか聞いていないのかというとそういうわけではなく、
相手と周囲の人に漏れ聞こえている可能性はありますし、
何よりも、自分が口にした言葉は、自分自身も聞いています。

自分が口にした 口から出た言葉は、再び自分の耳に飛び込んできます。

だから、1対1であっても、2人以上の人が聞いている。


でも、独り言だったら1人じゃないの?
と思う方もいらっしゃいますが、

独り言は、先ず、
自分が口にした言葉は、自分自身も聞いていますし、
独り言だけど、周囲の人に聞こえている可能性はあります。

周囲に誰も居なくても、
願い事、お祈りを捧げるように独り言は、神様も聞いている。
そんな風に思う。


だからこそ、
口にしている言葉は、
自分と相手や自分と神様という必ず2人以上の人が聞いている


自分と相手、自分と神様にどんな言葉を使っているでしょうか?

これから、どんな言葉を使っていきたいですか? 使っていきますか?


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
口ばかり動いているだけでは、「オオカミ少年」
をお届けする予定です。
コメント

「事実と出来事」を訊きだす質問

2010-03-28 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子に、保育園での出来事を帰宅してから
お話してもらうことがある。

「今日は、保育園でどんなことをしたの?」
「今日は、保育園のお友達と何をしたの?」と訊くと
息子は、
「○○ちゃんや□□ちゃんと、鬼ごっこやかけっこでしょ、
 それから、絵を描いたり、縄跳びしたり、粘土もした。」などと
お話をしてくれます。

ほんのたま~に、
「ぶつかって、たんこぶできたの。あざができたの。」と言うこともある。
「何でたんこぶできたの? あざができたの?」とらいおんさんが訊くと

「○○ちゃんとぶつかったから」
「どんな風に どうして ぶつかったの? ぶつかった後は、何をした?」

「う~んとね。、、、」と息子なりに状況を説明してくれます。
そして、らいおんさんが最後に
「ケガや痛い思いをしないように、人にケガや痛い思いをさせないように
 周りを見て、危ないと思ったら、言おうね。気をつけようね。」
と言います。




さて、本日の贈り物について

何かあった?

どうした?

最近どう?

と訊かれたら、何て答えますか?

同じ質問を別の人にしたら同じように
あなたと同じように答えてくれるでしょうか?

質問が、抽象的すぎるから、
質問の解釈が訊かれた人によって変わるでしょう。

そして、
質問者が意図している聞きたい答えを答えてくれるかはわからない。

ストレートに質問、訊き出せなくて、
よく、抽象的な質問をしたりしていないだろうか?

または、
あいさつ程度に抽象的な質問を投げかけていないだろうか?

とりあえず会話のきっかけや糸口を見つけようとして、
抽象的な質問をしたりしていないだろうか?


抽象的な質問は、
質問の解釈を訊かれた人に委ねられるから、
質問する方も、答える方も気軽に口に出せたりする。話せたりする。

ただ、
質問の解釈が訊かれた人によって変わること と
質問者が意図している聞きたい答えを答えてくれるかはわからないこと。

訊かれた人は、質問の意図をどう解釈していいかわかりにくいこと と
何を どんなことを話した方がいいか迷ってしまうこと。

それに、
人は、感情があり、感情で判断することも多いため、
答える人の感情や思想などが事実や出来事と混在した答えを返してくる場合もある。

だから、
質問者と答える人との間で、ズレが生じるケースがある。

抽象的な質問をしている限り、このズレが生じるのは仕方がない。

質問者が、意図して聞きたいことがあるのなら、
質問の解釈にズレが生じないようにしなくてはいけないだろう。


だからこそ、
「事実と出来事」を訊きだす質問 を覚えておこう。


何が、起きたの?

どうして、こうなっているの?

最近、○○はどうですか?

と具体的に訊いたり、
もっとより具体的に、断定的に訊いたり、
ストレートに訊いたりしてみる。

そして、出来る限りに、
その人が見たまま、第3者に訊いても同じように答えてくれるだろう質問をしよう。
その人の感情や思想などを挟まないような質問をしよう。

現実に起こったことにフォーカスして質問しよう。

実際に存在することにフォーカスして質問しよう。

本当のことにフォーカスして質問しよう。

実際のものごとの内容や様子にフォーカスして質問しよう。


「事実と出来事」を訊きだす質問 を覚えておくことで、
質問者と答える人との間で、ズレが生じにくくなる。ズレの修正ができる。
具体的で、より断定的な質問が出来るようになる。
答える人の感情や思想などと事実や出来事を区別して訊くことができる。


「事実と出来事」を訊きだす質問は、



ときには、自分の感情や思想と事実や出来事を整理したりもできる。










それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
口にしている言葉、必ず2人以上の人が聞いている
をお届けする予定です。
コメント

きっと、答えは見つかる

2010-03-27 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子は、
「出来ないからやって」
「わからないから教えて」とすぐ言ったりする。

でも、らいおんさんは何度か教えてきているし、
息子自身で出来ることを知っているし、
息子自身が本当はわかっていることを知っているので

「出来る方法を知っているから自分でやってごらん」
「教えなくても自分で知っているよ」
ともう一度、息子自身に考えさせ、
自分の中にある答えを見つけさせるようにしています。




さて、本日の贈り物について

人って、ある時期において、またはずーっと長いこと、
 同じことを考え続けたり、
 何かを探し続けたり、
 何かを追いかけたり、
そうやって、人生を歩んでいる気がする。

例えば、
どうして○○は、□□なのか とか

○○をどうするか とか

自分は、何ができるのか とか

自分は、一体何をしたいのか とか

どんな仕事をしていきたいのか とか

どうしたら、お金持ちになれるのか たくさん稼げるのか とか

どうしたら、幸せになれるのか とか

自分が、何を好きで、何を嫌いか とか

自分は、何者で、何をするために生まれてきたのか とか

どんな風に生活していくか とか

どんな風に生きていくか 人生を歩みたいのか とか


よく考えたり、思い出しては考えたり、
ある時期だけ考えたり、
ここ何年も考えていたり、
これから先も考えたりするだろうと思ったり、
その考えたりすることが、人生のテーマとなっていたり、
そうやって、人生を歩んでいる気がする。生きている気がする。

らいおんさんの場合には、
中学のときの出来事だったり、
自分の気持ちや感情を押さえ込んでしまったことだったり、
自分の本心を探し続けたり、感情と表現についてだったり、
自分の性格、思考、志向性についてだったり、
自分は、何がやりたいのか 何を手に入れたいのかだったり、
やりたいこと、手に入れたいことのために何をするかだったり、
出逢いやパートナーについてだったり、
これから先の人生についてだったり、

そういったことを考え続けたり、探し続けたり、追いかけたりしている。


あなたは、どんなことを
 よく考えたり、思い出しては考えたり、
 ある時期だけ考えたり、
 ここ何年も考えていたり、
 これから先も考えたりするだろうと思ったり、
 その考えたりすることが、人生のテーマとなっていたりしていますか?

考え続けたり、探し続けたり、追いかけたりしていることは、どんなことですか?


考えたり、探したり、追いかけたりしたその瞬間に答えが出てこないこともある。

だからこそ、
考え続けたり、探し続けたり、追いかけたりしているのだろう。

考え続けたり、探し続けたり、追いかけたりしているのは、
自分自身で「きっと、答えは見つかる」と信じているからだろう。
自分自身で「きっと、答えは見つかる」とわかっているからだろう。


考えたり、探したり、追いかけたりしたその瞬間に答えが出てこなくても、
別のことをしていたり、ふと手に取った本や見たテレビ、誰かとの会話で、
ヒントや答えが見つかったり、閃いたりすることもある。

だから、
自分自身で「きっと、答えは見つかる」と信じている。
自分自身で「きっと、答えは見つかる」とわかっている。


考えたり、探したり、追いかけたりした答えは、
その瞬間に答えが出てくるかもしれないが、
たとえ、その瞬間に答えが出てこなくても、
きっと、答えは見つかる



それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
「事実と出来事」を訊きだす質問
をお届けする予定です。
コメント

いい質問とは、本音の質問がある

2010-03-26 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子が、モノを粗雑に扱っているように見えることがある。

そういうときに、らいおんさんが「粗雑に扱いたいの?」と息子に訊くと
「ううん、大事にしたい。」と息子は、言う。

「じゃあ、どうしたら大事にできる?」とらいおんさんは訊き返す。
「それは、どんな風に扱ってほしいと思っているかなぁ?」と訊き返す。

息子は、
「自分さん、どうしたら大事にできる? どうやって大事にする?」と
自分自身に質問し、答えを探し、
自分の中から答えを見つけて、そして、動き出します。




さて、本日の贈り物について

今、自分は、どんなことを望んでいるだろうか?

自分自身は、どんな方向に向かっているのだろうか?

身近な人は、どんな方向に向かっているのだろうか?

自分は、どんな風に変わりたいのだろうか?

自分は、どんなことを始めたいのだろうか?


自分が望む答えを手にするために、
自分や相手を良い方向に導く、向かう答えを手にするために、
変わったり、始めたりするきっかけになる答えを手にするために、
そういった答えを導き出す、手にするためには、
何て訊くのか 何て質問するのか?

それが、重要である。

それは、 いい答えには、必ずいい質問がある から


では、
いい質問があれば、いい答えが導き出され、手に出来るのか?

そして、
いい質問とは、どんな質問だろうか?


いい質問とは、
いい答えが導き出され、手に出来る質問だろう。

これでは、循環してしまって良くわからない。


いい質問とは、
 自分が望む答えを手にできる質問
 自分や相手を良い方向に導く、向かう答えを手にできる質問
 変わったり、始めたりするきっかけになる答えを手にできる質問
 そういった答えを導き出す、手にできる質問
と言える。


つまり、言い方を変えると、
核心、本心、本音を衝く質問ではなかろうか
または、
核心、本心、本音で訊く、質問するということではなかろうか


ちょっと困っているような人に対して
「大丈夫ですか?」と訊くのではなく、
「困っているようですが、何かお手伝いできることはありますか?」と訊いてみる。
「困っているようですが、何かお手伝いさせてください。」と言ってみる。

ちょっと、落ち込んだり、ふさぎ込んだりしているような人に対して
「どうしたの?」と訊くのではなく、
「落ち込んだり、ふさき込んだりしているようだけど、
 何かしてあげたいのですが?」と言ってみる。
「落ち込んだり、ふさき込んだりしているようだけど、心配です。」と言ってみる。


本音を衝く、本音で訊くからこそ、
 自分が望む答えを手にできる
 自分や相手を良い方向に導く、向かう答えを手にできる
 変わったり、始めたりするきっかけになる答えを手にできる
そういった答えを導き出すことができ、手にできるのだと思う。

だからこそ、
いい質問とは、本音の質問がある と思う。


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
きっと、答えは見つかる
をお届けする予定です。
コメント

いい答えには、必ずいい質問がある

2010-03-25 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子に、何て言えば
らいおんさんからの命令ではなくて、息子自身の意思で行動できるのか?
そんなことを考えながら、息子に話をしていることがある。

だから、
具体的に言わずに、遠まわしに言ったり、
らいおんさんが悩んでいる風な感じで、息子に相談してみたり、
息子自身に「どうしたい?」「どうした方がいい?」と質問してみたり、
と言った感じ。

まだまだ、これからも試行錯誤しながら、
息子自身の意思で、考えて、決めて、動いていけるように
サポートしていきたいと思っています。




さて、本日の贈り物について

ちょっと困っているときに
人から「大丈夫ですか?」と訊かれたら、
大抵は、「大丈夫です。」と答えてしまわないだろうか。

ちょっと、落ち込んだり、ふさぎ込んだりしているときに
人から「どうしたの?」と訊かれたら、
大抵は、「何でもない。」と答えてしまわないだろうか。

かなり親しい間柄の人に訊かれた場合には、
「ちょっと、、、、、」と素直に答えるかもしれないけどね。

または、
ちょっと困っているときに
人から「困っているようですが?」と訊かれたら何て答えますか?

ちょっと、落ち込んだり、ふさぎ込んだりしているときに
人から「落ち込んでいますか?」と訊かれたら何て答えますか?

「大変そうですね?」と訊かれたら何て答えますか?

「難しそうですね?」と訊かれたら何て答えますか?

「簡単そうですね?」と訊かれたら何て答えますか?

「楽にできそうですね?」と訊かれたら何て答えますか?

「危なそうですね?」と訊かれたら何て答えますか?

「楽しそうですね?」と訊かれたら何て答えますか?

「悲しそうですね?」と訊かれたら何て答えますか?

「うれしそうですね?」と訊かれたら何て答えますか?


会社の上司に訊かれた場合には?

会社の同僚に訊かれた場合には?

親友に訊かれた場合には?

家族、恋人に訊かれた場合には?


同じ言葉で訊かれても、誰から訊かれたかで
答えは、変わってくることもある。

同じ人からでも、どんな言葉で訊かれたかによっても、
答えは、変わってくることもある。


また、
自分自身が知りたい、訊きたいことがあって、
人に訊いてみたのだけど、
人から、的外れな答えが返ってきてしまったことってありませんか

人に何度も言葉を変えたりしながら訊いてみて
やっと、自分が知りたい、訊きたいことを答えてもらえた
なんてことってありませんか

同じ言葉で訊いても、
人によって何て答えるかは、変わってくる。

知りたいこと、訊きたいことの為に
人によって何て訊くのかが、変わってくる。


だから、
いい答えには、必ずいい質問がある と思う。

いい答えとは、
自分が望む答えだったり、
自分や相手を良い方向に導く、向かう答えだったり、
変わったり、始めたりするきっかけになった答えだったり、
他にもあるかも。

そのいい答えを導き出すには、
何て訊くのか 何て質問するのか ということ。


あなたは、人や自分自身に
何て訊いているか 気にしたことありますか?

人から、的外れな答えが返ってきてしまったときに、
何て訊けばいいのだろう? と思い直したりすることがありますか?

自分が知りたい、訊きたいことを答えてもらうために、
何て訊けばいいのだろう? と考えたりすることがありますか?

何て訊くのかによって、答えは変わってしまいます。
だからこそ、
いい答えを導き出すために、いい質問をしていこう。


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
いい質問とは、本音の質問がある
をお届けする予定です。
コメント

教わることばかりになれていないか

2010-03-24 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子は、着替えたり、出かける準備をしているときに
考えたり、他の事をしだしたりして、時間がかかることが多い。

だから、ついつい「次はこれで、こうして、ああして」と口を出してしまう。
息子は、言われたことを言われたとおりに行おうとする。

らいおんさんは、ついつい口に出してしまうからこそ、
毎回時間がかかってしまうのだと反省している。

自分で考えて、決めて、動く、しかもスピーディーに
その為に、息子に何て言うか、言わないか模索中です。




さて、本日の贈り物について

言えば動くけど、言わなければ動かない。

言われたことは行うけど、それ以上のことは行わない。

自分で考えたりせず、すぐに回答を求める。

教わったことはできるが、教わったこと以外は全く行おうともしない。

課題を与えられれば優秀な成果をあげるが、自ら課題設定はしない。

先輩や上司は、新人に教えるのが当たり前と思っている。
教えてもらえないと不満を言い出す。

自分でわからないこと、出来ないことは、すぐに人に任せてしまう。

あなたの周囲にこんな人居たりしませんか?

または、あなた自身がこんな人だったりしませんか?


教わることばかりに慣れてしまっている。

教えられることばかりに慣れてしまっている。

その原因は、
家庭でのしつけだったり、
学校教育だったり、
その両方だったり、
自分自身が人生で経験してきた出来事だったりする。


教わることばかりに慣れてしまったり、
教えられることばかりに慣れてしまったりしていると

自分の中へのインプットは、常に他人からインプットしてもらう
ということが当たり前に思ってしまい、
自分自身の力でインプットをしない、出来なくなっている。


だから、
自分で考えて、自分で答えを探す。

自分で考えて、自分で決める。

自分で課題を設定し、その課題を自分自身でクリアする。

気づく、配慮する、気配り、目配りをする。

向上したい、成長したいから、自分の力で掴み取る

こういったことが、なかなか出来ないことが多い。



さあ、
教わることばかりになれていないか
自分自身を見つめなおしてみよう。

もし、教わることばかりに慣れてしまっている自分が居たとしたら、
何もかも、他の人の力でコントロールされてしまう可能性が高いです。

教わることばかりではなく、
自ら学ぶ姿勢、自ら探求する姿勢、自ら行動する姿勢を持とう。

そうすることで、
何もかも、自分の力でコントロールできてきます。


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
いい答えには、必ずいい質問がある
をお届けする予定です。
コメント

心が輝いているかは、その人の瞳の輝きをみればいい

2010-03-23 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

昨日、ちょっと息子とお出かけして、
トレジャーイベントに参加してきました。

物語と謎と地図が書かれた紙を手にした息子は、
その世界を想像し、その世界の住人となり、
謎を真剣に考え、答えがわかるとうれしそうにして、
その場所へ大急ぎで向かっていく。

そして、キーワードをゲットする度に、満面の笑みを浮かべる。

そんな、息子をすごいなぁと見守りながら、二人で歩き回った。

最後の方は、歩きつかれてしまって、ぐったりしてしまうこともあったけど、
最終問題を解き、ゴールしたときには再び満面の笑みを浮かべていました。

帰ってきてからも、そのマップを見ながら、
ここは、こうだったね。ああだったね。
と言いながら楽しそうに話していました。




さて、本日の贈り物について

昨日、誰と会いましたか? どんな人と会いましたか?

昨日会った人の瞳は、澄んでいましたか 濁っていましたか?

今日は、誰と会いますか? どんな人と会いますか?

今日、会う人の瞳は、澄んでいるでしょうか 濁っているでしょうか?

瞳が、澄んでいる人はどんな人でしょうか?

瞳が、濁っている人はどんな人でしょうか?


相手の瞳は、澄んでいるか 濁っているか

そして、
瞳が、澄んでいるか 濁っているか ということから 段々と
相手の本心 や 映し出された相手の心のありさま を
気づけたり、感じたりするようになるかも。


それは、
「目は口ほどに物を言う」
「目は心の鏡」
「目は心の窓」
といったことわざにもあるように
目と心は、つながっているらしいから。

ということは、
瞳の輝きは 心の輝き でもあると言えるだろう。

瞳が濁っているときは、心も濁っているのかも。

瞳が澄んでいるときは、心も澄んでいるのかも。

瞳が輝いているときは、心も輝いているのだろう。


誰かと会ったときには、その人の瞳の輝きを見てみる。

そうすることで、
その人の心の輝きが見えてくるのかも。

さらに、
瞳の輝きから、
相手のいろんなことをわかったり、
相手の本心 や 映し出された相手の心のありさま を
知りたかったり、気づけたり、感じたりするようになったり、
するようになるかも。


逆に言えば、
心が輝いているかは、その人の瞳の輝きをみればいい。


うれしそうな人がいたら、その人の瞳の輝きを見てみる。

楽しそうな人がいたら、その人の瞳の輝きを見てみる。

悲しそうな人がいたら、その人の瞳の輝きを見てみる。

心が濁っていたら、きっと瞳も濁っているだろう。

心が澄んでいたら、きっと瞳も澄んでいるだろう。

心が輝いていたら、きっと瞳も輝いているだろう。


目と心は、つながっているらしいから。
心が輝いているかは、その人の瞳の輝きをみればいい


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
教わることばかりになれていないか
をお届けする予定です。
コメント