らいおんさんからの贈り物

らいおんさんが
感じ・考え・行動してきたことがみなさんのお役に立つことを願って

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

体験・経験を語ろう

2010-06-01 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

帰宅して、息子に「今日は、保育園でどんなことをしたの?」
と訊くようにしている。

昨晩も訊いたのですが、
「今日はね、ドラえもんタイムがあって、お勉強したよ。」と
ドラえもんタイムのファイルを見せてくれて、
どんなお勉強をしたか説明してくれ、
お勉強したことをらいおんさんにも教えてくれました。

そんな息子によって、
らいおんさんもお勉強になります。




さて、本日の贈り物について

昨日の贈り物で、
『何かを発信する人になろう』とお届けしました。

発信する と言っても、全くもって難しく考えることはない。

らいおんさんの勝手な解釈ですが、
発信するとは、
自分が思っていることを外に向かって伝えていくこと

だから、
自分自身が、何をどんな風に思っているか

その思っていることを外に向かって出して、伝えていくこと

どんな方法でもいいから、
自分の思っていることを外に向かって出して、伝えればいい。

幸いにも、今は、
家族、友人、知人、同僚に話す、電話する、メール、FAX、手紙を書く、
ツイッター、SNSに書き込む、
ブログ、ホームページに書き込む、
ラジオ、テレビ、新聞、雑誌などに投稿する
広告を出す、本を出版する
などなど 様々な方法で発信することができる。


確かに、発信する方法は、様々な方法が今はある。

では、自分の思っていることを発信すると言っても
「特に、発信することなどないよ」
「そんな、わざわざ伝えたり、発信するほどのことはないよ」
「わざわざ、人に聞いてもらうほどのことなどないよ」
「だいち、一体何を発信すればいいの?」
と 思ったり、考えたりしてしまう人も居ることでしょう。

でも、
自分自身は、いろんなことを感じ、思い、考えていますよね。

そして、
世間話、噂話、最近気になっているものやお店、場所、出来事など、
普段生活しているなかで、
感じたり、思ったり、考えたり、悩んだりしていることを
家族、友人、知人、同僚に話したり、伝えたりしていますよね。

既に、発信しているのです。
というか、日常的に発信している。

だから、難しくなどない、ただ、ただその延長だと思えばいい。
日記的な感じ、自叙伝みたいなものだと思ってもいいでしょう。


個性が尊重され、価値観が多様化していっている
スタイル、生活、人生も多様化していっている。
環境も、社会も、人も変化していっている。

だからこそ、
あなたが、体験したこと、経験したこと、
その体験、経験で
あなた自身が、感じたり、思ったり、考えたり、悩んだりしていること
それを語ろう、発信しよう。

さあ、今日から
 体験・経験を語ろう 発信しよう。


家族、友人・知人、仕事とは限らずに、
全く見ず知らずの世界の人々とも、つながっていける現在、

あなたの体験・経験を語り、発信していくことで、
誰かが、全く見ず知らずの世界の人々が、
インスピレーションを受けたり、
気持ちの整理がついたり、勇気付けられる、元気になる、
救われる、気づく、共感する、背中を押される、
問題の解決の糸口になる、


それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

↓贈り物の みどころ、成分解析へ ポチっとな↓
blogram投票ボタン

ちなみに、明日は、
感謝を伝えよう
をお届けする予定です。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 贈り物一覧 0521~0531 | トップ | 感謝を伝えよう »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事