らいおんさんからの贈り物

らいおんさんが
感じ・考え・行動してきたことがみなさんのお役に立つことを願って

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

知的作業とは、考える仕事

2009-09-07 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。

息子は、大人が言ったことを少しずつ理解できるようになってきた。

だから、「○○しなさい。」「□□だよ。」と言われると
「わかった。」と言う。

素直に受け止めて、素直に動こうとするのはいいことなのだが。

らいおんさんは、時折、
「言われたことをただ、ただ行っているのでは」と感じてしまうことがある。
それに、言われたことをただ、行うのは「ロボット」と同じではないかと思う。

それを繰り返していたら、きっと、
「言われたことはやるけど。言われてないことはやらない。」
「自分自身で何かを判断して、決めて、動かなくなる。」
と思ったり、創造したりすると怖い。

だから、息子には、常日頃から
自分の頭と心と体に、
どう思っているのか? どうしたいのか? 聴きなさい。
そして、そのことについて、自分自身で 考えて、決めて、動きなさい。
といい続けている。

時には、5歳にしては生意気なことを言うこともあるけど、
自分で考えて、決めて、動く、ということを実践しているということだろう。




さて、本日の贈り物について

一昨日の贈り物でお届けしました
『 時間が多くかかり、労力は少ないのは、知的作業 』

その中で、
知的作業とは、
考え、思考、発想、イメージ、検討、悩み、推察、考察など頭を働かせる
所謂、頭脳労働、頭脳作業。

例えば、
新しい仕事について、
何をどうするのか、何をどうすればいいのか
どんな風に進めるか、どうすれば成果がでるのか、
どんな状態が達成したといえる状態なのか、
そのことについて、頭を働かせると、気づいたら 30分~1時間なんて
「あっ」という間に過ぎている。

他にも、
変化、改善、進化させようと思っている仕事について、
頭の中で、考え、思考、発想、イメージ、検討、推察、考察などしていると
気づいたら 30分~1時間なんて「あっ」という間に過ぎている。

そんなことが、よくあるからです。

だからこそ、
時間が多くかかり、労力は少ないのは、知的作業 だと思うのです。

とお届けしておりますが、

あなたも、
頭を働かせたり、考え事をしていて、
気づいたら 30分~1時間なんて「あっ」という間に過ぎている。
なんてことあったりしませんか?

もっと、具体的に言えば、
企画書や報告書、レポートなどについて、考え、
実際に書いたりして、書いたものをまた見直して、考え、
自分自身の知識、経験、知力、判断力を用いて仕上げていく。

とにかく、あまり体を動かさずに、考えるー決める。を繰り返す。

そうやって、考えていくことで、
目標を達成し、成果を出し、成功を得ようとしていく。

ただ、ここで注意しなければいけないのは、
そもそも、考えるという作業自体には何の生産性もないということです。

だから、考えるという作業自体が、
利益になり、成果を出し、目標を達成し、成功を得るということにはならない。

そのことを忘れてはいけない。

考えた結果を基に、行動すること、体を動かしていくことで、
生産性がうまれ、ものが創られ、生み出されていくのです。

だからこそ、
何かを創り出すという意識を持って、知的作業を行っていってください。

そして、
「知的作業とは、考える仕事」と言えます。

ですから、
考えるだけでは、仕事にはなりません。
考えたものが、自分の、会社の、人の利益、成果、目標、成功につながっていく。

そうなっていかなければなりません。


今、あなたの仕事の中に「知的作業」「考える仕事」は、ありますか?

 その「知的作業」「考える仕事」は、何を創りだしていますか?

 その「知的作業」「考える仕事」は、どんな利益を創りだしていますか?

 その「知的作業」「考える仕事」は、どんな成果を創りだしていますか?

 その「知的作業」「考える仕事」は、どんな目標を達成していますか?

 その「知的作業」「考える仕事」は、どんな成功を創りだしていますか?



それでは、バージョンアップして
今日も、明日もHappyになりますように。

ちなみに、明日は、
実務作業とは、手と体を動かす仕事
をお届けする予定です。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 時間も労力も少ないのは、仕... | トップ | 実務作業とは、手と体を動か... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事