らいおんさんからの贈り物

らいおんさんが
感じ・考え・行動してきたことがみなさんのお役に立つことを願って

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やるべきこと習慣化リスト

2012-01-09 | Weblog
こんにちは。らいおんさんです。

本日も、ありがとうございます。


息子に、
朝起きてから学校に行くまで
学校から帰ってきてから寝るまで
この家に居る時間に
やるべきことと、やってほしいこと、息子自身がやりたいこと
これをいかに、らいおんさんが、親が、大人が言わなくても
息子自身が自ら行うようにするためにはどうしたらいいか?


同じようなことに悩んだりしている方も多いのではないでしょうか?


我が家では、これに対してどんな風に取り組んでいるか?

本日は
このやるべきこと、やりたいことをいかに習慣化するか?
ということについてお届けしたいと思います。



着替えが終わったと思ったら、
遊び始めて、学校に行く用意は全然できていない。

大人が言うと行うけど、
自分自身ではやろうとしない。


言えば行動するけど、言わないと行動しない。

言って行動するうちは、まだ良くて、
終いには、言ったら機嫌を損ねたり、
「今、やろうと思ってたのに」なんて言葉が返ってきたりして、
何だか、朝から口喧嘩みたいになるし、
嫌な気分になったりする。

そんな感じだったりしませんか?


まあ、らいおんさんの息子はまだ小学校1年生なので、
朝から口喧嘩になったりすることはないのでまだ良いですが、、、。


そこで、
やるべきこと、やりたいことをいかに習慣化するか?
しかも、
大人が言わなくても
息子自身が自ら行うようにするためにはどうしたらいいか?
について考えました。


そうして、今実践しているのが、

やるべきことをリストにする。
それをすぐ見れるとこに貼る。
「やるべきことリスト」を見ることを習慣にする。

ということです。


ToDoリストとは、ちょっと違います。

ToDoリストは、
その時そのときで行うことが変わるので、
毎日書いたり、消したりしなければなりませんが、


今実践している「やるべきことリスト」は、
習慣にしたいやるべきことをリストにしています。

つまり、
毎日同じだから、毎日書いたり、消したりしません。
短くても1ヶ月、長ければ半年、1年間同じです。


そして、
どんな風に「やるべきことリスト」を作成したかと言うと

先ずは、
紙とペンを用意して、
息子に次の質問をして、その答えを紙書き出してもらう。

1、朝起きてから学校に行くまでに、どんなことを毎日行っているか?

2、朝起きてから学校に行くまでに、どんなことをした方がいいか?

3、朝起きてから学校に行くまでに、どんなことをしたいか?


思いつくままに、書いてもらう。

書いてもらったら、
1、2、3、で書いた中から二人で話をしながら、別の紙に、
「朝起きてから学校に行くまでにやるべきことリスト」を完成させる。

らいおんさんの息子の場合は、
・顔を洗う。
・着替える。洗濯物は、洗濯機へ。
・朝ごはんを食べる。
・歯を磨く。
・木に水をあげる。
・勉強のドリルをする。
・時間があれば、ビデオを観る。or本を読む。


次は、
学校から帰ってきてから寝るまでについて、同じように質問をして、
紙に書き出してもらう。

1、学校から帰ってきてから寝るまでに、どんなことを毎日行っているか?

2、学校から帰ってきてから寝るまでに、どんなことをした方がいいか?

3、学校から帰ってきてから寝るまでに、どんなことをしたいか?


思いつくままに、書いてもらう。

書いてもらったら、
1、2、3、で書いた中から二人で話をしながら、別の紙に、
「学校から帰ってきてから寝るまでにやるべきことリスト」を完成させる。

らいおんさんの息子の場合は、
・学校の荷物を片付ける。
・次の日の学校の荷物の用意をする。
・夕食を食べる。
・宿題をする。
・歯を磨く。
・お風呂に入る。
・着替える。洗濯物は、洗濯機へ。
・ありがとう日記を書く。
・布団の準備をする。
・トイレに行ってから寝る。


書いたリストは、見えやすい場所に貼る。

らいおんさんの家では、食卓の脇に貼ってあります。

ご飯を食べていると、自然とそのリストが目に入ります。


リストに書いた項目は、習慣にして欲しいことですが、
書いた項目を無理に全部覚えようとしないことです。

何故なら、書いた項目は朝と夕方と合わせると
らいおんさんの息子の場合17項目になります。

この17項目を全て覚えて、実行するのは大人でも大変でしょう。

だから、書いた項目を覚えるのではなく、
「リストを見る」このたった一つの行動を習慣にするのです。

たった一つですから、
小さい子供でも覚えられるし、大人でも容易に行えます。


この「リストを見る」と言う行動さえ習慣に出来てしまえば、
リストを見ては、行動して、
行動したらまたリストを見て次の行動をする。

行動し忘れるということも少なくなるし、
言わなくても、
自分でリストを見て、自分から行動していけるようになります。

そうして、
次第に、リストに書いたことを行うのが当たり前になっていって、
リストに書いたことが習慣になっていき、
リストを見なくても行動できるようになっていきます。


こうして、
やるべきことが習慣化されていく
というわけです。


ぜひ、お試しください。

それでは、
今日も、明日もHappyになりますように。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 心に開いた大きな穴と向き合う | トップ | 習慣グラフ »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事